Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
高円宮杯 準決勝 名古屋U-18×FC東京U-18  @国立競技場
b0036243_18541459.jpg

 プリンスリーグ東海そして高円宮杯のグループリーグ・決勝トーナメント(一回戦、準々決勝)を勝ち抜いて、三年連続で聖地・国立競技場に辿り着いた名古屋ユース。この夢の舞台で対戦相手となるFC東京は、かつて(二年前)Jユースカップの準決勝で大敗を喫したり、今夏のクラ選でも決勝トーナメント一回戦で4-8というサッカーではなかなかお目にかからないスコアで敗れた苦手としている相手だ。ただでさえFC東京はプリンス関東やクラ選を制して今大会も優勝候補の本命と言われるほどの強さなのに、相性まで悪いとあっては試合前に悲観的なイメージしか浮かんでこなくても仕方ないだろう。
 しかしいざ試合が始まると、出場停止やら怪我やら代表やらで普段のレギュラーメンバーを何人も欠くらしい1.7軍ぐらいのFC東京に対して、夏のリベンジの意味も込めてとても気持ちの入ったプレーを見せる名古屋はゲームの内容でもFC東京を上回り見事2-0でリベンジ完遂そして決勝進出を決めたのだった。

 試合はキックオフと同時に東京が案の定前から掛けて来たプレッシャーを名古屋が切り抜けると次第にペースは名古屋へと移っていった。どことなくギクシャクしていて球際の厳しさも足りない東京のプレッシングに対して、名古屋は東京の選手と選手の隙間へと上手く入り込んでポジションを取ってパスをつなげることが出来ている。パスをつなぐと言ってもありがちな最終ラインを中心としてボールがヨコにヨコにと動くわけではなく、タテにクサビのボールを入れてそこを基点としてさらに後ろから人が前のスペースへと飛び出しそこにパスを送るといった具合に攻撃がタテにタテにと進んでいく様は爽快ですらあった。
 特に目立っていたのは奥村情とトップ昇格が内定した磯村だろうか。奥村は前線でボールを受ければ相手に囲まれてもそれをものともしないドリブルで何度も東京ディフェンスを突破していた。好調を持続する奥村を東京は全く止めることが出来なかった。磯村は現在のシステムにおけるデフォルトのポジションは中盤の右サイドでありながらこの試合ではかなり中に絞って(それも少し深い位置で)のプレーが多かった。そして相手を背負ってボールを受けてもエレガントなターンであっという間に置き去りにしてグイグイとドリブルで突き進んでいく様は貫禄や風格という言葉がしっくり来る。前半はやや持ち過ぎて最終段階で潰されることも多かったが、プロになるだけあって既にこのレベルでは頭ひとつ抜けた存在になっているということだろう。

 しかしこういう良い流れの時こそ落とし穴はあるもので、今大会しばしば本多とポジションを入れ替えて攻撃参加することがあるストッパーの西部が左サイドから鮮やかなオーバーラップ(ドリブル突破)を見せたかと思った直後、テンションが上がり過ぎてしまったのか西部がDFラインで無理につなごうとして処理にもたついたところを相手FWにさらわれGKと1対1の場面を作られてしまう。シュートはなんとか岩田敦が身体に当て、そのこぼれ球を再度打たれた時にもゴールライン上に戻っていた本多がブロックしたが、名古屋からしてみれば絶体絶命のピンチだった。
 そしてそれを機に試合は一気に東京へと傾いていく。その余波による煽りを最も受けていたのは岩田で、コーナーキックに対して飛び出したところをカブって押し込まれそうになりまたしてもゴールライン上でDFがクリアするというシーンがあって動揺したのか、その後のセットプレーでそれを払拭するように飛び出したはいいがボールに触れないというようなシーンを連発してしまっていた。これはハーフタイムに伊藤裕二GKコーチのメンタルケアが必要かなと思っていたが、結局ハーフタイムを挟んでも岩田がこの試合でいつものような安定感を取り戻すことはなかった。セットプレーからこぼしたボールをプッシュされたシーンではオフサイドに救われるなど運までは失っていないことが救いだったが、これまで幾度となくチームを救ってきた岩田のこんなプレーを観れるのも大舞台ならではかもしれない。第一試合でも最初のCKでカブった浦和のGKが二度目のCKの時には前に出られず目の前でヘディングを叩き込まれるというシーンがあった。特にこの年代ではGKのメンタルケアもなかなか大変そうだ。

 その後少しづつペースを取り戻した名古屋がパスワークからチャンスを作り出していたのに対して、東京はレギュラーの何人かが不在の影響からか後半になってもロングボールで前線のアタッカーの突破力に頼るような展開が目立っていた。グループリーグ初戦(青森山田戦)の頃の名古屋であればひょっとしたらこのシンプルな攻撃でDFラインは崩れていたかもしれない。しかし名古屋は西部を中心としたDFラインがしっかりと体を張って守り、競り合う人とカバーに入る人の役割分担も徹底されていて危なげなく守ることが出来ていた。
 デイフェンス面に関して言うなら中盤についても欠かせない。寄せが速く球際にも厳しいディフェンスは高円宮杯開幕当初と比べれば見違えるように逞しさを増し、また最終ラインが競り合ったセカンドボールもことごとく確保していた。俺は以前、岸寛と小幡の軽量級コンビをWボランチに据えた中盤を「受けに回ると弱く、ボールをキープして攻撃に回った時に特徴を発揮する」と書いたが、この試合を見た印象で言えば全員が攻守に文句なし。全員がハードワークし、全員が守備のタスクをこなした上で攻撃に加わってプラスアルファを発揮することが出来ていた。磯村や岸寛、矢田といった選手が高いレベルでプレー出来ることは分かっているが、一年生の小幡が高校レベルでもしっかりとその特徴を発揮できるようになってきたのはチームにとっても大きいだろう。

 0-0のまま進んで行く試合を観ながら俺の頭によぎったのは、東京の「一発」に沈んでもおかしくはないという悪い予感。手を打つとすれば前半から激しいアップダウンをこなしていて疲労が見て取れる矢田に代えて鈴木か三浦俊を投入する感じだろうが、よく考えたらこの試合まだ矢田はコーナーキックを蹴っていない。藤枝での磐田ユース戦を見た立場から言えば、矢田を代えるにしてものコーナーキックを一回見てからでも遅くはない。とそんなことを考えていた矢先だった。この試合で初めて名古屋に巡ってきた右サイドからのコーナーキック。矢田の左足から放たれたコーナーキックは、まるで磐田戦のリプレーを見るかのような美しい軌道とボールスピードでアルベスの頭にピタリと吸い寄せられた。

 そして迎えたロスタイム。ともにほとんど時間稼ぎのような感じで投入された三浦俊と鈴木が大仕事をやってのける。アルベスに代わって投入された鈴木が右サイドの深い位置で身体を張り粘ってボールをキープ。そこから中央の奥村情を経由して大外でボールを受けた三浦は、そのままダイレクトでシュートを打つのかと思いきや飛び出してきたGKを見るや冷静に切り返してこれを外して右足でゴールへと蹴り込んだのだった。類まれなスピードと才能を持ちながら控えに甘んじている三浦はこの瞬間往年のピクシーのように国立の舞台に舞っていた。

 決勝の相手はグループリーグで完敗を喫した浦和。特に中盤から前に強力なタレントを揃える浦和は(後半スタミナが切れるのが玉に瑕だが)この年代のスーパーチーム。名古屋も一ヵ月前と比べれば新システムの完成度が高まってきてはいるものの、それでも浦和が難しい相手であることに変わりはない。だが名古屋が準々決勝(横浜FM戦)とこの準決勝で見せたような戦う気持ちをピッチ上で体現することが出来れば、良い試合に持ち込むことは出来るだろう。前回の対戦で浦和との間に感じた大きな差のひとつは球際での激しさだった。その差を詰められれば結果は当然変わってくる。ひとつ気になる点があるとすれば、浦和にとって“ホーム”である埼玉スタジアムでの試合はレフェリーへのプレッシャーも相当なものになるはずで、そうした時に球際の激しさは諸刃の剣になりはしないかということだけだ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-10-11 18:54 | Youth
<< サテライトリーグ vs川崎 @等々力 J1 2008 第28節 vs... >>