Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
J1 2008 第11節 vsFC東京 @味スタ
b0036243_19415114.jpg

 玉田の負傷欠場により今シーズンここまで4ゴールと結果を残している杉本がリーグ戦初先発を果たしたこの試合、そのまま玉田のポジションに杉本を入れるのかと思っていたら、ピクシーは杉本を中盤のサイド(デフォルトは右)に入れ、代わりにマギヌンを一列上げるというヒネリを加えてきた。小川と長友による明治大学先輩後輩ガチンコバトルを楽しみにしていた俺としてはやや拍子抜けだが、ピクシーが施したこの策は守備面を中心にピタリとハマり、結果的にそれが試合(特に前半)での優位な戦いを名古屋にもたらしたのだった。

 マギヌンを普段より一列上げ杉本をSHに回したことによる最大の成果は、俺がG大阪戦のレビューの中でも書いたような中盤の守備ブロックの綻びをかなり補修出来たことにある。これまではどうしてもマギヌンを中心に――と言っても別にマギヌンひとりの責任というわけではないが――中盤での守備ブロックに穴が開いて、チームとしてその穴を塞ぎ切れなかったり、真ん中の二人を中心に周りのプレーヤーがその穴を塞ごうとして逆にスペースを作ってしまう(バランスを崩してしまう)ようなシーンが多々見られた。しかしこの試合では相手ボールになるとサッと中盤で3~4枚のブロックが形成されかなりソリッドな守備組織を作ることが出来ていた。マギヌンも“FW”として見れば、よく中盤まで戻ってディフェンスしてくれる優良なアタッカーに変貌する。また予想外なのかどうかは知らない――ひょっとしたらピクシーは意図していたのかもしれない――が、名古屋にとって最大の脅威でもあった長友のパワフルなアップダウンを抑えられるのは杉本(と中村のコンビ)しか有り得なかった。

 一見良く似たような展開として思い出されるのは一年前の味スタでのFC東京戦だ。藤田俊哉をアンカーに置いた3-5-2が機能し開幕から破竹の4連勝を飾った名古屋だったがその後広島に初黒星を喫すると、(大久保不在の)神戸とのゲームを挟んでGWは三連敗を喫してしまう。そして遂に3-5-2を放棄したフェルフォーセンは、4+4のソリッドな守備ブロックをベースにヨンセンの高さと杉本のスピードをシンプルに生かした攻撃へと方向転換を図り横浜FM戦に完勝、浦和には惜敗したものの同じ形のまま味の素スタジアムへと乗り込んできたのだった。そして試合はその試合後に日本代表(候補)に選ばれることになる本田のアシストからヨンセンがゴールに流し込み、守備ブロックは東京に得点を許さず今回と同じ1-0で勝利した。
 しかしその時の試合と今日の試合では明らかに性質が違っている。フィールドプレーヤーが7人で守って2トップ(ヨンセン&杉本)と本田だけで攻めていたような印象だった昨年の試合と異なり、今日の試合では中盤でしっかりとした守備ブロックを作りつつも、攻撃になると細かくパスをつなぎながら後ろからオーバーラップを仕掛けてサイドで数的優位を作るような攻めの姿勢がピッチにはしっかりと反映されていた。そして(先制点を奪ってからは(特に後半)やや慎重になった面があったが)チームは最後まで隙あらば全員で攻める姿勢を失ってはいなかった。同じ1-0というスコアでも今年のサッカーの方が遥かに魅力的なことは言うまでもない。

 この試合もうひとつ特筆すべきは名古屋の選手たちの闘う気持ちだ。今回俺は訳あってホーム側の2階席(GⅡエリア)からの観戦となったが、周りの東京ファンも口々に名古屋のディフェンスの激しさについて感嘆?の声を漏らしていた。選手たちの中にも「これ以上負けられない」「これまでと同じ轍は踏まない」という危機感が相当強くあったのだろう。そしてひとりひとりのそうした思いが勝利へとつながったのだと思う。
 後半はこちらも意地を見せたいFC東京に反撃を喰らい、特に米山を投入してからは中盤がやや混乱しているようなシーンもあった――中盤のセンター(アンカー)の位置に入った米山に対して、中盤のバランス(特に中村と吉村のポジション)が曖昧になり、特に左サイドからの攻撃に対して誰が対応するのかがハッキリとしない時間帯があった。結果的に阿部がそのスペースを見ることになったが、その後東京がそこに石川を投入し、トップスピードに乗った石川とのマッチアップに阿部は相当苦労していた――が、楢﨑を中心に選手全員の気持ちが切れることは最後までなかった。

 問題があるとすれば、次節には戻ってくるであろう玉田をこのチームの中にどう組み込んでいくか。元に戻せば良いだけの話だが、このチーム(このやり方)を崩すのは少しもったいない気がしないでもない。かと言ってこのシステムでは玉田とマギヌンの共存は難しい。バヤリッツァのSB、マギヌンのFWに続くピクシーの新たなアイデアに期待したい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-05-06 19:41 | Game Review
<< J1 2008 第12節 vs... J1 2008 第10節 vs... >>