Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯・グループA vs大阪桐蔭 @秋津
 俺が競技場に到着した時ピッチサイドでは第四の審判が前半のロスタイム表示を準備していた。名古屋がリードされているのも嫌だったが、はるばる習志野までやって来て名古屋の得点を見逃しているのも悔しい・・・ピッチ奥に掲示されている0-0というスコアに自分勝手ながら少しホッとする。ピッチに目を移すと名古屋は全体の動きがやや停滞していて雰囲気も良くない。これは「いい形を作りながらも決定力を欠いて0-0」なのではなく大阪桐蔭に苦戦しての0-0なのだろうということは容易に予想できた。俺がスタメンを確認するより先にしたことは名古屋の人数をカウントすること。すなわち既に誰かが退場になっていないかどうかの確認。それぐらい名古屋のピッチから伝わってくる雰囲気は良くなかったということだ。
 無事人数が11人いることを確認したところでやっとメンバーチェック。前節出場停止だった磯村が前線(3トップ)に入り、ディフェンスは西部のアンカー+4バックという形でこの試合に臨んでいるようだ。中田がやや上がり気味だったフォーメーションはこんな感じ↓

         アルベス
      磯村     太田
     安藤        西山
          西部
中田
      三宅    津田   三島

         鈴木規

 前半はあっという間に終わってしまったが、後半になると名古屋は微妙にシステム変更。前線をアルベスと磯村の2トップにし全体を大阪桐蔭に合わせるように4-4-2へと修正してきた。クラ選の京都戦と同じパターンだが、朴監督には前半の戦い方の中で何か気になったことがあったのだろう。

     アルベス   磯村

安藤   西部     西山   太田

中田   三宅     津田   三島

         鈴木規

 大阪桐蔭は思っていたよりもずっと堅いチームだった。3ラインのオーソドックスな4-4-2で作る守備組織は帰陣の早さとカバーリング意識の高さに優れている。またFWが前線からのチェックも怠らないため、名古屋はDFラインの裏を狙ったロングボールによる攻撃がいつもよりも目立っていた。
 逆に攻撃では名古屋DFラインの裏を執拗に狙ってくる。シンプルだがスピードのあるこの攻撃によって何度かラインを突破され決定的なピンチを招きかけていた名古屋DFだったが、GK鈴木規の判断の良い飛び出しによってなんとか事なきを得ている。この試合の(名古屋の)MOMは?と問われれば俺は真っ先に鈴木規を挙げるだろう。前への飛び出しだけでなく、幾度となく訪れたセットプレーの場面でも安定したキャッチングでことごとくこれを防ぎその後の素早いフィードで速攻の好機を演出していた鈴木規のプレーは名古屋の中でも存在感を際立たせていた。

 裏を取られることで次第にDFラインが下がり始めた名古屋はセカンドボールを拾うことが出来ないことでさらに苦しい状態へと陥っていた。ただこの辺りはシステムやメンバーの変更も微妙に影響しているように思えた。西部をアンカーに据えることで中央での守備は強化されるだろうが、膝に負傷を抱える西部にルーズボールを拾いまくる機動力は期待できない。また本来こういった仕事を地道にこなしている安藤は左サイドへとオープンに開いてしまっている。岸の不在も大きい。前節の市船戦で3トップの一角ながら守備にも奔走してハードワークしていた岸に代わりこの試合スタメン出場していた磯村はコンディションが良くないのか後半はカウンターから一発いい突破を見せたものの動きの量も少なく全く存在感を示すことが出来ていなかった。名古屋の苦しい時間帯は大阪桐蔭の足が止まるまで続くこととなった。
 
 そんな試合を観ながら俺が思い出していたのはプリンスリーグの磐田戦だ。もし大阪桐蔭がワンランク上の個の力を兼ね備えたチームだったらあの試合のように名古屋は敗れていたかもしれない。DFラインの裏を突くのが押谷祐樹だったら・・・FKを蹴るのが山本康裕だったら・・・試合はどうなっていただろうか。

 後半時間の経過とともにやっと大阪桐蔭の足が止まり始めた。名古屋はようやくロングボール中心ではなく自分達のスタイルでボールをつなぎながら攻める形が出来始める。左サイドからは安藤と中田のセンス溢れるプレーにアルベスのポストが絡み、右サイドでは縦に並んだ太田と三島という二人のスピードを持ったアタッカーが交互に突破を見せる。だが良いところまでは行くものの、最後は名古屋の選手達のプレーが雑なのか、それとも大阪桐蔭の選手達の最後の集中力(カバーリング)が勝っているのか、フィニッシュに至る直前で名古屋はボールを失うシーンが多かった。中田健太郎が左サイドからペナルティエリアまで侵入して追って来たDFを切り返し一発で振り切ると角度のないところから放った強烈なシュートを大阪桐蔭GKがかろうじて弾き出したシーンが唯一相手GKを脅かしたシーンだろうか。

 試合はそのまま名古屋が組み立てまでは上手くやりながらもフィニッシュまで辿り着くことなく試合終了のホイッスルを聞いた。

 もしこの試合でどうしても勝ち点3を取るつもりなら方法はあっただろう。それは選手交代だ。相手が次々と選手交代を行ってくる中、名古屋は残り5分まで選手を交代させなかった。去年の高円宮杯でも朴監督はほとんど選手交代を行わなかったし、苦しいなら苦しいなりに試合の中で頑張らせることで選手の成長を促しているのだと思う。
 この試合は勝ち点3が最優先されるプロの試合ではないし、結果を見ればグループリーグ突破に向けての最低限のノルマである勝ち点1も取れた。また神戸さん以下の現体制は去年の高円宮杯で準優勝、そしてその中からクラブ史上最多となる4人のトップチーム昇格、さらには彼等が抜けた中での三年連続振プリンスリーグ(東海)突破と、チームとしても個人としても「結果」を残している。そんなスタッフに対して選手交代というディテールで疑問を投げかけることは意味がないが、敢えて育成とい部分から離れてゲームでの結果(勝敗)にフォーカスして言うならば、この試合選手交代によって勝ち点3を奪うことが出来た試合だった。
 大阪桐蔭は組織こそ整っていたがさすがに終盤は足が止まってきていたし、動きの悪かった磯村をもっと早く下げて、代わりに個の力で局面を打開できる鈴木崇を前線に投入出来なかったか。西部のいるポジションに安藤を移してこぼれ球(セカンドボール)を拾わせるとともにボールを動かさせることでもっとゲームを支配し攻撃に幅を持たせることは出来なかったか。そして安藤のいた左サイドには岸を入れてサイドからチャンスを作り出せなかったか。だが朴監督の選択は残り5分で磯村に代えて岸、そしてロスタイムになってアルベスに代えて鈴木崇という極めて慎重な交代だった。そういった意味で考えれば、この試合は育成のために勝ち点2を犠牲にした試合と言えるかもしれない。
 救いなのは選手たちが与えられたポジションでそれぞれ成長した姿を見せたこと。左サイドに出た安藤はこのポジションでもこれだけのプレーが出来るのかという驚き(発見)を観る側に与えてくれたし、決してスピードがあるわけでもパワーがあるわけでもないだけに、そのプレーには特別な選手だけが持ち得るセンスを存分に感じることが出来た。また中盤の底に入っていた西部はクラ選の京都戦で同じポジションをやっていた時は真ん中でことごとく相手の攻撃を跳ね返していたものの「フォア・ストッパー」の域を出ていないものだったが、この試合では(ボールを持った時にはまだ多少のぎこちなさが残るものの)DFラインからボールを引き出して展開するプレーが自然に出来るようになっていた。

 次はグループリーグ最終戦となる徳島ユース戦。第二試合で市船と徳島の試合を前半だけ見たが、名古屋のトップチームと同じ形の3-5-2のフォーメーションで、2トップが幅広く動いてボールを受け攻撃を仕掛けるのが徳島のスタイル。そして中盤でその2トップを動かし攻撃を司るのが10番の選手だ。市船戦でも直接豪快なFKを蹴り込んだように小柄ながらパワーもある。彼を抑えることが名古屋にとっては最重要課題。ただ徳島はあまり直線的にゴールに迫ってくるイメージではなかったのでどちらかと言えば名古屋にとっては組みしやすい相手なのではないだろうか。そして徳島はディフェンスに問題を抱えている。個々の能力は決して高くはないしGKもやや安定感に欠ける。名古屋の選手達の能力を考えれば1対1で強気の勝負を仕掛ければ勝てるだろうし、GKを考えるとアーリークロスを含めたサイドからの攻撃を仕掛ければ徳島DFは崩れるのではないかと思う。俺も三年連続ひたちなか参戦予定(今度は前半から)なので、勝ってグループリーグ1位抜けを果たして欲しい。

 ところで徳島戦に西山は出場するんだろうか。中盤で潰して捌いてをひたすらに繰り返す「小さい吉田麻也」はキャプテンとしてもチームに欠かせない存在でありながら、名古屋の中ではイエローカードと最も近い距離にいる選手だけに通算二枚目をもらうことになれば決勝トーナメント進出後のチームにとって痛手となりかねない。思い切って外すという手もあるんだろうが朴監督はやはり使ってくるだろう。この試合でイエローカードをもらわないようにプレーしそして勝つとうい二つのミッションを達成してはじめて西山にも成長があるからだ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-09-16 23:05 | Youth
<< 高円宮杯 vs 徳島 試合開始 高円宮杯 vs 大阪桐蔭 試合終了 >>