Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
日本代表について
 正直な話、俺は日本代表の試合をほとんど観ていない。理由は名古屋の選手がいないから。だから(観てもいない)代表について多くを語るのは基本的には控えてるんだけど、例のシンガポール戦の「カズ・ゴン召集」に対して意見を書いた所、SEABLOGスポーツさんからTBを頂いたので少しだけ(長いけど)。

 「カズ・ゴン召集?そんな馬鹿な」と思った俺に対して、SEABLOGスポーツさんはそれ(ジーコ)を支持すると。理由として、要約すると、ロボット化されたトルシエのサッカーより、自ら考え行動するジーコのサッカーの方が今の日本のサッカーの更なる発展には必要で、カズ・ゴンの召集もそういったジーコの考えの中で必要とのこと。

 俺は基本的にジーコ×トルシエといった二元論に意味はないと思っている。なぜなら「選手はロボットではなく感情を持った人間」っていうのは全ての監督にとって大前提だと思ってるから。某掲示板(伝言板)で執拗にネルシーニョ叩きをしているズデンコ・シンパが、よくトレーニングのことをプログラミングだとか言って戦術戦術うるさいけど、さっきの大前提に立てば、選手は人間なんだからいくらプログラミングした(戦術を植え付けた)所で思い通りには動いてくれない。そこをいかに動かすかが監督の仕事だと思ってるから。オートマティズムって言えるくらい徹底的に教え込むのか、選手を褒めてモティベートしていくのか、選手の反骨心を煽るのか、競争に晒すのか...etc。その部分ではズデンコよりネルシーニョの方が上手いと思う部分は多々あるし。まぁ基本的には俺は「保守派」だから、ズデンコが監督の頃には、周りからいくら「守備的」過ぎると言われようと、ズデンコの意図したボールキープが出来ないのがダメなんだって言ってたし、だから今は基本的にネルシーニョ支持。(笑)
 まあそんな訳で、話がやっぱり名古屋の方に名古屋の方に来ちゃうけど(笑)、ジーコにせよトルシエにせよ「(ロボットではない)選手を動かす」ことが仕事の本質なわけで、そのアプローチ方法が違うだけだということ。まあジーコの場合「このおっさん本当にちゃんと仕事してるのか?」と俺も若干心配になるが。

 そこで「カズ・ゴン召集」。トルシエがW杯本番に向け中山や秋田をメンバーに組み込んだのは、年齢構成的にも雰囲気的にも、チームに一体感というかまとまりを持たせる上でプラスになると踏んだからだろう。「戦力」として見てなくても、W杯という短期の戦いを勝ち抜く上で、チーム力を上げるところでプラスになると。でもジーコはどうだろう。W杯アジア二次予選を目の前にしたこのタイミングで、(二次予選には恐らく呼ばない)カズ・ゴンを召集して何かがチームにとってプラスになると判断したんだろうか。その「何か」が俺にとっては一向に見えて来ない。だから反対。あとはこれまで書いてきたような理由で。それが見えてくるならカズ・ゴン召集もOKだけど。逆にもしこんなことで控え選手や他の代表候補選手のモチベーション下がるようなら代表監督失格だと思う。

 ていうか、小倉が出るならジーコ支持してもイイヨ。(笑)

 ところでこの問題、万博アピール用の「94年のブラジル代表再現」とかいう企画が通ってれば、対戦相手がドーハ世代やそのフランスW杯世代になって、わざわざあっち(代表)で「お祭り」やらなくてもよかったとかいう話じゃないよね?愛知さん。
[PR]
by tknr0326g8 | 2004-10-28 02:26 | Other Games
<< バルセロナ...orz 清水戦プレビュー#1 お犬様大... >>