Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ぶち壊し
 TVでナビスコ決勝観ました。
 なんだよ?あの前半でのジャーン退場って。「フットボール」が見たかった単なるギャラリーの俺にとっては最悪の判定だった。「退場」の意味分かってんのか?あれで試合はぶち壊しだ。どちらのファンでもない(強いて言えば試合見る機会の多い東京だが)俺は、「ドラマ」には興味はなくて、東京DFが浦和のアタッカーをどう抑えるかとか、それを浦和がどうこじ開けるかとかいう「フットボール」が見たかったんだよ。まあそういう「ドラマ」も全部含めて「フットボール」なのかもしれないけど、贔屓のチームでもない限りあんまり「ドラマ」に興味はない。おかげで東京の反撃がかなり制限されてしまった。退場がなければ、3人目の交代で戸田→馬場じゃなく、戸田→阿部にしてアルパイとの1対1勝負挑ませたら面白かっただろうな。馬場は何しに出てきたんだか分からなかったし。体力の落ちた戸田に代わって運動量が上がっただけ。

 東京は、4人のDFラインが受け渡しながらの厳しいマークとカバーリングの意識を徹底して、バイタルエリアで比類なき働きぶりを見せた今野との連動で浦和の攻撃を防いだ。
 例えば印象に残ったシーンで、名古屋戦の最初の得点と同じように永井が右サイド、ペナルティエリアのすぐ外でドリブル勝負仕掛けた時に、最初に対応した金沢が外されるや、茂庭がカバーに来てスライディングで防いだ。茂庭には茂庭のマークがあったはずなのに。何で4バックの東京にそれが出来て、3バックで真ん中にひとり余ってるはずの名古屋でそれが出来ないのか。俺はいつも攻撃でも守備でも1対1が全てのベースだって言ってるし、浦和戦で永井とエメルソンに振り切られて二つの失点のキッカケになった中谷の守備にも問題はあると思うけど、そこが破られた時・破られそうになった時を想定しての(チームとしての)対応はなかったか。これはエリア内で村井に振り切られて左足でスーパー・ゴール決められた市原戦の角田の時も同じ。パナがいたらきっと「危ない」と思った瞬間カバーリングに急行していただろう。個々の力が強力な浦和のアタッカーを4バックで凌いだ東京DFは全員がパナディッチ並みの集中力と危機管理が出来てたってことだ。カバーがいるから勝負も仕掛けれられる。今野にはもう言葉はありません。脱帽です。

 浦和に対する攻撃に関してとかは、また20日の浦和戦の前にでも書きます。

 あとFC東京に絶対やって欲しくないことがある。初タイトルは素晴らしいことだけど、頼むからこれで来年のユニに★とかつけないでね。やらないと思うけど。
[PR]
by tknr0326g8 | 2004-11-03 23:48 | Other Games
<< 広島戦プレビュー#1 大森・ス... 選手紹介#11 「DFラインの... >>