Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯・準々決勝 vs広島皆実 @西が丘
 おとといのRound16(福岡戦)ではグループリーグで苦しんだ鬱憤を晴らすかのような快勝を見せた名古屋。舞台を西が丘に移して迎え撃つ相手は広島皆実高校だ。不勉強な(というよりかはほとんど名古屋しか見えていない)俺には広島皆実と言われても「秦賢二の母校」ぐらいしかイメージがなく、ああそう言えば確か二年ぐらい前の高円宮杯で市船や鹿実とグループリーグで同居した時に一緒にいたなぁ・・・と思ってちゃんと調べたらその時いたチームは広島観音高校だったりとその程度のレベル。広島ユースに引っ張られるようにレベルを上げている中国地区の高校サッカーシーンで確固たる地位を獲得しつつあるこのチームが一体どんなサッカーを見せるのか。

 名古屋のスタメンは福岡戦で右の太股を痛めて途中交代したアルベスに代わって鈴木崇が出場している以外は不動のメンバー。アルベスはベンチにも入っていなかったが、福岡戦を見た感じでは打撲のようだったし、チームがこの試合を勝ち抜けばおそらく次の国立までには帰ってこられるだろう。

        鈴木崇
     磯村    太田

中田   西山   安藤  三島

    西部  津田  三宅

        鈴木規

 試合前のアップでは思い思いにシュート練習やパス練習を繰り返す選手たちとは離れて朴監督が鈴木崇に付っきりでボールの受け方をマンツーマン指導。鈴木崇への期待の高さとこの試合への意気込みを伺わせる。逆に言えば前線でボールを収められるアルベスの存在がこのチームにとっていかに重要かを物語るようなシーンだった。

 試合はキックオフから名古屋が福岡戦の勢いそのままに飛ばしに飛ばす。アグレッシブに広島皆実陣内へと攻め込むのはもちろんのこと、鈴木崇や太田が物凄い勢いで前線から相手ボールを追い掛け回す。長身で膝から下が長い鈴木崇のスプリントはストライドが長く加速も滑らか。日本人離れしたその走りはまるでヨーロッパのプレーヤーを見ているようで惚れ惚れする。
 しかし広島皆実も堅守を売りにしているチーム。いくら名古屋が勢いに任せて攻めてきたからといってそうやすやすとは付け入る隙を与えてはくれない。そしてだんだんと試合が落ち着いてくると広島皆実も反撃を試み始めた。
 広島皆実は、(戻りが早く相手が判断に迷っているとすぐに二人三人で囲んでしまうディフェンスだけでなく)攻撃時にもいわゆる「人とボールが良く動く」サッカーを地で行くよく鍛えられたチームだった。人が動いて出来たスペースに次の人間が走り込みそこにボールを送る。この有機的な連鎖を繰り返しサイドから名古屋ディフェンスを崩しに掛かる。
 両ウイングバックの裏、すなわち3バックのサイドのスペースを突かれた名古屋は、そこでポイントを作られストッパーの対応が後手になったところで度々ピンチを招いていた。ストッパーが引っ張り出されるとそのスペースには二列目から選手が飛び込んでくる。この攻撃に対しては特に西山が最終ラインまで戻って素晴らしいカバーを何度も見せていたが、さすがに形勢不利と見たのか、キックオフから20分ほどしか経過していないというのにベンチがさっそく動いてきた。3-4-3から4-4-2へのシステム変更だ。おとといの福岡戦とは逆のパターンでもあり、グループリーグの大阪桐蔭戦で見せていた形。

     鈴木崇   磯村

安藤   西部   西山  太田

中田   三宅   津田  三島

        鈴木規

 このシステム変更によって最終ラインのスペースを埋めた名古屋は広島皆実をゴールから遠ざけることに成功したが、逆にこの思い切った策は名古屋の攻撃をも停滞させる結果を招いてしまった。全員がサボらず非常に組織だったディフェンスを見せる広島皆実に対して、名古屋はなかなかボールを前につないで行くことが出来ない。そして名古屋は最終ラインからの苦し紛れのロングボールが目立ち始める。というよりそれぐらいしか本当に攻め手が見出せなかった。チーム全体がそんな調子だから仕方ないのかもしれないが、期待の鈴木崇も前線で全くボールを収められない。

 システム変更後は広島皆実が名古屋のペナルティエリアに入るようなシーンはほとんどなかったし、前半終了間際になって広島皆実の足が少し止まり始めると名古屋もようやく敵陣深くまで進むことが出来るようになったが、それでも前半中盤を制圧し試合を優位に進めていたのは紛れもなく広島皆実だった。

 後半名古屋はメンバー変更なし。ベンチに切り札がいるわけでもなく正直どうしようもないと言えばどうしようもないのだが、ピッチ上の選手達同様観ているこちら側にも我慢が求められる試合。そして後半も中盤過ぎに広島皆実の足が止まるまでは前半と同じように広島皆実の主導でで試合が進められていった。
 それにしても三宅はいつからこんなにヘディングが強くなったのだろう。高1の時から身長はほとんど変わっていないはずだが、当時はそれでも競り負けることが多々あった。しかし今や三宅がヘディングの競り合いで負けるシーンはほとんどなく、タテへのフィードにしてもサイドからのクロスにしても高いボールはほとんど三宅がこれに対応し弾き出している。相手CKの場面でもこちらがどこか安心して見ていられるのは三宅がいるからに他ならない。そろそろU-18からお呼びが掛かってもいい頃なんじゃないか。
 広島皆実も人とボールが連動しながらサイドから攻めるスタイルに固執せずにもっとシンプルに(強引に)中央からクサビを使ったりしてDFラインの裏を狙う攻撃があっても良かったかもしれない。よっぽどサイドからエグってそのカバーにストッパー(三宅)が引っ張り出されたとかなら別として、普通にサイドからクロスを上げるだけでは三宅の壁を越すことは出来ないし、むしろ時として呆気に取られるほど簡単にラインを破られる名古屋DFを見ていれば、そちらの方がよっぽど活路は見出せただろう。俺が相手チームの監督なら間違いなくそうする。

 後半も中盤を過ぎるとさすがに広島皆実も足が止まりだし中盤が空き始めた。そして名古屋もようやく中盤でボールを拾えるようになり、そこから右サイドの太田が中心となってカウンターからの速攻を仕掛けられるようになった。右サイドタッチライン際を相手と競り合いながら何度もドリブルで駆け抜けた太田のスタミナとハードワークには本当に頭が下がる。前半からあれだけチェースしていたと言うのにこの時間帯でこれだけの走りをまだ出来るとは・・・。
 このタイミングを見計らっていたかのようにベンチは鈴木崇に代え岸を投入。岸もまた豊富な運動量とドリブルによってカウンターの一翼を担っていた。名古屋もようやくシュートで終わる攻撃が出始めた。相変わらず苦しい試合は続くが、ここまで来たら少ないチャンスをモノにするのが名古屋であっても何の不思議もない。

 そして0-0のまま突入した延長前半、名古屋のカウンターがついに実を結ぶ。磯村がドリブル突破からペナルティエリアに侵入したところで相手DFに後ろから突き飛ばされるように倒れPK獲得。これを中田健太郎が思い切り良く決めてついに先制に成功した。磯村はものすごく相手DFと間合いの近いドリブルをするのが特徴の選手で、相手が足を出してきたところで逆を取るようなドリブルが上手い。ただ間合いが近い分だけ2,3人に囲まれるとそこを突破するのは困難でもある。実際この試合の前半でもそういった状況で潰されるシーンは何度かあったのだが、この時間帯、延長戦ということもあり広島皆実にも前半のようなサッと相手を囲んでしまう体力は残されていなかった。1対1の勝負なら勝つ可能性が高いのは断然磯村だ。

 1点をリードした名古屋はようやく疲れの見える太田や磯村を交代させ中野や羽根田を投入してゲームを締めにかかった。途中交代で入った中野や特に羽根田はよく頑張っていたとは思うが、ここまで選手を一人しか交代させなかったことを見ても分かるように、名古屋はスタメンクラスとサブの間で力(監督の信頼)に差がある。これもチームの課題と言えば課題だろうか。この試合も岸が入った時点で、「(怪我とか)よっぽどなことがない限りもう後は交代ないだろうな」と思っていたら、試合の趨勢が完全な逃げ切りへと変わるまでやはり交代のアクションは起きなかった。まあこればっかりは少数精鋭のクラブチームではなかなか難しい問題かもしれないが。

 結局試合は名古屋がそのまま1-0で逃げ切り準決勝進出を果たした。本当に厳しいゲームだったし自分達のやりたいサッカーが出来ていたとは言い難いが、最後まで集中を切らさずに良く頑張った選手達を讃えたいと思う。ここまで来たら、次の国立競技場、その次の埼玉スタジアム(いつも思うがなぜに埼スタ?)と選手たちには限られた人間にしか経験できない大舞台を思う存分楽しんで伸び伸びとプレーして欲しい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-09-25 01:22 | Youth
<< 第27節 vs柏 2-0 @スカパー 高円宮杯 vs 広島皆実 試合終了 >>