Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
プリンスリーグ東海2007 第4節
b0036243_19331823.jpg

■第一試合 静学vs中京大中京
 前半からベタ引きの中京が、後半にカウンターから伊藤了のスーパーゴールで先制したものの、試合中しばしば見受けられた集中の切れたようなディフェンスでなんでもないクロスからゴールを許して引き分けました。
 伊藤了は後半バテたの足が止まっているシーンが多かったですが、ドリブル突破には目を見張るものがあり、相手の逆を取ってスペースにボールを出して抜いて行くプレーは良いイメージを持ってプレーしているなと感じました。

■第二試合 名古屋ユースvs磐田ユース
 去年の高円宮杯・決勝以来となるユース観戦。主力がごっそり抜けた(おまけに花井もいない)新チームがどういうサッカーをするのか楽しみにしていましたが、結果は1-5という予想外のスコアでの大敗となりました。
 磐田が特別強かったかといえばそういうわけではなく、むしろ23番のFKを除けば全体としてラフプレーぐらいしか印象に残らないチームで、名古屋も磐田のなりふり構わぬフォアチェックをかいくぐりながらパスをつないでサイドから崩すという自分達の目指すサッカーを表現出来ていただけに残念な結果でした。
 事故のような直接FK二発とビミョー過ぎるPK判定、そしてGKのミスで前半のうちに4失点を喫し勝負を決められてしまったことは実際「運」もなかったという気はしますが、磐田FWの斜めに走り抜ける動きに全く対応出来ていなかった3バックや最終ラインでハネ返した時にセカンドボールを拾えない中盤などチームとしての課題もハッキリした試合でした。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-05-03 19:33 | Youth
<< プリンスリーグ東海2007 第... 第8節 vs柏 (補足) >>