Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
「腐ったサッカー」
 しかし闘莉王も言うねぇ。さすが釣(rya
 名古屋も、ハットトリックを決められた横浜(当時)の三浦文丈に「名古屋相手にハットトリックしてもうれしくない」とか、ヴェルディにいた北澤に「名古屋は(守ってばっかりで)ダサイ」とか、磐田の名波に「名古屋がこんなに弱いと思わなかった」とか、記憶に新しいところで柏・玉田の「(名古屋のDFは)ザルぐらいでしたよ」とか...未だに根に持ってるネタが満載(笑)だけど、それとは比較にならないくらい低レベルな煽り。この殺伐とした雰囲気いいねぇ~。
 そうでなくても、マスコミ的には田中対石川の「オリンピック不完全燃焼対決」、三都主対加地の「代表両サイド対決」、闘莉王対茂庭の「オリンピック・レギュラーDF対決」、怪物・エメルソン、両チームの熱いサポと煽り所満載。
 名古屋が決勝進んでたら、「東京の攻撃サッカーに代表GK楢崎が立ちはだかる」ぐらいでスルーされてただろうなぁ...。

 とりあえず、この後バルサvsミラン観た後寝て、TVで前回やられたエメルソン、田中、永井の弱点でも研究しますよ。

 あと、名古屋サポの中に「闘莉王を獲るべきだった」とか言う人がいるけど、能力を見れば角田の方が全然格上。闘莉王も確かに意識レベルの高いいい選手だけど、ハッキリ言ってモノが違う。山本には見抜けなかった(?)みたいだけど、それは5年後にはみんな分かることになるさ…フッフッフッ。

 というわけで、久しぶりに「選手紹介・角田誠篇」でも書きます。
[PR]
by tknr0326g8 | 2004-11-03 02:06 | Other Games
<< 選手紹介#11 「DFラインの... ズバリ言うわよ!#2  ~直志... >>