Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
adidas CUP U-15 決勝 名古屋U-15×G大阪Jrユース @Jヴィレッジスタジアム
b0036243_21265857.jpg

 昨日の準決勝を11時から戦ったガンバと14時から戦った名古屋。二日連戦で迎える今日の決勝はフィジカルコンディションひとつ取ってもガンバに有利に働くのではないかというのが戦前の俺の予想だった。身体つきもガッチリした選手が多いガンバに前から来られたら最悪ゲームはワンサイドになってしまうかもしれないと。しかし蓋を開けてみれば、良いコンディションで試合を迎えたのは名古屋の方で、どことなく身体が重そうなガンバに対して名古屋はキックオフから完全にゲームを支配していた。前線からプレッシャーに来てはいるものの二列目以降が付いて来ないガンバに対して名古屋は水野がフリーでボールをもらう機会が多く、前線では今一歩寄せが甘いガンバディフェンスに対して高原が鮮やかなクサビを見せたかと思えば、そんな高原も含めた名古屋自慢のアタッカー陣が次々とドリブル突破を試みてガンバディフェンスを翻弄する。

 名古屋はこの試合に向けてフォーメーションをマイナーチェンジしていた。これまでは高原の1トップの下に4枚の攻撃的な中盤を並べる4-1-4-1のような形だったが、この試合では高原と加藤翼(前半途中から樋江井とポジションチェンジ)が2トップを組み、その下に3枚の攻撃的な中盤が並ぶ4-1-3-2のような形。このシステム変更によって名古屋はいつにも増して前線からのプレスが機能し、また攻撃でもDFラインの裏を狙ったような展開が目立つようになっていた。グループリーグと昨日の準決勝を見た印象としてガンバはDFラインが連携を含めて少し安定感を欠いているところがあったので、そこに対して揺さぶりを掛けるという狙いだったのだろうか。いずれにせよこのシステム変更も含めた名古屋の戦い方がガンバに対してピタリとハマった。

 前半のガンバは立ち上がり早々にカウンターから今大会得点王の小谷が抜け出してシュートを放った(追い掛けたDFがコースを限定してシュートはキーパー正面)以外はこれといったチャンスを作れず、ロングボールを前線に蹴り込む単調な攻撃に終始していた。俺はこの試合のポイントの一つを名古屋の水野とガンバの山千代という両チームのキャプテンにして攻撃を司る二人のボランチの対決になるだろうと踏んでいたが、中盤の底で頻繁にボールに触ってゲームをコントロールしていた水野とは対照的に前半の山千代はひたすら頭の上をボールが通過していくようなシーンばかりだった。

 後半になるとガンバにようやくエンジンが掛かりだす。急先鋒となったのは島田怜央と西野拓麻の左サイドコンビ。テクニックに優れるレフティの島田と中学生離れしたパワーを持つ西野のコンビは名古屋にとっても脅威そのもの。特に直接FKのシーンで西野が放った強烈な無回転シュートなんかは大人顔負け。ディフェンスでも後半は加藤翼をほぼ完封していて、新井場、家長、安田と連なるガンバユースの次代の左サイドを担っていくのは彼等かもしれない。さらに名古屋の体力が落ちてくるのと合わせるようにガンバはFWにスピードのある選手を投入して勢いを加速。ガンバの攻撃が明らかに名古屋ゴールへと近付いてきている感触は確かにあった。

 ただ名古屋もDF陣が落ち着いてこれに対応するとともに、前に出てきたガンバのディフェンスの裏を狙うような狡猾な攻撃を見せ始めた。そして一進一退で均衡したゲームの中、カウンターから水野と高原のホットラインが試合を決定付けるゴールを決める。高原は水野が中盤でボールを持ったと同時に上手い動きでマークをはがしてフリーになり、水野は高原が一瞬マークを外したタイミングを見逃さず寸分の狂いもないパスを送る。そこからはもう高原のオンステージ。鋭いフェイントで目の前のDFを振り切るや、左足でGKの脇をかすめるシュートをゴールに沈めたのだった。グループリーグから何度となくお互いの信頼感が伝わってくるかのような阿吽の呼吸で抜群の連携を見せているこのコンビは本当に秀逸。

 だがこのチームは高原と水野だけのチームではない。効果的なドリブル勝負を見せる前線の選手たちは「全員が高原」だし、相手にボールが渡れば全員がしっかりと守備に戻る規律も併せ持つ。そしてこの試合特に目を引いたのが10番の都竹で、バイタルエリアでこぼれ球をよく拾い守備面で水野をサポートしていた。また高いラインを保ちながらも冷静なポジショニングで相手に決定機を与えず、また単純なロングボールに対して屈強に弾き返し続けた奥山を中心としたDFラインは大会を通して安定していた。そしてガンバの強烈な左サイドの攻撃を封じ込めた右SB三鬼はこの試合の影のMVP。1対1に抜群に強く前にボールを運ぶ力もある三鬼はチームが苦しい時ほど存在感を発揮する選手で、本来であればメニコンカップに出場する資格も十分にある。その意味では去年の高円宮杯に続き「テレコ起用」された二人のGKも。おそらく決勝戦が始まる前には決まっていたであろうメニコンカップのメンバーには準決勝で先発した石井が選ばれたが、これは巡り合わせの問題でどちらが出ても遜色はない。

 決勝という大舞台、しかもガンバ相手にベストゲームを披露して獲得したタイトルには最大限の敬意と祝福を表したいが、シーズン当初に菅沢監督が狙うと宣言していた「二冠」に向けてこれはまだ通過点。冬の高円宮杯に向けてもうワンランクアップして偉業に挑んで欲しい。そして聖地・国立競技場の舞台でまた観客を魅了するような素晴らしいプレーを披露してもらいたい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-08-17 19:31 | Youth
<< キリンチャレンジカップ2008... adidas CUP U-15... >>