Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第28節 対甲府 1-2 (得点:藤田) @小瀬スポーツ公園陸上競技場
 前回瑞穂で5-1という大勝を収め一度は順位も甲府を上回ったものの、安定しない戦いを続けているうちにいつの間にやら再び甲府に追い抜かれていた名古屋。ここで勝てば再び順位は入れ替わるし、ひとつでも上の順位を目指すためにも負けられない試合だ。
b0036243_0252597.jpg

 さすがにカップ戦を含め今シーズン三度も対戦していれば甲府がどういった戦い方をしてくるかは(特別なスカウティングをせずとも)監督以下選手たちもしっかり把握しているはずで、バルセロナシステムを採用する甲府に対し名古屋はガチンコでこれとぶつかる布陣を敷いてきた。最終ラインは予想通り本田を左SBに下げた4バック。中盤はいつもはアンカーの藤田をトップ下に据え金正友と山口Kがダブルボランチを組んだ三角形△、前線は玉田の先発復帰が見送られ、ヨンセンを頂点として杉本、中村が両ウイングに入る3トップ。

         ヨンセン
  中村           杉本

         藤田

     金正友   山口K
本田
      古賀   スピラール  大森

         楢﨑

 キックオフとともに前半攻勢に出たのは甲府。いや攻勢というよりはチームとしての完成度の差をまざまざと見せ付けられるような試合展開。プレーヤーひとりひとりを取り上げればその質では名古屋が明らかに甲府を上回っているだけに、その悲しい現実は余計に際立つ。逆に言えば名古屋がいかにこれまで個人の能力に頼った戦い方をしていたかということ。それぞれの局面において1対1で勝たなくてはいけないのはサッカーの基本だが、上田ジムが遺したお題目でもある「組織的でスペクタクルなサッカー」は一体どこへ行ってしまったのか。

 システムが完全にマッチアップになっているのだから、個々の能力で勝る名古屋が前から順番にプレッシャーをかけて行けば、本来なら中盤から後ろでしっかりとボールを刈り取ることができるはずだった。しかし名古屋の守備はそもそも3トップが相手の4バックにプレッシャーに行くところからしてタイミングや狙いが選手間で意思統一されている様子が全くなく、簡単にボールを前に運ばれてしまっている。そしてその穴埋めに藤田が動き回るものだから藤田がマークすべきマエストロが自由にボールに触ることが出来ていた。本来であればこのマエストロあたりが狙い目なんだけどな。そして名古屋はしっかり人に付いているはずの中盤から後ろでも甲府の素早いパス回しに置いていかれる事が多く、面白いようにパスをつながれては、バイタルエリアあたりにポッカリとスペースを空けてシュートまで持って来られる展開が続く。

 甲府が何か特別なことをしているかと言えば決してそんなことはないんだが、しっかりと味方にパスコースを作ってあげて、パスを出しても足を止めることなく、動いてスペースを作ったりそのスペースを使ったりという当たり前のことが出来ている。名古屋はサッカーでもピッチ上でも置いてけぼりを喰らっている感じだ。
b0036243_2544928.jpg

 名古屋が攻撃に移ろうとすると今度はこれとは真逆の光景がピッチ上で繰り広げられる。それは甲府が前から掛けてくるプレッシャーに対して思うようにボールが前に進まない名古屋という状態で。俺は正直なところ試合前にはヨンセンの高さ+杉本のスピードという力技でゴリ押しすれば前回の瑞穂のようになんとかなることもあるんじゃないかと甘く考えていたが、ヨンセンが徹底マークに遭っていることに加え、苦し紛れのロングボールでは杉本を上手く走らせることもままならない。
b0036243_23564512.jpg

 名古屋にとっては一体何をしたいのか分からない時間帯が続き、甲府が何本か危険なシュートを放ちセットプレーから多くのチャンスを得ていたのに対し、名古屋は結局シュートらしいシュートすら打てないまま前半は終了。
 だがさすがに甲府もこのペースが試合終了まで続くとは思えないし、名古屋のベンチにはそんな時に切り札と成り得る玉田もいる。それによくよく考えてみれば前回の対戦もスコアこそ5-1と大勝だったが、内容的にはむしろ前半から甲府にいいようにパスを回されていたぐらいだったからまだあきらめることはない。

 前半で気になったプレーを挙げるとすれば、前半終了直前にカウンターから中央で中村が持ち出して2対2ぐらいの状況を作り左サイドの杉本にスルーパスを出したシーン。通っていれば絵に描いたようなカウンターだったのだが(そして文字通りのワンチャンスをモノにするという展開が甲府に与えるダメージは計り知れなかったのだが)判定は無情にもオフサイドだった。
 最近プレーに落ち着きが出てきたと言われる杉本だがこれはやってはいけない「ミス」。なぜラインとボール(パスの出し手)を両方見れる位置にいる選手がオフサイドに引っ掛かるのか。昔ピクシーはチームメートがこれをやるとその度に激怒していたし、自分がそういったポジションで副審にオフサイドを取られると「そんなわけない」と猛烈な抗議を行っていた。彼にとってそれは「恥ずべきミス」に分類されるものだったのだろう。このチームにはそんなピクシーの遺伝子すら残っていないのかと少し悲しくなったりならなかったり。
b0036243_0231052.jpg

 後半メンバー交代はなし。
 確かに前半チームは何も出来ていなかったが、逆に言えばまだ何もしていない。幸い前半は0-0だしここからキックオフだと割り切るぐらいの気持ちで何かを見せて欲しい。
 と、さっそく後半立ち上がりからサイドを使った攻撃で積極的に攻撃に出る名古屋。開始早々には杉本が右サイドを破ってその折り返しに詰めたヨンセンがあわやゴールかというシーンを作り出す。甲府のディフェンス陣は副審が一度はオフサイドフラッグを上げたことに対してしつこく抗議していたが、確かにボールが出た時ヨンセンはオフサイドポジションにいたが、後ろから走り込んで来た杉本は明らかにオンサイドだった。
 その後も名古屋は中盤でサイドチェンジを織り交ぜながらクロスでチャンスを作り出す。この1週間のトレーニングの成果かそれともハーフタイムの指示なのか、サイドを使ってクロスからフィニッシュというイメージは共有できているようだ。
b0036243_1473934.jpg

 しかしそんな名古屋にアクシデントが発生する。相手と競り合った古賀がハーフウェーライン手前ぐらいで倒れ込む。倒れた後も左足首の辺を押さえながらもんどり打っている感じだったから大事に至らなければいいのだが、結局古賀はそのままピッチに戻ることはなく代わりにCBに秋田が投入された。そしてこれが勝負のひとつの分岐点となった。
 甲府が挙げた先制点は担架で運び出された古賀がピッチ脇で応急の治療をし秋田が投入を待つまでの間に奪われたもので、古賀(か最悪でも秋田)がいれば何事もなく頭で跳ね返していたであろうクロスボールを宇留野に頭で決められたものだった。
 そして秋田が投入された時、俺は正直バレーとのマッチアップを考えると秋田はキツイんじゃないかと思っていたが、その嫌な予感は的中し、一旦同点に追い付いた後5分と経たぬうちに何でもないスペースへのフィードをバレーと競争で追っかけた秋田がアッサリと振り切られ左サイドからもの凄いミドルシュートをサイドネットに突き刺されてしまった。バレーが遠くからでもシュートを狙ってくることは分かっているし、この場面では後ろから追っ掛けて来る甲府の選手もいなかった。それなのになんで秋田がバレーの右足を切らなかったのかが俺には分からない。
b0036243_27727.jpg

 名古屋は先制された後、本田の裏へのパスに左サイドで抜け出した中村がタッチライン際まで持ち込むと滑ってくる相手を切り返し一発で外し後ろから走り込んで来た藤田に戻し同点ゴールをお膳立て。さらにその後も藤田に代えて玉田を投入し、中村をトップ下に移して逆転を狙いに行く姿勢を見せていた。そしてそんな名古屋の「得点を奪いに行く」というペース(意図)は、上で書いたようにバレーのゴールですぐさま再びリードを許してからも変わらなかった。
 しかしサイドから何度かチャンスは作れどもゴールは遠い名古屋の攻撃。やはりヨンセンが徹底したマークで封じられると名古屋の得点力は半減(以下)してしまうのだろうか。こういう時に仕事をして欲しいのが玉田なのだが、積極的なドリブルから二本ぐらいシュートを放ったものの見せ場はそれぐらい。まだコンディション的にはMAXではないのか怖さが足りない。
 そしてそうこうしているうちに名古屋の足も止まりだす。75分疲れの見える山口Kに代えて吉村投入。後ろを三枚にしてスピラールをボランチの位置に上げ攻撃を司らせる奇策も飛び出した。スピラール自身これぐらいの時間になると業を煮やしたのかのようにボールを持てば持ち上がっていたのでそれほど違和感はなかったし、むしろ有効な部分もあったのだが、ただここまで外国人に頼らなければ何も出来ない名古屋の選手たちもどうなのかという感じ。そしてそれでも甲府のゴールをこじ開けることは出来なかった。

        ヨンセン
 玉田           杉本
    金正友   中村

     吉村  スピラール
 本田           大森
        秋田

        楢﨑

 そしてそのまま1-2で試合終了のホイッスル。
 後半はいくらか持ち直して、個人能力の高さを見せ付けるようにいくつかチャンスも作ったが、それでも甲府に余裕で守り切られ完敗を喫してしまったというのが現実。チームとしての完成度もそうだし気持ちの部分で名古屋は甲府に遠く及ばなかったように俺は思う。気持ちといっても分かりにくいが、例えば玉際の競り合いだとか攻守の切り替えの速さといった部分で名古屋は常に甲府の後手を踏んでいた。

 そんなこともあるので俺は試合終了間際に退場した金正友を責められない。名古屋で最も気持ちを見せて闘っていたのが金正友であり、後半途中からは見た目的にもかなりツラそうだったがそれでも気持ちを奮い立たせて彼は走っていた。最後にイエローカードを貰ったシーンにしても、半ばパワープレーのように前線にボールを入れている中で、こぼれたセカンドボールを確保しようとする甲府の選手の前方には中村の姿があったが中村はそれを奪いに来なかった。走る気力や体力がなかったのか、それともフィフティのボールに突っ込んで交わされたらカウンターから大ピンチになると判断してあえて出なかったのかは分からない。ともかく結果として中村は出なかった。だがゲームの流れを考えると、そこで相手にボールが渡れば苦しい甲府に「息継ぎ」する間を与えることになるのは明白だった。ここはなんとしてもセカンドボールを確保し連続攻撃につなげなければならない。金正友もおそらくそう判断したのだろう。結果的に後ろから追っ掛けてのタックルは二枚目のイエローという大きな代償を支払うことになってしまったが・・・。
 残り時間がほとんどなかったこの試合はともかく、出場停止となる次節での金正友の不在は痛いが、これでフェルフォーセンも迷うことなく玉田を先発に戻せるかな。
b0036243_333760.jpg

 そう言えばこの試合で気になったのはヨンセンがいつになく荒れているように見えたことだ。甲府の徹底マークと主審の判定にイライラしていた部分はあるのだろうが、珍しく味方に険しい表情で何か不満を訴えかけるようなシーンも。今年もチャンピオンズリーグに出場出来たかもしれない実績も実力もある北欧のストライカーが、1ランクも2ランクも落ちる極東のリーグにやって来て、必死で走って体張って頑張ってもチームは残留争いじゃモチベーション維持するのも難しいだろう。そもそも日本に来たのは違う文化を体験してみたかった「アドベンチャー」だし、それなら三ヶ月~半年で十分な気もする。ホームシックとまでは言わないが、冬のマーケットが開いた時にヨーロッパからオファーが来たらアッサリ帰っちゃいそうな気がするのは俺だけか?もちろん俺はこんなスーパーにして優良な外国人には来シーズンも残って欲しいのだが。
b0036243_2491695.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2006-10-22 02:50 | Game Review
<< U-21日本代表vsU-21 ... 第28節対甲府試合終了 >>