Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯 準々決勝 名古屋U-18×横浜FMユース @西が丘
b0036243_16192882.jpg

 第一試合に比べると両チームともにゴール前でのシーンが少なくどちらかと言えば慎重さが目についた試合は、終始名古屋がボールをキープしていた前半とは打って変わって、横浜の反撃にさらされ始めた後半になって、右サイドを駆け上がった金編からのクロスを胸トラップで受けたアルベスがそのまま抜け出して右足を振り抜き先制。そのまま1-0で三年連続となる国立への切符を手にした。

 試合を通して印象に残ったのはバックスタンドまで聞こえてきた朴監督の指示。この試合では攻守の切り替えに関する指示が多かっが、一点をリードした終盤になってもコーナーキックで最終ラインの西部や岸光に上がるように促すなど、最後までもう一点を奪いに行く姿勢を貫いていた。また朴監督がなかなか行わない選手交代も、観ている側としてはいつもハラハラするが、この状況を乗り越えた選手達は試合を通じて精神的にひと回り成長し強くなるに違いない。朴監督もおそらく目先の勝負よりもそのあたりを選手一人一人に期待しているのだろう。

 試合は特に前半は名古屋がボールをキープしてゲームをコントロールする展開。全体が自陣へと引いて守備ブロックを作っている横浜に対して名古屋は最終ラインを中心にボールを回しながら前線へとボールを入れるタイミング伺いながら試合を進めていた。第一試合で浦和が見せたサッカーと比べるとダイナミックさに欠けている面はあったものの、受けに回ると弱いがボールをキープして攻めに回れば強みを発揮する岸寛と小幡の軽量級コンビをWボランチを据えた新システムを採用する名古屋からしてみれば、これは狙い通りの展開と言えるかもしれない。受けに回ると弱いのなら受けに回る時間を減らせばいい。相手ボールの状態で身体を張って守るのではなく、自分たちでボールをキープして守ればいい。
 ただ自陣で網を張って守る横浜を前にして、名古屋はなかなか横浜のゴール前まで辿り着くことが出来なかったのも事実だった。こうなるとやはり気になるのは右SHに入っている磯村の使い方で、この試合でも囲まれながらも何度か個人技で右サイドを突破する場面を作った磯村だったが、このチームで最も能力が高く攻撃の核となり得る磯村をポジション含めてどう有効活用するかは重要な問題。夏のクラ選から安定して力を発揮している奥村情とここにきてゴールを量産し始めたアルベスの2トップに牽引される名古屋の攻撃が、相手チームを圧倒できるほどに迫力を増せるかどうかは磯村にかかっていると言っても過言ではない。

 試合を通じて気になった選手は小幡。一年生ながらこの大会でレギュラーとして起用されているこのひと際小柄なテクニシャンは、正確なパスと重心の低いドリブルでボールを前へと運ぶ力に優れているが、これまでの試合ではどちらかと言えば受けに回るシーンの方が多く、そうした攻撃面での特徴よりも守備面でフィジカル的に後れを取っている印象の方が強かった。しかしこの試合では球際の競り合いにも強さを見せ、磐田戦に続き大会を通じての確実な成長を感じさせた。小幡自身にとってこの大会は勝ち上がるごとにかけがえのない経験となっているだろうが、チームにとっても来年、再来年を見据える上で彼の成長は大きなアドバンテージとなるに違いない。
 あとは出場時間が短すぎてあまり参考にならないがすっかり逞しくなった感じのした三浦俊。左サイドの矢田を除けば三年生と一年生によって構成されるチームにあってやや影が薄い感のある二年生だが、やはり攻撃面で特徴のある三浦俊が矢田に代わって投入された後に見せた力強いディフェンスは今後に向けても明るい材料と言える。前線で(アタッキングサードで)やや停滞気味だった攻撃を見ても、彼のようなスピードのあるサイドアタッカーがこの先の準決勝や決勝で大きな仕事をやってのける可能性も十分にあるだろう。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-09-23 16:19 | Youth
<< J1 2008 第26節 vs... 高円宮杯 Round16 名古... >>