Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯 ラウンド16 対湘南ユース 2-1 (得点:新川、花井) @熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
 昨年破れなかったベスト16の壁に挑む名古屋。対戦相手となるのは関東プリンス2位の湘南だ。個人的にはグループを1位で突破して去年このベスト16で破れた滝川第二にリベンジマッチを挑んで欲しかったのだが、その手のサッカーが苦手とされる名古屋にとっては湘南の方が組みしやすい相手かもしれない。その意味では組み合わせ的に運もある。
b0036243_27388.jpg

 グループリーグ最終戦をサブメンバー主体で戦った名古屋はコンディショニングも上手く行き累積警告で欠ける選手もいない。そんな(現状での)ベストメンバーでこのトーナメント一回戦に臨めるということの意味はとても大きい。そう言えば去年の滝川第二戦では青山が出場停止だったなぁ・・・。

          久保(10)
 新川(19)            花井(7)

     福島(20)    西山(8)

          吉田(13)

後藤(12) 森本(5) 三宅(6) 酒井(11)

          長谷川(1)

 序盤名古屋は慎重な立ち上がり。オーソドックスな4-4-2の布陣で前からガツガツ来るというよりも中盤をコンパクトにしてスペースを消しそこで奪ったボールを素早く攻撃に結びつけるという戦い方をしている湘南(監督は元浦和レッズの曺貴栽)に対し、名古屋はDFラインでボールを回す時間帯が続く。相手が待ち構えているところへ敢えて突っ込んでいく必要はないし、落ち着いて試合に入れているといえばそうなのだが、本当に強いチームというのは横浜のように試合序盤に一度ガツンと行っておくようなゲームの流れの作り方が上手い気もする。

 名古屋はDFラインが「各駅停車」のパスを右へ左へと何往復かさせているが、当然のことながらそれでは湘南ディフェンスのバランスは一向に崩れないので、時間とともに森本が持ち出してタテにボールを入れ始める。
 新川をスルーパスで走らせたかと思えば、4分には森本が久保に入れたクサビのボールから→福島→新川とつなぎ逆サイドの酒井へ。酒井のクロスに中で花井が頭で合わせたがシュートは惜しくもゴール右へ外れた。さらには5分にも再び森本から久保にクサビのボールが入り、そのボールが新川を経由して前線へと飛び出した吉田へ。湘南のGKが飛び出していたのを見た吉田はそのままシュートを放ったが、ペナルティーエリアのラインを出たか出ないかというところで湘南GKがこれをセーブ。ちょっとハンドくさかったが(笑)、湘南は難を逃れた。序盤は名古屋ペース。

 しかしその後湘南が前への圧力を強めて来ると名古屋は苦し紛れのロングボールが目立ち始めた。そして10分DFラインで後藤の不用意な横パスをさらわれ大ピンチを招く。シュートは森本がなんとかブロックしたが、この攻撃を機に湘南も攻撃のリズムが出始めた。13分には左サイド中盤で名古屋のパスミスをさらわれるとそのままPA内まで持ち込まれシュート。逆サイドにコントロールされた良いシュートだったが名古屋GKの長谷川が左手一本でこれをセーブ。

 名古屋は裏を取られるのが嫌なのか相手の2トップに対する寄せが甘い。そこで潰せればそこから名古屋も逆襲に出られるのだが。

 苦しみながら名古屋も反撃。14分、16分には連続してそれぞれ相手CKからのカウンターと長谷川のゴールキックから新川、福島のコンビで左サイドを崩しにかかったり、19分にはやっとボールが持てるようになってきた吉田を中心にボールを動かし最後は吉田がDFの頭越しにフワリとパスを送ると久保が抜け出してGKと1対1、だが久保が左足では放ったシュートはゴール右へと外れていった。
b0036243_28408.jpg

 このまま流れを取り戻したい名古屋。だが22分名古屋は再びDFラインで危険なパスミス。後藤から右へと大きく振ったボールがマイナス方向にブレ、この処理に焦った酒井が中途半端に中へ戻すと、これを拾った湘南の選手が放ったシュートは三宅と長谷川をすり抜ける。なんとかカバーに入った森本がゴールライン上かき出したが、10分台前半と同様これで再び勢い付いた湘南はこの後連続してCKのチャンスを得る。

 その後やや前線からの圧力は緩んだものの、名古屋にボールを持たせてリアクションフットボールに徹する湘南。それに対し相変わらずDFラインからのロングボールが中心の名古屋。相手のGKが名古屋のDFがボールを持ってルックアップすると(ロングボールが)来るぞ!来るぞ!」と叫ぶ。確かに今日も久保の高さは絶好調だが、こんな芸風だったっけ?ウチ。
 それでもそんな久保の周りで花井が持ち前のエレガントなテクニックを発揮してボールをキープし攻撃のポイントを作り始めると、名古屋は再び湘南ゴールに迫り始めた。31分には久保のポストから花井が抜け出しPA内へ→相手DFに詰められなんとか残したボールを福島がフリーで打つがゴール左へ。39分花井のスルーパスから新川が左サイドを抜け出しマイナスのクロスも中には合わず。43分福島の中央突破からミドルシュートもGKなんとか弾く。ロスタイムには吉田が中央で抜け出すもPAに入ったところでシュートを打たず左の花井へ出したが外に流れてしまいチャンスを逃す。

 名古屋にとっては良い流れになってきたところで前半終了。
b0036243_285179.jpg

 後半、名古屋はいい入り方をする。
 1分久保のポストから花井がもらい左の新川へサイドチェンジ。新川が左から仕掛ける。さらに花井と新川が頻繁に左右を入れ替わって、2分西山→新川(スルー)→福島→花井とつながり、花井が久保との壁パスを狙うが相手に倒される。3分カウンターから新川→オーバーラップした酒井と渡り、酒井がドリブルで相手PAまで突進してCK獲得。
 そしてそんな感じで後半開始から間断なくチャンスを作り続けリズムが良い名古屋に先制点が生まれる。DFラインでボールを回しながらも酒井が、前線でDFラインの間をナナメに飛び出そうとする新川の動き出しを見逃さず右足で少しアウトにかかった鬼フィード。少なくとも俺が見た右SBとしての酒井にはこんなシーンはこれまでなかったが、さっきの思い切ったオーバーラップで何かが吹っ切れたのかもしれない。新川はフィードの落下地点にフルスピードで走りながらトラップ一発で飛び出してきたGKを右に交わすと右足で無人のゴールへ流し込んだ。
b0036243_210135.jpg

 その後も名古屋ペース。相変わらず久保の高さと前線で異次元の間合いによるキープを見せる花井が効いている。そしてそこにピッチを縦横無尽に駆け回る福島が加わる。
 13分森本→後藤とつながったボールを後藤がアーリークロス。ニアサイドで飛び込んだ花井の頭上を通過したボールはファーサイドの久保へ。これをコントロールした久保が角度のないところか右足でシュートを放つがポスト直撃。14分には負けじと右から酒井が突破しアーリークロス。ボックス内には3人。大外の福島がダイレクトボレーで狙うが枠の外。16分左サイドの相手陣内深くまで福島が追っていき相手DFからボールを奪うと中に折り返すが人がいない。23分長谷川のゴールキックから久保が落として花井がミドル。
b0036243_2102127.jpg

 しかし20分を過ぎたあたりから湘南も選手交代を行いながら反撃。湘南はFWの10番と右サイドの7番に加え、途中出場で左サイドに入った9番がどんどん前を向いてドリブルで仕掛ける。そして押し込まれ始めた名古屋はセカンドボールをことごとく湘南に拾われ我慢の時間帯へと突入する。
b0036243_2102834.jpg

 この時間帯を凌いだ名古屋は30分過ぎからやっとカウンターでチャンスを作れるようになってきた。前掛かりに攻める湘南とカウンターで応戦する名古屋。
 32分スルーパスに抜け出した新川が1点目と同様にキーパーを交わすがコントロールがやや外に流れ中央で待ち構える久保へと折り返す。しかし久保のシュートはバーの遥か上へ。
 33分名古屋は福島に代えて奥村を投入し花井が中に入る。
 35分カウンターから森本が抜け出し久保へ。久保が倒されて得たやや遠い位置からのFKは花井が外す。
 36分全体が引き過ぎの名古屋は右からのクロスに中でヘッドを合わされるが長谷川が弾き出す。
 37分酒井が前に持って行けばいいところを不用意に後ろに戻してしまい湘南に押し込まれる。そして左サイドからのクロスボールに中でフリーで合わされるが枠の外。
 38分奥村→久保→花井→新川→花井とつなぎ花井がミドルを放つがキーパー正面。
 39分前線に出たボールに久保が追いついて深い位置でキープ。マイナスの折り返しを花井がシュートも再びGK正面。
 そして40分、カウンターから奥村が前方の久保に出して自分はPAに向けてダッシュ。(この時奥村の向こう側には全力で駆け上がる花井の姿が!) PAに入ったところで久保からのリターンをもらった奥村は寄せてきたDFと競り合って倒れ込みながら内側に流すと、これを花井が豪快にゴールに蹴り込んで決定的な追加点を奪った。
b0036243_2104482.jpg

 その後名古屋は花井に代えて津田、ロスタイムには酒井に代えて三島を投入。逃げ切れるかと思われたが、ロスタイムにCKからヘディングで合わされ1失点。その後センターサークルに戻ったところで試合は終わったが、なんとなく勝利に水を差されたような後味の悪い失点だった。前半からセットプレーのピンチは何度もあり、そのたびに集中した守備でこれを防いでいただけに、最後にアッサリやられたのは集中を欠いてしまっていたのだろうか。名古屋にとってはこれがラストプレーであったことが不幸中の幸い。

 これで壁をひとつクリア。目標は神戸総監督が明言していた通りあくまでタイトル(優勝)だが、これから先は未知の領域だけにひとつひとつクリアしていくしかない。その意味では最後の失点は浮かれない意味でもいいクスリだったかな?と好意的に解釈したい。
b0036243_2463746.jpg

 次の対戦相手は鹿島ユース。プリンス関東の1位(横浜)、2位(湘南)と破ってここで3位の鹿島に負けるわけにはいかない。そして俺自身この間雨の中朝っぱらからひたちなかまで出掛けていったかいがやっと出てきた。あの日のひたちなかは風、雨ともに激しくちょっと参考にならないかもしれないが、鹿島ユースの印象はしっかり守ってカウンターというセレーゾ時代の鹿島(トップチーム)のイメージ。比較的単調な攻撃にあってどことなく本山を彷彿とさせる10番の選手がアクセントをつける。この選手を潰すことだ。あとはボランチに大型の選手がいて彼等のミドルシュートには気を付けた方がいい。個々の能力を含めチーム力は名古屋の方が上だと思うが、先制点を奪われると少し厄介なことになりかねない。名古屋としては何が何でも先制点を奪い常にリードする展開で試合を進めたいところだ。

 あと名古屋の試合後、星稜と盛岡商の試合を前半途中まで観た。俺にとっては本田が出ていた選手権以来となる星稜。当時1年生ながらスーパーサブとしてドリブルでチョコマカしていた印象の塩原拓真が今やすっかり逞しくなっていたのに驚いた。少なくとも公称の170センチよりは遥かに大きく見える。そしてドリブルだけでなく、チャンスメークもシュートもなんでも出来る文字通りのチームの攻撃の中心として立派に10番を背負っていた。彼もプロの道へ進むのだろうか。どことなく田中達也にタイプが似ているしどこかでプロになってくれれば楽しみな選手だなと感じた。

(公式のレポートはこちら)
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-09-23 02:30 | Youth
<< 高円宮杯 準々決勝 前半終了 高円宮杯 ラウンド16 対湘... >>