Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
サテライトリーグ 対横浜 0-2 (得点:なし) @戸塚グラウンド
 GWの締め括りに小雨の振る中東戸塚へ。
 名古屋のスタメンは入団3年目ぐらいまででぼちぼち公式戦出場のチャンスを与えられ始めている若手が中心。そのスパーリングパートナーとして、ありがたいことに横浜には3人のフル代表経験者(奥、中西、下川)がいるので、こういう試合で結果を出して若いプレーヤーには自信をつけてもらいたいところだ。

       豊田
           平林

     高橋     中島   
渡邊               片山
         青山

   有村  スピラール  竹内

         高嵜

 前半はあいにくの空模様と久々の「中田クオリティ」が否応なしに観ている側(横浜サポ除く)の不快指数を高めるような展開。チームとしての形を成していない名古屋は個々のプレーヤーの動きがバラバラでポジションチェンジなどの流動性が全くない。個々のプレーヤーがそれぞれの局面で頑張ろうとしてるのは分かるんだけど、これでは中西、栗原というサテライトにしては豪華な横浜DFを前に止まってしまうのも道理だ。前半だけで引っ込んだGK下川が雨の中ほとんど仕事もなく風邪を引いていなければいいが・・・。
b0036243_17232012.jpg

 動きの量が多い平林が前線でボールに絡んだ時だけは何かが起きるような気がした名古屋だが、平林はひとりで状況を全て打開できるような超絶テクやフィジカルを持っているわけでもない。となれば中盤でどれだけそのサポートが出来るかという話だが、4人の攻撃的な中盤プレーヤー達が全くと言っていいほど上手く攻撃に絡めて行けてない。さらにトップチームのように前線にロングボールを放り込もうにも、前線で豊田になかなかボールが収まらず古賀と比べると見劣りしてしまうような状態ではもはや打つ手なしだ。
 人手不足でよりによって右アウトサイドに起用されていた左利きの片山は、同じサイドの前線に平林がいたことでボールに触れる回数も多く何度かチャレンジしようという姿勢は見せていたが、どうプレーをしていいのか分からず戸惑っているような感じで、左サイドの渡邊に至ってはほとんどまともにボールに触れることがないまま前半を終えてしまった。フェルフォーセンの掲げたサイドアタックは一体どこへ行ってしまったのだろう。
 名古屋とは対照的に横浜は余裕でボールを動かしながらも、スペースさえあれば最終ライン(3バック)からもグイグイボールを持ち上がってくる。こうなると前線からプレッシャーを掛けず引いて守るだけの名古屋はますます苦しい。
b0036243_17253991.jpg

 そんな試合展開の中、最悪のアクシデントが発生。前半途中で青山が50/50のボールを競ろうとスリッピーなピッチでスライディングを敢行し同じくスライディングして流れてきた相手選手と交錯、担架でピッチの外に運び出されてしまった。担架とともにピッチに入ったスタッフから最初「○」の合図が出されたが意外と治療に時間が掛かっていると、右サイドで片山がブチ抜かれ最後は中央から失点。まあ失点自体は不運と言うよりは試合の流れから見れば当然の成り行きのような失点だった。
 青山は一度はピッチに戻ったものの、足を引きずっておりすぐさま井上と交代。高橋がアンカーに入る。青山がガチンコで当たる横浜のトップ下・奥に対してどれぐらい出来るかもう少し見たかった。

       豊田
           平林

     井上     中島   
渡邊               片山
         高橋

   有村  スピラール  竹内

         高嵜

 そしてリズムを掴めぬまま前半は終了。
b0036243_17255425.jpg

 後半開始時点で名古屋はメンバー交代はなかったが、竹内とスピラールがポジションを入れ替わり竹内がリベロ、スピラールがマイク(ハーフナー)のマークに付く。横浜はメンバー交代は定かではなかったが、代表経験者の3人の中ではGKの下川がユース代表の秋元にチェンジ。雨の中客席で一般客に混じって観戦していた加藤好男さんにとっても観に来た甲斐があったというところだろうか。

 ピッチに入る前名古屋はベンチ前でかなり念入りなミーティングをしていたが、その成果だろうか、前半とは打って変わって積極的なプレーを見せる名古屋は横浜をグイグイ押し込んでいく。中でも目を引いたのは渡邉で、前半は全くボールに触れる機会がなかったが、この後半では何度も左サイドを攻め上がり中央にクロスを送り込んでいる。苦しくなった横浜はマイクにロングボールを蹴ってくるが、スピラールがこれを完封。この間まで高校生だったユース代表とは言え、トップチームでも結果を出し始めているマイクに一度たりとも競り負けなかったあたりは貫禄としか言いようがない。

 いいペースで試合を支配しているように見えた名古屋だが、しかしなかなか同点ゴールを奪うことが出来ないまま時間だけが過ぎていく。それもそのはずで、攻め込んでいるもののよく見るとシュートまで辿り着いていない。これでは得点出来ないのも無理はない。

 そしてそんなことをしている間にサテライト特有の、流れとは関係のない時間だけを見たメンバーチェンジ。スピラール、竹内がアウトし深津と鴨川がイン。どうするのかなと思って見ていると、どうやら最終ラインを渡邉、有村、深津の3バックに変更し片山を本職の左アウトサイドへ。交代直後にGKの高嵜が「誰(が入るの)?」と大声で確認していた誰もいなくい右サイドには、遅れて平林がやってきた。さらにその5分後には豊田に代え津田を投入。

      鴨川   津田
           
     井上     中島   
               
片山      高橋      平林

   渡邊   有村   深津  

         高嵜

 このメンバーチャンジによって名古屋はせっかく掴んでいた流れを再び失ってしまった。後半左サイドでボールに触れる機会が増え基点となりつつあった渡邉が、目の前に片山が来たことでスペースを失い後ろからロングフィードを入れるだけのプレーに終始させられていたり、鴨川もほとんどボールに触れる機会がない。珍しくつながったパスから津田が放ったシュートなど、秋元の好セーブに阻まれたシーンは何度かあったが、試合のペースは徐々に横浜へと傾きつつあった。そしてなにより酷かったのが最終ライン。有村、深津を中心とした最終ラインはラインコントロールが全く出来ておらず、裏にボールを出されただけで簡単に相手を行かせてしまうシーンを連発。そしてそれを全く修正できないままアッサリとマイクにフリーで抜け出され追加点を奪われてしまった。

 その後中島と平林がポジションを変えて攻める姿勢を見せる名古屋だが、このメンバーでは最後までチグハグさを解消できないまま試合終了を迎えた。
b0036243_17263286.jpg

 サテライトに勝敗はあまり関係ないとは言え(そして第1節では角田の退場という要素があったとは言え)、二試合を終えて得点0・失点6。攻められない・守れない。昨シーズン終盤の(中田体制での)悪夢を知る身としては、この人にサテライト(セカンドチーム)任せておいて本当に大丈夫なのかと不安になるし、選手個々についても(ピッチコンディションが悪かったとは言え)このままでは来シーズンは厳しいだろうなと感じさせる選手がいたのも確かだ。
 この試合で収穫があるとすれば、スピラールに使える目処が(俺の中で)立ったこと(前半はリベロとしてクレバーなカバーリングを見せ後半はストッパーとして強さを見せた)ぐらいだろうか。あとは平林をトップチームで使わないならJ2にレンタルで出して試合経験を積ませることは出来ないのだろうか。平林は自分の特徴に符合しプロとして生きていくためのプレースタイルを既に確立しており、あとは真剣勝負の中でそれを磨いていくことを必要としているような気が俺はしている。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-05-07 23:59 | Game Review
<< ユース関東遠征 対駒沢大学 @... 第12節 対磐田 2-2 (得... >>