Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
カテゴリ:Youth( 186 )
クラ選東海大会 準々決勝 名古屋U15×岐阜VAMOS @トヨスポ(サッカー場)
 この試合に勝てば全国大会出場が決まる東海大会・準々決勝。仮に敗れたとしても、昨年の全国大会で名古屋やジュビ沼が上位に進出したおかげで東海の枠が昨年の4→5に増えているので、敗者復活の芽があるのだが、反対側のブロックから決勝まで勝ち上がって来るであろう清水に東海U15リーグのリベンジを果たすためにも名古屋にはトーナメントを勝ち進んでもらいたいところだ。もちろんこのチームにはそれだけの力があるし、それどころか全国でも十分に上位を狙えるだけのレベルにはあると俺は思っている。

 名古屋のスタメンは、おおよそ下のような感じの並び。これまでアタッカーとしてプレーする機会が多かった曽雌をやや後ろに下げて守備時には石川と並ぶような感じでブロックを作らせつつ、左SHに鋭いドリブル突破が武器の伊藤が戻ってきたのが先日の関東遠征からの変更点。そしてトップにはこのところU-18のプリンスリーグに駆り出されていたエース北川が帰還。

         北川

伊藤       森       宮市

      石川   曽雌

加藤   松田   中島   若園

         板倉

 キックオフとともに目立ったのは、硬さというのとは少し違う力みのような感覚。目の前の試合に一刻も早く方を付けて全国大会行きを決めてしまいたいという焦りなのか、それとも直前の試合で昨年決勝を争ったジュビ沼がPK戦の末名古屋FCに敗れるという番狂わせを目の当たりにしたことによる微妙な影響なのかは分からないが、一人一人のプレーヤーから「自分がなんとかしよう」というような気負いが感じられ、少しづつ判断が遅れるような場面が目立っていた。

 そんな名古屋にあってひと際その存在感が目を引いたのがアンカーの位置にいる石川だった。中盤の底でボールを落ち着け多彩なキックでピッチを広く使いながら名古屋の攻撃をスウィングさせていた彼は、一年半前に初めて見た時に「熊谷アンドリューみたい」という感想を持った記憶があるが、その頃よりも確実にスケールアップしている印象で、素材が練磨されそのポテンシャルが顕在化し始めている印象を受けた。

 そして時間の経過とともに落ち着き(いつものペース)を取り戻して行った名古屋は、給水タイムを挟んで、左サイドで加藤→北川とドリブルでの仕掛けが連鎖し、北川がゴールライン際まで持ち込んでのマイナスの折り返しから誰かが放ったシュートがこぼれたところに再び北川が詰めて待望の先制点を獲得する。去年までと比べればボールを受けても自分で行くだけではなく周りも上手く使えるようになっていた北川だが、こうしたところで決めるあたりはさすがにエース。
 その後試合は、エースの一発でさらに落ち着いたのか、先制点の直後にはスルーパスに抜け出した伊藤が飛び出してきたGKに倒されて相手GKを退場に追いやる(森が蹴ったエリアすぐ外からの直接FKはバーの上)と、攻め上がった石川の鮮やかなボールコントロールからの絶妙なスルーパスに再び抜け出した伊藤が今度は左足でGKの脇を抜き追加点を奪って前半を折り返した。

 ただ全国というレベルと照らし合わせた時に、この前半の名古屋の試合運びが盤石なものだったかと言えば決してそうとばかりも言い切れない。それは何も肩に力が入っていた立ち上がりの話ばかりではなく、この試合を通してしばしば見られた光景でもある。
 前の4人が攻撃時に高い位置を取る名古屋は、攻撃の過程でボールを失って逆襲に遭うと二人のボランチ(石川と曽雌)の脇に大きなスペースを空けてしまう。ボランチの二人は基本的には中央を空けないように締めているものの、せめて逆サイドのMFが絞ってもう少し守備に貢献出来るようにならないとブロックとしては厳しいだろう。相手がこのVAMOSのようにそこにボールを運んでから崩し切るまでの力がなければいいが、全国大会で勝ち抜くためにはこの状態は少し心許ないかもしれない。

 後半も名古屋は得点を重ねる。左サイドを北川とのワンツーで抜け出した加藤の左サイドを深くエグッてからの折り返しに右アウトサイドからゴール前まで詰めて来た宮市が合わせてさっそく三点目となる追加点を奪うと、その後も良く言えばコンパクト悪く言えばDFラインの背後にスペースがあるVAMOSに対してそのDFラインの裏を狙った攻撃が次々と敢行される。
 そして再び給水タイムを挟んで、宮市に代わって右サイドに入った児玉がさっそく左サイド伊藤のドリブル突破からの折り返しをゴールに沈めると、さらに北川に代わって入った二年生の桜井が裏に抜けたボールに反応して冷静にゴールネットを揺らして5-0。交代選手も結果を残した。

 強いて言えばその後も度々訪れた決定機で決め切れなかったり、ラストプレーで失点を喫してしまうなど、試合の〆め方に課題を残した名古屋だったが、一人少ないVAMOSに対して完勝という結果は順当なものだろう。あとは選手達がラストプレーでの失点を教訓としつつも引きずることなく、明日の準決勝、そしてその先の決勝、全国大会へと一段づつ階段を昇りつめて行って欲しい。
b0036243_1513281.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-07-10 23:37 | Youth
トレーニングマッチ 東京Vジュニアユース×名古屋U15 @よみうりランド
 飛び級で昨年のU-15年代の大会に出場していた選手(北川を筆頭に曽雌、森、宮市等)を除けば、チームとして彼等を観るのはちょうど一年ぶりとなる今年の名古屋U15。クラ選(U-15)の東海大会を前に組まれたこの関東遠征では、昨日は産能大グラウンドで湘南U16と、そして今日はよみうりランドでヴェルディのジュニアユースと試合を行うらしい。昨日バスで名古屋から伊勢原にやって来て18時から湘南U16と試合をしていたらしい彼等が日本×オランダ戦をどこで観たのかというのは非常に気になるところだが、個人的にはそんな国民的関心事の日本×オランダ戦に匹敵するぐらい、成長期の真っ只中にある彼等がこの一年でどれぐらい変化を遂げているのかということが注目ポイント。時を同じくして横浜に遠征を行っているU-18のBチームよりもこちらの試合観戦を選んだのもそういった理由が大きい。

 ピッチに入って来て整列した選手達を観て最初に強烈な違和感を感じる。その原因は名古屋に背番号「9」が二人いることであるのは間違いない。昨日の試合でユニフォームが破れたりしたのかな?と思いながらよーくその二人の9番を見てみると、一人はこのU-15で背番号9を背負う森で、そしてもう一人はどうやらU-13で背番号9を付けている桜井が普段のユニフォームのままこの遠征に帯同しているようだ。昨日クラ選(U18)の東海大会に途中交代で出場したらしいこのチームのエース北川の代役だろうか。

        桜井

宮市       森      曽雌

     直江   石川

加藤   松田   中島  後藤

        板倉

 このトレーニングマッチで立ち上がりに主導権を握ったのはヴェルディだった。ユースかと見間違うほど大型の選手が揃うヴェルディの圧力が予想以上だったのか、名古屋は思うように試合を進められない。もっとも3月に今回のU-15と同じスケジュールで試合(遠征)をこなした(前日夜に伊勢原入りして湘南と試合を行い翌日は朝からよみうりランドでヴェルディと試合を行う)U-18がヴェルディとの試合ではかなり身体が重そうだったことを考えれば、彼等も疲労の影響が多少はあるのかもしれない。

 しかしそんな劣勢下にあって、キャプテンマークを巻くトップ下の森がやや遠目から強引なシュートを何本か放ったあたりから名古屋は少しづつ自分たちのリズムを取り戻し始める。時間にしてキックオフからおよそ10分。中央でクサビのボールが収まり始めた名古屋は、そうなると今度はサイドのスペースを使えるようになりピッチを広く使った攻撃でヴェルディの圧力を押し戻すことに成功した。これが彼等が普段からトレーニングしているスタイルなのだろう。

 そんな中先制点を奪ったのもやはり名古屋で、右サイドからのアーリークロスに対して、そのまま右方向へのトラップ一発で飛び出して来たGKを置き去りにした桜井が、ボールの落ち際を豪快なボレーで叩いて逆サイドのネットに突き刺すスーパーゴール。これは二年前のバーモントカップや先日のプレミアカップでも思ったことだが、浮き球の処理が抜群に上手い桜井は往年のベルカンプを彷彿とさせるプレーヤーだ。もうひとつの彼の持ち味である独特の緩急を付けたドリブルによって自ら切れ込んで行くプレーこそこの試合では見せる機会がなかったものの、多少怪しいクサビのボールでもキレイにコントロールして足元に収められる桜井はその後もトップから少し下がった位置でボールを受けて前線で基点となるようなプレーを見せていた。試合の立ち上がりこそ普段一緒にやっていないこともあってか森との役割分担が明確でない部分もあったが、石川からのクサビを受けた桜井が左サイドの宮市へと展開し、サイドを破った宮市からのクロスボールにゴール前で森が飛び込んだシーンなどは、森の足が一歩届かずゴールにこそならなかったものの、とても急造コンビとは思えないスムーズな流れだった。

 DFラインから丁寧にボールをつなぐ名古屋は、中でもゴールキックになると両SBが高い位置にポジションを取り、両ストッパーが左右に開いたところに顔を出したアンカーの選手(このメンバーでは石川)がボールを受けて前に運んで行くというバルセロナ風のビルドアップを見せたりもする。そして名古屋にとっての二点目はまさしくこの形からで、ボールを受けた石川からポンポンとテンポ良くタテに2本3本とパスがつながり、最後は右サイドの大外からDFラインの裏に飛び出した曽雌にスルーパスが出るとGKとの1対1を曽雌が冷静に沈めた。

 前半は結局この2得点によって2-0とリードしたまま終えた名古屋だったが、最初の10分を除けば完全に試合をコントロール。ヴェルディは決して弱いチームではなく、特に個々のプレーヤーの能力はフィジカル的にも技術的にもかなり高いレベルにあるが、名古屋はもともと個々の能力が高かったチームが攻守両面において非常によくオーガナイズされた好チームになっていて、チームとしてヴェルディを凌駕していた。
 昨年のプレミアカップ(やその直前の関東遠征など)で観た時には強烈な攻撃力を持ちながらも時として全体が前掛かりになり過ぎてバランスを崩していた印象もあったが、攻守にバランスを保ちながら組織として機能しているところにこのチームの成長を感じる。また上手いチームにありがちな淡白さもなく球際でもしっかり闘えるあたりは、昨年までのチームが持っていたアグレッシブさを良い意味で残している感じもした。

 後半になると選手交代もあってディフェンスのバランスが崩れた名古屋はヴェルディにDFラインの裏を狙われるようになるが、ダイレクトで裏を狙ってくるヴェルディに対して、DFラインの前でワンクッション入れて裏を狙う名古屋も反撃。そして加藤に代わり左SBに入った若園が左サイドを石川とのワンツーで抜け出すと、鋭いドリブル突破で一人二人と交わして行き、ゴールライン際から戻したボールをゴール中央で宮市が無人のゴールにプッシュして名古屋が3-0と点差を広げる。
 その後さらに選手交代や疲労によって次第に前半のようなサッカーが出来なくなる中、ヴェルディに中央から強引に破られ一点を返された名古屋だったが、DFラインを中心として声を掛け合いながらヴェルディに追加点を許さなかった。U-15東海リーグ(前期)の最終節で清水に2-0から逆転負けを喫したこともこのチームにとっては良いレッスンとなって糧になっているようだ。

 試合を終えたピッチ上を見てていると、高田監督とヴェルディのスタッフの人が何やら会話していてどうやら三本目を行う模様。今日はクラ選(U18)関東予選の横浜ユース×三菱養和@小机か久保(明治)と酒井(駒澤)のライバル対決@西が丘をハシゴしようと思っていたが、そちらは回避して三本目を観戦することに。

 名古屋のメンバーは二本目の途中から入っている選手も含めてこんな↓感じ。

         児玉

伊藤       石田     濱田

      金     松田

青山   大橋   中島  若園

        近藤

 青山と大橋は先日のプレミカップでも主力として活躍していた二年生。これでまたピッチ上には背番号2が二人(松田と青山)いる状態に。

 時間もコンパクトな中で行われたこの試合はDFラインからのパスミスをそのまま持ち込まれて一点を失ったものの、相手にとっては三本目ということも影響したのか、名古屋も左サイドの伊藤の所から何度も良い形を作っていた。普段試合出場の機会が限られる選手達が多いこともあってか、昨年までのチームと同じような感じで悪い流れになる場面もあったが、相変わらずキレのあるウインガーらしいドリブル突破を見せる伊藤や、こちらも相変わらず周りの状況をしっかりと把握出来ているクレバーなプレースタイルがどことなく中田英寿っぽい雰囲気を醸し出している金、ボランチに一列上がっても違和感なくプレー出来ていた松田、大柄な一学年上の選手を相手にしても当たり負けしていなかった二年生など、個々のプレーヤーレベルでは良い部分も多く見受けられた三本目だった。
 今後は夏のクラ選、冬の高円宮杯に向けてこの試合の三本目に出たメンバーも含めてレギュラー争いが激しくなっていくと思われるが、まずは7月から始まる東海予選を勝ち抜いてJヴィレッジへの切符を勝ち取って欲しい。
b0036243_21192044.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-06-20 21:19 | Youth
JFAプレミアカップ2010 名古屋U-14×長岡ジュニアユースFC @Jヴィレッジ
 第一試合から三時間半のインターバルを挟んで行われた第二試合の相手は北信越第1代表の長岡ジュニアユースFC。第一試合では愛媛FCに5-2と大勝しており油断できない相手であるとともに、この試合が決勝トーナメント進出に向けたグループAの首位攻防戦であることを考えると名古屋としては負けられない。

 長岡の印象はサイズと規律だ。ひと際目を引く長身の11番とサイズは11番ほどではないがいかにも運動能力が高そうな17番の2トップを筆頭に、大柄な名古屋の選手達に引けを取らないサイズの選手達がピッチ上には点在している。そしてボールホルダーへの寄せが速く忠実なディフェンスとソリッドな守備ブロックからこの2トップにボールを集める形で発動するカウンターは、名古屋にとっても脅威であり続けた。

 一方名古屋にとってみれば、第一試合と同じスタメンで臨んだこの試合は、7-0という圧倒的なスコアを記録した前者よりも、チームとしても内容が良かったし、個々のプレーヤーという意味でもそれぞれの特徴が発揮されていた好ゲームだった。1-0というスコアを考えれば、長岡が一発の怖さを秘めていただけに決して落ち着いて見ていられるような状況ではなかったが、キックオフから終了のホイッスルまで終始ゲームをコントロールしていたのは名古屋であり、最後まで集中を切らさなかったDF陣が長岡の2トップを完封したことで、終わってみれば長岡からしてみれば「何も出来なかった」試合になったのではないだろうか。

           桜井

川村         森       青山

       杉原    笹沼

長谷川    大橋    赤塚   吉住

           佐藤

 立ち上がりから名古屋は長岡のカッチリとしたディフェンスをいなしながらボールを動かし、DFラインの裏へとボール(と人)を送り込むタイミングを伺っていたが、長岡の組織的なディフェンスを前にしてもそのパスが袋小路に追い込まれなかったのは、個々のプレーヤーのキープ力やテクニック(ターンやフェイントでマークを外す動き)もさることながら、パスを出した後も足を止めなかったり、ボールホルダーに対してサポートに入る動きが徹底されていたからだろう。そしてもし長岡のディフェンスにボールを奪われたとしても、名古屋の選手達はそれを上回る集中力で攻守の切り替えを行い中盤での素早い寄せからボールを奪い返すようなシーンが立ち上がりから頻発していた。

 前半から長岡のディフェンスをかいくぐり何度かのチャンスを作っていた名古屋にとってはあとは決めるだけという状況だったが、こうした時間値が続くと長岡にも「一発」があるだけに全く予断は許さない。そんなチームとしての危機を救うキッカケを作ったのがこの試合で出色のパフォーマンスを見せていたWボランチだったのは偶然ではないだろう。笹沼が中盤の底からボールを持ち出し前線へと送り込むと、そのこぼれ球を笹沼とコンビを組む杉原が左足一閃。強烈なシュートはバーを直撃し、その跳ね返りを左サイドから走り込んだ川村がプッシュした先制ゴールはやはりWボランチが起点となっていた。

 この試合では笹沼とともにWボランチを組んだ左足のテクニシャン・杉原の散らしも効いていたし、CBでは赤塚と同様に大橋も安定感のあるディフェンスを見せていた。アタッカーでは絶対的な存在である桜井に加え右サイドを圧倒的なスピードでぶっちぎる青山もすっかり攻撃の核と呼べる存在だ。こう考えると、もともと一昨年の全少準Vの主力でもあった桜井、笹沼、赤塚というセンターラインを中心としていたこのチームは、この一年間で全員が主役と呼べるチームへと変貌を遂げたようだ。彼等がこの大会を通して(チームとしても個人としても)更なる進化を遂げ、夏にマンチェスターの舞台に立てることを願いたい。
b0036243_23294056.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-05-02 23:32 | Youth
JFAプレミアカップ2010 名古屋U-14×レオーネ山口 @Jヴィレッジ
 現高2の高原の世代ではベスト4、そして昨年は準優勝と着実に階段を昇り詰めている感のある名古屋のJFAプレミアカップへのチャレンジ。昨年のチームは元々能力が高い選手が多いと評判だった現中3の世代に早生まれの「オーバーエイジ」組二人(しかもその二人というのが一学年上のチームのキャプテンである真柄とDFの要であるニッキというほとんど反則級のセット)を加えた文字通りの最強チームだったが、今年のチームは一昨年の全少で準優勝を果たしたチームをベースに、昨年の全少で優勝したチームから杉森と森という「飛び級」組を加えたチーム編成になっているのが面白い。
 そして迎えた大会初日グループリーグ第一戦では森が堂々スタメンに名を連ねた。昨年の全少で観た時に「既に完成された選手」という印象を受けた森だが、そうは言っても一ヶ月前まで小学生だったわけで特別身体が大きいわけではないのだからこれは驚嘆に値する。

 ヨンセンや本田を思い起こさせるひとつ前の型のユニフォームを身にまとう名古屋は、エースの桜井の下に1年生の森が陣取る4-2-3-1のような形。

           桜井

川村         森       青山

       杉原    笹沼

長谷川    大橋    赤塚   吉住

           佐藤


 ウォームアップを観る限り少し緊張しているかな?という感じがしたが、キックオフ直後の先制点とその後のゴールラッシュを誘発することになる相手チームの致命的な欠点によってすぐにリラックスすることが出来たのはうれしい誤算だったかもしれない。

 相手のレオーネ山口は、この大会の常連であるサンフレッチェを倒して中国予選を勝ち上がってきたチーム。二年前の高円宮杯(U-15)で久永や原川(ともに現京都ユース)を擁してベスト4と旋風を巻き起こしたのも記憶に新しい。しかしこのチームは攻撃ではしっかりとパスをつないでサイドを使ってくるオーソドックスなスタイルながら、ディフェンスでは常に高い位置を保っているDFラインが積極的にオフサイドトラップを仕掛け、その裏のスペースをカバーするためにGKがやたらめったらペナルティエリアから飛び出してくるという今の時代ではかなり特異なスタイルを打ち出していた。

 そんなレオーネに対して、初戦ということもあり立ち上がりは慎重に行こうしていたのかダイレクトの傾向が強かった名古屋の戦い方がバッチリハマってしまった。開始早々に赤塚の前線へのフィードに爆発的なスピードで右サイドからDFラインの裏に抜け出した青山が飛び出してきたGKの鼻先で左足ミドルを蹴り込んで先制に成功すると、名古屋は前線のアタッカーが次々とDFラインの裏に落ちたボールに反応しビッグチャンスを作り出す。

 そしてDFラインの裏へ抜け出してドリブルでGKとの1対1を交わしてから無人のゴールと流し込むという同じような形で桜井と川村が相次いで得点を奪ってスコアを3-0とすると、ようやくピッチ上の選手達の落ち着きを見せ始め、それを感じ取ったベンチからは1本のパスではなくもっとDFラインからしっかりつないで相手を崩せというような指示が出始めた。
 もしこの試合で名古屋が一貫してダイレクトプレーを続けて、青山の先制ゴールのようにDFラインの裏に抜け出した(或いはボールを奪った)段階で不用意に飛び出してくるGKの頭越しにシュートを打っていれば、おそらく前半だけでも10点以上の点差がついていただろう。しかしあまりに簡単にゴールチャンスが訪れるためか、逆にそういったシンプルなゴールを許さないような雰囲気がピッチ上には出来あがっていた。それはまるで、ゴールががら空きでも遠目から狙ってはいけないし、DFラインの裏に抜け出してGKと1対1になってもシュートはドリブルでGKまで抜いてからという暗黙の了解が存在しているかのような光景だった。

 その後試合は、桜井へのクサビから桜井が右サイドへと展開し、右サイドをエグった青山のクロスがゴール前でこぼれたところで、詰めていた桜井がプッシュするという、ベンチからも「ナイスゴール」の声が飛んだ理想的な形で名古屋が4点目を奪うと、その後もDFラインの裏でボールを受けた桜井がGKを交わして決めるという形で2ゴールを奪い、名古屋が実に6-0の大差をつけて前半を折り返した。

 後半になると名古屋は1トップに昨年の全少得点王・杉森を投入して桜井をトップ下に下げる布陣へと変更。そしてハーフタイムに再度DFラインからしっかりパスをつないで崩すようにという指示が徹底されたのか、選手達からは中盤の底で笹沼が中心となってゲームを組み立てようという意識が見てとれた。
 しかし相手DFの動きが揃う(準備が整う)前に裏にタテパスを通していた前半と違い、こうして細かくパスをつないでいると、その間にレオーネのDFラインはどんどん(ハーフウェーラインギリギリまで)押し上げてくるので、そこから半分苦し紛れにタテパスを出しても取り残された前線の選手がオフサイドに引っ掛かってしまう。また相手DFがコンパクトな状態でパスを回していこうとすれば当然ボールを奪われる(失う)機会も多くなる。ダイレクト一辺倒ではなくてしっかりとポゼッションしながらゲームを作っていくという自分達のスタイルはもちろん大切だが、名古屋はボールをポゼッションしながらどうやったら相手の裏が取れるのかという部分でのアイデアが不足していた。

 結局後半の名古屋はゲームの大勢が既に決していたこともあって交代で全ての選手に出場機会を与えたことなども重なり、結局ゴールはロスタイムに森山が決めた1点に留まった。初戦の入り方として7-0という結果は十分過ぎるものだが、(コンパクトを売りにしている相手にポゼッションで挑んで行くという噛み合わせの問題があるとはいえ)ポゼッションを志向した途端にチームがスタックしてしまった点などはこの後の試合でも修正が必要だろう。
b0036243_18374416.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-05-02 18:38 | Youth
プリンスリーグ東海2010 名古屋U-18×中京大中京 @トヨスポ
 体制を一新して臨んだ昨シーズンは最終順位が4位となり、5年連続で出場を果たしていた(うち準優勝が二回でベスト4が一回)高円宮杯出場を逃す結果となったプリンスリーグ。今シーズンは東海の枠が広がって上位4チームが高円宮杯出場権を得られるようになったが、来シーズンから始まるという全国リーグ出場のためには3位以内に入ることが必須条件となる。育成年代で「結果」だけに拘るのはナンセンスだが、一昨年と昨年に経験を積んだ選手も多くいる今年のチームには是非高いレベルでプレーをして欲しいし、その意味でもこのプリンスリーグは最低でも3位以内に入らなければいけない大会だ。

 名古屋のスタメンは3年生が5人で2年生が6人という構成。気になるのは岸の不在だ。ベンチには入っているようだし、先週はトップチームの練習試合にも出ていたようなので怪我ではないと思われる。トップフォームでないのであれば夏から始まる全国大会までにはなんとかそれを取り戻して欲しいところ。

      高原   奥村

加藤   水野   近藤   小幡

金編   川本   奥山   三鬼

         古川

 試合はキックオフと同時に中京が宮市ひとりを前線に残して自陣のスペースを埋めカウンターを狙うスタイルを打ち出してきた。前線に強力なドリブラーを揃える名古屋に対して中京・道家監督の頭の中には昨冬の選手権の神村学園戦の悪夢が蘇ったのだろうか。それとも自分達の戦力と名古屋の戦力を比較し、また宮市というこの年代屈指のタレントを活かす上で、最も理に適った戦い方がこれだったのだろうか。そして必然的にボールを保有する形となった名古屋は、序盤はそんな中京の出方を伺っていたのと、中京の前線にいるのが宮市である以上強引に攻めて変な形でボールを失いたくないという思いからかかなり慎重に試合を進めていた印象だった。

 そんな静かな展開の中で攻撃の口火を切ったのはやはり名古屋の10番小幡。ひと際小柄な左利きのアタッカーが得意のドリブルでサイドをエグッてからの折り返しや切れ込んでからのミドルシュートなどを見せると、それを号砲代わりに名古屋の攻撃もテンポアップ。それまで中京のブロックの外でボールを回していたようなポゼッションから一転、トップの高原にボールが入り始め、これを受けた高原が前を向いてドリブルで仕掛けることで名古屋の攻撃から俄然ゴールの匂いが漂い始めた。
 いくら名古屋のサイド攻撃が強力でも、大柄な選手が多い中京からしてみれば名古屋がサイドでボールを持っている分には怖くない。サイドを破られてクロスを上げられたとしても中央では問題なく弾き返せるからだ。しかしトップにクサビの縦パスを入れられ始めると話は変わってくる。そこではむしろ寄せの甘さが目立ち、高原に楽に前を向かれているようなシーンも多くあった。

 そんな高原のドリブル突破をによって得たボックスの外やや左寄りの位置からのFKで、相手の準備が整う前に水野がゴール前へとボールを入れるとこれに小幡が反応。慌てて止めに入った中京DFが後ろから小幡にのしかかるように倒してしまい名古屋はPKを獲得、これを小幡がゴール右スミにしっかり決めて名古屋が先制に成功する。そしてその後も名古屋のペースは続き、小幡と近藤によるショートコーナーからのパス交換から近藤がゴールに向かってボールを蹴り込むと、相手GKの前で高原が触るか触らないかの感じでボールを流し、これがそのままゴールネットへと突き刺さり、名古屋が2-0とリードして前半を終了した。

 後半になると、道家監督からハーフタイムの指示でもあったのか、中京が少しアグレッシブな姿勢を打ち出してサイドを使った攻撃に打って出る。個別のプレーで気になったのは、ボランチの位置に入っていたひと際大柄な6番の選手を、自分達のゴールキックの時には前線に上げてターゲットにしていたこと。大会プログラムによると190cmというプロでもなかなかいないサイズを持つ彼をターゲットにすること自体にはもちろん何の違和感もないが、もし中京がこの試合をこの6番の選手(でなくても他に大勢いる大柄な選手)と宮市の2トップで戦っていたらどうなっていただろうか。
 流れの中では前線に一人取り残されていた形の宮市に対して、名古屋は2人のCBが受け渡しながら(左サイドに流れることが多いので主に奥山が)見ていた感じだった。いかに宮市といえどもチャレンジ&カバーを明確に分担した二人のCBを突破するのは容易ではない。ここでもし宮市のほかにもう一人ターゲットとなる選手がいて、そのセカンドボールを宮市が狙っていたとしたら、名古屋のCBコンビも当然マークを分散せざるを得ず、その脅威は増していたのではないだろうか。CBのカバーにSBがしぼってくれば今度はサイドが空いてくる。
 後半に中京が挙げた追撃の一点(PK)は少なからずそんなことをイメージさせる展開からだった。現象だけ追えば、名古屋の攻から守への切り替えが遅くなったところで右サイドへと大きく展開されて、中京の右サイドアタッカー(7番)の突破に金編が思わず手を掛けて止めてしまったちょっともったいない形だったが、そもそも金編のカバーにCBがすぐに行けなかったのは、この試合でのCB二人が宮市に引っ張られていたからだろう。もし中京が宮市とは別に前線にターゲットを置いていたら、中京がこうしてサイドを突破するようなシーンはもっと増えていたかもしれない。
 中京は誰の目から見ても分かる宮市の個人能力に依存した戦い方(それはそれでいいと思う)で、愚直なまでにそのスタイルを実践していたわけだが、周りのサポートなどでその宮市をもっと活かす方法を考えたり、宮市自身をオトリにしてサイドを崩したりといった部分で策がなさ過ぎた。

 宮市の豪快なPKもあってにわかに活気付く中京だったが、同時にミスも多く流れを完全に引き寄せることが出来ない。そして前掛かりになったところでカウンターから奥村に独走を許し追加点を与えてしまう。追走する相手DFに当たられても倒れずゴールを目指して突き進んだ奥村の頼もしさが感じられたゴールだったが、奥村は前半試合に上手く入り込めていなかった印象だったので彼にとっもうれしいゴールだろう。足元の技術が高く密集の中でもクサビを受けて基点となれる奥村の存在はこの試合でも十分にその貴重さが伝わってきたが、ゴール前でFWとして最も必要な決定力を欠くような場面もあり、ゴールという結果を積み重ねることによって真のストライカーへと成長していって欲しいところだ。

 試合はその後コーナーキックからのこぼれ球(セカンドボール)を左足のボレーで豪快にゴール右上に決められた事故のようなゴールで再び中京が1点差へと追い上げたものの、高原、水野、小幡が絡んだ細かいパス交換からボックスのやや外でボールを受けた加藤翼が逆サイドネットに豪快なシュートを決めて名古屋が三たび突き放す。そして再びショートコーナーから小幡→近藤→小幡と渡り、小幡が鮮やかな弧を描くシュートを中京ゴールに突き刺しさらに追加点。締め括りはどうしてもこの試合で点が取りたそうだった高原が左サイドからボックス内へと持ち込み鋭い切り返しで相手DFを外すと、高原らしい左足のよく抑えが利いたシュートを決めてゴールラッシュを締め括った。終わってみればスコアは6-2だった。

 この試のMOMを挙げるとすれば個人的には近藤と水野のWボランチを挙げたい。宮市を抑え切ったCBコンビも立派だが、中盤でこの二人がことごとく攻撃の芽を摘んでいたことは、名古屋のディフェンスが宮市に仕事をさせなかったことと無関係ではない。また二人とも攻撃においても、真ん中でボールを散らすだけでなく、時には自分で前にボールを運んで行く様には力強さも備わってきた。唯一あるとすれば水野にはもっとゴールを意識して欲しい。類稀な才能を持つこのコンダクターは、この試合に限らずだがシュートコースが空いていてミドルシュートを打てるような場面でスルーパスに拘ってみたり、この試合でも一旦小幡に預けたボールを小幡がワンツーでボックス内に落としたのに水野が走り込んでいなかったというような場面があった。水野が「良い」選手というだけなくもっと「怖い」選手になった時が、水野自身もこのチームもワンランクステージが上がる時だと俺は勝手に思っている。もちろんポジション柄(近藤との役割分担柄)遮二無二ゴールを目指すわけにはいかないが、チャンスがある時にはゴールに対する貪欲さを失わないで欲しい。

 あとは高原や加藤といった俺のイメージの中では守備が苦手な選手達が危ない場面に戻って来て守備に貢献しているのを観ると、チーム全体として守備の意識がかなり高くなってきたことを伺わせる。会場は無反応だったが、この二人の他にも小幡などが周りの味方選手からディフェンスで「ナイス○○」と言われる場面は何度かあったし、全体としてチームは良い方向に進んでいるのではないだろうか。夏の全国大会で彼等に再開できるのが今から楽しみになってきた。
b0036243_0175652.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-04-29 23:46 | Youth
ダノンネーションズカップ 2010 in Japan @よみうりランド
 J下部16チームと東京都のブロック選抜16チームの計32チームが三日間に渡りよみうりランドでグループリーグとトーナメントを戦い、優勝チームには世界大会へのチャレンジも用意されているダノンネーションズカップ。夏の全少を前に全国のチームと対戦できるという意味で名古屋にとっては良い経験になるだろう。なお昨年の名古屋もこの大会では仙台や柏相手に苦杯を舐めてその悔しさもバネにして全少での優勝につなげている。

 グループDに配置された名古屋は湘南ベルマーレジュニア、東京第4ブロック選抜(杉並区)、東京第14ブロック選抜(西東京市、小金井市、武蔵野市、三鷹市)と決勝トーナメント進出を争う。目下のライバルは当然のことながら湘南になる。
 名古屋の初戦はその湘南と。東京のブロック選抜と比べればチームとして形になっていることが多いJ下部のチームとの対戦は個人能力の高さだけではなかなか勝ち切ることが難しい。裏を返せば名古屋がどれだけチームとして機能しているのかを見るにはこのJ下部同士での対戦を見るのが手っ取り早い話だ。

 名古屋のスタメンは下のような感じ。おとなしいチームは互いに名前を呼び合うことも少なく、プログラムと名前が一部一致していないと思われるので番号のみの表記で。ルールはFIFA公認のGKを含めた9人制だ。

      9
  14      13
      7
      8
  12   4   15
      1

 トップに張る9番を筆頭に大柄な選手が多く、身体の強さをベースとした球際の競り合いで優位に立つ名古屋は湘南に攻め切られるようなシーンこそほとんどないものの、緊張からか思い通りのプレーが出来ていない様子で、試合としては両チームともにシュートの少ない展開になった。名古屋はトップの9番にボールを当てて二列目の選手が飛び出すことで相手の裏を狙うスタイルのようだったが、なかなかスコアが動かない中で焦りが出てきたのか次第に個人技が前面に立つようになり、一人一人がボールを持つ時間が長くなると湘南のディフェンスの網に引っ掛かるシーンも多くなっていたが、個人能力で勝る名古屋にとっては危な気ないと言えば危な気ない展開のまま両チームスコアレスで試合を終えた。

 第二試合の相手は東京第4ブロック選抜。

      9
  14       6
      7
      8
  12   4   15
      1 

 昨年の大会の傾向を見てもわかるように、選抜チームが相手となると個人能力の差が如実にピッチに現れるので、選手達の良いところが見られるかと期待していたが、意外にも序盤は勢いに勝る相手に攻め切られるシーンが多数あり、展開としてはむしろ押され気味とすら言える内容だった。つなごうとしてインターセプトを喰らいゴールに迫られるという展開は、第一試合で今一つ機能しなかった自分達本来のサッカーに立ち返ろうとしたがゆえに招いた劣勢だったのかもしれないが、名古屋がチャンスを迎えるのはいずれもロングキック一発で相手の裏を取るような場面なのだからなんとも皮肉な話だ。 

 そんな名古屋がようやくリズムにに乗り始めたのは、中央をワンツーで抜け出した7番が名古屋の今大会初ゴールを決めた後。日本人が大好きな「司令塔」という言葉がしっくりくるこの左利きのテクニシャンはその後右サイドから前線に飛び出した6番に絶妙なスルーパスを送って二点目をアシストすると、同じく自らのパスからGKと1対1になった16番が放ったシュートがGKに当たったところに詰めてこの試合二得点目。2得点1アシストという活躍でチームの勝利に貢献した。

 グループリーグ最終戦は東京第14ブロック選抜。

      9
  14       6
      7
      8
  12   4   15
      1

 グループ1位で決勝トーナメントに進むためにはなるべく得点を奪って勝ちたい試合だったが、名古屋はここでもやはりペースを掴み切れない。しかし近年の名古屋U-12を見た中でも群を抜いてレベルが高いGK(1番)や、運動能力が高い15番や12番といったDFの粘り強いディフェンスによってなんとか相手の攻撃に耐えると、カウンターから、前線で右に流れながらポイントになった9番から7番→6番と流れるようにパスが渡り6番がシュート。名古屋が見事先制に成功する。その後も7番→8番→6番と渡って6番が追加点を挙げたことで試合の趨勢は決した。

 圧倒的な強さで全少を制した昨年のチームも、この大会では初戦で仙台に足元をすくわれたり、決勝トーナメント一回戦で柏に敗れていた。このチームもまだチームとして形になっていない部分が正直多いと感じるが、夏までに個人としてもチームとしても一回りも二回りも成長して再び全国の舞台で輝いて欲しい。
b0036243_15384741.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-26 15:38 | Youth
トレーニングマッチ 駒澤大学×名古屋U-18 @駒澤大学グラウンド
 ユースの関東遠征二日目の相手は、こちらも関東大学リーグの強豪・駒澤大学。名古屋ユース的には4年前の関東遠征で対戦して以来四度目の対戦。酒井、三宅、奥村情といった卒業生をコンスタントに送り出しており、酒井は三年生になった昨シーズンから右SBとして不動のレギュラーの座を確保、奥村も昨年は一年生ながら関東大学リーグでさっそく出場機会を得て得点も記録している。

 名古屋の先発は昨日の引き続き三年生が中心。昨日の試合で負傷退場した古川も無事先発している。

      奥村   大西

小幡   三鬼   近藤   藤田

佐藤   奥山    岸    金編

         古川

 4年前と同じくピッチ上に吹き荒れる強風と、フィジカルで押してくる相手に対してキックオフ当初はなかなか落ち着かなかった名古屋だったが、前線での小幡のドリブル突破を起爆剤として徐々にリズムを掴み始めた。昨日の中央大戦と同じようにしっかりとパスをつなぎながらゲームを作り、やや遠めからながらも「シュートで終わる」という意識が徹底されているようだ。

 その後小幡のドリブルが止められ始めるとそこからカウンターを喰らうような場面も増え、強風で持ち味のフィードを発揮出来ない岸のなんでもないパスミスからそのまま持ち込まれて先制された直後は、全体的にやや集中が切れたような様子も伺えた名古屋だったが、それでも無暗にボールを蹴るようなプレーを極力避けてしっかりと前を見てつなぐプレーを続けていくうちに再びリズムを取り戻し、この試合でボランチに入っていた三鬼の角度を付けたスルーパスから抜け出した藤田が決定的なシュート(バーの上)を放つなど惜しいシーンも作って前半を終了。

 また髪が伸びていたせいもあってコマスポの中の人に言われるまで全く気付かなかったが、前半の駒澤では三宅徹もCBとして先発しており、久しぶりにその豪快なヘディングでの跳ね返しを見ることが出来た。中山や伊藤といったレギュラーCBが卒業し三宅自身3年生になる今季は公式戦に絡んで欲しい。

 後半になると駒澤はメンバーを前半の間ピッチ脇でアップしていたグループに丸ごと入れ替え、それに合わせるかのように名古屋も5人の新しい2年生を投入してリフレッシュ。フォーメーションは4-2-3-1のようでもあり、高原と川村がタテ関係の2トップのようにも見えた。

         高原

小幡      川村      加藤

     水野    三鬼
 
都竹   奥山     岸    金編

         石井

 大学生と比べてもサイズ的に全く遜色なかった奥村や大西といった三年生と比べれば、小柄な選手が多い二年生が試合に馴染むまでにはまた少し時間が必要かななどと思っていると、後半開始早々に三鬼からの目の醒めるようなサイドチェンジを受けた小幡がドリブルで持ち込んで放ったシュートがポストに当たった跳ね返りを、高原が拾って冷静にゴールへと蹴り込みさっそく同点に追い付くことに成功する。その後すぐに岸の中途半端なクリアが風の影響もあってか上に浮きあがったところを豪快に叩き込まれて再度リードを許す展開となったものの、大学生相手にも全く怯むことなくプレーしている名古屋は高原が自らの獲得したPKを決め再び同点に追い付いて見せた。

 チーム全体がとても集中している様子が伺える名古屋は、相手のクサビやセカンドボールへのアプローチが恐ろしく速く、それと比べるとリアクションがやや怠慢な印象を受ける駒澤に対してサッと複数で囲み込み、刈り取ったボールを次々と縦に預けて前線のアタッカーの個人技を存分に発揮している。こうなるともはや伝統のキックアンドラッシュの残骸しか残っていないような3軍だか4軍だか分からない駒澤はタジタジどころか、ゲームを支配しているのは明らかに名古屋で、どちらが格上か分からないような状況だ。
 試合自体は好事魔多しとはまさにこのことで、チーム全体がイケイケで前掛かりになったことで1本の縦パスで裏に抜け出されて、GKと1対1を冷静に沈められた失点が決勝ゴールとなったものの、名古屋はGO FOR 2014 CUPの時に見せたような、相手がウンザリするほど前線のアタッカーが代わる代わるドリブルで仕掛けていくスクランブルアタックが再び輝きを放っていた。やはりこのチームの強みは小柄ながらもスピードとテクニックに溢れるアタッカー達によるドリブルでの仕掛けであり、彼等が前を向いて仕掛けられる状況をどれだけ作り出せるかがチームとして結果を残せるかどうかの鍵になるに違いない。

 個々のプレーヤーに目を移すと、格相手にさすがの2ゴールとしっかりと結果を残した高原もさることながら、ボランチとしてフル出場した三鬼が出色のパフォーマンス。潰しからビルドアップまでハイレベルにこなし、ボールを持っても大技あり小技ありとその能力をいかんなく発揮していた。あとは前半のみの出場となったが、とてもコンディションが良さそうだった大西が大学生相手にフィジカルで圧倒する(特にスピードで走り勝つ)ような場面が多くあり、彼のそうした特徴を生かせればチームとしてももっと幅が広がるかもしれない。
b0036243_6232457.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-22 04:18 | Youth
トレーニングマッチ 中央大学×名古屋U-18 @中央大学グラウンド
 二年ぐらい前までは春の恒例行事だったユース(U-18)による関東遠征での関東強豪大学との対戦。駒澤や早稲田といった関東大学リーグの強豪チームとの対戦は公式戦(プリンスリーグ)の開幕を前にした選手達にとっては格好の腕試しの場であるとともに課題を見つける貴重な場だっただろうし、個人的にも毎年その年の新チームをここで初めて観て、夏のクラ選や秋の高円宮杯でその成長を実感するのが恒例になっていた。

 今年は三連休を利用して中央大学、駒澤大学、浦和ユースとの対戦が予定されているとのこと。今日対戦する中央大学は言わずと知れた2008年度のインカレ王者で、昨シーズンの関東大学リーグでも2位の成績を残している強豪校。名古屋との関係で言えば、今シーズンからトップチームに加入した新井は昨年まで中央大学の最終ラインで中心選手としてプレーしていたが、そんな新井の獲得や今回の対戦に当たっても大きな影響を及ぼしていると思われるのは久米GMがかつて中央大学サッカー部でキャプテンを務めていたことだろうか。

 名古屋のスタメンは3年生が中心。1年生と2年生の一部は遠征自体に帯同しておらず地元に残して来たようだ。

     奥村  大西

藤田  水野  近藤  小幡

佐藤  奥山   岸   金編

       古川

 試合は序盤こそ大学生の強い圧力に対して中盤でボールを失うことが多くなかなかリズムを掴めなかった名古屋だったが、次第にそのプレッシャーに慣れてくるとDFラインから丁寧にボールをつないでトップにクサビのボールを当てそこに二列目が絡んで行くいつものスタイルでゲームを作れるようになってきた。そしてタテヨコにとボールを動かしながら相手の最終ラインに出来たギャップに対して2トップや2列目の選手が走り込みそこにボールを送り込む形で幾度となくGKとの1対1の局面を迎えることにも成功していた名古屋は、中央大学相手に十分に戦えていたと言っても過言ではない。
 しかし前半を終了した段階でのスコアは0-2。この結果は中央大学と名古屋との間にはラストサードにおけるクオリティに明確な差が存在していたことを示している。失点はいずれもカウンター気味に中央大学自慢のサイドアタックを浴びてのものだったが、相手陣内に入ったところで大きく左右に揺さぶるという最終局面におけるチームとしての崩しの形を見せつけられた1点目、(名古屋の選手達がGKとの1対1でシュートが枠を外れたりGKにぶつけてしまったりといったことを続けていたのとは対照的に)サイドからのクロスを胸トラップから冷静に目の前のマーカーをフェイントで外して叩き込まれるという個の力を見せ付けられた2点目を見てもそれは明らかだ。

 後半になると名古屋は選手を半分ローテーション。遠征メンバーが限られている以上、三日間で三試合をこなすためのローテーションは必須だ。

     高原  大西

小幡  川村  近藤  加藤

都竹  金編   岸   三鬼

       石井

 選手が入れ替わったこともあってか、再び試合に馴染むまでに時間を要した名古屋だったが、次第に小幡や高原といった前線の選手達が前を向いてボールを持てる時間が生まれるとチームとしてリズムを掴みだす。小幡が少し中寄りでプレーする時間が増えたことで、前半と比べればバイタルエリアを上手く使いながらそこを経由した攻撃も出来るようになった。そして前にボールが収まると最終ラインからは都竹や三鬼が積極的なオーバーラップで絡む姿も目立ち始める。相手もメンバーが変わっていたとは言え、こちらも互角以上の展開だった。

 その後試合は、相手が裏を狙って出したボールをゴールラインギリギリで拾った金編から都竹→小幡と、相手と相手の間に入り込んだ選手を経由して上手く縦にパスがつながって、前を向いた小幡からDFラインの裏にパスが出たところで相手DFに走り勝った大西が右足で沈めた名古屋が1点を返したものの、カウンターからサイドに出たボールに金編が引っ張り出されて、真ん中のマークが混乱したところでクロスに豪快なヘッドを合わされて1-3で終了。公式戦ではないが、名古屋としては前半のうちに試合を決めてしまえた「勝ち試合」を落とした印象だったが、それを出来るかどうかの決定力も含めたこのスコアがすなわち力の差だと言われれば反論のしようもない。

 大学生に前からプレッシャーを掛けられても慌てることなくしっかりとパスをつないでゲームを作り、むしろその浅くなった相手DFラインの裏を突いて決定的なチャンスを作れていたことは大きな収穫。しかしゴール前での決定力を含めてアタッキングサードでのプレーのクオリティという面ではチーム・個人の両面で課題が残ったと言えるだろう。後半にはまた違う形も見せていたが、この遠征の残り二試合でチームがどこまで改善のキッカケを掴めるのかに注目したい。
 個々のプレーヤーでは、最終ラインからビシビシと鋭いパスを通していた岸や大学生相手でもフィジカルで負けていなかった金編といった選手もさることながら、中盤で誰よりも闘っていた近藤のプレーが目を惹いた。新キャプテンとなった彼のプレーにも今シーズンは期待したい。
b0036243_1561471.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-20 23:59 | Youth
フレンドリーマッチ U-18Jリーグ選抜×日本高校サッカー選抜 @国立競技場
 今年初の試みでゼロックススーパーカップの前座試合として組み込まれたのがU-18Jリーグ選抜と日本高校サッカー選抜のフレンドリーマッチ。昨日までの暖かさが嘘のように小雨混じりで肌寒い天候にも関わらず国立行きを決意したのは名古屋U-18のエースストライカーである高原の緊急参戦が決まった影響が大きい。倉又監督率いるU-18Jリーグ選抜の中で高原がどういったプレーを見せるのか興味深かったが、唯一不安だったのは辞退した小川に代わる招集ということもってか、高原がMF登録されていたこと。FWには杉本、原口、小野、久保といったこの年代のスタープレーヤーが名を連ねているのでむしろMFの方が出場チャンスは増えるかもしれないが、正直なところ高原がMFをやっている姿というのはあまり想像できない。

 AWAY側ゴール裏では、朴さんや菅沢さんといった元名古屋下部組織のスタッフの姿も見られたこの試合で、高原は後半の比較的早い時間帯にMFの堀米に代わって出場。ポジションはそのままサイドハーフだった。しかし名古屋のジュニアユース時代からゴールを積み重ねてきたFWとはやはり勝手が違うのか、ポジショニングなどに戸惑っている場面も見受けられ、特にディフェンスでは対面する相手SBのオーバーラップを何度も行かせてしまうなど、これが本職のサイドハーフだったらベンチから怒られても仕方ないようなプレーを見せたりもしていた。後半の最後の方になると割り切ったのかどんどん真ん中に入って行き、本来のストライカー的な動きをしていた印象だったが、この慣れないサイドハーフや、コーナーキックのキッカー、さらには相手のCKで攻撃(ハーフウェーライン上)に残るのではなくニアサイドのポストに立つ役割など、普段と異なった役割をレベルの高いチームメート達の中でプレー出来たことは大きな経験(財産)になったかもしれない。
b0036243_561650.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-02-27 23:59 | Youth
ジャパンユースサッカースーパーリーグ 東京ヴェルディユース×名古屋U-18 @よみうりランド
 昨日の湘南とのトレーニングマッチに引き続き今日はジャパンユースサッカースーパーリーグの東京ヴェルディ戦。

      高原   藤田

小幡   近藤   水野   加藤翼

都竹   川本   奥山   三鬼

         古川

 名古屋は昨日の湘南戦からスタメンを大西→藤田、岸→川本と変更。高原のパートナーという意味で横一線とも言えるFWはともかくとして、昨年のU-17日本代表候補にして2月上旬にはトップチームの合宿にも参加していた岸がこの試合のスタメンを外れた理由は不可解だ。ひょっとしたら昨日の試合でどこか痛めたかな?とも思ったが、この試合の後に行われたトレーニングマッチには普通に出場していたところを見るとそうでもなさそうで、そうそう対戦機会が訪れるわけではないこの年代のトップクラスのチームを相手にベストメンバーで臨まないのはなんとも勿体ない話のような気がしないでもない。
 ただ(コーチングスタッフがどう考えているかは定かではないが)個人的にはこの起用は非常に興味深いトライだった。もしこの奥山と川本という新二年生CBコンビがヴェルディ相手に使える目途が立ったとしたら、それはチームにとって単なるバックアップや選手層に厚みを持たせる以上に大きな意味合いを持つ。具体的に言うなら、それはチームに岸のアンカー起用というオプションをもたらすからであり、守備の強さもさることながら往年のペップ・グァルディオラを彷彿とさせるスッと背筋が伸びた姿勢から長短のパスを蹴り分けてビルドアップに貢献できるという岸の持ち味を存分に生かせる起用法なのではないかとも思えるからだ。現状ではおそらくその可能性は低いだろうが、トップチームが4-4-2から4-1-4-1(4-3-3)へと乗り換えた今、その波がいずれ下部組織にも及んで来るのであれば、これは試しておいてみて損はないオプションにような気もするが…。

 というわけで、前段はそれぐらいにしてさっそく試合。立ち上がりの名古屋は、昨日名古屋から車(バス)で移動してその足で夕方に湘南と激しいバトルを展開したばかり(その翌朝)ということで疲れも残っているのか、なんだか様子を見ているうちにヴェルディにペースを握られてしまったような印象だった。キックオフ直後から既に足取りが重そうだったり、まるでトレーニングの一環ででもあるかのように当たりが弱く相手に寄せ切れない選手もいて、このクラスの相手だとそうしたちょっとしたことで試合の流れは一気に持って行かれてしまう。
 そして15分過ぎには、自陣深い位置で右SBの三鬼が変な形でボールを奪われると何やら主審にアピールしている隙にエリア内へとボールを送り込まれて巧みなポストワークから豪快な反転シュートを決められてしまった。

 時間の経過とともに少しづつ試合に対して気持ちが入るようになってきた名古屋は、その後遅ればせながらようやく反撃に転じる。そしてカウンターから、かなり高い位置まで押し上げていたヴェルディのDFラインの裏に高原がボールを出すとこれに抜け出した藤田が独走でゴールライン際まで持ち込み最後は角度がなくなりながらも強引にGKの股の間を抜いて同点に追い付いてみせた。
 ヴェルディのよく統制されたディフェンスを前に名古屋はキックオフからトップにボールが収まらず(というかそもそも当てることすらままならず)、またこんな時こそ頼りになる両SB(非常にキープ力が高くプレッシャーをものともせずボールを前に運べる三鬼と都竹)にいつものキレが感じられない状況では、攻撃の組み立てがままならない時間帯が続いたのも無理はない。しかしこの同点ゴールの少し前ぐらいからヴェルディの選手達に集中の切れたようなプレーが散見されるようになったことで、いい形でボールを奪ってからそのままタテにボールを入れ、高原や加藤翼の前を向いた時のスピードが生きるような展開も増え始めていた。

 ただ1-1のタイスコアのまま終了した前半を見る限り、(コンディションの差を無視すれば)両チームの間に少なからぬ地力の差を感じずにはいられなかった。それは言うなれば全ての戦術のベースとなる基本的なプレーモデルの習慣化の差とでも言うべきもので、比較するなら、リズムに強弱をつけながらボールを動かしてゲームを組み立てているヴェルディとボールを奪ってから速く攻めるしかない名古屋、ボールホルダーに対して常に周りの選手が動いてパスコースを作りながらパスをつなぎボールを運んで行くヴェルディとタテにボールが収まらないと三人目が動き出さない名古屋といった感じ。もっとも後者に関して言えば、疲れで思うように身体(足)が動かないような状況の中、ヴェルディはDFラインとボランチ(牧野)が非常にいい関係を築いていたのでそこにまともにクサビを打ち込んだとしてもボールをキープできる確率は低く、カウンターを警戒するあまり動くに動けなかったというような部分はあるのかもしれない。

 後半になるとヴェルディは何人かをメンバーチェンジ。個人的に残念だったのは昨年U-17ワールドカップにも出場してブラジル戦で素晴らしいゴールも決めた高木善朗が下がってしまったことで、高木はこの後隣のグラウンドで行われていたトップチームのトレーニングマッチ(×草津)にも出場していたようなので、最初からこちらの試合は前半のみと決まっていたのかもしれないが、ボランチの位置からチームの攻撃をコントロールし独特の空間を作り出しているかのような彼のプレーをもう少し見てみたかったというのが正直な気持だ。
 そんな高木がいなくなった影響もあってか、試合は後半になるとヴェルディも中盤でのタメがなくなり、両チームがカウンターを撃ち合うような試合展開になった。そして名古屋も立ち上がりこそカウンターから速い攻めで決定機を作り出したりしたものの、パスが上手く回せず基本的にはドリブル突破(個の能力による局面打開)が中心とならざるを得ない名古屋の攻撃はどうしてもボールを持ち過ぎになり、予想以上にソリッドだったヴェルディのディフェンスに捕まってしまっていた。
 失点シーンについてもそうした傾向が端的に表れており、左サイドで相手陣内に入ったあたりから小幡が始めたドリブル突破が行く手を塞がれボールを奪われると、カウンターから一気にDFラインの裏を取られて(一度は自陣ペナルティエリア内までよく戻って追い付いた奥山がファールスレスレのプレーで潰したようにも見えたが、体勢を立て直した相手に)そのままゴールを割られてしまった。
 その後時間の経過とともに目に見えて足が止まり始めた名古屋は、動きに加えてプレーの判断も少しづつ遅くなっていく。そしてペナルティエリアの外で与えてしまったFKでヴェルディのキッカーが横に流したプレーに対しても反応が遅れたと思ったら、少し遅れてシュートコースを塞ぎに行った選手に当たって軌道が変わったシュートがそのままゴールマウスに吸い込まれる不運で名古屋は追加点を許してしまった。ただこれは確かに不運なゴールではあったが、既に足も頭(集中力)も十分に動いているとは言い切れない状態であることを考えれば、必然と結果として招いた失点だった。

 そして試合は1-3のまま終了。名古屋としては思うように試合が進められない中で課題が多く見つかった試合だった。コンディションの問題はあるだろうが、年末のGO FOR 2014 CUPから左SBに入っている都竹がここまでやられた試合はおそらく始めてだろうし、三鬼がこれだけGKにバックパスを返す試合も珍しい。よってもってSBを起点としたビルドアップがままならない攻撃はボールを奪っても前方のスペースに蹴り出すか、前線のアタッカーによる強引なドリブル突破に頼るしか手が無い状況だった。またディフェンス面でも足が止まってくるにつれて攻守の切り替えが遅くなり、相手のカウンターに対する脆弱さが露わになった。
 このチームはトップチーム同様に、攻撃に転じると2トップに加えて両SHがかなり前に掛かるので4トップのような形になる場面が多く、その最中にボールを失うと、その4人に加えて前線のスペースへと飛び込んで行く近藤も含めた5人ものプレーヤーが攻め残りで前方に置き去りにされることが度々あった。チームとして運動量があるうちはまだなんとかなるが、それが落ちてくるとさすがに厳しい。
 そんな名古屋を見ながら思ったことは、このメンバーをベースとして個々の特徴を引き出しながら試合をするのであれば、高原1トップの下に近藤を置き、逆にボランチには水野を攻守両面に渡ってサポートできる選手(例えば都竹)を置く形(すなわち4-2-3-1のような形)の方がこのチームには向いているのではないだろうかということ。今回の遠征では先日まで岸とともにトップチームの合宿に参加していた金編が不在だったが、安定した戦いを見せられていたGO FOR 2014 CUPでは金編が右SBを務め、三鬼が守備に強いボランチとして水野とコンビを組んでいたことなどを考えても、それは今後のチーム作りを考える上でひとつのヒントになるのではないだろうか。

 今日は昨日と違って第一試合が終わってもまだ暗くなる前だったのでその後のBチームの試合もフル観戦。たださすがに35人の大所帯で全員に試合経験を積ませようということになれば、寒空のもと観ている側もそれなりの忍耐が必要だ。というわけでここからはスタメンと印象を簡単に。

■TM 一本目

     中根  奥村

岩田  富田  川村  加藤凱

佐藤  渡辺   岸   野崎翔

       石井

 上でも書いたように、なぜ第一試合に出なかったのかが不明な岸による一番大外まで見えている的確なフィードと、昨日と比べれば随分とリラックスして自分の良さを出しながらプレー出来るようになっていた富田が印象に残った試合。岩田による左サイドのからの突破もスピードの変化で対面の相手を何度かブッちぎっており今後に期待が持てる。
 なお試合は両チームともにアタッキングサードでの決め手を欠きスコアレス(ドロー)だった。

■TM 二本目

     中根  青山

佐藤  大谷  川村  加藤凱

渡辺  ニッキ  岸   樫尾

       石井

 U-15ではニッキとCBを組むことが多かった大谷がボランチで登場。キック(特にロングキック)がインに掛かる傾向にあるのは修正ポイントだが、大谷であれば一列上がったこのポジションでも良いパフォーマンスを見せることが出来るだろう。同じく新高1の青山は昨日の湘南戦の再現とはいかず全く見せ場を作れなかった。そして試合はカウンターから右サイドに運ばれ、そこからのクロスボールに対してニッキの前に飛び込んで来たヴェルディの選手が頭で合わせて得点。0-1とリードを許して終了した。

■TM 三本目

     奥村  大西

岩田  大谷  富田  青山

樫尾  ニッキ  岸   野崎翔

       渕上

 2トップが新3年生でともに180センチを越える奥村と大西の大型コンビに。相変わらず球際で恐れず突っ込んでいく大西と接触したヴェルディの選手が負傷退場。どことなく昨シーズンのプリンスリーグ東海・磐田東戦を思い出さなくもない光景で、常にパワーが有り余っている感じの大西は6~7分目ぐらいの力でプレーした方が逆にリラックスして良いプレーが出来るような気がしないでもないが、それを取り除いたら大西の魅力も半減してしまうのかもしれない。
 この2トップに合わせてU-15から絶対的なエースとして君臨してきた青山は右サイドを経験。岩田と青山の両サイドというのも見ようによってはなかなか面白い組み合わせだ。そしてメンバーは途中でお役御免の岸と佐藤が交代し、大谷が一列下がってCB、佐藤は昨日に続きボランチに入るなどのテストも行われた。
 試合はドリブルでボックス内へと侵入してきた相手にフェイントから豪快に左足で決められ失点するものの、トレーニングマッチの中ではこの三本目が名古屋が最もヴェルディゴールに迫ることが出来ていた。ただ致命的に決定力が足りなかったこともあり、0-1とまたしても結果は付いてこなかった。
b0036243_3339100.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-02-21 23:59 | Youth