Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
天皇杯5回戦 vs大宮 @NACK5
b0036243_156133.jpg

 ちょっと前に「勝っても負けてもブーイングされる」とぼやいていた日本代表DFがいたが、こんな内容で勝って歓声を浴びる選手達はどんな気分なんだろうか。大宮の軽率なミスから始まった試合は、空席だらけのスタンドとあいまって、全体的に緊張感に欠けたままさながらトレーニングマッチのような雰囲気を醸し出していた。藤本のミドルシュートを背中に浴びたラフリッチが大袈裟なリアクションで倒れ込んだり、マギヌンが股抜きを狙ったボールが相手DFの両足の間にスッポリと挟まったりと笑いの小ネタにも事欠かない。

 キックオフ早々集中力を欠いていたとしか思えない大宮のDFとGKの連係ミスによってヨンセンが無人のゴールへ難なく押し込み幸先よく先制した名古屋。しかし本来であればここで畳み掛けなければならないはずが、大宮のペースに付き合ってペースを落とすと、時間とともにゲームの主導権を大宮に明け渡してしまった。先週の柏戦で追加点を奪えずにそれが致命傷となってしまった教訓が全く生かされていない。それともムラムラコンビを筆頭に先週の試合で後半途中にガス欠を起こした選手達はセーブしながら試合を進めていたのだろうか。

 玉田の代表招集に伴い名古屋は藤田がトップ下に入り4-2-3-1のようなフォーメーションを敷いていた。盟友・名波が前日に引退を表明したばかりのナンバー10を今の名古屋で生かすならこのポジションしかない。ただこれは決して消去法によって得られるネガティブな結論ではなく、単なるプレーメーカー以上の存在としてボックスの中に飛び込んで行くプレーを持ち味としている藤田の特徴を考えればトップ下はその持ち味を最も発揮出来るポジションだし、またこのチームにおいて突出したサッカーセンスを持つ藤田がトップ下に入ることによって、1トップのヨンセン、そして両SHの小川、マギヌンと攻撃面でどういう絡みを見せるのかといった期待はある意味では玉田以上に大きい。
 しかし結果から言えばこの試みは守備面から破綻をきたしていた。玉田よりも中盤の色が強い藤田がトップ下(玉田の場合はどちらかと言えばヨンセンとタテの関係の2トップと言った方がしっくりくる)に入ることで、名古屋の中盤はいつにも増して攻撃する人と守備する人という二層構造が顕著になり、各ラインの間に出来るギャップにやすやすと侵入を許していた名古屋は選手間での連携やマークの受け渡しも曖昧で、ひと言で言うなら「スカスカ」な状態だった。中盤の守備組織のマズさは今に始まった話ではないとは言え、そして大宮には小林大悟を筆頭に中盤にボールを動かすことに長けた選手が多いとは言え、これでは残りのリーグ戦が思いやられる。
 そして中盤でボールを持った内田に対してあろうことか誰もプレッシャーに行かないでいると、内田がこの隙を見逃さず右足一閃。無回転にも見えたミドルシュートはグングンとスピードを増しながら四中工の後輩にあたる名古屋GK西村の指先をかすめ名古屋ゴールに突き刺さった。ゴールマウスに転がるボールからピッチに目を移すと最終ラインの吉田がなかば放心状態で腰に手を当てて首を傾げている。なぜフリーであんなミドルシュートを打たれたのか理解できないのだろう。しかし中盤を見ると中村や吉村までもが「やられた」とばかりに呆然と立ち尽くしている。こりゃダメだ・・・なぜ最終ラインの選手達は行かせてしまった中盤の選手に抗議をしないのか、なぜマークの受け渡しについて彼等は話し合おうとしないのか。その後も中盤でフリーな選手からDFラインの裏へと供給されるボールに対して、最終ラインの選手たちは振り回され続けていた。大宮の攻撃はラフリッチがほぼ100%ファーサイドにポジションを取ってその裏から内田や藤本が飛び出す仕組みになっているので、大宮の狙い澄ましたパスに対して名古屋の最終ラインが右へ左へと振られるのは仕方のない話だ。

 そんなわけでヨンセンの逆転ゴールが決まったにも関わらず俺のストレスがピークに達しつつあった35分過ぎ、突如ピッチサイドでユニフォーム姿になった山口Kが交代のスタンバイし、ピクシーも同じ問題意識を抱えていたのかと少し溜飲が下がる。しかし誰に代わる予定だったのかは分からなかったが、結局山口Kはそのまま引っ込んでしまった。藤田がベンチに向かってゼスチャーを交えながら何か言っていたのでベンチはもしかしたら藤田と代えるつもりだったのかもしれない。そしてその後は中村と吉村の左右の位置を入れ替えたりといったお茶を濁すような配置転換が行われただけで特に中盤の建て直しがなされることはなく、俺のストレスは試合終了まで続くことになる。良かった点があるとすれば、マギヌンが90分間プレー出来たことと、後半に藤田に代えて山口Kが投入された後、トップ下の位置に移った中村が滅多に見せない(普段は忌み嫌っているとしか思えない)ボックス内への飛び出しを何回か見せたことぐらいだろうか。

 名古屋にとっては次のラウンドへと進む権利を取得しただけの試合。ただそれだけだった。一方の大宮にとってみれば、トレーニングマッチさながらの緊張感の無さから来る凡ミスはあったものの、リーグ戦上位の名古屋に対して好機の数で上回り優位に試合を進められたことは今後のJ1残留争いを戦い抜く上でそれなりに良い感触を得たのではないだろうか。それは何より試合後のサポーターの選手達に対する声援が物語っていた。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-11-15 15:06 | Game Review
<< J1 2008 第32節 vs... キリンチャレンジカップ2008... >>