Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
レギュラー選手を中心に高円宮杯を総括
 今年はプリンスリーグはもとより夏のクラ選にも行けなかったので、名古屋ユースの公式戦を観るのは(春先に行われた駒澤大学とのトレーニングマッチは見たけれど)この高円宮杯が初めてだったのだが、チームが決勝まで進んでくれたおかげで多くの試合を観ることが出来た。チームにはこれから年末にかけてまだJユースカップが残されているが、俺はおそらく観に行けないので、レギュラーを中心に個々の選手に焦点を当てる形で現時点での総括を書いてみたい。

 ちなみに昇格が噂されているのは、夏以降トップチームの練習に参加していた長谷川、吉田、福島、新川の4名だが、朴監督曰く「レギュラー全員が上に行く資格がある」とのこと。高円宮杯準優勝という快挙は昇格にも影響を与えるだろうか。

 まずはGKの長谷川。U-18日本代表に選ばれていることからも分かるように、この世代では決勝で戦った滝川第二の清水、FC東京の権田と並ぶトップクラスのGK。至近距離での反応に優れ相手のシュートをことごとくビッグセーブで弾き出す派手なプレーに目を奪われがちだが、ハイボールへの強さや判断の良い飛び出し、コーチングのレベルも高い。トップチームの練習にも参加しており昇格は濃厚だが、かつて名古屋のゴールマウスを守った師匠(現ユースGKコーチ)の伊藤裕二の跡をぜひ継いでもらいたい選手だ。

 決勝戦こそ3失点を喫したが今大会の名古屋の売りは堅固なディフェンスだった。そしてそんな名古屋の最終ラインで要となっていたのが森本と三宅のセンターバックコンビだ。この二人がいるから吉田をアンカーに回せたという部分もある。森本はクレバーで名古屋ユースの中でも最もセンスを感じさせるプレーヤーの一人。彼がいるかいないかによってDFラインの安定感はまるで違う。ただトップ昇格を考えるとCBとして176cmという身長がネックとなってくるのは確かだ。俺としては最近衰えが見え始めた大森の後継者にうってつけの人材だと思うのだが、クラブとして森本をトップに昇格させる気があるならこの森本のような選手こそボランチやサイドバックなどを経験させて今流行の「ポリバレント」を向上させるべきではなかったか。実際去年の高円宮杯では左SBとして出場した試合でも攻守ともにしっかりと与えられた役割をこなしていたし十分そうした能力はあると思うんだが。
 森本とコンビを組んでいた二年生の三宅は、去年までの俺の印象だと身体は大きいけど身体能力に任せて相手を封じ込めるというよりはカバーリングの上手さなどの方が目立つ選手だった。むしろその大きな身体を上手く駆動出来ておらず持て余していたと言った方が良かったかもしれないし、その分今後フィジカルを鍛えれば伸びシロはまだ十分にあるとも考えていた。そして今年全国の舞台に帰ってきた三宅はすっかり逞しさを増していた。去年からフィジカル面での上積みがあったのだと思われるが、特にアジリティが大きく向上していた気がする。どことなく心許なかった去年までのイメージはもうない。ディフェンスラインに人が足りなくても三宅がいるから大丈夫と思えるほどの選手に三宅は成長した。ただまだまだ足元のボールは危うい場面が多いし、フィードにもキレがない。あれだけの身体を持っているとついつい全ての面で規格外のことを要求してしまいたくなるが、まだ技術的にも身体的にも成長の余地は残されていると思うし「完全体」に近づいて欲しいと思う。

 両サイドバックはともに180cmを越える大型プレーヤーの酒井と後藤。酒井はもともとFWの選手だったが、システム的な問題と久保の成長もあり今年からサイドバックへとコンバートされた。まだ慣れていないのか今大会でも判断に迷ってピンチを招くなど「何をするべきが」が整理出来ていない場面が多々見受けられたが、試合を重ねるごとにそのポジションで自分の良さを発揮できるようになり、決勝トーナメントも佳境に入る頃にはそれはもう見違えんばかりの成長ぶりだった。ただ今大会チームが得点力不足に泣かされ攻撃にイマイチ迫力が出なかったことを考えても(また酒井の特徴を考えても)Jユースカップぐらいは右ウイングで使って欲しいと考えるのは俺だけではあるまい。
 後藤は今大会の名古屋ユースで最も安定したパフォーマンスを発揮していた一人。市川、清水という左サイドのプレーヤーが揃って卒業し、今年の左サイドはどうなるんだろうかと考えていた俺にとっては最大の発見と言っても過言ではない。守備はもとよりフィードや攻撃参加(オーバーラップ)も良いだけに今後が楽しみなプレーヤーだ。

 アンカーの吉田はチームにとって欠かすことが出来ないパーツでありまた全てにおいてチームの軸だった。吉田をアンカーで起用しなければチームの快進撃はなかっただろうし、吉田自身もアンカーで起用されることで多くを学んだはずで、また「ボランチも出来る」ことは今後の吉田のサッカー人生において大きな意味を持つことになるだろう。だが俺は吉田はやはりCBの選手だと考える。吉田のスケールの大きさはCBでこそ生きる。トップチーム昇格はほぼ間違いないだけに、将来名古屋の最終ラインを支える選手になって欲しい。

 インサイドハーフ(いわゆるデコ・シャビ)は福島と西山。福島は前線から最終ラインまで漏れなくカバーする運動量とスピード、それに加えてテクニックと玉際の強さを併せ持つ中盤のマルチロール。開幕戦の水橋高校戦を観た時は「名古屋ユースが福島のチームになった」とすら思ったほどその存在はチームにとって大きなものになっていた。大会が進むにつれて時にやや持ち過ぎな感じもするドリブル突破がバイタルエリアで捕まることが多くなったが、それでもチームには欠かせない存在。攻撃のセンスは先輩の山口Kを上回るものがあるし、トップチームに上がっても面白い存在になると思うんだが。
 西山は俺はずっと3年生だと思っていた。(笑) 前線のタレントを生かし、また自らもチャンスへと絡むツボを得た動きには戦術理解の高さが伺える。今年の経験は間違いなく来年生かされるはずで、来年のチームにおけるキーマンは表面上は三宅や花井や中田健といったあたりになるのだろうが、実は影でその役割を担うのは西山のような気が俺はしている。

 このチームの売りと言われた両ウイングは今大会明暗を分けた。右の花井が5ゴールとMVP級の活躍をしたのに対し、新川はその不調ぶりが目立った大会だった。一躍全国区になった「プリンス」花井聖(2年生)は、去年の大会ではアンカーの位置でボールを裁いていたことからも分かるように本来は中でプレーするタイプだが、今年は中田健太郎の欠場もあってウイング(FW)での起用となった。初戦の水橋高校との試合で直接FKから貴重な先制ゴールを決めたものの、その動きの悪さに俺はこの起用法に関してかなり懐疑的だったのだが、試合を追うごとにそのパフォーマンスは向上して行った。そしてなにより決定的な仕事(ゴール)が出来るプレーヤーとしてその存在感は際立っていた。技術の高さをベースとした正確なボールコントロールと多彩なキック。そしてTVで観返して始めて気付いたのは、ボールをもらう前に一瞬の動きで相手のマークを外していること。何気なくやっているトラップも単に足元に止めるのではなくひとつのアクションで次の動作に移りやすい位置にしっかりボールを置いている。「ユースニュース」で神戸総監督も言っているように運動量なども含めまだまだ克服すべき課題も多いが、お山の大将で終わらないためにも花井にはさらに上を目指してもう一皮も二皮剥けてもらわなければならない。
 トップ昇格が濃厚とされている新川にとっては今大会は厳しい大会となった。不調の原因は技術的なことや精神的なことというよりも、身体的なコンディションが整っていない問題が大きかったように感じられる。決勝戦などは少し戻ってきた来たような感じもしたが、それでも去年まで見せていた本来の動きからは程遠いパフォーマンスだった。自ら仕掛けたフェイントでバランスを崩したり、ボールの上に乗ってしまったりとアタマとカラダが一致していないかのようなぎこちなさはおよそ新川らしくない。変なフィジカルトレーニングでも取り入れて失敗したのだろうか?ともかく本来はスーパーな能力(と感覚)を持った選手だけにトップフォームを取り戻してさらなる先へと進んで行って欲しい。

 去年の高円宮杯からレギュラーに定着し1トップを張り続けてきた久保。今年はその強さと上手さに磨きがかかり、高校レベルでは少し抜けた存在へと成長を遂げていた。元々U-15やU-16時代は森本(貴幸)と同等かそれ以上の評価を受けていた逸材。遅ればせながらのブレークだった。ただポストとして組み立てに参加したり前線でロングボールを競り合ったりという面では申し分ないプレーを見せていたが(それがチーム方針なら仕方ないのだが)今大会無得点に終わったことは本人にとってもやや消化不良だったのではないだろうか。前線での潰れ役も前からのディフェンスもいとわない(サボらない)好プレーヤーだけに、俺個人としてはヨンセンの後釜として是非トップチームでも見てみたいと思うのだが、もしそれが叶わないなら、巻弟とバーターで駒澤大学に進学というのはどうだろうか。巻弟を手に入れられる名古屋、久保を手に入れられる駒澤、そして伝統的に力強いFWを育てることには定評がある関東大学リーグの名門チームで技を磨ける久保と、三者にとってメリットがある話だと思うが。まあ人の将来を俺が勝手に妄想であれこれ言うのもどうかと思うが、久保の能力だったら関東の大学サッカーシーンでも十分にやっていけるという確信と、駒澤だったら久保も4年後に化けているかもしれないという希望的観測、そして毎年春の関東遠征で駒澤大学と対戦していることを考えると決してコネがないわけではないだろうというわけで提案してみました。

 おまけとして、今年は3年生が強力メンバーでかつ8人がレギュラーということを考えると来年が心配になるところだが、途中出場などでプレーした津田、桐山、奥村、安藤、西部、アルベスといった選手達はそんな不安を払拭するだけの可能性を感じさせるプレーを見せてくれた。特にグループリーグの初芝橋本戦で先発出場し好プレーを見せた桐山はちょっとした「発見」だった。その後も不調だった新川に代えて(途中からでも)起用した方がいいんじゃないかと何度か思ったぐらいで、これで来シーズン「桐山を見られる」という楽しみがひとつ増えた事は間違いない。ただ、久保よりも柔らかいポストを見せるアルベスが、チームが今の方針を継続するのであれば、久保同様にストライカーではなくポストプレーヤーになってしまいそうなのが怖い気はするが・・・。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-10-14 05:30 | Youth
<< 第27節 対清水 1-1 (得... 第26節 対FC東京 1-2 ... >>