Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
クラ選2007 vs鹿島ユース
名古屋のスタメンはGKに鈴木規、最終ラインは三宅を中心に右に津田、左に西部という3バック。中盤は右から三島、安藤、西山、中田。そして前線はアルベスを頂点としてその下に磯村と太田が付くような形。
試合はキックオフから名古屋が右へ左へと大きくボールを動かして支配するもののなかなかシュートまで持って行けない歯がゆい展開でスタート。
セットプレーでいきなり集中を切らしていた鹿島ディフェンスに対しトリックプレーで抜け出した三島がペナルティエリアの中でGKと1対1になったにも関わらずシュートを打たずに横パスを選択したシーンに代表されるように、どこかの国の代表チームを見るかのようなシュート意識の希薄さが垣間見られる。それとも高校年代になって全国の舞台を踏むのは初めてという選手が多いチームには多少の緊張や遠慮があったのだろうか。鹿島との力の差は歴然としているだけにペナルティエリアでも強気で勝負を仕掛ければ行けそうな気がするんだが。
そんな中ペナルティエリアのすぐ外でボールを受けた磯村が“磯村ルーレット”で強引な突破を図ると、その混戦から右サイドの選手のシュートのこぼれ球がフリーの太田の足元へ。これを太田が落ち着いてゴールに蹴り込んで先制に成功した。
試合内容で圧倒していただけに前半をリードして終われたことは大きかったが、もう少し点差がついてもよかったという気がしないでもない。

後半に入ると鹿島がエース野林を中心に前からのプレッシャーを強めて来た。序盤こそそれに押され気味だった名古屋だが、苦しい時間帯を凌ぐと再びペースを握り、安藤、西山のボランチコンビで加点。特に安藤のPK奪取後は相手が一人少なくなったこともあり、危な気ない試合運びを見せていた。

その後選手を入れ替えたり、終盤選手達の動きが止まってくると、突然最終ラインがバタバタし始めたが、なんとか0点で凌ぎ切り試合終了。鹿島もなんとか1点取ろうと最後の気力を振り絞っている時間帯ではあったが、名古屋としては今後出場停止などでメンバーが入れ替わった時のことを考えると若干の不安が残った。

あと試合終了後、トラックのあるピッチの方でクールダウン後サブメンバーが柏のサブメンバーとハーフコートでタッチ数を限定したミニゲームをしていて、磐田の試合を観ながら横目でチラチラ見てただけなので詳細は分かりませんが、見た感じかなり一方的にやられてた感じがしたのは気のせいでしょうか。しかし柏の24番は遠目にも存在が際立つ大きな選手で足元も普通に上手そうでしたし、対戦するのが楽しみです。(火曜日なので観れませんが)

というわけで、今日は京都戦。勝ち点3が欲しいところです。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-07-29 11:34 | Youth
<< クラ選2007 vs 京都前半終了 クラ選2007 vs 鹿島試合終了 >>