Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
名古屋グランパスエイトシニアユース(JFL第3節 横河×刈谷)
b0036243_17331063.jpg

 本田が出場していた時の選手権以来となる駒沢に行って来ました。
 目的は平林、日下、石橋という7年前に富岡(甲府)、神丸(愛媛)等とともに高円宮杯(U-15)で全国制覇を成し遂げた元祖黄金世代トリオに加え、元U-18日本代表候補の高橋などの元名古屋ユース期待の星を何人か擁し、あたかも名古屋グランパスエイト“シニア”ユースといった趣きを醸し出しているFC刈谷。

 注目のメンバーは、今シーズン名古屋から移って来た平林と高橋、そしてJrユースから鹿実→大商大を経て地元に戻ってきたルーキー・石橋がスタメン。日下もどうやらベンチにはいるようだ。

 俺の中で対戦相手の横河武蔵野FCに関しての予備知識が全くなく、かつて鈴木慎吾(新潟)を輩出したことから伝統的にサイドアタックが特徴なんだろうなどと勝手に思い込んでいたわけですが、試合は前半から横河が刈谷の両サイドを予想以上に蹂躙する展開。というより、3バックの前に浮氣をアンカーとした3センターという3-3-2-2のようなフォーメーションの刈谷は、サイドがスカスカを通り越してガラガラ。これはチームとしての戦術なのだろうか、全く修正もなされぬまま、サイドを基点に次々と面白いように決定機を作られて前半だけで3失点。ちょっとした横河サポ感謝デー状態だった。

 後半になると3点をリードした横河は店じまい。しかしようやく自分達の思い描く形が作れ始め、さらには選手交代で愛知FC出身の「和製ロナウド」こと矢野隼人や、上でも書いた高円宮杯(U-15)決勝の国立の舞台で素晴らしい直接FKを決めた光景が今でも俺の頭に強く残っているNO.10日下を投入した刈谷だったが1点を返すのが精一杯だった。

 試合後サポーターのところに挨拶に来た後もずっと頭を上げられず号泣していた平林。試合を観た感想としては、ボールを持ち過ぎて囲まれるような場面も多く、名実ともにチームのエースとして「自分がやらなければ」とちょっと気負い過ぎているように見えた。確かにドリブルも得意でテクニックもあるが、彼はロナウジーニョやメッシではない。ちょこまかしたテクニシャンに見られがちだが、彼はそれ以上に動きの量と質に優れた特徴のあるプレーヤーなので、組織の中で周りに使われながらプレー出来れば彼自身の能力も引き出されると思うんだけどな。そのためにはチームとしてせめて前線にあと一人突出した存在が欲しいところだが・・・。

 ただ、チームとして頑ななまでにパスをつなぐことに固執しクサビを入れてからの中央突破という、まだミスが多く完全に具現化出来てはいないがひとつのスタイル(方向性)を持っているチームは、今後個々の能力がちょっとづつアップして連携が深まっていけば成長していく可能性も感じられた。愛知県出身者(もしくは愛知県に馴染みがある選手)を多く揃えるという点でも愛知サッカーの象徴的な存在になれるよう頑張って欲しいと思う。

 ちなみに刈谷が後半返した1点は前線で平林が相手からボールをかっさらい、高橋と二人でGKとDFをチンチンに交わした後、無人のゴールに高橋が蹴り込んだ意地のゴールでした。このシーンにはサポーターも溜飲が下がったのではないでしょうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-03-24 17:33 | Other Games
<< 第4節 vs横浜FC 2-1... 名古屋グランパスエイトサテライ... >>