Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
adidas CUP 2008 グループリーグ 第1日 vs鹿島ユース @Jヴィレッジ・Pitch5
 この試合、立ち上がりから攻勢に出たのは鹿島だった。鹿島は前線から名古屋のDFラインへ激しくプレッシャーを掛け、奪ったボールは縦のスペースに大きく蹴り出すという非常にシンプルなスタイル。そこに“スパイス”としてトップチーム譲りの「汚さ」が加わる。いかに審判に見えないようにファールをするか、いかに審判の目を欺いてファールをもらうかといったことが徹底されている。味方がカードをもらいそうな場面で何人かが主審をサッと囲んで圧力を掛け当事者を裏から逃がすところなんかはもはや伝統芸能の域と言ってもいい。二年前の高円宮杯グループリーグ最終戦でたまたま名古屋の試合の前に鹿島と神戸の試合をやっていて、あまりにコロコロと転がる鹿島の選手達(&それに対してことごとくFKを与える主審)に対して神戸サポーターが罵声を飛ばしていたのを思い出す。
 まあそれぐらいならまだかわいいもんだが、倒れ際に(あくまでも)さり気なく相手の顔に足をぶつけたりするワザや相手選手に怪我を負わせかねないチャージはちょっといただけない。まさか普段からそんな練習ばかりしているわけではないだろうが、いつも身近でトップチームのプレーを見ているうちに自然と身体に刷り込まれてしまったのだろうか。そんなプレーの被害に遭ったのかどうかは定かではないが、名古屋は試合開始から3分としないうちにCKの守備から前線へと戻るアルべスが早くも足を引きずっている。そしてその後クサビを受けるアルべスに追い討ちを掛けるようなチャージ(接触プレーに寛容だったこの試合の主審はファールを取らず)でヒートアップした磯村が、次のシーンで相手に激しく当たりイエローカードをもらってしまった。冷静そうに見えて意外と熱い磯村みたいなキャラは嫌いじゃないが、ここは去年のこの大会でメンタルをコントロール出来ずに退場を喰らってしまった経験を生かして欲しい。ましてこのチームで磯村が抜けた時のマイナスを考えるとその影響は計り知れない。

 試合はキックオフ直後こそ鹿島の勢いに押され気味だった名古屋だが、時間の経過とともにゲームの支配を強めていった。組み立てでは鹿島のプレスを外す目的もあってか例年に比べロングボールを使うシーンが目立つが、鹿島のアプローチをかわして中央でクサビを入れながらワンタッチで軽快につないでいく場面もあり、メリハリが効いていると言えなくもない。
 逆にディフェンスではサイドを突かれた時の対応がやや危うい感じ。3-4-3のフォーメーションがベースの名古屋に対し、トップチーム同様4-4-2をベースとする鹿島はカウンター気味にサイドのスペース(中盤のアウトサイドとストッパーのギャップ)にタテパスを入れて、そこに人数を掛けてゴールライン際深くまで侵入するシーンが何度かあった。そしてCKからのこぼれ球を加藤が頭で押し込んで幸先よく先制したにも関わらず、前半のうちに同点に追い付かれてしまったのもそのサイドを使われた形で、鹿島の左SB(5番)のオーバーラップから深くまでエグられてその折り返しをゴール正面で押し込まれてたのだった。個人的には後半に向けて4バックにフォーメーションを変更してシステム的にサイドのスペースを消すのもありかなと思ったぐらい、そこを突かれた時だけ名古屋はピンチらしいピンチを迎えていた。

 後半開始早々に獲得したコーナーキックをいきなり磯村がドンピシャのヘディングで合わせて再度勝ち越しに成功した名古屋は、その後鹿島のカウンターを喰らうようなシーンも何度かあったが、朴監督の「前掛かりになるな」という指示の後はピッチ内で選手同士が声を掛け合ってバランスを保ち安定した試合の進め方が出来ていた。そして加藤に代わってトップの位置に入った三浦俊が左サイドを突破して、その折り返しを中央で受けた奥村情の豪快なミドルシュートによって試合を決めた名古屋は、三浦俊を右SBへと移し4バックにシステム変更。さらに次の日のG大阪戦に備えてか、磯村、奥村情といった主力を下げて大西、近藤、小幡といった一年生を次々と起用する余裕の采配を見せる。三浦の右SBや大西のFW起用というのはプリンスリーグでもやっていた形らしいので、あながちテストとも言い切れないが、彼等の将来に対して朴監督はどのようなイメージを持っているのだろうか。とても気になるところだ。まさか大西をFWで育てようと思っているとは思えないが・・・。そして試合はそんな大西がDFと競りながら右足で放ったシュートが僅かにゴール左に逸れたところで終了のホイッスル。

 目立っていた選手を挙げるとすれば岸寛大。10番を背負う彼のプレーに派手さはないが、とてもシンプルで無駄がないプレーにはインテリジェンスを感じさせハードワークも厭わない。Wボランチを組んだ磯村とのコンビも抜群で、戦線離脱中の安藤亮太の穴を感じさせないパフォーマンスだった。ここに安藤亮太が戻って来たらチームとしてのバリエーションもかなり増えるに違いない。それ以外では3バックの中央にポジションを取っていた西部が最終ラインのリーダーとして去年までよりもひと回り逞しくなった印象。そのプレーには余裕とも言える風格が感じられたが、この大会そして高円宮杯といった全国の舞台を通してこのレベルで頭ひとつ抜けた存在になれるかどうかを注目しつつ見守っていきたい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-07-27 22:50 | Youth
<< adidas CUP 2008... adidas CUP U-18... >>