Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
adidas CUP 2008 グループリーグ 第2日 vsG大阪ユース @Jヴィレッジ・Pitch1
 グループリーグ第二戦の相手となるのは大会二連覇中のG大阪ユース。去年は中学三年生でこの大会に参加していた宇佐美も今年は10番を背負って一年生ながらすっかりチームの中心。さらにそんな宇佐美と同学年で昨年の高円宮杯U-15を制したメンバーが加わった今年のチームは昨年よりもスケールアップしている印象すら受ける。朴監督が「今年は全体的にレベルが低かった」というプリンスリーグ東海で初優勝を飾った名古屋にとってこのガンバ戦は全国レベルの実力が測れるまたとない機会だ。

 名古屋のスタメンは鹿島戦と同じ。鹿島戦ではサイドを崩されて決定的な場面を作られることが多多あっただけに、特に宇佐美がポジションを取る左サイドの対応は最優先課題だ。ここで宇佐美に自由にやらせてしまうとガンバの攻撃陣を抑えることは難しいし、早い時間に先制点をう奪われるようなことがあればメンタル的にも難しいゲームになることは目に見えている。
 しかしそんな不安をよそに前半試合の主導権を握ったのは名古屋だった。風上に立つ名古屋はボールを動かしながら早いタイミングでガンバDFラインの裏を狙ったタテパスをどんどんと入れて来る。このボールに対して前線の選手がガンバDFラインの間をナナメに走り込んで裏を狙う動きはなんとなく去年の磐田ユースを思わせるようだ。またそれとともに大きなサイドチェンジからサイドで1対1(もしくは2対1)を仕掛ける形が攻撃の基本のパターン。ただ3バックということもあってか、トップチームのように早い段階でサイドに預けてそこからゲームを作るのではなく、一旦真ん中にクサビのボールを入れて相手の意識を集中させておいてそこからサイドに展開するあたりもかなり形になっている。
 そんな名古屋の攻撃は、この試合の主審が昨日とは打って変わって接触プレーをかなり細かく取るタイプだったこともあり、アタッキングエリアで数多くのFKを獲得することにも成功していた。そのうちの一度でも――CKからファーに抜けて来たボールを前日に引き続き加藤がフリーでヘディングしたシーンなどを筆頭に――決めていれば・・・というのは試合が終わってからの結果論では決してない。

 ガンバは前半かなり抑えた試合の入り方をしていた。名古屋がDFラインでボールを動かしていても前から取りに来ないし、このチームのエースと目される宇佐美も大塚も大人しく攻撃(カウンター)にもサッパリ迫力がない。後半に向けてセーブしているだけかもしれないとは思いつつも、もしかたらこの試合勝ち点3を取れるかもしれないという楽観的な予測が俺の中に芽生え始めていた。と言うより誰の頭にもそれはよぎったに違いない。

 後半立ち上がり、端からそういったゲームプランだったのかそれともベンチで発破をかけられたのか分からないが、ガンバが前からプレッシャーを掛けて来た。中盤での囲い込みも前半に比べれば断然早い。それを凌いでなんとか攻撃へとつないでいた名古屋だったが、前線でボールを奪われたかと思うとあっという間にDFラインの裏へと飛び出した原口へとボールが渡り、これを原口が落ち着いてゴールに流し込んで先制されてしまった。
 こうなると試合は俄然ガンバペースで、攻め切れない名古屋とは対象的に、ガンバはスペースを得た大塚や宇佐美がカウンターから面白いようにチャンスを作り出す。率直な感想として宇佐美は運動量も少なく持てる力の6~7割ぐらいでプレーしている感じなのだが、少しでもスペースを得てボールを受ければ、必ず目の前のDFを一人外してシュートまで持ってくる力を持っている。宇佐美が放った何本かのシュートはGK岩田の正面を突いたり岩田が素晴らしい反応で弾き出したりしたものの、高校一年にして彼は既にこのレベルを超越している。

 ガンバの組織的なデイフェンスと強い逆風にも煽られ上手く攻撃を組み立てられない名古屋は加藤に代えて小幡を投入し、磯村をFW(3トップ)の位置へと上げる。このチームで最も影響力のあるプレーヤーを最前線で使うという、この試合で勝ち点を獲るための積極的な交代策。しかしその策も磯村にボールが入った時点で何人かが囲みに来るガンバのディフェンスを前に沈黙してしまう。そしてロスタイムに入ったぐらいからようやく名古屋の選手達も怒涛の攻撃でペナルティエリアに入れるようになったが、後半はほとんどガンバのワンサイドだった。横綱相撲とはまさしくこういう試合を言うのかもしれない。

 これが普通の大会であれば、「決勝戦でリベンジ!」と行きたいところだが、各グループの2位チームは1/3の確率でしか決勝トーナメントに進めないというレギュレーションを考えると、これで決勝トーナメント進出は難しい状況になった。まあその機会は高円宮杯まで取っておくということで、鹿島のアップセットに期待しつつ川崎戦に集中するしかない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-07-29 02:02 | Youth
<< キリンチャレンジカップ2008... adidas CUP 2008... >>