Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第6節 vs 大宮 0-1 @駒場
b0036243_2159529.jpg
 試合前、アップで交互にゴールマウスに入る櫛野と長谷川の二人を見ながら、このチームが去年までとは違う新しいものになっていることを改めて実感する。楢崎と川島が(時々川島が楢崎の好プレーに拍手を送ったりしながら)アップしている光景がいつの間にか俺の中でも当たり前の光景として焼き付いていたということだろうか。サッカーチームは生き物とはよく言ったものだ。

 試合は大宮の(ゲームプランというよりも)システムを含めたチームとしての戦い方そのものが名古屋に対して攻守にバッチリハマってしまった感じの前半に、最終ラインで少し持て余していた感じの見慣れない外国人に先制点を奪われ、後半開始から4-3-3にシステムを変更して戦ったことで幾分スムーズにはなったものの局面を打開するには至らず、リーグ戦初勝利に燃える大宮に逃げ切られてしまいました。

 試合の中で感じたのは、後ろでゆっくりとボールを回してパスをつなぎながら前に運んでいくというスタイルを実践する上で、左サイドの本田の存在がいかに大きかったかということと、そしてこういう相手にこそ使って欲しい玉田の不在(怪我?)や足を攣って交代した阿部と交代できる左サイド(片山)の不在、1点を追いかける展開のはずなのに試合終盤にふと気付けば「ボランチ祭り」状態だったことなどのどこかチグハグなベンチワークでした。

 まさか柏よりも先に失速することになるとは・・・弱者に優しい名古屋はメンバーが代わっても健在ということでしょうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-04-14 16:18 | Game Review
<< 第8節 vs柏 @日立台 第5節 vs広島 2-3 @スカパー >>