Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第8節 対新潟 1-2 (得点:本田) @スカパー
 気が付けば名古屋にとって「勝てない(相性の悪い)チーム」として定着しつつある新潟。今年からTVで解説の仕事などをしている新潟の前監督(反町)が名古屋の試合を担当した時にはその(新潟にとっての)相性の良さの礎となったいくつかの対応策を披露していたが、そんな監督が代わりその上理由は不明だが外国人FWが二人とも欠けている今の新潟は名古屋にとって相性の悪さを克服する絶好のチャンスと言える。

 名古屋は発熱により前節の京都戦と水曜日に行われたナビスコカップを欠場していた玉田が復帰し、攻撃面においてはようやく役者が出揃った感がある。そして彼等(玉田、藤田、中村、本田の4人)を組み合わせると、現時点で必然的に行き着く先はこの日の4-2-3-1のようなフォーメーションにならざるを得ない。

        玉田

本田     藤田     中村

     吉村   須藤

有村  増川   古賀  角田

        川島

 装いも新たに新布陣で試合に臨む名古屋は、試合開始とともにピッチ中央に納まった藤田を中心にボールを回していこうというとするが中盤で全くボールが落ち着かない。
 その原因を考えると、まずひとつ大きな要素としてあるのが金正友の不在(出場停止)だ。金正友の代役としてフェルフォーセンの寵愛を受ける二年目の須藤は浦和戦や京都戦でも多々見受けられたようにパスにミスが多く結果としてチームのリズムを失わせてしまっている。今シーズン初出場となった第3節の鹿島戦で、一人少ない状況下にあっても中盤から果敢な飛び出しを見せ、ルーキーイヤーの昨年から比べたら遥かに落ち着いてプレー出来るようになった須藤だが、チームの主力として定位置を掴むにはさらに超えるべき壁が立ちはだかっていると言えるだろう。そしてそんな高卒二年目の須藤とコンビを組む吉村もそれをフォローするどころか、ボールに触れない(触らない)、引き出さない、顔を出さないというボランチとして赤点もののパフォーマンスに終始してしまっている。ダブルボランチがこれではいくら前にタレントを並べたとしてもリズムを掴めないのは道理だ。結局は藤田や本田が下がってきてボールを受けることになるのだが、個々のプレーヤーが守備で課せられたゾーンに根でも生やしたかのようにマイボールになっても動き出さない(切り換えの鈍い)名古屋の中にあっては、藤田や本田のそうしたプレーはそのまま前の人数が減って玉田が孤立することへと跳ね返ってくる。そしてチームの攻撃はどんどん停滞していった。
 ただチームの攻撃が停滞したのはそんなボランチだけに責任があるわけではなく、サイドに貼り付いてボールを待っているだけの場面が多いサイドハーフ、マイボールの時でも後ろで「ライン」を作りボールホルダーに対するサポートの動きすら見せないDFといった具合に、ピッチ上のほとんどの選手達からプレーに自主性が失われ、ただ言われた(守備の)役割を担うだけになってしまっていることが大きい。前節の京都戦でもDFラインの前でボールを受けた藤田が後ろで滞っているCBの二人に対してどちらかが自分の横にポジションを上げてサポートに入れと指示していたシーンがあったが、その言葉は彼らの耳に全く届いていなかったようだ。

 そんな名古屋で唯一と言ってよい希望はミッドウィークのナビスコカップで今シーズンの公式戦初ゴールを記録している本田だった。大腿の負傷を負いながらも確実に調子が上がってきているこのレフティーの正確で鋭いキックから名古屋は幾つか惜しいシーンを作り出した。古賀、増川を筆頭に長身のプレーヤーが多く本来セットプレーに利があるはずの名古屋だが、今シーズンは中村、本田といったプレースキッカーの精度も悪くなかなか得点の予感がしない試合が続いていた。しかしこの試合ではバーに当たった角田のヘディングシュートなど得点まであと一歩といったシーンもあり、本田がこの調子を持続(向上)させていけば近い将来にはセットプレーからの得点も生まれるに違いないという希望を見出すことが出来た。

 一方新潟は、去年まで仙台にいたシウビーニョが中盤の軸となりそこを中心にパスをつなぎながらも名古屋DFラインの裏へシンプルにボールを入れて、そこに純和風な2トップが果敢に走り込む攻撃が目立つ。そしてこの若い2トップは若さゆえの特権か前節甲府に4-0と完勝した勢いをそのまま持ち越し、名古屋がDFラインでボールを持てば前から激しいプレッシャーを掛けてくる。かつて浜名高時代には名古屋も獲得に動き練習にも参加していた矢野にここまで追い込まれることになろうとは古賀も当時想像していなかったに違いない。
 そしてそんな勢いに気圧されたのか次第にDFラインでもミスを重ねるようになった名古屋は、25分過ぎに海本兄から放り込まれたなんでもない山なりのフィードに対してラインコントロールを失敗し、古賀と増川が作り出したギャップに二列目から鈴木慎吾に走り込まれて先制ゴールを奪われてしまった。マイボールの時にはなかなかラインを崩さないのに、守備に回るとなぜかロングボール一発で簡単にギャップを作ってしまう、なんとも不思議なDFライン。

 結局名古屋はその後もポジショニングのバランスが悪い中盤ではパスミスを連発し最終ラインもバタバタと落ち着かないまま前半を終えた。戦術理解であったり、個々のプレーヤーのサッカー選手としての資質の問題でももちろんあるのだが、メンタル面での課題を強く感じた前半だった。

 後半開始にあたり、増川out 深津in。怪我でもあったのだろうか。確かに前半はDFラインからのビルドアップに難があったのは事実だが、深刻な得点力不足に悩む現在、1点ビハインドの試合展開でDF同士(しかもCB)の交代に交代枠の1/3を使うのは少しもったいない気がしないでもない。そして豊田が故障で戦列を離れている今、前線でターゲットと成り得る増川のFW起用というサプライズ(オプション)もこれでなくなってしまった。果たして後半名古屋は得点を奪うことが出来るのか。

 しかしそんな俺の心配をよそに後半開始から名古屋のプレーヤー達は突然目を覚ましたかのようにアグレッシブなプレーを披露し始めた。ハーフタイムにフェルフォーセンからキツくハッパを掛けられたのか、それともこれが当初からのゲームプランだったのかは不明だが、名古屋は前からプレッシャーを掛けて高い位置でのボール奪取に成功し、チャンスではボックス内に詰めている人数も確実に増えてきた。
 そして両サイドを中心に新潟を押し込むと、前半全くと言っていいほどボールに絡まなかった吉村もボールに絡む回数が増えボールを散らし始めた。その様は決して(その名の通りハンドルを切るかのごとく)ゲームをコントロールしているといったエレガントな趣ではなく、ロボットが流れ作業の中で製品(ボール)をベルトコンベアーに乗せて機械的に次の担当者に受け渡しているようにも見えるのだが、相手ペナルティエリアに近いところまでかなり高く押し上げていた吉村は、相手ゴールラインを底辺として描かれた逆三角形のナナメの辺の部分をなぞるように右から左へと行き交うボールの中で確実な中継地点たり得ていた。そしてその流れから名古屋の同点ゴールが生まれた。
 右サイド深い位置から中村が吉村にボールを戻し、これを吉村がワンタッチで左サイドの(前方で新潟のDFラインと並ぶようにポジションを取っていた)本田に流すと、新潟のDFがこれをクリアミス。こぼれてきたボールを本田が得意の左足でハーフボレー気味にキレイに逆サイドのサイドネットに蹴り込んだ。決して易しくはないシュートだったが本田の好調振りが伺えるキレイなシュートだった。

 と、いい流れで攻め込んでいる時間に得点を奪い追いついたことで、本来であれば流れは完全に名古屋に傾いてもいいはずなのだが、そうならないのが今の名古屋の特にメンタル面の弱さでもある。同点になり安心したのか、名古屋はその同点ゴールの直後から再びペースを落としてしまった。有り得ないというより、先制点を奪った後突如として失速した前節・京都戦の教訓が全く活かされていない。それどころか、まさかそれで集中まで切れたわけではないだろうが、その後名古屋の攻めからは丁寧さが徐々に失われていった。その後も右サイドの中村がいい形でボールを受けてチャンスになりそうなシーンがあっただけにもったいない試合展開だった。

 これに活気を与えるためかフェルフォーセンは、病み上がりで試合に馴染んでいない玉田に代え杉本を投入するが効果はなく時間は刻々と進んでいく。
 そして試合終了間近となった時間帯で名古屋は致命的な失点を喰らうことになる。セットプレーの流れから中途半端なクリアを拾われ再度ゴール前に放り込まれたボールをファーサイドで海本兄に頭で合わされてまれてしまった。中途半端なクリアは集中力の問題でもあるが、名古屋は二次攻撃に対する準備もほとんど出来ていなかった。浦和戦の時に解説の反町が指摘していた時はなんとも名古屋らしい穴だなと思っていたが未だにこれは未解決のままだった。

 ほとんど試合を決める1点を奪われ苦肉の策として古賀を前線に上げる策に出た名古屋だが、言われたことすら出来ない(そこから自分で考えて発展させられない)選手達に練習でも試したことが(おそらく)ないオプションを遂行するだけの力があろうはずもなく、その後試合は無風のまま1-2で終了した。

 選手達の頭にあるのはおそらく常にゾーンと守備のイメージ。誰かがボールを持ってもフリーランニングはおろかサポートやボールを引き出す(顔を出す)動きすらない。ただ自分のゾーンを守って空けないようにしていることにある意味安住しそして縛られてしまっている。そこにあるのは決して良い意味での忠実さや責任感といったものではなく、自分の仕事はここまでと決め言われたことだけやりましたという後ろ向きな発想だ。これは個々のプレーヤーが持つべき戦術的な柔軟性(の欠如)もさることながら、やはり名古屋というチーム特有のメンタリティが関わっているような気がしてならない。まあかつてズデンコなどが指摘していたように、チームが勝ち始めるとそれが今度は異常なまでの上昇カーブを描くということもあるので、今はそれに期待するしかない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-04-15 23:59 | Game Review
<< 第9節 対川崎 0-2 (得点... 第7節 対京都 1-1 (得点... >>