Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第4節 vs横浜FC 2-1 @三ツ沢
b0036243_21585935.jpg

 横浜FCの狙い(意図)は明確だった。4+4で自陣に引き籠ってスペースを消し、ボールを奪ったら迷わず中盤を飛ばして前線のサイドのスペースに送り込む。そうして基本的に3人しか残されていない名古屋最終ラインとの勝負に持ち込むというのが「アジアの大砲」が名古屋をスカウティングした結果出した結論だった。久保より機動力に長けるシウバと難波を起用したのもそうした狙いを反映してのものかもしれない。

 対する名古屋はいつも通りとか自分達のスタイルと言えば聞こえはいいが、そのあまりの自然体(無策とも言う)ゆえに、危うく横浜FCのゲームプランに嵌るところだった。
 大好物の「スペース」がない上に相手を背負ったら何も出来ない杉本が前線で全くポイントになれなかった前半は横浜FCにカウンターから何度か危ない場面を作られ、それならなぜDFの前でボールを受けるのが特徴の玉田を頭から使ったり、タテが切られている左右のポジションを入れ替えたりしないのかと傍目には思うのだが、ベンチから出てきたフェルフォーセンはボールをもっと左右に散らせとゼスチャーを交えながらいつも通りの指示を繰り返しているご様子。先制点を奪われなかった代わりに、楢﨑の負傷退場という大きな代償を払った前半だった。

 決して上手く行っているとは言えなかったがなんとか前半を0-0で切り抜けたハーフタイム。練習の途中で玉田の姿が消えたので、フェルフォーセンにしては珍しく打つ手が早いなと感心していたのだが、ハーフタイムが終了し一人二人とピッチに戻ってくる選手を眺めていても一向に玉田の姿はピッチ脇に現れない。どうやら後半もそのままの方針で行くようだ。

 だが名古屋にとってラッキーだったのは、前半の戦いで手応えを感じたのか後半になると横浜FCが少し前に出てきてスペースが生まれ始めたこと。これで名古屋にもようやく一筋の光明が見えてきた。そうした中セットプレーから先制を許した時は去年までとなんら変わらない名古屋お約束の展開かと一瞬嫌な予感が頭をよぎったが、水を得た魚ならぬ「スペースを得た杉本」が躍動し、増川からのクロスに往年の森山ばりのダイビングヘッドをブチ込んだかと思えば、右サイドをブッチ切って落ち着いた切り返しから折り返したクロスによくペナルティエリアの中まで走り込んで来ていた山口Kがねじ込んであっという間に逆転してしまった。

 観終わった後の率直な感想としては、横浜FCに負けなくてつくづく良かったということ。俺はこれまで横浜FCというチームにどちらかと言えば好感を抱いていたが、負傷した楢﨑が担架に乗せられて退場して行くところにゴール裏一丸となって「つまみ出せ」コールをしていた幕張もどきサポーターの民度に低さや、掛かってもいないタックルに「うわあぁぁ」と大声を上げながら大袈裟にひっくり返ってスタンドの失笑(と罵声)を浴びていた(しかもそれを二度繰り返した)奥大介のプロサッカー選手としての羞恥心のなさに(メインスタンドから観ていて)辟易していたので、こんなチームに負けなくて心底良かったと胸を撫で下ろして三ツ沢を後にしたのでした。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-04-02 21:58 | Game Review
<< 第5節 vs広島 2-3 @スカパー 名古屋グランパスエイトシニアユ... >>