Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
adidas CUP U-15 準決勝 名古屋U-15×浦和Jrユース @Jヴィレッジ・スタジアム
b0036243_16474525.jpg

 個人的に初めてとなるJヴィレッジのスタジアム。しかし猛烈なアップダウンの末に辿り着いたのは、中池グリーンフィールドと作りがそっくりな小じんまりとした競技場だった。そろそろU-15もベニューの問題を考え直した方がいいかもしれない。

 アップの時からよく声が出て威勢の良かった浦和は、キックオフのホイッスルが鳴ると一転してリスクを排除したリアクションスタイルを貫いてきた。最終ラインの4枚と中盤の4枚がガッチリとブロックを作って名古屋の攻撃を待ち構え、奪ったボールはシンプルなタテパスからセカンドボールを拾ってカウンターにつなげる。そんな浦和に対し名古屋は前半に加藤翼がドリブル突破からタッチライン際までエグってマイナスの折り返し。これを中央でフリーの川村がシュートし、GKが弾いたところに樋江井が頭で飛び込んで先制点を奪った。今大会の加藤翼はキレキレで簡単には止まらなさそうだ。

 しかし後半に入ると15分ぐらいから名古屋の足が止まり始め、試合は徐々に浦和の狙い通りに進み始める。名古屋は個々のプレーヤーの技術では浦和を上回っているが、最後のところでコンビネーションが合わなかったりして浦和のディフェンスを崩し切ることが出来ない。そして次第に勢いを増していく浦和とは対象的に、クリアひとつ取ってもどことなく焦りのようなものが垣間見られるようになった名古屋は、一本のタテパスから抜け出した浦和のFWにそのまま持ち込まれて同点ゴールを決められてしまった。

 こうなるとどっちが勝ってもおかしくはなかったが、試合を決めたのはやはりと言うべきかエース・高原。ハーフウェーラインから少し相手陣内に入ったあたりでボールを持った高原は二人のマークを引きずるようにタッチライン際までドリブルで突き進むと、自らが繰り出したフェイントに相手のマークが一瞬のスキを見せたのを見逃すことなく左足を一閃。角度はほとんどなかったがこれが見事にゴールを捉えた。エースが個の力を発揮して見せたスーパーゴールだった。

 決勝の相手はガンバ。準決勝では追浜を相手に力の差を見せ付け、その上今日は主力を何人か休ませていたような感じだったが、去年のプレミアカップで破れた天敵に名古屋はリベンジできるだろうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-08-16 16:47 | Youth
<< adidas CUP U-15... adidas CUP U-15... >>