Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
J1 2008 第14節 vs鹿島 @スカパー
 W杯予選の影響により一ヶ月以上の中断を経て再開されたリーグ戦第14節は、ACLによる未消化試合の関係で水曜日にひと足早く再開を迎えていた鹿島と、6/8のナビスコカップ以降異例の大型連休へと突入し(他チームのような)キャンプはおろかトレーニングマッチすらこなした形跡がない名古屋との間で、特に試合勘という部分でのコンディションの差が明確に現れた試合になった。名古屋にとってこの先上位を争うことになるかもしれない鹿島に与えた勝ち点3と得失点差-4という代償は決して小さくはないが、試合が終わった今となっては、この試合を水曜日から始まるナビスコカップ決勝トーナメントと今後のリーグ戦に向けた調整として割り切るしかない。
 逆に言えば、この試合は名古屋に試合勘を取り戻させるためのスパーリングとしての機能は十分に果たしていた。(中身の是非はともかくとして)色々な意味で勝者としての経験やメンタリティが備わっている鹿島は、試合開始早々に先制しさらに前半のうちに追加点を奪うと、今後の過密日程を考慮してすっかり省エネモードに突入し、そんな鹿島に対して名古屋は、得点にこそ結びつかなかったものの、ヨンセンにクサビを入れてサイドへと展開する攻撃の形をいつも以上に作り出すことが出来ていたし、前後半通じて鹿島のおよそ倍に当たる17本を放ったシュートも含めて実戦の場でこれだけ練習出来れば水曜日以降はコンディションも上がってくるに違いない。

 そんなわけで、俺は0-4というスコアほどこの試合結果について悲観をしていないが、それでも失点の原因となった部分を中心に内容を振り返っておく意味はあるだろう。明らかに集中を欠き、試合に入り切れていなかった一失点目は論外として、追加点となった小笠原とダニーロによるいずれもスーパーなミドルシュートは(見方によっては「事故」と言えなくもないが)DFラインの前にスペースを空けてしまう名古屋守備ブロックのスペックを考えると事前に十分に想定され得る失点だった。この試合について言えば、名古屋の中盤は、守備面での貢献が低いマギヌンと1対1には強いがポジショニングと状況判断に欠ける中村が欠場し、左SHに深井と中盤の底で気の利いたポジションを取れる山口Kが起用されたことで、いつもと比べれば無駄にスペースを空けることもなく試合を進めていたものの、失点シーンでは自陣深くでボールを動かされる中でやはりそこにスペースを空けてしまい、また山口KがDFラインに吸収されていたためにシュートに対する寄せが遅れてしまった。まるでシュート練習のような思い切りの良さで何の躊躇もなく放たれたシュートを見ると、鹿島は最初からミドルシュートを狙っていたのかもしれない。名古屋を崩す上でのポイントのひとつは間違いなくミドルシュートだ。
 ダニーロのミドルシュートによる3点目、ロスタイムに自陣から右サイドをドリブルで駆け上がった内田の折り返しからマルキーニョスに決められた4失点目は、選手交代によってチームがバランスを崩していたことが大きな要因だった。ピクシーが行った選手交代とシステム変更はいずれも明確な意思があり、良い形は作りながらも決め手を欠く状況を打破しようとした前向きな施策ということで、采配自体を否定するつもりはないが、結果論で言えば、前線に杉本を加えた3トップはしばらくは良い形での攻撃を持続出来たものの、時間の経過とともにチーム全体の足が止まってくると中盤と前線の3人の間に距離が生じ、そのスペースを鹿島に使われ始めたことが終了間際の決定的な二失点につながってしまった。マギヌンが出場している時にはしばしば見られるケースでもあるが、相手SBの上がりに対してDFラインが対応しなければならない状況は少し厳しい。

 逆に、名古屋にとって今後に向けた光明となりそうなのが三試合出場停止のマギヌンに代わって起用された深井と精度が高まってきたセットプレーだろう。これまでもプレシーズンマッチに始まりナビスコカップ、リーグ戦の途中出場とそれなりに高いパフォーマンスを示していた深井は、リーグ戦初先発となったこの試合でもチームにとって十分武器となり得ることを改めて証明した。マギヌンとは違ってスピードのあるドリブルからの仕掛けが持ち味だが、この試合のように中央のヨンセンのところでタメが出来ればその能力はさらに活かされる。ナビスコカップの浦和戦(ホーム)の時にも書いたが、あとは試合勘を取り戻してフィニッシュの精度を上げることが最重要課題だ。
 そしてそんな深井が小川とともにプレースキッカーを務めるフリーキックも今後に向けては明るい材料だ。この試合では曽ヶ端の好セーブもあって得点には至らなかったが、これまで全く得点の匂いがしなかったセットプレーにもようやくそれらしい雰囲気が漂ってきた。実はその兆候はナビスコカップの浦和戦(アウェー)の時に既にあったのだが、名古屋は高さに関してはヨーロッパのクラブチームと比べても遜色ないものがあるだけに、セットプレーは確実な武器としていかなければならない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-06-29 23:59 | Game Review
<< J1 2008 第15節 vs... W杯アジア三次予選 日本代表v... >>