Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
第8節 vs柏 (補足)
 サブメンバーを見た時点で、これで先に点を奪われたらフェルフォーセンは一体どういう手を打つのだろうかという不安(疑問)が頭をよぎった。唯一の攻撃的な駒である巻にしても「用途」はかなり限定されるし、選手交代によって流れを変えることを期待するのはまず無理だろう。そしてその嫌な予感は現実のものとなった。

 激しい雷雨のおかげで予定時刻より50分遅れてキックオフした試合で最初にペースを握ったのは名古屋だった。スリッピーなピッチを気にしてか、それとも前からプレッシャーを掛けに来る柏をいなすためか、シンプルに柏DFの裏を狙うようなプレーが目立ち、特に柏のSBが上がったスペースを突けた時にはビッグチャンスを作り出すことが出来ていた。

 失点は二つとも十分に予想可能な形。
 一失点目は楢﨑の負傷後とみによく見られるようになったコーナーキックからの失点。セットプレーに対してはフラットなラインを形成してゾーンで守る名古屋の守備には各チームとも研究と対策を十分に行ってきているわけだが、この失点に関してはそれ以前の問題と言ってよいGKとDFの連携ミスであり、ここ最近の試合では頻繁に見られる形。昨シーズンの終盤あたりはかなり安心して見ていられるようになった名古屋のゾーンディフェンスだが、古賀の移籍、スピラール&楢﨑の怪我によって今再び不安定なものになりつつある。
 二失点目は「柏のアタッカーの特徴」×「名古屋のディフェンスのやり方」×「ピッチコンディション」を考えれば一試合を通してある程度覚悟しておかなくてはならない事故のようなゴールで、名古屋としてはそれを踏まえて先制点と二点以上のリードを確保しておくことが必要なことだった。守備自体よりも得点を奪えなかったことの方が問題は大きい。

 相手チームが名古屋の3バックのサイドのスペースを徹底的に狙ってくるようになったのは横浜FC戦あたりからの顕著な傾向だ。まあこれだけなら当然想定されうる事態でありフェルフォーセンとしても「オーガナイズ」の中でその対応策を既に織り込み済なのだろうが、相手が1トップで来た時に3人のDFの受け渡しが曖昧になりそれがサイドの守備にも悪影響を及ぼすという傾向は大宮戦から見られるパターン。これには改善の余地があるだろうし、逆に言えば大宮戦から全く修正されていない点とも言える。
 俺としてははやいとこ(退場は時間の問題だった)中村を外して4バックにしちゃえばいいのに・・・と思いながら見ていたわけだが、今の戦い方が攻守両面において「中盤での数的優位」をベースとしたものになっている以上システム変更はなかなか難しいのかもしれない。
 まあただ後半ようやく中村を外したかと思ったら、システムは変えずに藤田をサイドに追いやって結果的にボールを動かせなくなり放り込みしか手がなくなってしまったり、相手が一人少なくなってから4バックにして後ろの枚数を増やしたりとどうにも采配面でのチグハグさも否めない感じでした。阿部・巻の投入といい、米山・金正友の交代といい、「放り込みの徹底」という明確な意思は確かに見て取れたんですが・・・。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-04-28 22:32 | Game Review
<< プリンスリーグ東海2007 ... 第8節 vs柏 @日立台 >>