Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第4節 対福岡 1-0 (得点:玉田) @スカパー
 今季5シーズンぶりにJ1の舞台に戻って来た福岡。前に博多の森で戦った時は名古屋にピクシーがいた頃だから、それを考えると福岡は随分と長いことJ2で戦っていたんだなぁと改めて感じる。そしてそんな長いJ2での戦いを経て、どうやら福岡は新しいチーム作りに着手したようで、メンバーを見るとどこからか発掘され育成された若いプレーヤーも多いし、さらに特徴的なのは(同じく福岡をホームタウンとする地元の野球チーム・ソフトバンクに習ってか)地元九州(福岡)出身のプレーヤーが数多くスタメンに名を連ねているということだ。これはチーム作りとして、これからこのチームがどう成長していくのかということも含めなかなか興味深い。

 名古屋は出場停止の金正友のポジションに前節途中出場ながら良いプレーを見せていた須藤を入れ、左サイドでは同じく前節途中から採用している阿部(SH)と本田(SB)のポジションを入れ替えるフォーメーションを継続。どうやらフェルフォーセンは前節後半に作ったいい流れをそのままこの試合に持ち込みたいようだ。ただ一方前線では開幕から3試合連続でスタメン起用されていた杉本を外し豊田を入れる変化を加えてもいる。この起用はなかなか興味深いもので、桁外れのスピードを持つ杉本のスーパーサブ起用はゲームの中で面白いオプションに成り得るし、逆にこれで途中から豊田を投入してのパワープレー(高さ勝負)というオプションが失われたかのように見せかけて、実は怪我から復帰してベンチ入りを果たした増川のFW起用というサプライズが用意されていたのだった。

     玉田   豊田

阿部  須藤   吉村  中村

本田  古賀   秋田  大森

        川島

 試合が始まって最初にいい形を作ったのは名古屋で、大森が持ち上がってのスルーパスに反応してDFラインを上手く抜け出した豊田がいい形でシュートを放つ(シュートは角度がなくサイドネット)。清水戦の前半で開始早々に杉本がシュートを放ったシーンのリプレーのようだったが、大森のパス能力がここでも相変らず光っていた。今シーズンの大森は試合の中でオーバーラップするようなシーンこそ少ないが、その正確なキックとパスセンスによって開幕以来名古屋の攻撃に大きく貢献している。フェルフォーセンが求めるSBの像というものがどのようなものなのか、SB以前に中盤から前でもほとんど攻撃が形になっていない現在ではその意図を汲み取ることは難しいが、少なくとも中盤でのキープ力に欠ける今の名古屋にとって、SBは走力を生かすタイプよりも大森や本田のようなビルドアップの能力に長けるタイプの方が合っているかもしれない。

 だがこのチャンスを最後に名古屋の攻撃は時間とともにさっぱり形にならなくなっていく。個々のプレーヤーのパス精度の問題や意思疎通の欠如もさることながら、心理面でかなり慎重に守備(でのゾーンを崩さないこと)へと重点を置いた選手たちはマイボールになっても攻撃へのアクション(切り換え)が遅く、自分達のバランスを崩してまで攻めに行くような気配を見せない。当然のごとく中盤ではパスが繋がらず、お金を取って人に見せられるレベルでないミスを連発していたチームの行く先は、試合前にフェルフォーセンが指示していたという豊田へのロングボールしかなくなっていた。
 逆に言えばそれだけ名古屋の選手達の意識が守備に傾いていたのであれば、攻撃に目をつぶりさえすれば名古屋の守備組織はソリッドで安定していたと考えるのが普通で当然の帰結なのだが、しかし実際には、名古屋は自分達が作るよりも数多くのチャンス(形)を福岡に作られていた。福岡はどういう理由でかは知らないがエースのグラウシオが出場していなかったが、前線にもうワンランク上の能力を持つプレーヤーがいれば名古屋はやられていてもおかしくなった。

 名古屋が迎えるピンチの中で特に目立っていたのは大森の後ろのスペースを使われてそこで基点を作られる形だった。そう清水戦で藤本にゴールを奪われた時と同じ展開。相手がそれを狙っているのかどうか分からないが、この形はこの試合でも幾度となく繰り返された。そもそも名古屋は最終ラインに4人を並べゾーンで守っている。さらに上でも書いたように前後半通じても右SBの大森がオーバーラップを見せる回数は数えるほどしかない。それなのになぜ大森の裏のスペースが使われるのか?大森の(ポジショニングを含む)守備にSBとして致命的なミスでも存在しているのであれば話は別だが、そうでないのならこの二つの事象は明らかに矛盾しているし、なんとも不可解な現象だ。
 とそんなことを考えながら試合を見ていると、どうやら名古屋の守備のやり方に欠陥があるように思えてきた。4-4-2のフォーメーションを基本とする福岡の攻撃面において突出した能力を持っている左SBアレックス、彼に対して意識過剰なのか、それともそれがチームとしての約束事なのか、はたまたプレーエリアを限定されて実は体力が有り余っているのか、アレックスにボールが渡ると名古屋は右SHの中村が前へ前へとプレッシャーを掛けに出て行く。そうして中村が後に空けたスペース(相手の左SH)は大森がポジションをひとつ上げることでケアしている。すると福岡は大森の空けたスペースに2トップの一人が流れてそこにボールを入れてくるといったシーンが繰り返されている。もちろんこれには秋田がスライドして付いて来るのだが、ここで上手くボールをキープされると福岡の中央からの押し上げに名古屋の選手たちが付いて行けないシーンが目立つ。
 中村がしばしばFWのラインすら追い越して相手のSBにプレッシャーを掛けに行くことはチームとしての決め事なのだろうか。中村が前からプレッシャーを掛けに行く時(大森が後のスペースを埋めることを除いては)チーム全体がそれに連動しているそ振りがほとんど見られないし、そもそも中村よりも前にいるはずの2トップは大抵センターサークルの中相手陣内に入ったあたりで止まっていて、それ以上プレッシャーを掛けに行こうとはしていない。チーム全体としてもこの試合を通して感じられたのは、「前からプレッシャーを掛けてボールを奪う」ということよりも「引いてスペースを埋めて守る」ということだ。だとすれば中村のプレーはチームの中で浮いているというか、チームとしての整合性に欠けているような気がしてならない。今のチームのやり方(守り方)を考えれば、相手DFラインに対してはFWがプレッシャーを掛けに行き、中村を含む中盤と最終ラインは自陣で所定のスペースを埋めていた方がソリッドな守備組織が作れると思うんだが。開幕戦ではセレッソの3バック(の両ストッパー)に対してですら時々中村が出て行ってたから、ひょっとしたらフェルフォーセンは守備時においても攻撃(カウンター)に備えてFWを中央から離したくないのかもしれない。
 このようにチームとして整合性を欠く守り方をしていたら、相手チームの前線に絶対的な個の力があると名古屋はすぐさまピンチを迎えてしまう。例えばGWに予定されている横浜戦でそのスペースを使うのがマルケスだったら・・・と想像するとそれだけで恐ろしい。

 すなわちこの試合での名古屋の選手達の実際のポジショニングはこんな感じ↓に近かった。

     玉田   豊田  中村

阿部
     須藤   吉村  大森                
本田  古賀   秋田

        川島

 別の(好意的な)見方をすれば、チームとして唯一明確だった豊田をターゲットとしたロングボール中心の攻撃というコンセプトの中で、上のようなポジションを取っていたチームは、実は後ろはしっかりと人数を掛けて守り、前線では豊田にロングボールを競らせて2トップを組む玉田とそして右SHの中村がこれを拾える位置に常にポジションを取るということを意識していたのかもしれない。実際中村はこの試合ではいつになく積極的に2トップに絡んで行こうとする(近くでプレーしようとする)姿勢を見せ、さらに豊田が競ったボールに対しての前線への飛び出しを何度か繰り返していた。そしてそんな徹底した攻撃が実を結び、ロングボールに走り込んだ豊田が福岡のCB千代反田ともつれ合うようにして倒れ少しラッキーな形でPKを獲得する。これを前節PKに失敗している玉田がキーパーにコースを読まれながらも豪快にサイドネットに突き刺し先制。

 プラン通りの攻めで先制した名古屋だったが、前半を見た正直な感想としては、攻撃では中盤がなく、守備ではピッチが雨でスリッピーだったとはいえ危険で汚いファールを連発して相手を止める様には少なからずげんなりさせられたという感じだ。

 ハーフタイムを挟んで後半に入っても名古屋のプレーには相変らず変化が見られない。押し上げが足りず攻撃に人数を裂けない中盤は、寂れた商店街のように人影も活気もなく、相変らずビルドアップを試みる度にパスミスが連発されていた。そうしてひたすら前線の豊田目掛けてロングボールを蹴りこむだけだ。
 前半と比べれば、後半には右サイドの中村から左の阿部に渡ったボールを阿部がボレーで狙ったり、玉田が高い位置で相手DFにプレスを掛けて奪ったボールをドリブルで持ち込みDFを引き付けてから右サイドを並走する中村へと出し中村がシュートを放ったシーン(インサイドに引っ掛かりすぎて枠の左外へ)や、試合終了間際には左の本田からのサイドチェンジのボールを右で玉田が受けマイナスの折り返しを後ろから走り込んで来た吉村が狙ったりと、時間を追うごとに前掛かりになってきた福岡に対してチャンス(形)を作ることが出来た。しかし試合全体を見渡せば結果優先とは言えやはり低調でつまらないパフォーマンスであったことには変わりはなかった。
 そして相手の決定力不足にも助けられ1-0のまま試合は終了した。

 名古屋にとっては最低限の目標であるJ1残留に向けて得た大きな勝ち点3ではある(その積み重ねが必要だ)が、それにしてもこの試合を見れば名古屋の未来がどちらかと言えば悲観に包まれている印象を抱いたことは間違いない事実だった。 
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-03-21 23:54 | Game Review
<< 第5節 対大分 0-3 (得点... 第3節 対鹿島 0-0 (得点... >>