Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
カテゴリ:Youth( 186 )
adidas CUP 2005 日本クラブユース選手権(U-18) ゲームレヴュー1
グループリーグ<グループF>1日目
対安芸FC @ピッチ1
8-0 (得点:酒井×3、中田健、福島、久保、市川、上村)
公式記録に基づき「速報」の得点者を訂正しました。

 名古屋のディフェンスは根津、三宅、吉田の3バックで、前線は酒井の1トップに新川と中田健が2シャドーのような形で後ろに付いている。すなわちこんな↓感じ。

       酒井
   中田     新川

市川  花井  青山  上村

  吉田  三宅  根津

       長谷川

 試合は、名古屋が前半慎重な試合の入り方をしたのと、安芸FCが1トップを残して引いて守るやり方をしてきた(前から取りに来ない)事で、名古屋のDFラインで左右に大きくボールが動くだけでなかなか上手く前にボールが出ない展開でスタート。
b0036243_058457.jpg

 しかし名古屋は花井、中田を中心とした左サイドでのパス回しを中心に徐々にリズムをつかみ始める。特に花井は、この試合最後まで中盤でのボールの収まりどころとして絶大な存在感を発揮し、ボールを持つ姿勢、視野の広さ、パスセンスといったものをいかんなく発揮していた。
 そんな左サイドとは対称的にこれまでやけに大人しい印象なのが右サイドだ・・・「そう言えば、新川ってボール触ったっけ?」と思った矢先、左サイドの低い位置から右に開いた新川に長いサイドチェンジが通った。ボールを受けた新川は目の前の相手と一瞬のコンタクトの後アッという間に入れ替わり、さらに鋭いフェイントでカバーに来たDFを置き去りにするという、「二人抜き」を見せると、落ち着いて中にセンタリングを送り込んだ。そしてこれを中央で酒井が合わせて先制。

 この先制点をキッカケに試合は完全な名古屋ペースとなり、ここから怒涛のゴールラッシュが始まる。
 今度は左サイド。花井からのスルーパスに抜け出した中田がGKとの1対1から冷静にゴールに沈め2-0。この試合中田もキュンキュンにキレている。中田はプリンス(中京大中京戦)で見た時は中盤(左サイド)をやってたけど、この新フォーメーションで一列上がった(FWに近くなった)ことで、ボールコントロールの技術を筆頭に彼本来の良さがより発揮できるようになったように思えた。テクニシャンの新川ともセンス溢れる花井とも違う独特なオーラを中田もまた放っている。
 そして次は新川と中田のコンビ。先制点以後右へ左へと縦横無尽なスペースへの進出を見せるようになった新川がラインの裏へ抜け出しボールキープ。このひとつ前のシーンでは左サイドに流れて、相手に囲まれた状態からドリブルで抜け出すプレーを見せたが、ここでは後ろから走り込んで来た中田にピタリとパスを戻す。スピードに乗った中田はこのボールをキレイにコントロールし、そして左足一閃!強烈なシュートは・・・惜しくもバーを叩いたが、ここで思いもよらぬアクシデントが起こる。ボールがバーを叩いた衝撃音の余韻が残るピッチにそのまま倒れ込む中田。そして出される「×」のサイン。左足首を負傷した中田はそのまま負傷退場となってしまった。大事に至らなければいいが・・・。(※ちなみに今日見たら左足首をテーピングで固定して松葉杖ついてました) それにしてもこのコンビもう少し見てみたかった。

 その後DFラインでボールを回しながら、ゆっくりと時間を掛けてメンバー交代を行い、中田に代わって福島が出場する。ちなみに、この選手交代に随分時間がかかったが、もしこの時間がなければもっと点数が入っていたかもしれない。

 そして中田と同じポジションに福島が入った後チームとして再びペースを上げると、花井のスルーパスに酒井(と思ったら公式記録は福島だった)が抜け出し右足でキーパーの脇を抜いて3-0。その後も左サイド福島のファーへのクロスに新川が合わせたりするシーンがあったが、追加点は奪えぬまま前半終了。
b0036243_057377.jpg

 で、後半。新川と前半やや動きの重かった青山が下がり、唐沢と森本が頭から投入される。この真夏という悪コンディションも考えての次節以降を見据えた戦い方(ローテーション)ということか。フォーメーション的には、新川の位置に花井が入り、DFラインから吉田が一列上がってボランチに移動した。

       酒井
   福島     花井

市川  唐沢  吉田  上村

  森本  三宅  根津

       長谷川

 後半になると戦術的にも大きな変化が見られ始める。青山、新川、中田といった中央寄りでボールを受けられる選手が次々といなくなったことによる必然的な結果なのか、それともコーチの指示なのかは分からないが、前半と比べると俄然サイドにボールが回り始めサイドアタックが冴えを見せ始めた。右サイドでは上村が何度も突破を試み敵陣右サイドでのセットプレーが激増、同時に相手が1トップということもあって3バックの一角の根津がどんどん押し上げて厚みのある攻撃を繰り出せている。左サイドでも市川が果敢なチャレンジから何度もクロスを供給する。当然後半も名古屋ペースだ。

 後半最初の得点はカウンター。中盤で奪ったボールを吉田がそのまま前線にスルーパス、これに反応した酒井が左サイドに流れつつも右足に持ち替えて逆サイドのサイドネットに豪快に決めて4-0。
b0036243_0484385.jpg
 
 そして満を持して?久保登場。(吉田out)
 
       久保
   酒井     福島

市川  唐沢  花井  上村

  森本  三宅  根津

       長谷川

 久保というターゲットが入ったプラスの影響もあってか、相変らず冴えまくるサイドアタック。上村のクロスをファーサイドで待ち構えた酒井が胸トラップからシュート・・・これは枠の外に外れたが、今度は市川が左サイドをエグって相手を振り切りクロス、これに真ん中で頭で合わせたのは久保だ。5-0。またまた右サイド、カウンターから前へのロングボールに走り込んだ上村がクロス、今度は酒井がヘディングを決めて6-0。

 こうなるとイケイケ。187cmの三宅を前に上げて酒井がストッパーに。

     久保  三宅

       福島

市川  唐沢  花井  上村

  酒井  森本  根津

       長谷川

 そして三宅の高い位置でのインターセプトからカウンター、三宅がズンズン持ち込んで右に流れると、真ん中の久保をオトリに飛ばして左サイドを上がってきた市川へ。市川は久保、三宅というツインタワーに合わせるのかと思いきや、切り返して右足で豪快なシュート。7-0。

 こうなると見たいのは三宅のゴールだったが、左からのクロスをヘデイングしたシュートを1本キーパーにブロックされてしまった。しかしその後には、右サイド深い位置で相手に囲まれながらも頑張ってボールをキープし上がってくる上村にラストパス、これを上村がしっかり決めてアシストを記録した。
b0036243_0395657.jpg

 終わってみれば8-0の完勝。
 それなりにメンバーもローテーションしながら試合に慣らし、第一戦としてはいいスタートが切れたんじゃないかと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-08-01 00:41 | Youth
adidas CUP 2005・その3
b0036243_14523498.jpg

グループリーグ第2節・速報
vs三菱養和SC
3‐1
得点:唐沢、酒井、上村
1点取ってから受けに回って終始苦しい試合でした。三菱養和はレベル高かったです。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-07-31 14:52 | Youth
adidas CUP 2005・その2
b0036243_16462157.jpg

グループリーグ第1節・速報
vs安芸FC
8‐0
得点:酒井、中田健、酒井、酒井、久保、酒井、市川、上村

相手シュートゼロ?の完勝でした。

※公式記録によると4点目は○…福島、×…酒井の間違いでした。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-07-30 16:46 | Youth
adidas CUP 2005・その1
b0036243_14515995.jpg

横浜(バルサ)でもさいたま(マンU)でも千駄ケ谷(バイエルン)でもない。
今最も俺の興味を惹く試合(チーム)はここ福島・Jヴィレッジに。
adidas CUP 2005―日本クラブユース選手権(U‐18)―

ユースについてそんな詳しいわけではないけど、クラブ史上でもかなり強い部類に入ると思われる名古屋ユースが全国でどこまでやれるのか、今日と明日の二日間だけですが、見て来たいと思います。

それにしても遠いな…。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-07-30 14:51 | Youth
プリンスリーグ東海 第4節 対中京大中京 3-1 (得点:青山、酒井、唐沢) @港サッカー場
 センターバックを探しに(笑)、プリンスリーグへ行ってきました。

 今回の試合は第4節だが、名古屋ユースは初戦こそ四中工相手に0-2と落とし不安な入り方をしたものの、その後は静岡学園、藤枝東相手にいずれも3-0と連勝し首位に立っているようだ。これは見ておかないと。
 名古屋のユースチームの試合は、関東遠征で駒澤大の2軍とやった試合を見て以来(二回目)だけど、名前がさっぱり分からなかった前回と比べ、今回はメンバー表をもらったのでとりあえず名前はバッチリ。(笑)
 で、先発はこんな↓感じ。

         酒井
     新川
福島            上村
     唐沢  青山

市川  森本  三宅  根津★

       佐々木

(★キャプテン)

 競技場に着きゲートをくぐるとまず気になったのは(メインスタンドから見て)左から右へ(たまにメインからバックへ)と吹いている強風。駒澤大との練習試合ほどではないにしろ、それはプレーに影響を与えるレベルだ。そしてもうひとつはピッチ状態。センターサークル付近と両ゴール前辺りの芝生がはげ上がり、茶色に変色してしまっている。前に中スポのコラムで神戸さんが指摘していたあれだ。試合序盤ボールコントロールに苦労する選手達を見ていると、ピッチレベルではスタンドからの見た目以上にデコボコで荒れているのかもしれない。
b0036243_20255326.jpg

 試合は序盤こそピッチ条件を考えてか慎重な入り方をしていたり、上で書いたように(特に中盤の)選手達がボールコントロールに苦労する場面が見られて、青山なんかはコンディションでも悪いんじゃないかと思ったくらいだったが、風上に立つ名古屋が「アクションフットボール」(プログラムのチームプロフィールに書いてあった)でゲームを支配していく。風上と言っても長いボールを蹴るのではなく、DFラインからでもビルドアップが徹底されている。特にチームとして見ると「サイド」を使う意識が高いようで、ボールを回す中でもサイドチェンジが数多く見られた。そんなサイドでは上村、福島の両SHがワイドにポジションを取り単独で勝負を挑むだけではなく、そこにボールが入ると根津、市川の両SBが積極的に絡んで崩しを試みる。(根津のほうがやや攻撃的か)
 そしてそんなチームにあって、中央で攻撃に絶妙なアクセントを加えるのが新川であり、時間とともに存在感を発揮してきた青山。駒澤大(2軍)との練習試合の時にも書いたが、新川はボールタッチが絶妙で当たりに来る(マークに来る)相手をスッと交わしていくのがとても上手い。ボールを持てば視野の広いパスも出せるし、単独でドリブル勝負することも出来る。ミスもいくつかあったけど、大学生相手にもそこそこプレー出来てたんだから、高校生相手に出来ないわけはないか。青山は長いレンジのパスも出せるし、狭いスペースでも意外と器用にプレー出来るプレーヤーで、中盤でボールを落ち着かせることが出来る。守備でも当たりの強さと身体を張ったプレーでチームに貢献していた。
 FWの酒井は久保ほどポストを意識している感じはしなかったが、スピードもありそうだし相手DFラインの裏を狙ってよりストライカーらしい動きをしていた。
 サイドからも中央からも崩せる名古屋ユース。これは素直になかなかいいチームだと思った。

 名古屋は前半完全にゲームを支配していたものの、ミスなどもあり得点を奪えないでいたが、青山のミドルシュートが風(追い風)の影響もあってかGKのファンブルを誘い先制点を奪うと、今度は右サイドでつないで、新川が受けたボールを一気に左サイド前方にフリーでいた福島にサイドチェンジ。福島が1対1で相手DFを振り切って上げたセンタリングに真ん中でキッチリ酒井が合わせるというキレイな形で追加点を奪う。
 一方の中京大中京は、去年のU-17アジアユースを(TVで)観た時に、迫力のあるドリブル突破で「いい選手(FW)だな」と思った記憶がある伊藤翔がいるチーム。風下の前半は名古屋に押されまくって、DFはハッキリとしたクリア、攻撃はひたすら伊藤翔をはじめとした前線の選手達の個の力を中心とした突破に頼る形。前半は名古屋も森本を中心としたDFがなんとか凌いでいたが、中京大中京が風上に回る後半は意外とこういう攻撃が実を結んだりしそうなので、名古屋にとっては前半以上に集中しないと危険かもしれない。
b0036243_22323221.jpg

 後半、名古屋は風下ということもあってか、前半と同じくサイドチェンジからサイドを使った攻撃に加え、どんどん押し上げてくる相手DFラインの裏を狙って新川や酒井が飛び出していくようなプレーも目立つようになる。そして守備でも前からのディフェンスを徹底して中京に風上の利を生かさせない。中京自体もタテへのボールをそのままライン割らせたりして無駄にしていたシーンが何度かあった。
 そして後半はメインスタンドの前(すなわち名古屋の左サイド)には俺的にもうひとつの注目ポイントがあった。前半途中から負傷した青山に代わり、左SHに入っていた(福島がボランチへ)中田健太郎だ。アンダーカテゴリーでは常に代表に名を連ねているこの選手を間近で見れるのはかなり楽しみ。ちなみにポジション的にはこんな↓感じ。

          酒井
      新川
中田健            上村
      唐沢  福島

市川   森本  三宅   根津★

        佐々木

(★キャプテン)

 そんな中田健を見ていて思ったのは、いわゆる止めて・蹴るというのが出来てる選手だということ。右利きだけど左サイドに入っていて、サイドチェンジで来た右からのボールを右足のアウトサイドでピタッと止めるところなんて往年のピクシーを想起させたし、トラップを浮かすことは全くない。この試合では決定的な仕事も出来ず、まだまだ守備は勉強中な感じだが、あとは身体がが出来てきて高校生の間合いをつかんでくれば、もっとその持っている良さ(能力)を出すことが出来るだろう。

 新川や酒井が何度か中京DFラインの裏に抜け出し、追加点こそ奪えないものの、いい形で試合を進めていた名古屋だったが、次の点は意外にも中京大中京だった。
 三宅がボックスの左側で(中京)11番の選手に振り切られ、そのまま左足でゴールを決められてしまった。スーパーゴールと言っても良いゴールだったが、気になったのは三宅だ。駒澤大(2軍)との練習試合では、フィジカルの強い大学生とのガチンコ対決でも健闘していた印象があったが、この試合ではスピードがある相手に向ってこられると多少脆さをのぞかせた。風が強く特にハイボールの予測が難しかった部分はあるのだろうが、タテへのフィードボールをはずませてしまってそのまま裏取られたり、相手FWのクサビを潰そうと出て行ってそのまま上手く入れ替わられたりと、かつての古賀を見ているような「迷い」が感じられた。三宅が凄ければ「トップのCBに怪我人続出なら三宅を使えばどうだ?」と冗談で書こうと思って見ていたが(笑)、今日のプレーではでは冗談でもちょっと厳しい。まあこれも経験として、三宅が将来のトップチーム支えるプレーヤーになってくれればいい。その点この試合は森本の方がかなり安定していた。
 2-1から点を奪われたら普通は焦るところだが、この日の名古屋は落ち着いていた。それどころか、ボランチの唐沢が突如より攻撃に絡み始める。そして何度目かにそれが実り、タテパスに対しDFラインの裏に走りこむと、ペナルティエリアの外辺りで飛び出してきたGKと交錯しながら右足でシュート。ボールは無人のゴールへと吸い込まれた。こういう苦しい場面でボランチの選手が攻撃に参加してきて得点を奪えるチームは強い。
 そしてそのまま試合終了。
b0036243_22403936.jpg

 「アクションフットボール」とともにプログラムのチームプロフィールに書いてあったもうひとつのキーワードが「強靭なメンタリティ」。そしてピッチ上で荒れたグラウンドやや強風という悪条件を克服し勝利をもぎ取った名古屋ユース。この辺にもそれが出ているのかな。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-05-08 20:18 | Youth
ユース関東遠征 対駒澤大学 @駒澤大学G
 昨日の嫌な敗戦から休む間もなく水曜日は目下絶好調の東京戦。というわけで、今日は味スタまで東京と磐田の試合を観に行こうかと思ってんだけど、ユースの関東遠征があるらしいので、東京の試合はMXで録画予約することにして二子玉の駒澤大学グランドへ。
 東京にいるとユースはおろかサテライト(セカンドチーム)の試合を見る機会も皆無と言っていいし、去年奇跡的に訪れた観戦のチャンス(高円宮杯)に行けなかった事が俺の中では未だに心残りだったので、今回は迷わずこっちを選択。

 とは言え、実際に見たことがある選手がいるわけでもない俺に識別出来るのは、青山(TVで見た)と三宅(見た目的に)くらい。あとは現場で名前とか呼ばれてれば分かるだろうぐらいな感じ。グラウンドに着くとすでに試合は始まっていて、第一印象はみんなデカイなってこと。体つき(背の高さ)だけなら大学生に全く引けを取らない。いやむしろ上回ってるかも。三宅なんてこの間まで中学生でしょ?グラウンドレベルで見てると、DFラインの中に立ってる時の存在感はヨーロッパのサッカー選手でも見てる感じだった。でも試合が始まると大学サッカー特有のフィジカルの強さみたいなものがハッキリと目に見える差となって現れるんだけど。それは当たりの強さとかだけでなく、キックの正確性や強さといった部分でも。

 俺の目から見る限り、前半は、
       13
 32          30
       10
   4       14
?   7     3   21
        1
 こんな感じのフォーメーション。10が青山で3が三宅。1トップのポスト役として、大学生のフィジカルの洗礼(しかも大抵2人掛かりとか)をモロに受けていた13番が、ボールが入るたびに「クボ!」と呼ばれてたので、これが久保君かと。噂以上にデカイな。でもさすがに大学生相手はキツそうで、ほとんどボールを落ち着けてキープするといったことが出来てなかった。まあこれも経験。
 ピッチは人工芝だったし、セットプレーの時にボールをプレースできないほどの突風が吹き荒れ、砂嵐が舞い上がるような悪コンディション、おまけに昨日関東大学リーグ(1部)の公式戦があった駒澤大学は2軍なのか3軍なのかその位置づけがハッキリしないということもあって、見てるこっち側としても「試合」として意識していたわけではなかったし、特に得点経過を気にしてたわけではなかったんだけど、名古屋はクサビを潰され、中盤ではキツいプレッシャーの前にボールを回せず、玉際の競り合いにもことごとく負け、前半はほとんど良い所もないまま0-4ぐらいで終了。凄い直接FKを1本決められた以外は、大抵悪い形で奪われたボールをそのまま持ち込まれて豪快なシュートを決められるパターンだった。正直ちょっとどうかな?っていう選手がいたのも事実だけど、それはユースなのであえて名前(番号)は出しません。
 そんなチームにあって、中盤で落ち着いたプレーを見せていたのが青山。中盤の真ん中でボールを落ち着けてパスを配給したり、時にはスピードこそないがストライドの長いドリブルで上がって行く様はパトリック・ビエラみたいだ。
 そしてもうひとり、右サイドで大学生の当たりの強いディフェンスを軽くいなして、チームで唯一チャンスにつながるような可能性を感じさせるプレーをしていたのが30番の子。なんかジョー・コールみたいなのがいるなぁと思って見てたら、まわりから「オリベ、オリベ」と呼ばれてたので、これが噂の新川君かと。そう言えば、この間スカパーでやってたサニックスカップで見たシルエットだ。
b0036243_4181541.jpg

 後半、メンバーを多少入れ替えて、こんな感じ↓に。
       13
 11    30    15

    4     14
7    3   10   21
       16
 ただでさえフィジカルでの差が顕著なのに、後半完全な風下ってのはさすがにキツイんじゃないか・・・と思っていると、ハーフタイムの長いミーティングの成果か、それとも駒澤がメンバーを入れ替えたのか分からないが、これが意外にも前半よりチャンスを作れようになった。
 風上に立ってイケイケの駒澤がDFラインをかなり高く上げてきたこともあり、名古屋は前半の久保をポストにしたプレーとは打って変わり、DFラインの裏を狙うような攻撃で何度か駒澤ゴールを脅かす。フォーメーション的にも、久保と新川が近くでプレーするようになったことで、この二人のコンビが生きてきたし、新川が真ん中に移動したことによって、そこでポイントができるようにもなった。さらに前半はなかなか勝てなかった玉際での勝負にも徐々に勝ち始め、11番と15番の子によるサイドアタックも決まり出す。特に左サイドの11番の子は頑張ってた。
 しかし何度か形になりかけたシーンも駒澤DFの最後の壁を越えることは出来ず、唯一15番の子がキーパーと1対1になったシーンでもシュートをゴール右に外してしまった。後半はPK二つによる0-2だったと思う。ひとつは青山がスピードで置いて行かれたもので、もうひとつは終了間際に押し込まれた中から。青山はやっぱり中盤の方がいいんじゃないかと思いつつも、後半は前半と比べればチャンスも作れたし、チーム全体でも遥かにいい勝負が出来ていたと思う。あと後半から登場したGKの長谷川も果敢な飛び出しで相手の攻撃をストップするなど、いいパフォーマンスを見せていた。
b0036243_417579.jpg

 試合終了後、駒澤大学のベンチの方に挨拶に行き、サッカー部全員?から拍手を送られるなど、友好的な雰囲気だったのは体育会ならではさわやかさ。

 試合自体は(少なくとも俺の予想以上に)完敗だったし、この試合が来週から開幕するとプリンスリーグにどういう影響を与えるのかも分からない。しかし、これからチームを作っていく上で、そして選手を育てていく上で、こういう試合の経験は必ず意味を持ってくると思う。特に名古屋の場合、身体もデカイ選手が多いし、同年代の選手とばかりやっていたら、どうしてもフィジカルでどうにかなってしまうことが少なくないはずだ。その意味でもワンランク上の相手との試合経験は貴重。少なくとも上のカテゴリー(プロ)を目指すのであれば。
 これから一年、この可能性を秘めたチームがどう成長していくか楽しみにしていきたい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-04-11 04:19 | Youth