Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
J1 2008 第1節 vs京都 @スカパー
 ピクシーの監督としての初陣。名古屋が見せたサッカーは、宣言通りの攻撃的なスタイルから(三つ目を除いて俺の思いと完全にマッチした)選手交代に至るまで俺の中ではまずまず満足出来るものだった。クラブにとってのレジェンドであるピクシーに率いられるこのチームが去年までのチームと比べて明らかに違っているのは、縦へのパスを軸として攻撃を組み立てていること。縦にパスを入れてそこにポイントを作り、後ろから次々とそれを追い越す動きをすることで次のパスコースを確保するスタイルは、「アーセナルに似ている」と言われるのも分かるような気がする。そしてそんな中にあっては、何度も決定的なチャンスを迎えた小川の前線での鋭い飛び出しやヨンセンの同点ゴールをアシストした右SB竹内の積極果敢なオーバーラップが会場を沸かせ、さらには中盤でセンターの右に入っていた中村の本来(最大)の持ち味である「前へ出る力」が渋く輝きを取り戻していた。(中村については次節・浦和戦での浦和キラー復活を予感させるものがあった)

 とは言え、チームとしての完成度は連携面をはじめとしてまだまだといったところ。開幕一週間前にレギュラー組に抜擢されたばかりの竹内はバヤリッツァとのコンビがギクシャクしており、それが京都の先制ゴール(PK)にもつながってしまった。持ち味を発揮していた中村も玉田と動きが被るシーンが何度も見受けられ前線とのコンビネーションが万全とは言い難い。心身ともにコンディションが良さそうな玉田や怪我から戻って来たマギヌンにしてももっと攻撃に絡まなければならないはずだ。まあこのあたりは時間が解決してくれそうな問題ではある。
 そうした個々のコンビネーション以外にもチームが抱えている課題はある。
 まず縦へのボールに対し周りの選手達が次々とそれを追い越して行く今のスタイルは、上手くボールがつながれば流れるような攻撃が見られるが、途中でボール失うと格好のカウンターの餌食となってしまう。そうした場面でのリスク管理が現時点ではまだ不十分だ。特にマギヌンのディフェンスが期待できない中盤では誰かが飛び出した後のカバーも上手く機能していないように思えた。
 またディフェンス面では最終ラインと中盤のセンター二枚の間に出来るスペースについても手を打たねばならないだろう。ストッパーの二人が出足良く潰せている場面では良いが、この試合でも相手FWが一旦引いたり、二列目の選手が入って来たりといったシーンでエアポケットのようにこのスペースが空いていることが何度もあった。
 攻撃面ではセンターの二人、山口Kと中村がゲームを組み立てられないことが課題。パス出しも上手いバヤリッツァや吉田、さらには相性の良くなかった(と俺は思っている)本田が移籍したことで伸び伸びとプレーしている阿部が後方からのパス出しによってゲームを組み立て、セントラルMFの二人はボールホルダーを追い越すランニングによって攻撃に加わっているが、チームとして一試合を通してそんなハイテンポなサッカーを続けられるわけではない。そんな時にはこの二人のところでゲームを落ち着かせたいところだが、この試合での二人はボールを持っても判断が遅れている間に相手のプレッシャーに遭いことごとくボールを奪われているような有様だった。最初の交代枠を使ってピクシーがたまらず中村に代えて藤田を投入したのもおそらくそういった理由と無縁ではないだろう。

 課題も多く見つかった中で次節いきなり浦和戦というのもキツイ話だが、チームは試合をこなしながら徐々にそれらを克服していくしかない。そして浦和を相手に彼らの思い描く攻撃的なサッカーがどれだけ通用するのか、次節は埼玉まで行ってこの眼で確認して来たいと思う。

 最後に、キャンプから注目され開幕直前になってスタメンから外されてしまった青山について。もともと俺は青山の右SBでの起用については反対だった。ただ試合に出られないよりは本来とは違うポジションであっても試合に出た方が彼のためにはなるだろということで敢えて何も言わなかった。俺はピクシーの選手を見る眼を信頼しているし、ピクシーが選んだ選手を信頼しているが、個人的な感想を言えば、山口Kのところに青山を入れた方がチームは安定すると思うんだが・・・。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-03-09 03:10 | Game Review
<< J2 2008 第1節 甲府v... ゼロックス・スーパー・カップ ... >>