Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
トレーニングマッチ 対FC岐阜 3-0 (得点:橋本、井上、豊田) @トヨタスポーツセンター
 ===このエントリーは実家のPC(共有)からダイヤルアップでお送りしています===

 名古屋のフォーメーションは千葉戦(第16節)までのトップチームと同じ攻撃的MFを2枚置いた3-5-2。見慣れないところとしてはアンカーの位置にユースでも同ポジションを務める吉田麻也が入ったのと、FWに橋本(練習生⇒特別指定選手)が入り豊田と星稜高校の先輩後輩による2トップを形成しているあたりだろうか。

     橋本     豊田

     井上     須藤
片山               津田
         吉田

   渡邊   秋田   増川

         川島

 試合開始からピッチを広く使ってボールを動かしていこうという意思は見えるがそれをどうやってフィニッシュにつなげていくのかが今ひとつハッキリしない名古屋に対し、岐阜は前回対戦(練習試合)時の勝利で自信を持ったのか片桐や高木和が中心となって時折アグレッシブな仕掛けを見せる。こうなると試合は必然的に名古屋が受けに回るような展開になった。
 実際には名古屋がDFラインに秋田を中心としたトップチームの面々を起用しているということもあって、岐阜が名古屋のゴールを脅かすようなシーンはほとんどなく、好意的な見方をすれば格上の名古屋が岐阜の攻撃を受け止めていると言えなくもないのだが、それにしても押し上げ(切り替えのテンポ)が遅い名古屋の攻撃では豊田のポストプレーも機能しないし、このチームにあっては攻撃のキーマンたるべき井上が前を向いてボールを持ってもサポートがなく孤立している場面が多かった。井上の判断が遅い場面も確かにあるのだが、ほとんどの場面において悠然とボールを持って佇んでいる井上は1970年代のクラシカルな10番のようだった。

 そんな中で輝いたのが須藤。中盤の深い位置から岐阜の出鼻を挫くようにDFラインの裏へスルーパスを出して橋本のゴール(先制点)をお膳立てすれば、井上の直接FKによる追加点の後も、津田とのパス交換で右サイドのスペースへと飛び出し、正確なクロスで豊田の(ヘディング)ゴールをアシストした。機を逃さない鋭いスルーパスといい、普段トップチームでこのポジションをやっている金正友が見せるようなスペースへの飛び出しといい、須藤にこんなプレーが出来るというのは俺にとってはちょっとした驚きだった。

 本来のFWではなくアウトサイドで起用された津田も相変わらずコンディションが良さそうだ。それほどボールに触れる回数は多くなかったが、破壊力溢れるドリブルで右サイドを突破し、二日前の試合(甲府戦)を思い起こさせるような流れから左足でポスト直撃のシュートも放っていた。あれをしっかり決められるようになるともっと頼もしい存在になってくるんだが。

 全体的に淡々とした調子の試合展開の中で、後方からよく声を出してチームを引き締めていた秋田の存在はことのほか大きく感じた。秋田がいなかったら名古屋の選手達はこの試合をなんとなくプレーしてなんとなく終えていたかもしれない。願わくばこの秋田からのメッセージを一緒にプレーしている若い選手がひとりでも受け取って糧にして行ってくれるといいのだが。
b0036243_0544821.jpg

 後半になると暑さによる疲れや次々と行われる選手交代などもあって名古屋は一層グダグダな感じに。特に後半途中で秋田が退いて(秋田outで同じポジションに和田in)からは、ピッチ上に大きく響く声はGKの川島の声だけというような状態。声の量と試合内容が必ずしも比例しているとは限らないが、実際に後半の名古屋は前半よりも岐阜にゴール前まで迫られるような場面を多く作られていた。
 逆に名古屋の攻撃はと言えばこれがほとんどろくにシュートまで辿りつかないような状態。右サイドという不慣れなポジションで所在なげにしていた(そして岐阜がどんどん前線の選手を投入してきたことでそれに引っ張られてポジションがどんどん低くなっていった)交代出場の新川(ユース)がたまに上がって攻撃に絡んだ時だけは可能性を感じさせたが、それ以外は組み立て段階からすでに怪しい状態で、俺のアイドルとなりつつある津田も豊田→新川の交代によってやっと本職のFWに戻ったが後半から出場の岐阜DF小峯に上手く抑え込まれてしまっていた。これが経験というものだろうか。
b0036243_055276.jpg

 モチベーションの問題なのかコンディション(暑さ)の問題なのか試合自体も(特に後半は)消化不良だったし、相変わらずキックは一級品だけれど1対1で突破されまくりの阿部だとか、ユースの吉田にスタメンを譲った(ユースOBの)高橋だとか、ラスト5分ぐらいしか出場時間のなかった中島だとか、(高橋と中島は怪我明けなどの理由であることを願うが)シーズンオフのことを考えると微妙な気持ちなってしまう選手もいて、あまり後味の良い試合とはならなかった。

 今日出場した名古屋の選手の中に森山と戸塚のメガネに適う選手はいましたか?
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-17 22:34 | Game Review
<< 豊田国際ユース 順位決定戦 SBSカップ >>