Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
サテライトリーグ vs川崎 @等々力
b0036243_17305445.jpg

 最終ラインに本職のCBがひとりもおらず4人のSBを並べて4バックを形成してみたり、中盤でサイドハーフが二人とも左サイドを持ち場とする左利きのプレーヤーだったりと、明らかにチームとしてのバランスを欠いている名古屋の試合内容や戦術について語っても意味がないが、名古屋はトップチームと比べればサイドが機能しない分、花井がDFラインの裏へのスルーパスで新川を走らせたり、大森がロングフィードで巻を狙ってみたりとFWの特徴を活かしたダイレクトプレーが目を引いた。どことなく、ゲームキャプテンを務めていた大森が心酔する古き良きそして忌まわしきフェルフォーセン時代のサッカーの影がチラつくが、ただそれらの攻撃は意外と実効性があったのも確かだった。先制点は新川が裏に抜け出して挙げたものだったし、巻へのロングボールも地味に効いていて、巻がピッチにいる間は川崎がDFラインを押し上げ切れず名古屋が中盤でボールを動かせるような時間も多かったが、後半巻が退いてからは川崎がDFラインを押し上げ中盤をコンパクトに保ったことで名古屋は中盤で攻撃を組み立てられなくなってしまった。

 目立った選手を挙げるとすれば先制点を挙げた新川。スピード溢れる飛び出しそしてドリブルは川崎DFに対して十分に脅威を与えており、昔と比べれば少し腰高になったイメージはあるが、ようやく「戻ってきた」感じがするパフォーマンスだった。ただ後半にGKと1対1になった場面でエリアに入ってからパスを選択したのはマイナスポイント。ドリブルでゴールへと突き進みながらチラチラと横(中)を見ていたのでなんだろうと思いながら見ていたが、どうやら後ろから追走してくる片山を確認していたようだ。あの状況であれば自分でシュートまで持ち込んで欲しかった。というより、もし俺が監督だったら即座に奥村駿との交代を命じていただろう。変なところで玉田の真似をする必要は全くない。

 ちなみに、傾斜がほとんどないバックスタンドとゴール裏の一階部分のみを解放という、「試合」を観たい観客には優しくない運営を行った川崎だが、サテライトの後にJユースカップの試合を組み込んだのは(クラブにはクラブでグラウンドや運営費の問題があったのだろうが)良い判断だった。なぜ25日の名古屋は同じような運営に出来ないのだろうか。11時から港(Jユースカップ)で14時からトヨスポ(サテライト)じゃあ電車移動だとサテライトのキックオフに間に合わない。せめてどちらかの時間をズラすとか、なんなら前日のトップチームを含めて対戦相手は全部磐田でもあることだし、24日の豊スタで対磐田三番勝負にしても良いくらいだ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-10-12 17:30 | Game Review
<< 高円宮杯 決勝 名古屋U-18... 高円宮杯 準決勝 名古屋U-1... >>