Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
カテゴリ:Youth( 186 )
高円宮杯(U-18) 横浜FMユース×名古屋U18 @群馬県立サッカー・ラグビー場
 二年ぶりとなる高円宮杯で、ここまでグループリーグ1勝1敗と後がない名古屋。そんな状況で迎える相手が昨年のこの大会のチャンピオンで、ここまでグループリーグ2連勝を飾っている横浜FMユースというのは巡り合わせとして良いのか悪いのか微妙なところだ。単純に考えれば名古屋にとって横浜はこの上ない強敵だが、グループリーグ突破を既に決めている横浜にとって二日後のラウンド16を意識するなというのは土台無理な話であり、そこにこそ名古屋の突け入るスキがあるかもしれない。グループ2位でも決勝トーナメントに進めない確率の方が高いクラ選と違って、グループ3位でも決勝トーナメントに進める高円宮杯のレギュレーションを考えれば、名古屋にもまだ可能性はあるし、この試合でそれを引き寄せられるかどうかは彼等自身の手(足)に懸っている。

 ただそんな名古屋にとって一番の懸念材料はこのチームで背番号10を背負う小幡が大学受験によりこの試合を欠場するということ。欠場するのが負傷中のエースストライカー高原だけなら、まあ相手の横浜も小野がいないわけだし…と無理矢理納得するところだが、それに加えて小幡まで欠くとあってはチームにとっての一大事。横浜で言ったら、小野に加えて松本と後藤を欠くぐらいのインパクトがこの小幡欠場にはあるかもしれない。

 名古屋の先発は下に書いたような感じの並び。小幡のポジションに入るのはここまで二試合とも加藤翼と途中交代で入っていた加藤凱。前節退場を喰らった都竹の代わりには渡辺がそのポジションに入っている。そして小幡欠場を考慮してか、それともどうしても勝たなければいけない状況を意識してか、2トップを前節までの藤田&川村から大西&足立という二人にまるごと入れ替えていた。ともに185cmを越える大型の二人が最前線に並ぶことによって間違いなく攻撃の迫力は増すだろう。
 それにしても足立の大きさはどうだ。彼の公式戦でのプレーを観るのは(昨年の豊田国際ユースと新潟国体を除けば)初めてだが、昨年よりさらにひと回り大きくなったような印象の彼の隣では、大西が普通の(サイズの)プレーヤーに見えてしまう。

     足立  大西

加藤凱  水野  近藤  加藤翼

 渡辺  川本  奥山  金編

       伊藤

 立ち上がりから名古屋はアグレッシブで気持ちも出ている。前からプレッシャーを掛け、ボールを奪ったらタテに速い攻撃を繰り出す名古屋は、ディフェンスでもよく声が出ていたり、危ない場面は一切無理せずタッチに逃げるなど、勝利という一点に向けて自分達がするべきことが明確になっているようだ。

 しかしそんな名古屋に対しても横浜は落ち着いた対応を見せていた。ボランチの位置にいる熊谷アンドリューを中心にピッチを広く使ってしっかりとボールを動かし、簡単には名古屋に的を絞らせない。特に熊谷アンドリューは足元に一度ボールが収まると名古屋は複数でチャレンジに行ってもそこから奪うのが難しい状況だった。そうして左右に名古屋DFを拡げておいて、DFラインをナナメに走り抜けるFWの動きに合わせるように狙い澄ましたタテパスがズバッと出てくるのだから名古屋としては全く安心出来ない。

 ここまでを見ても両チームの間には少なからず力の差があるように感じられたが、名古屋はボールを持つと素早くサイドの裏のスペースにボールを流し込んでそこに基点を作るようなリスクの少ない戦い方をベースにすることでその差を出来る限り顕在化させないようにしていたし、時々近藤が中心となって中盤で上手くボールを奪えた時にはショートカウンターからチャンスを作り出したりもしていた。
 そしてその近藤が主役となるショートカウンターはが最大の決定機を迎えたのが35分過ぎ。近藤が相手ペナルティエリア手前でパスカットしてそのままDFラインを抜け出すとGKと1対1の場面を作り出す。近藤が放ったシュートは惜しくもGKのセーブに遭い、そのこぼれ球を狙った加藤凱のシュートもポストに嫌われはしたが、名古屋にとってこれはゴールへのイメージ(道筋)が一つ明確になったシーンだった。

 今年のチームでキャプテンを務めている近藤はその自覚からか今年に入ってかなり伸びた印象がある。一年生の頃からちょろちょろと試合に出場し(浦和に大敗したあの高円宮杯決勝にも途中出場していた)、昨年もプレシーズン(スーパーリーグの頃)は目を見張るようなプレーを見せていたが、上級生に対する遠慮があったのか、その後の公式戦ではチームの調子とも比例してあまり目立った活躍は出来なかった。
 しかし最高学年を迎えキャプテンマークを捲いた今シーズンは吹っ切れたかのようにディフェンス・オフェンスを問わず高いパフォーマンスを発揮している。福岡戦の後のエルゴラで「ピッチの狩人」と持ち上げられたのも当然のボール奪取ぶりに加えて、彼の持ち味である前線への飛び出しによって小幡とのコンビでチャンスを作り出すプレーは、エースストライカーの高原を欠くチームにあってはまさに生命線とも言えるものだ。

 ただそんな近藤が演出した決定機によって前半終了に向けて収束していくはずの試合のペースが上がってしまったことは名古屋にとっては誤算だったかもしれない。これで目が覚めた横浜がその直後から攻勢をかけコーナーキックを獲得すると、名古屋はせっかくクリアしてもDFラインを上げ切れず、またセカンドボールも拾えないので横浜の波状攻撃からコーナーキックを続けて受ける展開になってしまった。そして何度目かのコーナーキックの後で再びそのこぼれ球を拾われると(名古屋にとっての)右からのクロスを受けた横浜の9番高橋にワントラップで前へと持ち出される。この動きで名古屋DFを置き去りにした高橋は落ち着いて名古屋ゴールへとシュートを蹴り込んだのだった。名古屋からしてみれば、リードできないまでもせめて0-0で折り返したかったはずで、この時間帯に失った点はまりにも痛い。

 ハーフタイムを挟んで迎えた後半名古屋はメンバーチェンジなし。そして名古屋は前半終了間際の失点で気落ちするどころか、後半もかなりアグレッシブな入り方をしていた。加藤翼の突破から得たコーナーキックからファーで合わせた渡辺のヘディングシュートがバー(の内側)を叩いていきなりペースを掴んだ名古屋は、後半開始から5分も経たないうちに、右サイドで相手のボールを奪った近藤がクサビに当てるふりをしてライン際をそのまま持ち上がると、横浜のDFとGKの間のいやらしいところにクロスを落とす。そしてこれに詰めた足立との接触を避けたかったのか飛び出してきた横浜GK鈴木のクリアが中途半端になったところで、これを拾った加藤凱が左足で叩いてゴールへと流し込んだ。

 殊勲の同点ゴールを挙げた加藤凱はこれまであまり出場機会が多くなかったが、俺が観たクラ選・準決勝、そして高円宮杯・グループリーグ二試合ではいずれも加藤翼に代わって途中出場を果たしている。そして正直なところ、スピードのあるドリブルで相手DFをブッちぎる加藤翼の華やかなパフォーマンスと比べると、加藤凱は途中交代で試合の流れに入り切れずその特徴を発揮出来ていないという意味でかなり控え目な印象があったが、頭から出場のチャンスをもらったこの試合では(加藤翼のようなスピードはなくても)そのトリッキーなステップで対面のDFを幻惑してチャンスメークしたりとその持ち味を発揮できていた。ただこの予兆は実は前節・三菱養和戦の最中からあり、相手のマークを引き付けた小幡のパスを受け左足でグラウンダーの惜しいシュート(枠の右)を放ったり、試合終了間際にはボックスの中でゴールライン際を左サイドから侵入して相手を交わしゴールマウスへと近づいたりとあと一歩で決定的な仕事が出来そうな雰囲気はあった。そして今日の試合では遂に値千金のゴールを決めるなどそのパフォーマンスは試合を重ねる中で確実に上昇して来ている。

 この得点に味をしめたわけではないだろうが、それ以降の名古屋はマイボールになって前を向いてボールが持てていたらとにかく横浜DFラインの裏にフィードを落とすような戦い方を徹底する。もちろん横浜のフォアチェックに前方を塞がれていればパスをつないで角度を変え前線にボールを入れる機会を探るのだが、後半になると横浜も体力が落ちたのかそれとも二日後に備えて体力を温存しようとしていたのかプレッシャーが甘くなり前線と二列目の連動性も薄れて来ていたので、名古屋は比較的容易にフィードを放り込むことが出来ていた。そしてこの形から名古屋は何度か横浜DFの裏に抜けることに成功する。こうした戦い方は抜ければ即決定機だ。スタンド悲鳴とも歓声ともつかない声を上げさえたのはひょっとしたら後半は名古屋の方が多かったかもしれない。

 そんな名古屋の攻撃とは対照的に、横浜はしっかりと中盤で組み立て、アタッキングゾーンでは運動量を生かした流動的なポジショニングから厚みのある攻撃を見せる。後半の決定機は、フィードに反応した松本が鋭いダッシュで名古屋DFラインを抜け出してGKと1対1になった時(伊藤がビッグセーブ)ぐらいだったが、横浜はボールを外側に押し出そうとする名古屋のディフェンスをむしろ逆手に取るように何度も真ん中からDFの裏へと抜け出しチャンスを作っていた。
 名古屋は守備に入ると4+4のブロックがそれぞれ均等にスペース(ピッチの横幅)を分担するのではなく、中盤の両サイド(この試合で言うとW加藤)がかなり内側に絞って来るのが特徴だ。中央からの縦パスを通されないように選手間の距離を縮め、そこに入って来てボールを受けようとする選手には両サイドから挟み込むような形でボール奪取を仕掛ける。しかし中盤の両サイドが内側に絞ることで必然的にスペースが空くサイドのケアにSB(金編や渡辺)が引っ張り出されてしまうと、今度は皮肉にも真ん中でSBとCBの間にギャップが生まれ、そこに走り込まれて縦パスを合わせれるシーンも多かった。

 その後名古屋は、川村、奥村、藤田と前線のプレーヤーを次々と投入して勝負を掛けたが結局得点は奪えないまま1-1で試合を終了した。結果的に決勝トーナメント進出を決めた名古屋にとってこの勝ち点1はとても価値のあるものだが、試合として見れば(そして横浜との比較で見れば)学ぶべきところも多かった試合だろう。
 横浜は止める・蹴るの正確な技術をベースに個々のプレーヤーがまるでローテーションのようにポジションを変えて流動性と厚みのある仕掛けてくる。対する名古屋はと言えば、トラップミスやキックミスによってボールを失ったり次の動作にすぐに移れなかったり、また基本的には前(タテ)に速いので中盤でボールを持っても周りの選手(例えばSB)がこのパスをもらえるような位置まではなかなか顔を出せないでいた。
 ただこのチームは、そんな選手個々やチームとしてのクオリティの差に対して、それを乗り越えられるだけの精神的な強さが身に付いている。ラウンド16の会場となる藤枝では、グループリーグ期間から(そして試合当日も)移動の必要がない静岡学園と対戦するとのことで、ずっとホームで戦っている静学にとってそのアドバンテージはメンタル面以上に体力面で計り知れないが、そこでも名古屋のこの精神的な強さは生きるかもしれない。
b0036243_0355132.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-09-19 01:10 | Youth
高円宮杯(U-18) 三菱養和ユース×名古屋U18 @西が丘サッカー場
 一週間前に炎天下の中福岡U18を2-1と下して勝ち点3を獲得した名古屋U18は、今週も同じ西が丘サッカー場で三菱養和ユースと対戦する。なお気温は先週よりは若干下がったもののそれでも30度を越えており、第一試合ではやはり福岡のGKが足を攣っていた。
 対戦相手の三菱養和は初戦の横浜FMユース戦で1-5とまさかの大敗を喫していることもあり、名古屋としてはこの試合で勝利して最終節の横浜との試合を前にグループリーグ突破を決めてしまいたいところ。ただ昨年のこの大会でベスト4に入っている三菱養和もグラウンドのある巣鴨から都営三田線で5駅というほとんどホームみたいな西が丘でむざむざとグループリーグ敗退を決めるわけにはいかないだろうし、初戦はベンチスタートだった怪我明けの田中輝希をスタメンから起用してきたこの試合は必勝を期して臨んで来るはずで、名古屋にとって決して楽な試合にはならないことも十分予想できる。

 そして名古屋ファンにとってこの試合が特別なのは、来シーズンから名古屋加入が決まっている田中輝希が相手チームである三菱養和でキャプテンマークを巻き10番を背負ってプレーしていること。怪我明けでまだ万全の状態とは言えないかもしれないが、田中輝希が名古屋の下部組織を相手にどんなプレーを見せるのかは、名古屋ユースと同じぐらい楽しみな要素でもある。

 名古屋のスタメンはGKを除けばベンチ入りメンバーまで含めて先週の福岡戦と同じ。福岡戦で足を攣って交代した古川は単なる痙攣にしてはその試合が終了した後もまだ歩くのが困難な感じだったし、負傷が意外と深刻なんだろうか。それともこの時期にありがちな「高校生ならでは」の事情だろうか。

    川村  藤田

小幡  近藤  水野  加藤翼

都竹  川本  奥山  金編

      伊藤

 試合はキックオフから三菱養和のペース。過去の対戦(2005年のクラ選同年9月の高円宮杯期間に行われたBチームのトレーニングマッチ)の時と同じくプレッシャーがキツイ上に球際が激しい三菱養和に対して名古屋は縦にボールを蹴るのが精一杯。全くリズムを生み出すことが出来ない。そんな流れの中、試合開始から10分ほどで早くも先制点を奪ったのもやはり三菱養和で、左サイドから上げられたクロスを8番の選手が合わせたシュートは一度はバーに当たったものの、その跳ね返りを再度8番の選手に頭でプッシュされてしまった。

 その後も三菱養和のペースは続く。三菱養和は先発メンバーのうち1人だけFW登録だった田中輝希が4-4-2の左SHに収まって、個人的にはプリンス関東の序盤によく見られたらしい田中の1トップ起用の方が(観てみたかった半面)名古屋ユースにとって嫌だなと思っていたのでちょっと安心していたのだが、これが全くの読み違いで、強さの9番とスピードの8番というキャラクターのハッキリした三菱養和の2トップが予想以上に強力で名古屋のDFはギリギリの対応を迫られていた。
 対する名古屋の攻撃はと言えば、中盤もそうだが前線でもなかなか仕事をさせてもらえない。三菱養和のDFはクサビを受けようとするFWの背後からガツンと当たってみたり、ハイボールの競り合いで(レフェリーには見えないように)後からユニフォームの襟首を掴んで引き倒してみたりと少々ラフな傾向もあるものの、彼等は名古屋に何もさせない気概に満ちていた。

 時間の針が30分を過ぎた頃になると、小幡と川村がポジションを入れ替えたり等色々と試行錯誤を繰り返していた名古屋もようやく三菱養和のペースに慣れて来たのか相手陣内に入ってのショートパスが回り始めた。しかし好事魔多しとはまさにこのことで、パスを回しながらも相手の最終ラインを突破出来ないでいると、ボールを失い三菱養和のカウンターを浴びてしまう。左サイドから一気に自陣へとボールを持ち込まれた名古屋は、中へとカットインしてシュートを狙う相手の突破は素早く帰陣した川本と奥山のCBコンビがなんとか喰い止めたものの、そのこぼれ球(公式記録によれば切れ込んで来た7番の選手のパス)を田中輝希に決められ痛恨の追加点を喫してしまった。
 ボックスの外でボールを拾った田中輝希がゴール右隅に狙いを定めて右足で擦るようにカーブを掛けたシュートは、右側のポストに当たりサイドネットへと吸い込まれる溜息の出るようなゴール。この後、後半にはPKも決めてこの試合二得点を記録することになる田中輝希はそれでもまだ本調子とは程遠いが、このゴールはその価値の一端を垣間見せるような一撃だった。

 その後、前半ロスタイムには縦パスに相手DFが処理をミスして抜け出した藤田がGKと1対1になる決定機を迎えた名古屋だったが、藤田がGKの股の下を狙って放ったシュートがGKの足に当たってしまい得点には至らず0-2で前半を終了。縦1本で裏を狙っている試合では必ずと言っていいほど一試合に一度は現れるこうしたGKとの1対1で、その千載一遇のチャンスを決め切れなかったことは痛恨の極みであり、チームとしてそして個人としてそれを決められる力があったかなかったがこの試合の「勝敗」を分けたポイントだ。ただ試合全体を通して言うなら、三菱養和の圧力に対してなんとか前半を凌いで後半の体力が落ちる時間帯に勝負を仕掛けるしかない情勢だったので、そこで我慢し切れずに前半で二失点を喫してしまったことの方がやはり痛かった。

 「Never Give Up」が信条のチームにとって仕切り直しとなった後半は、しかし開始早々に名古屋がアクシデントに見舞われてしまう。左サイドで突破を試みた(抜け出した)相手を対応に当たっていた都竹が手で止めてしまいこの日二枚目のイエローカードで退場処分。二枚目のカードなんだからレフェリーも少しぐらいは大目に見てくれても…と思うのだが、あからさまに手で止めに行ってしまったのはどうにも印象が悪い。このシーン一つを取っても分かるように、名古屋は高さ、強さ、スピードといったフィジカル面で三菱養和に完全に後れを取っていた。

 都竹を失った名古屋は川村をベンチに下げ渡辺を左SBに入れて4-4-1のような形で陣形に変更。都竹とタイプこそ違うがサイズがあって左足で鋭く正確なフィードを蹴ることが出来る渡辺もレベル的には全く遜色ないプレーヤーだが、0-2という状況で一人少ないハンディはどうにも厳しい。
 しかしこれで絶対的な優位に立った三菱養和が開店休業状態になっていくのに対し、一人少なくなったことで逆にやることがハッキリして個々のプレーヤーの集中力も高まっていった名古屋はむしろプレーに活気がみなぎってきた。まずはしっかりと守備を固めてショートカウンターを狙う名古屋は、球際でも前半とは比べ物にならないぐらい闘えているし、ボールを奪ってからの小幡と近藤を中心とした名古屋らしいスピーディーな攻めは見応えもある。そしてこの機を逃すまいとベンチも前半から動きまわって動きの落ちた藤田に代えて大西を投入。勝負に出た。

 ただ名古屋にとって誤算があったとすれば、左サイド~中にかけては小幡が相変わらずのズバ抜けたパフォーマンスでマッチアップする相手にカードをプレゼントしていく一方で、そんな小幡とともにいつもは名古屋の攻撃の核弾頭となっている右サイドの加藤翼の突破がこの試合では相手の左SB(12番)に抑え込まれ成りを潜めてしまったこと。一瞬でトップギアに入る加藤翼のスピードと小柄ながら“パワフル”と表現するのが相応しい爆発力のあるドリブルは、三菱養和のU-17日本代表・田鍋(この試合は欠場)と比べても遜色ないレベルだと俺は思っているが、そんな加藤を完璧に止めてしまうSBがいるのだからこれは驚きだ。ひょっとすると12番の彼は普段のトレーニングから田鍋とのマッチアップでこうしたスピード系ドリブラーとの駆け引きを鍛えられているのかもしれない。

 そして名古屋が良いテンポでショートカウンターを繰り出すリズムの中、それでもなかなか奪えない得点に選手達の動きが少し落ち始めた後半30分過ぎ、相手のなんでもないロングボールを渡辺が(効き足でない右足)でクリアしようとして中に蹴り込んでしまう。これを拾った三菱養和の中盤の選手が名古屋DFの裏に抜け出した8番にパスを送ると、8番の選手のスピードに慌てたのか金編が後ろからこの8番の選手を押し倒してしまいPKを献上。致命的とも言える3点目を三菱養和に与えてしまった。

 その後も名古屋は金編から大西に当て大西の落としを拾った小幡(後半途中から右サイドに移動)がドリブルで切り込んで相手DFを引き付けて加藤凱(加藤翼に代わって後半途中から出場)にパス、加藤凱が左足で放ったシュートが僅かにゴール右に外れるといったような決定的なシーンを作るものの得点には至らず、試合は結局0-3で終了。名古屋は順位をグループ3位に落とした。

 これでグループリーグ最終節の横浜FMユース戦は名古屋にとって勝つしかなくなった(グループ3位でも可能性があるので引き分けでも可能性があるかもしれないが確実に突破するなら勝ち点3を取るしかない)。希望的観測を言えば、既にグループリーグ突破を決めている横浜FMが決勝トーナメントのRound16を見据えて主力メンバーや体力を温存してくれるかもしれないということだが、見るからに熱い松橋監督に鍛えられているであろう横浜がそうした戦い方をしてくるとも思えない。試合では大技あり小技ありの万能ぶりで、そしてとにかくよく走る横浜FMが難敵であることに疑いの余地はないが、U-15の高田監督やU-12の坂本コーチ等も動員して第一試合をスカウティングしていた名古屋は突破口を見付けられるだろうか。
b0036243_0345231.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-09-12 23:59 | Youth
高円宮杯(U-18) 福岡U18×名古屋U18 @西が丘サッカー場
 二年ぶりに名古屋U18が高円宮杯に帰って来た。今年のチームは、終盤戦でメンバーをシャッフして戦ったプリンスリーグでは首位の清水と得失点差僅かに1の2位、2トップが負傷欠場そしてU-17日本代表でもあった三鬼が退団という緊急事態に見舞われた夏のクラ選でもクラブ史上初のベスト4進出と、逆境に打ちかってしっかり成績を残して来ている。
 プリンスやクラ選の準決勝を観る限り、このチームは最高学年になって(MVPを獲得した昨年末のGO FOR 2014 CUPあたりから)そのポテンシャルを発揮できるようになった小幡を攻撃の軸として、ディフェンス面でも個々のプレーヤーの球際の強さだけでなく互いの意思疎通やラインの統率なども含めて随分と安定感が出て来ている印象。全治6ヶ月というエース高原はこの大会でも引き続き欠場(登録メンバーからも外れた)になってしまったが、クラ選でベスト4に入っているだけに、この高円宮杯でもかつては常連だった国立そして埼玉に戻ることは決して手が届かない目標ではない。

 この大会の名古屋は、前回王者の横浜FMユース、来シーズンからの名古屋入団が内定している田中輝希擁する三菱養和、そしてプリンス九州王者の福岡と同じグループに入った。高円宮杯に限って言えば横浜とは、四年前のグループリーグ二年前のグループリーグ同じく二年前の準々決勝で対戦しいずれも勝利を収めている。福岡とは五年前のグループリーグ三年前のベスト16で対戦しこちらも全勝。青山隼のいたチームが福岡を下したのがつい最近のことのようだが、今こうして振り返ると名古屋そして両チームからは多くのプロ選手が排出されていて隔世の感すら感じる。

 そんな名古屋がグループリーグ初戦の相手として迎えるのは福岡U18。上で書いた過去の対戦でも4-4-2でソリッドなチーム作りをしてくる印象があるが、今年のチームもその例外に漏れないようなチームだった。そして名古屋ファン的に言えば、プログラムで最も目を引いたのは「コーチ 宮原裕司」の表記。かつて高校サッカー選手権を沸かせ(膝をテーピングでぐるぐる巻きにし満身創痍で出場し続けていた宮原が決勝で決めたGKの頭越しループはもはや伝説)、鳴り物入りで名古屋入団が決まった後、プロ入り前にも関わらず名古屋の10番のユニフォームを着用してサッカーマガジンの表紙を飾り、当時10番を背負っていたピクシーを激怒させたという逸話を持つこのファンタジスタが、今度はコーチという立場からこのソリッドなチームにスパイスを加えられるだろうか。とは言え、グループリーグ突破のためにも名古屋としては負けられない相手だし、勝ち点3を確実に取りたい相手でもある。

 名古屋のスタメンはこんな感じ↓。クラ選の時のメンバーがベースとなっているが、登録メンバーから外れた高原の代わりに川村が「9」を背負う。

     川村    藤田

小幡   水野    近藤   加藤翼

都竹   川本    奥山   金編

        古川

 この試合について語る上で、まず前提として欠かせないのはこの日の西が丘の殺人的な暑さ。「猛暑」とひと言で片付けるのは簡単だが、これはほとんど「我慢大会」のノリ。40度近い気温だけでなく直射日光を真上から浴びるこの条件下で昼下がりに行えるスポーツは小学校のプールの授業ぐらいだろう。

 試合はキックオフ直後は初戦の緊張感からかどちらもセーフティーにロングボールを蹴り合う展開だった。名古屋も相手に合わせていたが、どちらかと言えばそうした戦い方が堂に入っている感じがするのは福岡の方で、福岡が先に落ち着いたように見えたのは自然の流れだったかもしれない。
 だが時間の経過とともに名古屋も少しづつ落ち着きを取り戻し始める。攻撃で基点となったのはやはり小幡だ。小幡が左SHの位置からやや中に入ってボールを触ることでようやく名古屋は攻撃が形になり始め、小幡のスルーパスに抜け出した藤田が外に流れながらキープしてその戻しから左SBの都竹が左足で惜しいシュートを放ったり、小幡のボールキープから右サイドへと展開してそれを受けた加藤翼がスピード溢れるドリブルでゴールライン際をエグってゴール前まで迫ったりとようやくその攻撃に得点の予感が漂ってきた。

 またこんなコンディションでこそ求められる守→攻の切り替えについて言えば、名古屋はボランチの二人が前を向いた状態でディフェンスに入るとプレスの効きが良く、組織的なボール奪取から逆サイドへと展開するスピーディーなサッカーを実践していた。これはベンゲル時代の名古屋を彷彿とさせるリアクションフットボールそのもので、いかにもベンゲル時代にその薫陶を受けレギュラーとして活躍した小川誠一(監督)、そして控えGKとして初の天皇杯制覇に貢献した石川研(GKコーチ)の作ったチームという感じがする。

 ただそんな名古屋に足りなかったのは、アタッキングサードでのアイデアや意思の疎通といったところだろう。「裏」を強く意識した組み立てやパス出しそして前線の選手の動き出し(まずはタテ1本で裏を狙い、難しそうならボールをポゼッションし相手DFを横に拡げておいた上でバイタルエリアから往年の宮原ばりのスルーパスで裏を狙う)の中でチーム全員がより強く共通のイメージを描けていた印象の福岡に対して、名古屋はアタッキングサードにおいては選手個々の自由な発想にかなり任されている感じがあり、FWがパスと逆の動きをしてしまったり、クサビに対して前線の二人が落ちて来てしまったり、動き出し自体もパスの受け手というよりは出し手主体のものになるのでどうしても相手DFに読まれたり、パス出しとともに「よーいドン」でスタートしても先回りされてしまうシーンが目立つ。また肝心のイマジネーションについても、それをピッチ上で如何なく発揮できているのは小幡ぐらいで、名古屋の攻撃はその分小幡頼りな印象が強まっていた。

 一方で守備に目を向ければ、名古屋はボランチの二人が後ろを向いてディフェンスしなければならない場面(福岡がシンプルにトップに当てたそのセカンドボール)では後手に回ることが多く、そうした状況で相手に寄せ切れない場面も目立っていた。また攻撃の時には小幡が中に入ることで左SBの都竹がその外側から(途中このチームが3バックかと見間違うほど)高いポジションを取って積極的なオーバーラップを仕掛けるわけだが、逆に守備面ではこれによって川本との間にギャップが出来やすくなり、そのサイドから福岡に裏を取られるようなシーンが頻発していた。給水タイム後のファーストプレーで奪われた失点シーンもまさにこのサイドから裏に抜け出されてのもので、ちょっと左サイドに流れ気味に裏へと抜け出した相手のアタッカーを川本が捉まえ切れず、その折り返しから中央を経由して大外でフリーだった選手に渡って決められてしまった。
 そんなシーンがこの場面だけでなく何度か見られた名古屋は、もし福岡のゴール前での甘さとGK古川のビッグセーブ連発がなければ、前半だけであと3点ぐらい決められていてもおかしくはなかった。

 前半終了間際には名古屋にも決定機。近藤のインターセプトからスルーパスを受けた小幡が左寄りのポジションから放った鋭いシュートを福岡GKが弾いたところで、その跳ね返りを待ち構えていた藤田が右足ボレーで合わせたがシュートは惜しくもポストを叩いた。だが得点に向けた具体的なイメージをチームが持てたことは後半に向けて間違いなくプラスになったのではないだろうか。

 後半名古屋は(福岡も)メンバー変更なし。課題があるとしたらフィニッシュの部分なので、ひょっとしたら後半頭から大西を入れてくるかなとも思っていたが、この気候条件などを考えれば小川監督は勝負どころはもう少し先にあると判断したのかもしれない。
 そして依然として炎天下の中で戦う後半の開始から5分ほど経過したところで名古屋はラッキーな形で同点ゴールを手に入れる。福岡DFラインの裏に出たボールに対して、福岡DFとGKの連携の問題かそれともGKが単に目測を誤ったのかGKがこれを空振り。これを拾った川村が無人のゴールへと流し込んだのだった。
 名古屋からしてみたらまだベンチに攻撃的なカード(大西、足立)も残しているし、なによりこのコンディション下で追いかける展開という厳しい条件を労を割くことなく覆せたのだから精神的な効果は計り知れない。実際ピッチ上の選手達からはそれまであまり出ていなかった声が現金なほどに出始めた。

 この後試合は思わぬ方向に向かう。まず後半開始から僅か10分で福岡GKが足を攣って倒れる。時間帯といいGKというポジションといいあまり見たことのない光景。不思議に思っていると、さらにその5分後には今度は名古屋GKの古川が足を攣ってピッチに倒れ込んだ。後半早々に両チームのGKが足を攣るというのは不思議と通り越してもはや異常でもある。
 だがそれに対する両チームの対処法は対象的で、名古屋がアッサリとGKを伊藤にスイッチしたのに対して、福岡はその後三度ぐらいGKの治療にトレーナーがピッチへと入っていった。名古屋の場合はサブの伊藤もこの年代では屈指のレベルを持つGKであり交代しやすかったという事情があったのかもしれないが、その後福岡GKのビッグセーブによって名古屋が追加点の機会を阻まれ続けたことを考えれば、福岡ベンチの判断も正しかったということだろう。水野のノールック気味のスルーパスに抜け出した藤田が左足で放ったシュート、ボックス内の混戦から最後は近藤が意外性のあるトーキックで放ったシュート、ショートコーナーから逆サイドへと展開したボールを都竹が左足で放ったミドルシュートと、名古屋がゴール前に人数を掛けた分厚い攻撃を福岡GKがいずれも(とてもさっきまで足を攣っていた人とは思えない)ビッグセーブで弾き出す。とは言えGKも三回ぐらい足を攣っているのだからCKからGKの前に入れば決まるのでは?と思ってもこれもなかなか決まらない。

 そしてそのまま試合は流れ迎えたアディショナルタイムは6分。このコンデシション下でさらに6分も試合を引っ張ることはほとんど拷問だが、福岡GKの三度に渡る蘇生や名古屋も古川の治療を踏まえればこれは決して無茶なロスタイムではないし、おそらくピッチ上の選手達も「早く試合を終えたい」よりも「決着をつけたい」と思っていたに違いないことを考えれば、正しい判断だったと俺は思う。
 そんなロスタイムに試合を決めたのは試合を決められる選手を擁していた名古屋だった。藤田が持ち出したボールを中央の小幡に託すと、小幡はボックスの手前を薄く左に流れながら左足一閃。小さな身体から放たれた豪快なシュートが逆サイドネットへと突き刺さった。福岡も後半終盤には何度か決定機を迎えながらオフサイドで取り消されていたことを考えれば、こうして試合を決める力を持つ選手がいることはやはり大きいと言わざるを得ない。

 このコンディション下では試合や選手のパフォーマンスについて語れるような素地は到底ないと思うが、それでも気になったのは最近名古屋の試合を観に行くとよく聞こえていた選手間の「声」が減っていたような気がしたこと。おそらくピッチ上は大声を張り上げるのも憚られるぐらいの状況だったのだろうが、これは上でも書いたポジショニングの問題とともにDFラインが揃わず簡単に裏を取られる原因のひとつになっていたはずで、これから先相手のレベル(ゴール前での決定力)が上がって来ることを考えると今のままでは少々心許ない。また攻撃面でも上で書いたようにアタッキングサードにおけるコンビネーションの精度をもっと上げて、小幡依存となっている現状を改善していく必要があるだろう。
b0036243_0314649.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-09-05 13:00 | Youth
高円宮杯 名古屋U-18 登録メンバー
1 GK 古川真大
2 DF 奥山政幸
3 DF 金編勇佑
4 DF 岸光
5 FW 大西勇輝
6 MF 近藤洋史(CAP)
7 MF 水野泰輔
8 FW 藤田大喜
9 FW 川村啓輔
10 MF 小幡元輝
11 FW 奥村駿
12 FW 樋江井悠貴
13 MF 加藤翼
14 MF 佐藤和樹
15 MF 都竹俊優
16 GK 伊藤悠稀
17 MF 加藤凱
18 DF 川本拓也
19 DF 渡辺大輝
20 DF 野崎翔平
21 FW 足立智紀
22 GK 石井綾
23 MF 岩田考弘
24 MF 真柄俊作
25 DF ハーフナーニッキ
26 FW 青山貴浩
27 DF 樫尾和明
28 MF 野崎椋
29 MF 森勇人
30 FW 北川柊斗
[PR]
by tknr0326g8 | 2010-09-04 03:22 | Youth
クラ選(U-15) 名古屋U15×新潟ジュニアユース @Jヴィレッジ
 一昨年は優勝、昨年は3位と近年この大会で好成績を残している名古屋U15。今年のチームはそれらのチームと比べても選手達の能力ではひけを取らないどころかむしろそれを上回るレベルにあり、選手やスタッフも上位進出ひいては二年ぶりとなる優勝が現実的な目標として視野に入っていることだろう。

 グループリーグの初戦で熊本のバレイアSCに9-1と大勝した名古屋が二戦目の相手として迎えるのはアルビレックス新潟ジュニアユース。新潟は昨日の初戦でヴェルディに0-6と(スコア上では)完敗を喫しており、名古屋としてもスッキリと勝って決勝トーナメント進出を決めてしまいたいところだ。

 名古屋のスタメンは下のような感じ。先日の関東遠征でも見られた並びだが、昨年のプレミアカップで準優勝した時には(早生まれ組として参加した)ニッキとCBと組んでいた松田が左SBに出て、左右のSBだった中島と後藤がCBを組む。ビルドアップの時に後藤にまだ若干のぎこちなさが見て取れるのはこのためだろう。加藤は元々パワフルなドリブル突破を見せるサイドハーフだったが、このチームは前線にタレントが多いこととその走力を見込んでかプレミアカップの後からSBにコンバートされた。Wボランチは俺がおそらく初めて見る組み合わせ。プログラムによると180cmの石川と168cmの金というコンビは見た目こそ好対照だがプレースタイル的には比較的似たタイプの組み合わせなので(ともに能力はとても高い選手ではあるものの)高田監督が敢えて併用を避けているのかなと思っていたが、この大会でチャレンジを行ってきた。

       北川

伊藤     森     曽雌

     金    石川

松田   中島   後藤  加藤

       板倉

 早々にグループリーグ突破を決めてしまいたい名古屋は(昨日新潟に大勝した)ヴェルディへのライバル意識もあるのだろうかキックオフから気合い十分。まずは先制点ということでしっかりとボールを動かしながらアタッカーを中心にアグレッシブな攻勢を仕掛ける。中でも目立っていたのはサイドチェンジから左サイドの伊藤が見せるドリブル突破とボランチに入っている金の積極的な前線への飛び出し。
 しかし後がない(逆に言えばこの試合に勝てば決勝トーナメントに行ける確率が高くなる)新潟の研ぎ澄まされた集中力と組織的で粘り強いディフェンス、Jヴィレッジ特有の長めの天然芝、ボディコンタクトに対してちょっとナーバスだった主審のジャッジといったものが少しづつ影響し、名古屋はその攻撃をシュートそしてゴールという形で結実させることが出来ない。
 新潟のディフェンスに関して言えば、例えば金が前線に飛び出して行っても新潟はしっかりとマーク(カバーリング)が付いて来て自由なプレーを許さなかったり、トップの北川をはじめ前線にクサビのボールが入っても受けた選手が少しでも長くボールを持っていると複数のDFが身体を寄せて自由を奪ってしまうなど個々の能力の不利を払拭するには十分な対応を見せていた。
 そしてまずは守りから入った新潟だったが、試合が落ち着いてくると少しづつ攻撃に転じ始める。形は主にサイズ(180cm)とスピードのある1トップの高橋に放り込む形でのカウンターで、もちろんこうした攻めに対しては、ともに170cm台後半の上背があり1対1に抜群の強さを持つ中島とスピードのある後藤のコンビで十分に対処出来るものなのだが、名古屋が強引に攻めようとしてバランスを崩したところで空けたスペースにボールを流し込むような狡猾さも新潟は持ち合わせていた。

 そんな展開の中先制点を奪ったのは名古屋。左サイドから新潟陣内深くまで侵入した伊藤とそこに寄ってきた北川がドリブルで新潟DFを“ちゃぶ”ってCKを獲得すると、そのCK自体は新潟DFに防がれたものの、リスタートで新潟がGK→DF→DFと短くつないでビルドアップしようとしたところを狙っていた森がインターセプトし、そのまま持ち込んでGKの脇の下を抜いた。
 このゴールは名古屋にとって待望のゴールであり、これで名古屋は一気にペースを掴んで乗って行けるはずだった。しかし名古屋のリードは長くは続かない。今度は新潟のCKから一度は名古屋DFがクリアしたボールを拾った新潟の選手が何ともなくゴール前へと放り込む。これに対して抜け出そうとした新潟の選手を対応に行った後藤が後ろから押して倒すような形になりPKを献上。正直それほど焦るような場面でもなかったが、ボールが入った瞬間にGKが出るのかDFがクリアするのかで迷いがあったようにも映った。実はこうしたシーンはこの場面だけでなく、特に後半になるとマークの受け渡しという部分で上手く機能していない場面が何度か見られていたので、声を掛け合うことも含めてチームとしての課題としてあるのかもしれない。
 逆にそのあたりの「組織」としての守り方がしっかり出来ていたのが新潟の方。個々のプレーヤーが責任を持って自分の仕事を果たすだけでなく、それらが有機的にリンクして組織として一手先を読んだ対応を見せる新潟は、誰かが抜かれても次の選手がしっかりカバーに入って名古屋との間にある個々の能力の差をピッチ上には顕在化させない。そしてそれらを背景として、名古屋はセカンドボールへの反応と回収という面ではで完全に後手に回っていた印象だった。

 1-1で折り返した後半も同じような展開が続いていたが、試合の流れ自体は少しづつ新潟に傾いていた。前半の内容で前日の大敗によって失った自信を回復したのか、攻撃もそれまでのタテ1本から少しづつリスクを冒して人数を掛けられるようになってきている。それに対して名古屋は疲れからかボールウォッチャーになる傾向が強まっていて、何でもないスルーパスをお見合いしてスペースに走り込まれてしまったり、スローインがゴール前を横断して「あわや」というようなシーンもあった。
 そんな雰囲気を一変させたのは北川で、中央から少し左サイドに寄った位置でクサビのボールを受けそのまま前を向くと、対面のマーカーが北川の後ろをクロスオーバーしていく選手に気を取られて一瞬北川との間を空けたのを見逃さず右足一閃。強烈なシュートが逆サイドネットに突き刺さる。トップチームの練習に参加したりユースの試合に出場しているからというわけではないだろうが、それは明らかに中学生のレベルを超えた一発だった。
 しかしエースの一撃をもってしても名古屋はまだ試合は終わらせられない。新潟が今度は右からクロスボールをゴール前に送り込むとこのボールがゴール前を通過していき、最後はしっかりとファーサイドに詰めていた選手がプッシュ。再度試合は振り出しに戻ってしまった。
 こうなると勢い的には新潟だ。(中盤を含む)ディフェンスの足が止まって目だけでボールの動きを追うことが多くなった名古屋に対して、新潟はボールホルダーへの寄せ・カバーリングの集中力が途切れない。そしてボールを奪ってカウンターに転じれば、名古屋がバランスを崩して空けてくれたスペースにどんどんと後から人が飛び込んでくる。

 名古屋にとっては最悪引き分けによる勝ち点計算がチラついてもおかしくない中、試合を決めたのはキャプテンマークを巻きピッチ上で人一倍闘う気持ちを見せていた背番号10の森。カウンターから森独特の動きによって新潟守備ブロックの隙間に入り込んでボールを受けると、前方にいた北川が前線に走り込みながらDFを引き連れて行くと見るやゴールからやや離れた位置だったにも関わらず躊躇なく右足ミドルシュートを放つ。このシュートが世に言う「ブレ球」、キャプテン翼でいう「ドライブシュート」のような軌道を描き(決して前に出過ぎていたとかでない)新潟GKの頭越しにゴールネットへと突き刺さったのだった。これによって名古屋は三度目の勝ち越しに成功したわけだが、まさしく気迫の乗り移ったかのような一撃だった。

 結局試合はこのリードを守り切った名古屋が3-2で勝利。決勝トーナメント進出を決めた。チームとして非常に良くオーガナイズされた新潟に対して最後は北川と森というこの年代のJリーグ選抜にも選ばれている二人がスーパーな個人技で振り切った試合は、両者を比較することによって名古屋に足りなかったものそして優れていた点が明確になる試合展開だった。また後半の中で得点を記録した二人以外に目立っていた選手を挙げるとすれば、曽雌や途中出場の宮市といったサイドアタッカー。中央ではどうしても人数を掛けて対応されてしまうため苦しい展開は否めないが、1対1の局面を作れるサイドでは名古屋の個人能力の高さが輝きを放っていた。

 明日のヴェルディ戦は両チームともに決勝トーナメント進出を決めているということでメンバーを含めてどういった戦い方をするかは分からないが、この日の午前中に圧倒的な強さで千里丘を一蹴した清水と同じブロックに入ることを避けようと思えば名古屋もトップ通過を狙ってくるかもしれない。ただそんな名古屋にとって不安があるとすればコンディション面。炎天下での連戦という過酷な条件は間違いなくこの試合の名古屋のパフォーマンスにも影響を及ぼしていた。名古屋にとっては厳しい戦いが続くと思うが、大会を通して成長しながらひとつでも先へ進んで行って欲しい。
b0036243_1843328.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-08-16 18:50 | Youth
第18回 F・マリノスカップ U-12 @マリノスタウン
 残念ながら今年の全少は県大会の準決勝でPK戦の末に愛知FCに敗れてしまったために全国大会への出場を逃してしまった名古屋U-12。昨年のチームが全国チャンピオンになったことによって今年の愛知県には出場枠二枠が与えられていただけに選手や関係者にとってこれは悔しい結果だったに違いない。とは言え、一発勝負のトーナメントで数多くのチームを捌いていく県大会においては何が起こっても不思議ではなく、今大会で言えばヴェルディやマリノスといったビッグネームも県大会で涙をのんでいたし、ダノンネーションズカップで二連覇中の川崎ですら一回戦(PK)敗退という憂き目に遭っている。
 そんな各チームが、全少の熱気も冷めやらぬこのタイミングでみなとみらいにあるマリノスタウンに一堂に会して覇を競い合うのがマリノスカップだ。一昨年は世間がクリスマスムード一色の12月末に、そして名古屋が全少のチャンピオンチームとして参加した昨年は今年と同じくお盆真っ只中に開催されたこの大会は、今年で18回目を迎えることもあってもはや定番となりつつあるが、特に全少全国大会出場を逃した今年のチームにとっては特別な思い入れを持って臨む大会になるだろう。同じグループにこそならなかったが、決勝トーナメントに進めば一回戦で今年の全少王者バディーSCと対戦する可能性もあるのだからモチベーションの問題はない。

 今年の名古屋は川崎トレセン、柏イーグルス、東京ヴェルディと同グループ。そして例年通り上位二チームが決勝トーナメントへ、そして下位二チームが順位決定戦へと回ることになる。本来ならA~Dの各グループに二チームづつ配されたJ下部が決勝トーナメントに進出するのが順当な流れだが、今年はバディSCという各チームにとっての「ターゲット」が存在することもあり、例年になく面白い構図での大会なるかもしれない。

 名古屋初戦の相手は川崎トレセン。この後で戦う柏イーグルスといい大人みたいな大型プレーヤーを要所に配置している。名古屋の選手達もサイズという意味では昨年と比べたら恵まれた選手が多いが、それを遥かに上回るサイズ(特に例え身長が一緒でも厚みが違う)を誇る相手を見ていると、名古屋では野球に流れてしまう人材を川崎や柏ではサッカーに取り込めているんだろうなどという邪推が働いてしまう。

 名古屋のスタメンは、おそらく背番号がプログラム通りなので以下のような感じ。(ただプログラムでは19番までしか登録がないのに途中で20番の選手が出てきたりもした)

     田中   杉本

住田   若尾   赤堀   関根

原田   三浦   牛丸   植田

        花岡

 春にダノンネーションズカップを観た時にはおそらく見掛けなかった選手もいるし、そもそもダノンネーションズカップは9人制なので、11人がピッチに並ぶこのメンバー構成は個人的にかなり新鮮な印象。そして立ち上がり早々に決まった名古屋の先制ゴールも、ダノンネーションズカップではあまり記憶がない10番の田中が一度見たら忘れないであろうスピード溢れるドリブル突破で川崎TC陣内奥深くへと突き進んでいき、その折り返しを(一度は相手DFにクリアされたものの)拾った7番の杉本がGKの股の間を抜いて決めたものだった。
 ゴールを決めた杉本はダノンネーションズカップでは(9人制の)1ボランチをやっていた左利きでセンス溢れるテクニシャン。キープ力を買われてのFW起用だろうか。そしてダノンネーションズカップでは1トップを務めていた長身の関根が右SHとして出場しているあたりのシャッフルも面白い。また先制点のシーンで田中に対してDFラインの裏に抜けるようなパスを出したのは先発メンバーの中では唯一の5年生である住田。去年の12月に同じくここマリノスタウンでマリノスカップ(U-10)を観た時には、このチームの一学年下に当たるチームで押しも押されぬエースストライカーを務めていたが、このチームでは左SHを任されているようだ。本来の(一学年下の)チームに入れば少し際立つサイズもこのチームでは並かむしろ小柄な部類。去年の12月には面白いように決まっていたドリブル突破も相手のリーチの感覚が違うのか抜けたり抜けなかったりを繰り返していた。このように普段5年生を相手にしている時のようには思い通りにプレー出来ないかもしれないが、途中出場で出て来て存在感を発揮していた水野や杉浦といった5年生とともに、来年に向けては非常に楽しみなタレントが揃っている。
 
 先制ゴールを決めた名古屋だったがその後試合(前半)は完全な川崎TCペース。特に前半終了間際はボールを前に出せども出せどもことごとく相手に拾われて(或いは奪われて)ほとんどハーフコートのように川崎TCの波状攻撃を受け続けている状態で、なんとかその1点のリードを保ったままハーフタイムへと入ることが出来た名古屋だったが、前半だけでも相手のシュートが二度ポストに当たるなど名古屋にとってはラッキーな面やGKの好セーブなどがなければ一気に逆転されていてもおかしくなかった。

 しかしハーフタイムを挟んで後半に入ると突然別のチームのようにゲームを支配してしまうのだからサッカーは分からないし、逆に言えばベンチから一体どんなコーチングがあったのか非常に興味がある。前半とは打って変わって前線の選手に上手くボールが収まりはじめ、それに連動した動きで2トップの相方や両サイドの選手達が裏のスペースに走り込む形が機能し始めた名古屋は、得点にこそ結びつかなかったが後半のキックオフから僅かな時間で2~3度の決定機を作り出していた。
 そしてそんな良いリズムの中、一度はコーナーキックからセカンドボールを拾われてボレーを叩き込まれワンチヤンスで同点に追いつかれた名古屋だったが、選手達はそれに気落ちすることもなく試合のペースも手放すことはなかった。中央でクサビのパスを受けた杉本がタメを作ってDFラインの裏に流し込んだスルーパスに反応した田中が、追いすがるDFとGKを次々と交わして最後はやや角度のないところから無人のゴールに流し込み再度勝ち越しに成功。さらにピッチを広く使った展開から再び中央でパスを受けた杉本のスルーパスを受けた田中が放ったシュートをGKが弾いたところに杉本が詰めて追加点。川崎TCを突き放した。

 結局試合はそのまま3-1で終了のホイッスル。後半は前半とは全く逆で相手GKの好セーブがなければもっと点差が開いていただろうという内容だった。

 第二試合まで約3時間のインターバルは、横浜駅から徒歩15分という好立地においては全く苦にならない。そして名古屋の第一試合終了とほぼ時を同じくして二つ隣の天然芝ピッチで翌日の清水戦に向けたトレーニングを始めたトップチームが全体練習を終え、居残りで狩野らととともに念入りにFKのチューニングをしていた中村俊輔が引き上げようかという頃に名古屋の第二試合はキックオフ。第二試合の対戦相手はアヤックス・モデルのユニフォームがピッチに映える柏イーグルスだ。言わずと知れた街クラブのレベルを越えたJ下部に匹敵する強豪クラブ。

 名古屋は第一試合から微妙にポジション&メンバーチェンジ。前線では長身の関根をトップにして、第一試合はFWで二得点だった杉本をボランチに起用している。そして空いた右サイドには第一試合も後半から出てきてスピードのあるドリブル突破でリズムを作った5年生・杉浦を起用。

     田中   関根

住田   杉本   若尾   杉浦

原田   三浦   牛丸   赤堀

        花岡

 第一試合を良いイメージで終えていた名古屋はこの試合も悪くない入り方をしていた。第一試合(前半)と比べても随分ボールがよく動いている。ただFWと最終ラインに名古屋の選手と比べても頭ひとつ分ぐらい出ている大型で運動能力の高そうな選手を擁する柏イーグルスは、堅い守備から攻撃ではボールを奪ったら名古屋DFの裏にボールを流し込み彼等に勝負させるといった、それらの選手の強みを生かすような戦い方をしていて、全体的な印象としてはボールは動くようになったがなかなかシュートまで辿りつかない名古屋とそんな名古屋に対してリアクション中心ながらゴールに迫っている柏イーグルスといった感じ。そんな試合は拮抗した展開となり、給水タイムごぐらいからは名古屋も徐々にシュートを放てるようになってきたものの0-0のまま前半を折り返した。

 後半になると名古屋は再びペースアップ。“間”に通すパスがビシビシと決まり攻撃の形を作れていた名古屋は、自らが起点となったショートコーナーから一度はクリアされたボールをペナルティエリアの左で再び受けた杉本が左足一閃。鮮やかなミドルシュートが逆サイドネットへと突き刺さり1-0とリードを奪うことに成功する。
 その後関根に代わり再び前線に戻った杉本を中心として名古屋は良い形での攻撃を続けていた一方で、球際に強く粘り強い守備で柏イーグルスを押さえ込んでいた守備陣のパフォーマンスもこの試合では特筆ものだった。確かに大型で運動能力の高いFWがいる柏イーグルスの攻撃は常に怖さを伴っていたが、集中したディフェンスでそれを防ぎ切った試合後にはそれは「後半はチャンスらしいチャンスを作らせなかった」と断言出来る。

 というわけで、名古屋は二試合を終えて決勝トーナメント進出が決定。二日目には残りのヴェルディ戦といよいよ決勝トーナメント一回戦(相手はマリノスMMかバディーSC)。公式戦ではないし結果にこだわる必要もないが、より強い相手と戦ってより良い経験を積むためにも少しでも上に勝ち進んで欲しいところだ。
b0036243_2334062.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-08-14 02:35 | Youth
J1 2010 第16節 横浜×名古屋 @日産スタジアム
 世間では夏休みに突入したこともあり、名古屋もアンダーカテゴリーの各チームが関東を中心に積極的に遠征に出向いているようだ。そしてこの二日間は、偶然にもトップチーム、U-18、U15、U-13の四つのカテゴリーが横浜に集結。それはまるで日産のお膝元である横浜が豊田になったかのような二日間だった。

■名古屋U13×ジェフ千葉U13 @マリノスタウン
b0036243_39297.jpg

 昨日の三ツ沢での敗戦を引きずりつつ夏バテ気味の身体に鞭打って起床し、昼過ぎに到着したみなとみらいでは名古屋U-13と千葉U-13の試合が行われていた。事前に入手した情報では大宮ジュニユースと13時から対戦ということになっていたので13時ギリギリにマリノスタウンに着いたら、何故か相手が千葉に変更されており、また既に試合が始まっていたので頭の何分かを見逃してしまった。

 この名古屋U-13は言わずと知れた昨年の全少王者。個人的にはあれからもう一年の月日が経過してしまったという事実に驚きを感じるが、おそらく俺の三分の一ぐらいの緩やかさで人生の時間が流れている彼等がこの一年間で一体どのように成長しているのかがこの試合の最大の注目ポイント。

 昨年のチームをベースとして、全少(県大会・全国大会)やフジパンカップで対戦した東海地区のライバルチームから主力選手を取り込んで組み換えられたチームは、ひと言で言うならいかにも“名古屋っぽい”チームになっていた。右サイドから上田(四日市JFC→名古屋U13)、左サイドから吹ケ(名古屋U12→名古屋U13)が迫力のあるサイドアタックを仕掛ける様には名古屋のエスプリが漂っている。俺は基本的にはそんな名古屋的な情景にノスタルジーを感じる名古屋原理主義者だが、全少制覇というかつてない偉業を成し遂げた昨年のチームは名古屋らしくないところが一つの売りでもあっただけに、それはそれで一抹の寂しさを感じると言ったらないものねだりになるだろうか。

 しかしやはりこのチームを語る上で欠かせないのは森&杉森のアタッカーコンビ。いかにこのチームがサイドアタックに迫力を増したとは言っても、最後に目線が行き着くのは彼等のところ。まずこのチームで10番を背負う森が面白いのは、この後の試合で登場する兄(U-15)と同じようなプレースタイルであるところ。そしてそれぞれのチームも彼等兄弟の特徴を生かすトップ下というポジションを作って4-2-3-1のような形を採っている。今年は無理かもしれないが、ひょっとしたら三年後にはユース(U-18)で4-1-4-1の二列目のセンターに容姿のそっくりな二人の森が並んでいるかもしれない。
 その名前が既に全国区でもある杉森は、ほとんど大人のような体格をしている千葉のDFを相手に、去年とあまり変わっていないようにも見えたひと際小柄な身体でゴールに向かってアグレッシブにプレーしている姿が印象的だった。そんな体格(サイズ)だけでなく、杉森がスピードで抜け出そうとした時にユニフォームを引っ張ったり身体を掴んだりするような「大人のサッカー」に手こずっているようなシーンもあったが、これからの彼にはそうした状況であってもそれを振り払いゴールを決めるだけの肉体的そして精神的な強さが求められるだろう。

 試合は総じて大柄な千葉相手に後手に回る時間帯もあった名古屋だったが、右サイドの突破からゴール前に折り返されたボールにファーサイドから吹ケが詰めて押し込み、苦しみながらも1-0と勝利を収めた。

■名古屋U15×横浜Fマリノスジュニアユース @マリノスタウン
b0036243_3112196.jpg

 ジュニアの交流戦二試合を挟んで同じピッチに現れたのは、8/15に開幕するクラ選(U-15)全国大会に向けて強豪ひしめく関東で腕試し中の名古屋U-15。ひょっとしたら昨日のクラ選(U-18)準決勝に飛び級で出場していた北川が登場するかもと期待したが、残念ながらこちらには合流していなかったようだ。

 U-18だけでなく既にトップチームのトレーニングにも参加しているエースの北川のみならず、その他にも(控え選手に至るまで)非常に能力の高い選手を揃えている今年の名古屋U-15は、名古屋の下部組織史上でも最も才能に恵まれたチームであり、全国レベルで見ても間違いなく頂点を狙える力を備えている。しかしながらクラ選の東海大会では全国への出場権こそ獲得したものの準決勝で磐田に2-0からの逆転負け。こうした状況から脱皮するには高田監督の言うように精神的な強さを身に付けることが必要とされるだろうし、遠征で各地へ出向いて強豪チームと対戦することの意義もそういったところにあるかもしれない。

 名古屋は連戦を考慮しているのかそれともローテーションを組んでいるのか、はたまた全国大会を前にまだスタメンを固定せず競い合わせているのか分からないがかなりテスト的な色合いの濃いフォーメーションを組んでいた。

        桜井

伊藤       森       曽雌

     金     石田

加藤   中島    後藤   松田

        板倉

 1トップには北川に代わってU-14のエース桜井。普段センターバックに入っている松田を右SBに出して去年は右SBをやっていた後藤をCBとして起用している。現時点では中島&松田のCBコンビはほぼ鉄板といっていいが、サイズ的にも恵まれている後藤をセンターに据えるのは将来を見越してという意味もあるのだろう。

 このメンバーでの名古屋はボランチに入った金が前線や両サイドへ的確にボールを配給して攻撃のタクトを振るうスタイル。昨年は北川とともにU-14Jリーグ選抜としてオランダ遠征なども経験していた金だが、今シーズン俺が見た試合ではいずれもベンチからのスタートだった。これはチーム全体のバランス(組み合わせ)を考慮してのものだと思うが、試合終盤や三本目に金が投入される時には松田をボランチに上げてWボランチを組ませたりしていたのを見ると、どうやら高田監督は守備に強いタイプと組ませてその攻撃センスを発揮させようとしているように感じる。実際この試合でもフィジカルコンタクトの部分で少し苦戦しているようなシーンがあり、そのあたりは今後の彼にとっても課題のひとつなのだろうが、これは試合を経験する中で身に付けていけるものであり、また彼の能力を考えてもこの試合のようにひとたびスターターとしてピッチに立てば広い視野と戦術眼を武器に試合をコントロールしてしまうぐらいのものを持っているので、なんとか試合の機会を増やしてあげたいところだ。

 試合はキックオフ直後こそ横浜の勢いに押し込まれて動揺も見受けられた名古屋だったが、GKの好セーブもあって落ち着きを取り戻し始めるとチャンスを量産。そして曽雌のスルーパスに抜け出した桜井が豪快に右足を振り抜いて先制点を奪うと、(GKのパスミスから一度は同点に追い付かれたものの)後半には伊藤のスルーパスに抜け出した森からの折り返しをファーサイドで詰めた曽雌が詰めるという綺麗な形で2点目を奪う。その後また一点を返され二本目を終わって最終スコアは2-2だったものの、内容的には名古屋が優勢で、エースの北川を欠きメンバーもシャッフルしていた名古屋U-15がそのポテンシャルを見せ付ける形になった。

 三本目もありそうな雰囲気だったが、トップの試合もあるので二本目で切り上げて新横浜へ。どうせならトップチームの前座でやってくれたらよかったのに。
 
■J1 2010 第16節 横浜×名古屋 @日産スタジアム
b0036243_313853.jpg

 そしていよいよ今日のメインイベント。Jリーグ再開後、相手に恵まれたとはいえ2勝1分と好調の名古屋が曲者の横浜とぶつかるこの試合は、名古屋にとって今後を占う上で非常に重要な試合だ。昨シーズンこの日産スタジアムで横浜相手に勝ち試合を落とした名古屋は、その後リーグ戦の優勝争いから完全に脱落した。今年はそれより時期も二ヶ月以上早いのでまだ致命傷とはならないかもしれないが、この先続く連戦の相手(FC東京、浦和、川崎)と現在の横浜の状態を比較すれば、この試合は落とせない。

 試合はキックオフ直後はどちらかと言えば名古屋が仕掛け横浜が守備を固めてカウンターを狙う展開。しかし名古屋はミッドウィークを含む真夏の連戦でまさかの「先発メンバー固定」を断行したことにより選手達の動きが重く、次第に横浜のカウンターの回数が増え始める。そして徐々に攻撃のリズムを掴み始めた横浜は20分頃には名古屋の弱点として広く認知されているダニルソンの両脇のスペースに山瀬などが流動的に顔を出し始め、これに田中隼麿あたりが喰い付いたところでDFラインに出来たギャップに坂田が自慢のスピードを生かして走り込むといった攻撃が機能し始めた。

 このままいくとちょっとマズイかなと思っていた矢先、名古屋を救ったのはやはり「救世主」ケネディだった。先発メンバーの中でも最も乳酸がたまっていそうだったケネディが相手のスキを見逃さず放ったミドルシュートが横浜ゴールへと突き刺さる。その少し前に放った異常に打点の高いヘディングシュート(横浜DFがゴールライン上でクリア)といい、パワーの残量が少なければそれを貯め込んでおいてここ一番で発揮するあたりは抜け目ない。

 名古屋というチームの特性や横浜にはセットプレー(中村俊輔)という一発があることを考えれば、前半のこの時間帯に奪った一点ではまだ安心出来る展開ではもちろんないが、試合が終わった後で結果論的に振り返るならば、試合はこのケネディの一発によって終わったと言っても決して過言ではなかった。先制に成功した名古屋がブロックを作ってカウンター狙いに切り替えたことで、横浜はそれまで自由に使えていたスペースが極端に減ってしまった。スペースがなくなった後(特に後半に体力が落ちてきてから)の横浜の打つ手のなさ加減も酷かったが、名古屋がこうした大人びた守り方も出来るというのはちょっとしたサプライズだった。ひょっとしたら連戦によって選手達の体力の消耗が激しく必要以上に動けなかっただけなのかもしれないが、この試合では中盤から後ろで不用意に選手がアタックに行って交わされ穴を空けてしまうようなシーンもほとんどなく、落ち着いて守れていた印象だ。そして後半にはカウンターから勝負どころと見るとダニルソンまでもが攻め上がる分厚い攻めで追加点。まるで横綱相撲。これは個々の能力が高い名古屋らしい戦い方かもしれない。

 ただ心配があるとすれば、これまで俺の知る限り肉離れなど起こしたことがない中村直志がカウンターから前線に出たボールにダッシュした際にモモ裏を押さえて途中交代を余儀なくされてしまったように、この季節に無謀とも言えるスタメン固定によって選手達の疲労が溜まっているのではないかということ。ピクシーは自らが信頼を持ってピッチに送り出した選手達をギリギリまで引っ張ってその見極めをプレーの質によって行っているよう(例えば金崎は立て続けに三つぐらいミスをした後で交代になった)だが、怪我が起きてからでは遅い。試合後にはダニルソンが足を押さえてしばらくうずくまっていたし、怪我が多いマギヌンなどはいくらいつも好調な夏場とは言えオーバーワークが心配だ。可能であれば選手達のコンディションを考慮しながら上手くローテーションを活用して欲しいところだが。
[PR]
by tknr0326g8 | 2010-08-01 03:13 | Youth
クラ選(U-18) 準決勝 名古屋U18×柏U18 @ニッパツ三ツ沢球技場
 プリンスリーグ終盤戦では東海地区の覇権を争うライバル達と互角の戦いを演じ優勝まで得失点差あと1というところまで迫った名古屋U18だったが、怪我や退団などによるメンバーの入れ替えもあり、プリンス最終節となった海星との試合を観た時にはチームとしての完成度が今ひとつという印象を受けた。それから中一週間で開幕したこのクラ戦のグループリーグで彼等がどういった試合をしていたのかは残念ながら今年は4年ぶりのJヴィレッジ欠席となってしまったので定かではないが、一度は柏相手に致命的とも言える敗戦を喫しながらも甲府ユースに大勝して得失点差で決勝トーナメント進出を決めたあたりには、海星との試合でも十分に感じ取ることができたメンタル面での成長(充実)が伺われる。そしてチームは決勝トーナメント一回戦で大宮ユースを下し、クラブ史上初のベスト4そして三ツ沢進出を決めたのだった。

 平日の16時キックオフとなったこの試合は、個人的に後半が始まってからのスタジアム入りとなったものの、移動中に携帯で速報を追っ掛けていた限りメンバーの変更や退場などもなく、また幸か不幸かスコアも動いていなかったことにちょっとだけ胸を撫で下ろしながら観戦スタート。

      川村    藤田

小幡   水野    近藤   加藤翼

都竹   川本    奥山   金編

        古川

 柏の選手達の名前にどこか見覚えがあるなと思ったら、2007年の高円宮杯(U-15)で名古屋と浦和の試合の前にFC東京(深川)と試合をしているのを観戦していた。右ウイングの鳥山が往年の神丸みたいだったのは未だに記憶として焼き付いているし、チームとしても非常にエンターテイメント性が高いサッカーをしていたのを覚えている。
 ただその試合の時と違うのはこの暑さ。バス停からスタジアムまで少し走っただけでも汗でシャツがベットリと肌にまとわりつくような暑さの中で行われた試合は、俺がスタジアムに到着した時には既にピッチ上の両チームにかなりの疲労の色が伺え、またそれがひとつの要因と思われる停滞感がピッチには漂いつつあった。
 名古屋の選手達に目を移しても酷暑下でのフォアチェックの賜物か、前線のプレーヤー達に既にいつものようなキレが感じられず、(こちらも決してクオリティが高いとは言えなかった)柏の攻撃を中盤でカットしてそこから出てくるスルーパスにFW陣が反応出来ないようなシーンが続いている。そしてそんな前線の選手達の疲労を見て取ったのか、名古屋ベンチは川村に代えて大西、藤田に代えて北川とフレッシュなFWを相次いで投入して勝負を掛けた。

 名古屋がこの試合に勝つとすれば、ベンチの狙い通りこの交代後の時間帯で試合を決めてしまわなければならなかっただろう。なぜならこの時間帯までの名古屋ディフェンス陣が非常に集中して高いラインを保ち柏の攻撃をことごとくゴールキックへと誘導していた(最後の裏への縦パスを誰にも触れさせずにそのままゴールラインを割らせていた)一方で、前線では代わって入ったアタッカー達が柏のDFラインの裏に抜け出して決定的なチャンスを作りかけたシーンが続いていたからだ。ここでチャンスを作りかけたと書いたのは、良い形で裏に抜け出しても残念ながらそこで思うようにボールコントロール出来なかったりシュートのタイミングが遅れたりでシュートを打ち切れなかったためで、こうなるとチームの得点源である「9番」と「11番」が怪我によって大会直前に登録メンバーから外れざるを得なかった影響も感じずにはいられない。個人的にはこんなスクランブルな状態でありかつ岸をベンチに置いておくぐらい(DFとして使う気がないの)なら、いっそFWとして投入したらどうかとも思うのだが、そういったアイデアは名古屋ベンチには皆目ないらしい。そして名古屋は何度か獲得したコーナーキックのチャンスでも、名古屋同様にゾーンで守ってくる柏に対してGKの目の前にポジションを取った川本がGKより先にジャンプして頭に当てるといったシーンが何度かあったが、残念ながらそのヘディングがゴールマウスに向かって飛ぶこともなかった。

 そんな試合の流れが変わり始めたのは後半30分過ぎ。名古屋は右サイドの加藤翼に代えて加藤凱を投入。ここでも前線にフレッシュな選手をという交代だ。しかしベンチの小川監督が加藤凱に対してどういった指示で送り出したのかは分からないが、名古屋にとって攻撃の核となるべきサイドに全くタイプの違う選手を投入したことで、名古屋は攻め手をみすみすひとつ失ってしまうことになる。独特のステップを魅せる加藤凱もその特徴に合った使い方でチームに組み込んでいれば、チームの攻撃の威力を落とすことなく試合を進めることが出来たはずだが、残念ながらこの交代はチームにとってもそして加藤凱本人にとってもその良さを引き出しているとは言い難かった。
 そしてこれとほぼ時を同じくしてとうとう最終ラインの集中力が途切れ始める。いや集中が切れ始めるというよりは判断のスピードや身体の反応が少しづつ遅れ始めたといった方が正しいかもしれない。それまでほとんどノーチャンスだった柏の攻撃が名古屋DFラインの裏へと出てビッグチャンスを作るシーンが頻繁に見られるようになり、名古屋からしてみたらDFのラインコントロールによってピンチを未然に防いでいたフェーズから、ボックス内で身体を張ってなんとか柏の攻撃を防ぐという次のフェーズに突入したような感じだ。

 その傾向は0-0のまま突入した延長戦でも変わらず、むしろそれは時間とともに加速していく。事実、延長に入ってから名古屋が人数を掛けて柏陣内へと攻め込めたのは大西とのハイボールの競り合いで頭を打った?柏の6番の選手が倒れ込んでいた間くらいで、それ以外は柏の波状攻撃にひたすら耐えていたような20分間だった。
 名古屋の足が止まったこともあるが、名古屋と同じく90分の間にアタッカー(特に強力な両ウイング・右の鳥山、左の禹)を交代させたにも関わらず、柏はそこから逆にチャンスを拡大していた。3トップの頂点にいる山嵜に名古屋の二人のCBが引き付けられ、サイドラインいっぱいまで開く両ウイングに名古屋のSBが引き付けられる間隙を縫って、そのギャップに選手が飛び込んで名古屋DFの裏を取れるようになってきたのだからこれはベンチワークの勝利なのかもしれない。

 GK古川のビッグセーブ連発や無人のゴールに放たれたシュートをゴールライン直前で追い付いて掻き出した奥山のスーパークリア、そして崩されても気持だけは切らさずシュートコースに入り続けたDF陣プレーによってなんとか柏の猛攻に堪えていた名古屋だったが、そのゴールが遂に割られたのは延長後半も残すところ僅かとなった時間帯だった。残り時間が少ないとは言え、本来であればすぐにでもボールを拾って同点ゴールを狙いに行くべき場面で、少なからずピッチに倒れこんでしまう選手がいたり明確な落胆が見て取れたのは、柏の5番・相馬大士による豪快なボレーシュートがそんな気力を削ぐのに十分だったからという理由からだけではなく、彼等自身既に攻勢を仕掛けるだけの体力が残されていないことを悟っていたからだろう。
 
 そして試合はここでタイムアップ。名古屋の躍進はベスト4でストップした。ただこれまで津田知宏も青山隼も吉田麻也も中田健太郎も磯村亮太も矢田旭も跳ね返されてきた壁をブチ破ったクラブ史上初の三ツ沢進出は誇ってもいい偉業だし、この大会で掴んだ教訓と自信を9/4に開幕する高円宮杯で生かして欲しいと思う。この試合にしても最終的には力の差(特にフィニッシュの部分)を見せ付けられたが、90分の中だったら名古屋は互角以上に戦えていた。

 あとは出来れば高円宮杯のグループリーグを札幌以外の会場でお願いしたい。
b0036243_2155139.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-07-31 11:16 | Youth
クラ選(U-15)東海大会 準決勝 名古屋U15×磐田ジュニアユース @東海学園大学グラウンド
 前日の準々決勝で岐阜VAMOSに5-1と完勝し全国大会への切符も手にした名古屋U15。しかし高いポテンシャルを秘めるこのチームにとっては、それは単なる通過点であって、東海そして全国を制することこそが真の目標であることは間違いない。その意味では全国大会への出場が決まったからといって彼等のモチベーションが落ちていることはないだろうが、強いて不安要素を挙げるとすれば、前日の試合のラストプレーで失点を喫したことが心理的にどのような影響を与えているかということだろうか。

 名古屋のスタメンは前日と同じ顔触れ。

         北川

伊藤        森       宮市

      石川    曽雌

加藤    松田    中島   若園

         板倉

 名古屋からしてみれば、この試合にケリをつけて決勝で清水に東海U15リーグのリベンジを果たしたいところだが、そんな思いとは裏腹に試合は立ち上がりから前線にロングボールを蹴り込んでくる磐田がペースを掴む。名古屋は磐田のダイレクトな攻撃にリズムを乱したのか不用意なファールが目立ち、磐田にセットプレーのチャンスを連発させてしまっていた。その後時間の経過とともに名古屋も徐々に落ち着きを取り戻し、こちらは磐田とは対照的にしっかりとボールを動かしてパスをつなぎながらゲームを組み立てようとしていたが、それでも攻撃をしっかりシュートやクロスで終われていたという部分では磐田の方に分があったかもしれない。

 しかしそんな流れの中、先制点は名古屋の方に転がり込む。左サイドで得たCKをキッカーの森がファーサイド目掛けて蹴り込むと、これに飛び込んできた北川がドンピシャのヘディングで合わせて先制。そしてこのゴールで勢い付いた名古屋は、右サイドでタッチラインいっぱいまで開いてポジションを取っていた北川にボールが渡ると、北川がドリブルでグングン持ち上がり、中央に切れ込んだところで横に流す。これを宮市、森が続けてスルーしたような格好になり、左サイドから走り込んで来てこれを受けた伊藤が相手DFの中央を割って入ってそのままゴールへと流し込む。名古屋にとっては先制点から畳み掛けるように奪った追加点までの流れはまさに理想的だった。

 二点のリードでプレーに余裕が出て来た名古屋の選手達は個々のプレーヤーのハイレベルな才能が輝きを放ち始める。北川が加速&減速自在の緩急の効いたドリブルで磐田DFを翻弄すれば、森がこちらは方向転換自在のドリブルで磐田DFを振り回す。もちろん前線のアタッカーだけでなく、大柄な身体が醸し出すイメージとは裏腹にキックの種類が多彩な石川がロナウジーニョばりのノールックスルーパスを繰り出せば、もともとアタッカーの曽雌が独特の跳ねるようなドリブルで敵陣を突破するなど、ピッチ上はちょっとしたテクニックの見本市のようだった。

 対して序盤の試合を優位に進めながらもまさかの二失点を喰らってしまった磐田だったが、それでもペースを崩さない。自陣でしっかりと人数を掛けてブロックを作って守り、前線にロングボールを蹴ってこれを拾うスタイル。そしてセットプレーを獲得すれば、例えそれがハーフウェーラインの付近であっても、後ろから大柄な選手が名古屋ゴール前へと集まって来てそこ目掛けて直接ボールを入れてくる。徹底的なダイレクトそしてパワープレイ。それは俺のようなオールドファンがサックスブルーのユニフォームに対して抱くイメージとは似ても似つかないスタイルだった。

 俺はそんな磐田を見ながら強烈な既視感を覚えた。そして思い出す。そう言えば去年のボルケーノで先制しながら三失点を喰らって逆転負けを喫したのもこの磐田だった。磐田は一年前からずっとこのスタイルを貫いてきたのだろうか。それとも相手が名古屋だから仕方なしにこのスタイルで戦っているのだろうか。
 そしてこの試合の名古屋はまるでその一年前の試合のリプレーのように、前半のうちにカウンターから右サイドを破られて一点を返されると、後半に入ってからハーフウェーライン付近からのFKを合わせられて同点。そして動揺を抑える間もなく相手にPKを献上して逆転を許してしまった。

 この試合で戦った両チームのうち「サッカー」をしていたのは間違いなく名古屋の方。どちらのチームの方が力が上かと問われても俺は間違いなく名古屋と答えるだろう。だが名古屋は強力なアタッカー陣が最後まで磐田のブロックを打ち破れず、結果的にはその力(の差)をピッチ上に反映することが出来なかった。
 名古屋と磐田で何が違っていたのかと言えば、磐田が技術や戦術とはまた別次元で試合に勝つための狡猾さや駆け引きを持っていた点だろうか。この年代でそれに走ることが良いか悪いかは別として、例えば名古屋の選手が躊躇っていた危険な場面でのプロフェッショナルファールを磐田の選手達は当たり前のようにやっていたし、磐田の選手達は目の前の試合に勝つためなら「サッカー」を捨てて勝負に徹することが出来る。また名古屋の選手達が黙々と目の前のプレーに集中する一方で、磐田の選手達は明らかなオンサイドでもDFラインが大きく手を挙げて副審にオフサイドをアピールしたりもする。
 対する名古屋はと言えば、例えば前半リードを奪った後に(全体的にやや判定がデリケートだった)レフェリーに「早くスタートして」とカードをチラつかせながら催促されたGKの板倉が、その後明らかにゴールキックのプロセスが速くなり、後半のチームの流れが悪い(ひと息つきたい)時間帯にも慌てて蹴ってそのまま相手にボールを渡してしまったりしていたシーンに代表されるまでもなく、どこか素直で駆け引きなどは二の次なイメージだ。
 ひと言で表現するなら養殖によって育った純粋培養のエリートが、生き抜く術に長けた天然ものに屈した試合といった感じだろうか。市場価値が高いのは圧倒的に前者だが、ここ一番で勝負強いのはひょっとしたら後者かもしれない。

 敢えて書かないが名古屋は俺が相手チームの監督だったら徹底的に「ここ」を狙うという分かりやすいウィークポイントがあり、この試合でも「そこ」は何度も狙われていた。今後チームが戦術や人選を含めてどう変えていくのかは分からないが、これだけ個々の能力が高い選手達ならもう少しチームとして上手く噛み合う組み合わせがあるような気がしないでもない。この試合の結果は残念だったが、現在の課題を修正して来るべく8月の全国大会では是非その力を結果に結び付けてその強さを証明して欲しいところだ。本当は「この敗戦が全国に臨む上では良い薬となると期待したい」ぐらいの強がりを書きたいところだが、それよりも気になるのは、名古屋が東海U15リーグ(前期)の優勝決定戦となった清水戦でも2-0から2-3と逆転負けを食らったばかりということで、これが彼等にとって変なトラウマにならなければいいなと思うし、チームには相手どうこうよりも2-0から勝ち切るだけの勝負強さを身に付けて欲しい。
b0036243_2313288.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-07-16 02:07 | Youth
プリンスリーグ東海2010 第9節 名古屋U18×海星高校 @トヨスポ
 クラ選東海大会の準々決勝@サッカー場の終了後、第2グラウンドに移動してU14のトレーニングマッチ(×カターレ富山)とプリンスリーグ東海2010の最終節を観戦。プリンスについては同じ16時キックオフで飛騨古川合宿から帰って来たトップチームのトレーニングマッチ(×浜松大@トヨスポ第1グラウンド)と重なっていたが、トップチームは来週の大宮戦でじっくりと合宿の成果を堪能させてもらうことにしよう。なおカターレとトレーニングマッチを行っていたU14は、クラ選の東海大会(U15)に選手登録されているメンバーがトップチームの現在のモデルのユニフォーム、登録されていないメンバーがひとつ前のモデルのユニフォームと新旧ユニフォームがピッチ上に混在していたのが斬新な光景だった。

 というわけでプリンスリーグ。既に高円宮杯出場を決めている名古屋U18がプリンスリーグ最終節でトヨスポに迎え撃つのは、今年プリンスリーグ1部で唯一未勝利と最下位に沈んでいる海星高校。正直名古屋がここで取りこぼすとは思えないし、この試合の内容が再来週に開幕するクラ選に向けての参考になるとも思えないが、そんな試合をどうしても見ておきたかったのは、名古屋がここ数試合これまでと違うメンバーで戦っているらしいため。どういった事情があるのかは分からないが、メンバーが入れ替わってもここ2試合で磐田、静学という目下のライバル達を相手に引き分けを演じているチームが一体どういったプレーをしているのかどうしても見てみたくなった。

 名古屋のスタメンは、こんな↓感じのフォーメーション。

    大西  奥村

小幡  川村  近藤  加藤

渡辺  川本  奥山  野崎

      石井

 古川や岸、金編、高原、水野といったこれまでの主力選手達は、途中交代やこの後行われたB戦で先発していたので負傷などではないのだろう。(B戦は相手のプレッシャーが弱かったとは言え)水野などはむしろコンディションも良さそうだったので公式戦で見たかったところだが…。

 試合は開始早々に名古屋がアッサリと先制に成功する。左SBの渡辺が相手の右SBとCBの間に出来たギャップにフィードを落とすと、そのスペースに流れた大西がこれを拾って縦に抜ける。そして中央から並走する奥村に折り返しを流し込むと奥村がこれを落ち着いてゴールへと蹴り込んだのだった。このシーンに代表されるように、SHが相手のSBを引き付けてDFラインにギャップを作り、そこにDFの間を斜めに抜けるようなFWのランニングと最終ラインからフィードを合わせるようなパターンはこの試合で幾度となく展開されていたし、SHのポジショニングをキッカケとしたいくつかのパターン化された攻撃の形を名古屋は持っているのだろう。

 しかし幸先良く先制した名古屋だったがその後が続かない。名古屋の攻撃に連動性が生まれてスピードアップするのは2トップにボールが収まった時なのだが、肝心の2トップにボールがなかなか収まらない中では、スローインから奥村がヘッドで後ろに流したボールに反応した小幡がDFラインの裏に抜け出してGKと1対1になった決定的なシーン(シュートはポスト)などもあったものの、前半のうちに1点を奪うのが精いっぱいだった。

 ただ、対戦相手(と後々大きな意味を持つことになる得失点差)を考えればスコア的にも不満が残り攻撃のクオリティ自体も決して高くはなかったとは言え、選手一人一人のモチベーションの高さは十分に伝わって来たし、そのひとつの象徴として川本を筆頭にピッチ上で非常に良く「声」が出ていたのは印象的だった。そしてそれは前半が終わって選手が控室に戻った後のピッチがなんだか静まり返っているような錯覚を覚えさせたほど。また球際でも非常によく闘っていたこのチームは、確かにビルドアップの過程でミスからボールを失ってしまうシーンが多々あったのは事実だが、奪われたその場から奪い返しに行くようなディフェンスをしていて、それはあたかも格下の相手に一切サッカーをさせるつもりがないという強い意志を示しているかのようだった。こういうのを見ると、コーチングスタッフがしょっちゅう口にしている「メンタル」という部分もやはりそれなりに成果が現れているのかもしれない。

 後半もまた開始から程なくして得点が生まれた。奥村からパスを受けた小幡がそのままゴールに向かって突進すると、アタックに来るDFを切り返し一発で外しそのまま効き足でない右足を振り抜く。GKからしてみると少しボールがブレていたのかもしれないその強烈なシュートは、まるでGKを吹き飛ばすかのように豪華にゴールネットへと突き刺さった。さらに小幡はその直後今度は近藤のスルーパスから抜け出すと、ドリブルで持ち込んで冷静にGKを外して左足でゴールへと流し込みチームとして決定的な3点目を挙げたのだった。ひと際小柄ながら技術が高い上パワフルで圧倒的なキレ味を誇るこのアタッカーは、かつてユーゴスラビアでピクシーとともにEURO(2000)を戦っていたドゥルロビッチのようだ。
 切れ味という面では小幡と対をなす加藤翼も負けてはいない。ゴールラインまでの距離が5.5mしかないゴールエリアの中で相手DFと相対した状態から縦に勝負して抜いていくようなシーンがこの試合でも何度かあり、これはほんの2,3mあれば相手DFを置き去りに出来るだけのスピードがあるということを意味している。細かなコンビネーションを用いた崩しもいいが、名古屋と言えばその象徴はやはりサイドアタッカーでありサイドハーフ。その意味では彼ら二人はまたこれまでと違ったタイプながらもしっかりと名古屋の系譜を継承している。

 格上の名古屋が3-0と得点差を拡げたことは会場全体にどことなく緩んだ空気をもたらした。その空気に迎合したわけではないだろうが、名古屋ベンチも川村に代えて岩田(小幡がボランチへ)、奥村に代えて高原、野崎に代えて金編、加藤翼に代えて加藤凱と次々と新しい選手を投入するテストモード。もちろん代わって入った選手達は先発で出てもおかしくない選手達で接戦であったとしても同じような交代が行われていたのかもしれないが、その間に(アクシデント的な長距離の直接FKを含め)2ゴールを奪われ一時は点差を1点差にまで縮められてしまったことは、これらの選手交代とは決して無関係ではないはずだ。まあかくいう俺も岩田が登場した後は、試合の流れや全体の動きそっちのけで、この次世代を担うサイドアタッカーの一挙手一投足に釘付けとなって、その場の空気を作っていた一人なわけだが。

 予期せぬ失点を二つも喰らってこの試合初めて小川監督が選手達に声を掛けるべくベンチから出てきたが、選手達を奮い立たせるわけでも目覚めさせるわけでもないようなそのアクションは選手達にどこまで届いていただろうか。その後試合終了間際に大西に代わって入った藤田から高原へとボールが渡り二点目の小幡と同じように切り返しから右足で高原らしい抑えの利いたシュートが決まって海星にトドメを刺した名古屋だったが、これはむしろ選手達自身による意地のゴールのように思えた。

 そして試合は4-2のまま終了。首位の清水が引き分けたため、名古屋は得失点差僅か「1」の差で清水に優勝を譲ることになった。たらればは禁句だが、この試合の相手は比較的コントロールしやすいレベルだっただけに、これはなんとももったいないのひと言に尽きる。

 この後のB戦や翌日の東海学園とのトレーニングマッチを見るとベンチからはしきりに「テンポ」を意識したコーチングがなされていた。トップにクサビを当てて後ろの選手が(三人目の動きも含めて)それに絡んでワンタッチでテンポ良くつなぐスピーディーなコンビネーションサッカーで相手の守備ブロックを突破する攻撃を意図しているのだろう。確かに相手のレベルが格下であれば個の能力に依存した攻撃でも得点を奪えるかもしれないが、相手のレベルが上がってくればグループで連動した攻撃をしかもテンポアップして行わないとラストサードで突破できないだろうし、そんな攻撃で全国の強豪チームをチンチンに出来たら観ている方もやっている方も爽快だろうとは思う。ただ現時点で言えば残念ながら個々の技術も選手間のコンビネーションもその水準には達していない。
 これがチームとしてより高いレベルにチャレンジするために必要なことであると言うならば観ている側にも我慢が求められるのかもしれないが、コンビネーションがまだチグハグだったり、メンバーの半分をごっそり入れ替えてチーム全体の力を底上げしていくようなチーム作りの在り方などは(クラ選そして高円宮杯という全国大会を目前に控えたこのタイミングにも関わらず)まるで2~3月のジャパンユースや新人戦でも観ているかのような印象も漂う。
 とは言え、ここまで来てジタバタしても仕方ないので、24日に開幕戦を控えたクラ選では準決勝・決勝まで勝ち進んでの関東凱旋、そして9/4に開幕する高円宮杯では間違ってもグループリーグが札幌会場に飛ばされないことだけを個人的には願いつつ、このチームのより成熟した姿に再会出来る日を楽しみに待ちたい。
b0036243_0121168.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-07-14 00:09 | Youth