Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第5節 vs広島 2-3 @スカパー
 試合後のインタビューでペトロビッチが語っていたように、選手交代に関する評価は大抵が結果論でしかないが、それにしてもこの試合でフェルフォーセンが後半開始から杉本に代えて玉田を投入したのは(前節の横浜FC戦のレビューで全く同じ交代をプッシュしていた俺にとっても)疑問が残る采配だった。ひょっとしたら画面越しには見えないところで杉本の疲労(もしかしたら怪我?)など当事者にしか分からないコンディション的な問題があったのかもしれないし、ナビスコカップで3戦2ゴールと結果を残している玉田を使うチャンス(タイミング)をフェルフォーセンが試合前から見計らっていたというようなことがあったのかもしれない。しかし前半の杉本のプレーを見る限り俺は代える必要があるようには思えなかったし、「広島のディフェンスラインが低かったから」というフェルフォーセンの説明にも疑問符を付けざるを得ない。確かに横浜FC戦はベタ引きのディフェンスを前に前半杉本はスペースを見つけられず成す術がなかったが、この広島戦の前半の杉本は十分に走れていたし、そんな杉本と主に対峙していたダバツなどは成す術がなかったと言って差し支えないほどそのスピードに対応出来ていなかった。まあ広島の最終ラインの前でテンポ良くパスを回せていた前半を見れば、そこに一枚噛ませるには足元にボールが収まらない杉本よりも玉田の方が良いという判断は確かにあるが、広島のDFラインからしてみれば杉本から玉田への交代によって「怖さ」は半減したのではないだろうか。

 逆に広島は結果から見れば後半25分の森崎浩→平繁という選手交代によって試合を決めたと言っても過言ではない。負傷者続出の名古屋DFラインにとっては、ウェズレイと佐藤寿人という強力な2トップをどう抑えるかということが試合前から最大の焦点だったし、実際この二人にゴールを割られて逆転負けを喫してしまったわけだが、試合の中で名古屋の守備に関して目に付いたのはむしろ藤田の両脇に広がるスペースに対する対処の仕方だった。ここに3バックの一角である増川や竹内が引っ張り出されるシーンが目立ち、実際1失点目は増川が引っ張り出されたところをワンツーで抜け出されてサイドを崩されたことがきっかけとなっていたし、3失点目にしてもここで竹内(と中村)が柏木に突破を許したことがPKにつながっていた。ペトロビッチがそこに目を付け森崎浩→平繁という交代を行ったことは想像に難くないし、選手交代によってそこを突いたペトロビッチの策が功を奏したことが結果的には試合を決めることになったわけだ。

 終わってみれば、良い感じで試合を進めて常に先行しながら逆転を許して2-3の敗戦という、まるで去年のホームゲームをリプレーするかのような結果となってしまった。去年はオランダキャンプで積み上げた自信をその試合で失い、それが教訓というよりもトラウマとなって、以後ヨンセン加入でチーム成績は上昇カーブを描きながらもメンタル的には決して無理しない(積極的に追加点を奪いに行かない)サッカーに落ち着いてしまった印象もあるので、昨シーズン同様にこの広島戦の敗戦がターニングポイントとなって開幕から好調を持続してきた名古屋のサッカーが変わってしまわないことを願うばかりだ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-04-08 13:46 | Game Review
<< 第6節 vs 大宮 0-1 @駒場 第4節 vs横浜FC 2-1... >>