Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯・グループA vs徳島ユース @ひたちなか
 前節のレビューの中で、累積リーチの西山以下レギュラー勢の出場を予測していた俺の考えを全く逆手に取るかのように、朴監督は引き分けでもグループリーグ突破が濃厚なこの試合に向けて実験的なメンバーを組んできた。キャプテンの西山はベンチにも入らず(ベンチにいてもそのドギツい言動が警告を受ける可能性があるから?笑)、普段のレギュラー組では中田、安藤、三島といったあたりがベンチスタート。代わりにピッチへと送り出された中では矢田、岩田の一年生コンビが特に目を引く。矢田については俺はこれまで途中出場した試合しか見ておらず、岩田はこの間のサテライト(G大阪戦)で3バックに入っているのを見たがこのメンバーの中で見るのは初めて。俺にとってはとても興味深く新鮮な布陣ではある。

 岩田の本来のポジジョンがどこかということも含めてフォーメーションは全く予想できなかったが、キックオフ直後に確認するとおおよそこんな感じ↓のようだ。

           アルベス
     鈴木崇        太田

矢田     岸      磯村    岩田

    西部     津田    三宅

           鈴木規

 試合はグループリーグ突破の可能性を残す徳島が前線にひとりだけ残してあとは全員が自陣に引いて守備を固める作戦を採ってきた。名古屋との間に実力差があるので名古屋が攻め徳島が守る時間帯が多くなるだろうとは思っていたが正直これは予想以上の展開。そしてそんな徳島に対して名古屋は大苦戦を強いられることとなった。

 徳島は引いて守っているとは言ってもそれは決して市船戦の大敗によって心が折れてしまったわけでも、その市船を下した名古屋に対して腰が引けてしまっているわけでもない。彼等にはこの試合で勝ち点3を獲って決勝トーナメントに進出するという目標がある。その目標を達成するためにあえて守備的な戦術を採用しているのだ。前半の名古屋は多くの時間帯でDFラインでボールを動かしていたが、そこからタテに入れるボールに対しては徳島の選手達が高い集中力で反応し複数で囲むようにプレッシャーに来るし球際も粘り強い。なんだかズデンコ時代の名古屋を見ているかのような徳島イレブン。まあズデンコ時代の名古屋と違うのはある程度の時間帯から徳島がボールを奪ったら10番の選手を中心として人数を掛けてカウンターで攻める勇気を持っていたことだが。

 スペースもなくプレッシャーもキツイ徳島に対して名古屋が作る良い形はと言えば、中盤で磯村あたりが相手のプレッシャーを交わして反転し前線にスルーパスを送るシーンなどだろうか。磯村に限らず個々の能力で上回る名古屋はボールを受けた後に一瞬相手を交わし抜け出すシーンがしばしばあった。しかし大事に行き過ぎているためだろうか、ペナルティエリアの近辺ではシュートを打たずにボールを持ち過ぎて相手に囲まれてしまうシーンが目立っていた。逆にカウンターから攻め切る姿勢を見せる徳島には迷いがなく数少ない攻撃をシュートで終わらせることが出来ていた。この試合、ほとんどの時間帯においてボールを支配していたのは名古屋だが、ゲームのペースを握っていたのは徳島と言っても良いだろう。

 二人の一年生が配置された両サイドはほとんど機能していなかった。左の矢田は時々ドリブルで左サイドを崩しに掛かるもののなかなか相手を抜き切れず、またカウンターに対する対処も含めて十分に走れていないシーンが多く、体力的な課題が垣間見えていた。右の岩田はもう少し深刻で、本来がサイドの選手なのかどうか俺は知らないが、遠慮しているのか三宅と太田の間をフラフラしているだけで右サイドをタテに抜けることもなければ起点となって攻撃を組み立てることもなかった。DFライン(三宅)からのクサビのボールを太田が二人ぐらいのマークを引き連れて下がって来て受けるシーンなどが何度かあっただけに、そこで太田と入れ替わるようにスペースに出るとか、岩田自身がボールを受けた時に一旦預けて前に出るなどのチャレンジがあっても良かったと思うんだが。結局何も出来ないまま前半のみで交代した岩田は、この交代が「これ以上やらせるとトラウマになりかねない」というベンチの配慮なのかゲームの勝敗を考える上での交代なのかは分からないが、一年生にして高校最高峰の舞台に立ったという経験を糧として来年・再来年この舞台へと帰ってきて欲しい。

 さすがにこのままでは埒が明かないと思ったのか、朴監督は後半頭から岩田に変えて中田を投入してきた。このチームにおいてもある種別格な存在であり、最もゲームを決められる中田の投入によって試合を一気に名古屋のペースに戻そうということなのだろう。

           アルベス
     矢田          鈴木崇

中田     岸      磯村    太田

    西部     津田    三宅

           鈴木規

 この交代によって左サイドでボールが収まるポイントが出来た名古屋だったが、それでも二重三重にブロックを形成する徳島の守備を崩すことは出来ない。一列前に上がった矢田と中田のコンビも今ひとつ噛み合っていなかった。むしろ後半開始早々にはカウンターからGKと1対1の場面を作られ鈴木規の好セーブによって命拾いしていたぐらいだ。

 後半15分ぐらいで朴監督は矢田をあきらめ二人目の選手交代。右サイドに三島を投入して太田を前に戻す。この状況下だと太田のドリブルは前の方が生きると思うのでこの交代にはアグリー。

           アルベス
     鈴木崇         太田

中田     岸      磯村    三島

    西部     津田    三宅

           鈴木規

 しかしこれでも名古屋はペースを奪い返せない。直接的な原因は動きの落ちた磯村と岸のダブルボランチから良いボールが配給されなくなったことだが、前線も3トップが前で並ぶような形になってしまっていて上手くボールを引き出せていない。と、ここで最後のカード。アルベスを上げボランチに安藤を投入して磯村を一列上げる。

           鈴木崇
      磯村         太田

中田     岸      安藤    三島

    西部     津田    三宅

           鈴木規

 監督にはゲーム(問題点)が良く見えているが、これは同時に磯村に対する期待というものをヒシヒシと感じられる交代だった。今後トーナメントを勝ち抜いていく上では磯村の復調が鍵を握ることになる。クラ選の時のようなスーパーな磯村が復活すればチームにとっては大きなプラスになるはずで、そのためにはゲームの中でコンディションを上げさせようということなのだろう。まあそれだけでなくても試合を決められる能力を持つ磯村に賭けたという部分もあるかもしれない。(そしてそれが最終的には功を奏したわけだが)

 だが安藤の投入によって中盤ではボールを拾って上手く捌くことができるようになったものの、前線でアルベスというキープできる存在を失ったことで名古屋はカウンターを受けやすくなっていた。後半最初のシーンのようにGKの鈴木規を脅かすまでに至るようなシーンこそなかったものの、その(カウンターの)初動段階での嫌な感じはまさしく冷や汗もので、もし相手の個人技が高ければ名古屋は沈んでいたかもしれない。

 試合は終了間際、名古屋が連続して獲得したCKのチャンスでこぼれ球に磯村が右足で合わせ1-0と勝利をモノにした。この瞬間グループAの首位通過が確定したわけだが、この苦しみ抜いた末の勝利が「良薬口に苦し」となって決勝トーナメントを戦うチームの力になるだろうか。決勝トーナメントまでの約1週間チームが再びトップフォームを取り戻し、ここ二試合の鬱憤を晴らすような試合をしてくれることを期待したい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-09-18 01:23 | Youth
<< 高円宮杯 vs 福岡 試合開始 高円宮杯 vs 徳島 試合終了 >>