Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯・Round16 vs福岡ユース @秋津
 苦しみながらもグループAを首位で通過した名古屋。決勝トーナメント一回戦の相手はグループEの3位福岡ユースだ。U-18日本代表でもあるNo.10鈴木惇はトップチームに帯同しているらしくこの試合も不在。3年前2年前と比べて彼がどれぐらい成長しているかを見たかった気もするが、名古屋にとっては彼の不在はラッキーだったかもしれない。それ以外の注目選手は、今回初めて「ベストメンバー」を召集したというU-18日本代表のトレーニングキャンプに呼ばれているFWの大山恭平(背番号9)だろうか。グループリーグでは横浜FM戦でハットトリック、広島戦でもPKながらゴールを決めている。一体どんな選手なのだろう。

 名古屋のスタメンはなぜかGKが正ゴールキーパーの鈴木規ではなく二年生の岩田敦が入っている以外はいつものメンバーで、システムはこんな感じ↓の4-3-3。

        アルベス
     磯村     太田

     西山     安藤
         西部

中田   三宅   津田   三島

         岩田敦

 今大会の鈴木規はとても安定したプレーを見せており、その果敢な飛び出しと近距離のシュートに対する反応の鋭さ、さらには的確なコーチングでグループリーグの間何度もチームの危機を救っていただけに名古屋にとっては不安材料のひとつだろう。特に俺が心配していたのが「飛び出し」の部分で、時としていともアッサリとラインを破られ抜け出しを許すことがある名古屋DFにとって鈴木規はなくてはならない存在だった。

 キックオフの笛とともに両チームの戦い方はとても対照的なものとしてピッチ上に現れた。4-4-2の布陣を敷いている福岡は大山を前線に残して後ろの4枚×2+1がしっかりとラインを整えスペースを消し名古屋を待ち構える。そしてボールを奪ったら大山のポストプレーを軸に速攻を繰り出すというとても分かりやすい形。ボールを動かしながら自分たちから仕掛けることでゲームの主導権を握ろうとする名古屋とは好対照なスタイルだ。これはまさに「リアクション」対「アクション」の対決。

 キックオフ直後から名古屋は前節の反省を踏まえてか後ろでボールを回しながらチャンスがあれば積極的にミドルシュートを打っていた。本番の試合を重ねる中でチームも成長しているということだろうか。しかしとても組織立った守備を見せる福岡に対して名古屋はなかなかスペースを見出せず、ペナルティエリアの中にボールを運ぶことが出来ない。そしてラストパスやサイドチェンジを狙った大きなパスをカットされては福岡の逆襲を喰らう展開が続く。福岡はそれが狙いとは言え、名古屋の陣形がバランスを崩している間に繰り出す速攻に迷いがなく、攻め切るという点ではむしろ福岡の方に分があったかもしれない。

 そんな中先制点を奪ったのも福岡だった。名古屋陣内深くでスローインのチャンスを得るとロングスローを連発。名古屋がようやく大きなクリアをしたかと思ったらそのセカンドボールをDFラインの裏へ放り込まれ、これに上手く抜け出した福岡の選手が少し遅れて飛び出した岩田敦の前でワンタッチで流し込んだ。名古屋としてはホッと一息ついて油断したのかもしれないが、アッサリとDFラインの裏を取られる悪癖とそれに対するGKの連携という不安視していた要素が図らずも出てしまった失点シーンだった。

 得点後もペースを上げて来ない福岡に対し、名古屋は時間の経過とともに徐々に福岡陣内でプレーする時間が増え始めた。パスばかりではなく局面での1対1で個々の能力に勝る名古屋の選手たちが積極的に勝負を仕掛けると福岡の組織は少しづつ綻びを見せ始めファールの数が増えて行く。ペナルティエリア近辺ではなかなか笛を吹いてくれない主審のジャッジもあり福岡ゴールを脅かすまでには至らなかったが、この調子で行けば後半相手の足が止まってくればさらにゴールへと近づくことが出来るだろう。注意すべきなのは相手のカウンターとスタミナ切れで相手よりも先に足が止まってしまうこと。

 後半になると名古屋は4バックから3バックへフォーメーションを変更。アンカーの西部が後ろへ下がり中田と三島の両サイドが一列前へと繰り上がる。

        アルベス
     磯村     太田

中田   西山   安藤   三島

   西部   三宅   津田

         岩田敦

 このシステム変更がバッチリとハマる。まず攻撃面では両ワイドの中田と三島が一列前へ上がったことでそこを起点としてピッチを広く使った攻撃が出来るようになった。前半は攻撃に移る時にはアンカーの西部の所にボールが収まるケースが多かったが、逆にそこで狙われてボールを奪われるシーンが少なからずあった。しかし後半からは中田と三島が攻撃の起点となることで攻撃の初動段階において危ないポジションでボールを失うリスクを消すことが出来たわけだ。守備面でも、福岡は守→攻の切り替えにおいて大柄なストライカーである9番の大山が1トップ気味でターゲットとなることが多いが、三宅がこれを見る形でロングボールをことごとく弾き返して相手の攻撃の芽を摘んでいた。三宅と大山の対決は三宅の完勝といったところだろう。プレッシャーが少なかったとはいえ左右に蹴り分けていた足元のボールにしても去年までよりは精度もスピードも上がったように思えたし、三年生になりチームの主軸として三宅もまたひと回りしたかな。

 後半の名古屋は立ち上がりからとにかくアグレッシブだった。勢いが焦りへと変わる前になんとか同点ゴールを・・・と思っていると、そのチャンスは意外にもアッサリと訪れた。最前線で左サイドの開いた位置にポジションを取っていた磯村を狙って福岡DFラインの裏へロングフィードが通る。オフサイドはない。これを受けた磯村はゴールへ向かうように内側へと切り込みながらドリブル。ペナルティエリアに左側から入ったところで相手ともつれ合って倒れたが試合の流れからして当然PKのホイッスルはない。すぐさま立ち上がった磯村は飛び出してくるGKを外して右足で蹴り込んだ。

 3バックへと変更した名古屋は津田がフリーでボールを持つ機会が増えていた。そしてそんな状況下では津田は元FWだけあって相手のチェックがなければどこまででも持ち上がる。3バックのセンターを務める時には一試合で一回か二回お目に掛かれれば良い津田の怒涛のオーバーラップがこの試合では後半だけで何度見られただろう。そしてそんな津田の攻撃参加から二点目は生まれた。津田がグングンと突き進み右サイド深くへと進入すると相手GKが中途半端な飛び出しを見せる。津田のクロスは一度は阻まれたが、それを拾った三島が冷静にマイナスのクロスを入れると、中央でこれを受けた磯村が主不在のゴールへと流し込んだ。

 磯村は前節の決勝ゴールに続き、今日の試合でも同点そして逆転ゴールと大きな仕事をタテ続けにやってのけている。やはり何かを持った選手なのだろう。ただこの試合でもキックオフ直後こそ良い動きを見せていたが、その後は段々とトーンダウンして行き始めていただけにこの2ゴールは彼自身にとっても重要だったのではないだろうか。事実西山が足を攣って交代した時に磯村がボランチに入るのを見て俺の中には一抹の不安がよぎったが、前節あれだけ上手く行っていなかったポジションで、(相手のコンディションの問題があるとは言え)ほとんど完璧なプレーを見せていたのには驚かされた。質の高い汎用性と言うべきか気分屋と言うべきか。

 名古屋のサイド攻撃は止まらない。先制点の後内側に切れ込んで右足を振り抜くという得意の形であわやというシーンを作った(結果はDFがゴールライン上でクリア)左サイドの中田は言うに及ばず、太田、三島、津田が絡む右サイドからの高速アタックは相手チームにとってとても危険な存在だった。そしてそんな中でも俺が注目していたのが三島だ。これまで太田や津田がそれぞれのポジションで存在感を発揮する中、三島は俺の中ではどちらかと言えば影が薄い存在だった。スピードもあり身体能力も高い三島だがどうにもメンタル的に「優しい」部分が先に立ってしまう。典型的な日本人といえばそれまでだが、最後の部分で強引さに欠けるプレーはこの試合でも目立っていたように思う。もっと自分を出せばもっともっと良いプレーが出来るはずなのに。
 しかし名古屋にとっての三点目はそんな三島が突如覚醒したプレーから生まれた。右サイドやや内側でボールを受けた三島がゴールへ向かって突進。その先には「ゴール」への確かな道筋が見えていた。そしてペナルティエリアに入ったところで迷うことなくシュート。これは飛び出してきたGKに当たってしまったがこのこぼれ球を拾ったアルベスが冷静にゴールへとプッシュした。アルベスに今大会の初ゴールが生まれたことは喜ばしいが、これは半分三島のゴールと言っても差し支えないだろう。こういうプレーをいつも心掛けてくれれば三島はひと皮向けて特別な選手になれるに違いない。そして俺はこの大会の残りの試合「何か」が変った三島が磯村とともにキープレーヤーになるような気がしている。

 試合はその後も全く手を緩めなかった名古屋が、追加点こそなかったが、アルベスのヘディングシュートがこの試合二度目のゴールライン上でのDFによるクリアなど惜しいシーンもあり福岡を圧倒。福岡は結局最後までペースを上げられなかった。その原因が移動疲れなのかなんなのかは俺には分からないが、少なくとも名古屋が技術、体力、そしてメンタルと全ての面で福岡を上回っていたということだけは間違いない。

 次は西が丘での広島皆実戦。太股を痛めていたアルベスのコンディションなどは気になるが、このRond16の良い流れを持続して、(神戸あたりで醜態を晒していた「関連チーム」に惑わされることなく)国立への扉を開いて欲しい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-09-24 03:33 | Youth
<< 高円宮杯 vs 広島皆実 試合開始 高円宮杯 vs 福岡 試合終了 >>