Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
ナビスコカップ 準決勝・2ndレグ vs大分 @スカパー
 1stレグを終えて大分に「半歩」のリードを許した名古屋。国立の舞台へ進むにはこの試合で得点を挙げることが最低条件だった。しかしサブメンバーの名前を見て俺は我が目を疑った。GKの広野、DFの三木、吉田、MFの山口K、藤田、米山、そしてFWの巻という7人のうち、攻撃のオプション足り得るのは巻と百歩譲って藤田ぐらいで、よりによってCBに二枚のスペアを用意するという判断は、バヤリッツァか増川のどちらかがコンディションに不安を抱えていたこと以外に理由が思い付かない。そして案の定得点を奪えないまま時間だけが経過していく試合展開で、ピクシーが打った手はと言えば、巻に続いて吉田までをも前線へと投入するサプライズ人事。ボックス内に並ぶ三枚の長身センターフォワードとそこを狙ったサイドからの徹底した放り込みは、これまで名古屋が実践してきたサッカーを考えても異形そのものだった。

 この試合で失点しなければ負けない大分のフォーメーションも斬新だ。数字で表現するなら3-1-5-2とでも呼ぶべきフォーメーションは、三人のDFがしばしばGKを飛び越してゴールマウスの中までカバーに入り、1stレグに続いて名古屋の得点機会をことごとく阻んだ。モダンフットボールにおいて11番目のフィールドプレーヤーとしてリベロ的な役割を求められるのはGKの宿命だが、GKが「手を使えるストッパー」として存在しているのは大分ならではだろう。

 そんな大分のディフェンスを打ち破るために名古屋(ピクシー)が打った手は、先に書いたトリプルタワーへの放り込みだけで、交代枠も結局一つ残したままで試合終了のホイッスルを聞くことになった。最後はウェズレイも金崎も下げて守りに入った大分に対して、この攻撃はほとんどセットプレーであり、いいキッカーがいれば・・・(いいボールが入れば・・・)というピクシーの見識は至極正しい。だが完全な結果論だが、俺なら敢えて山口Kを投入していただろう。それは吉田麻也や巻の代わりにであってもいい。ヨンセン、吉田、巻のトリプルタワーは圧倒的な高さがあり大分DFに脅威を与えていた。しかし同時に大分DFはその攻撃に慣れていた。それに特化した対応策を普段から積んでいたと言っても過言ではない。であるとすれば、ゴール前で必要なのは高さに対して変化を与えられる選手で、希代のワンタッチゴーラーとしての才能がある山口Kにはそれが出来る。山口Kなら、この時間帯の小川よりも思い切りよくボックスへと飛び込んで行き、巻よりも速くこぼれ球に反応し、杉本よりも正確にシュートをゴールへと流し込むことが出来る。02年のナビスコカップ・浦和戦でいきなり2ゴールの衝撃デビューを飾ったこの男の埋もれた才能を侮ってはならない。

 名古屋にとっては、大分に1点を奪われようが奪われなかろうが、得点を挙げないことには次へ進めなかったので、ウェズレイにゴールを許したこと自体はさほど問題ではない。しかし1stレグのレビューでも書いた通り(というかこれまで何度も書いてきた通り)「ミドルシュートが芯に当たればアウト」という名古屋にとっての現状をウェズレイはものの見事に暴いて見せた。このシュートは事故でもなんでもなくあくまでも必然だが、(名古屋ファンならご存知の通り)毎年夏場になるとコンディションが上がってくるウェズレイとこのタイミングで出会頭に当たってしまったことは名古屋にとって事故であり明らかにアンラッキーだった。事実この二試合でのウェズレイは二つのゴールを含め全盛期を彷彿とさせるようなキレを随所に見せていた。

 今シーズンを最後に引退すると言われている36歳のウェズレイは、名古屋にクラブ史上初の得点王誕生という歴史をもたらしながらも、名古屋のファンからは(特に晩年)その貢献度に見合わない冷遇を受けた報われないJ最強ストライカー。俺としてはそんな彼の最後の花道をぜひともナビスコカップ優勝という栄誉で締めくくって欲しいし、その祝福と餞別に国立まで馳せ参じても良いとすら思っていたが、戦い方が守備的なこと以前に(「劇団ひまわり」にでも入った方がいい森重を中心として)「鹿島化」しつつある大分というチームに対して素直にそういう(応援する)気にはなれないのがなんとも残念だ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-09-09 01:57 | Game Review
<< 高円宮杯 名古屋U-18×浦和... 高円宮杯 名古屋U18×青森山... >>