Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
J1 2008 第8節 vs東京V @味スタ
b0036243_1729083.jpg

 ここまでリーグ戦負けなしで6連戦中と好調の名古屋にとって、(これから突入するGWの連戦を考えても)ヴェルディは確実に勝ち点3を取っておきたい相手でしたが、結果的にはエースのフッキを欠くヴェルディを相手になす術なく完封負けを喫してしまった。中盤のライン+最終ラインでソリッドな守備組織を築けていない名古屋にとって、ディエゴにやられることはある程度想定内のことでしたが、かなり遠い距離からののセットプレーで165センチの河野にヘディングで豪快に決められた追加点は恥ずかしい以外の何物でもありませんでした。

 前半の名古屋は相手を格下と見なしているのか、それとも引いてスペースを埋めている相手を必要以上に警戒しているのか、いつものようなハードワークやアグレッシブさが影を潜め、完全に受けに回っている(受けて立っている)ような試合展開。その高揚感に欠けるサッカーはなんだかフェルフォーセン時代を彷彿とさせるようだった。ハーフタイムにピクシーからの檄があったのか、後半になるとようやくアグレッシブな姿勢を見せ始めたが、この試合の中で何度も見られた濡れたピッチに足を取られて滑るシーンなども含めて技術的なミスが多く、リズムを掴み切ることが出来なかった。
 なんでもかんでも“マジック”扱いのマスコミにここのことろ持ち上げられていたピクシーによる選手交代も今日は不発。玉田に代えて巻が出てきた時には、少なくとも俺の頭では全く想像すら及ばなかったそのアイデアに一体この後何が起こるのか?と期待を寄せたが、結果的にはこの交代の後名古屋はほとんどノーチャンスだった。プレシーズンマッチ(FC岐阜戦)で同じく後半途中から実現したヨンセンと巻の2トップは少なくとも俺の中ではお互いの動きが被りまくっていて最悪の組み合わせという印象だった。今日についてはそれぞれに役割分担を行っていたようだが、逆に二人の距離が離れ過ぎていて、一体ピクシーが何を意図して巻を投入したのかは最後まで見えなかった。試合終盤に至ってもこの二人の高さをシンプルに使うような攻撃が見られず、この二人にボールが届く前に(サイドを使うというよりむしろサイドに追い込まれて)ボールを失っていたのも残念だったし、中村が良い飛び出しから右サイドを抜け出して上げた絶好のクロスに対して中にいたのがファーにいたヨンセンだけというのも腑に落ちない。あの場面でエアポケットになっていた二アサイドに巻がいなくてこの2トップに一体何の意味があるのかと。

 今日の試合を見てハッキリしたのは名古屋がまだ「優勝」というような言葉を口にするには時期尚早ということですが、この後少しでもチームが進化した姿を見せられるのか、それとも名古屋はやはり名古屋なのか、真価が問われるのはこれから続く連戦でということになりそうです。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-04-26 17:29 | Game Review
<< J2 2008 第10節 水戸... 関東大学リーグ 第4節 @NA... >>