Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
カテゴリ:Youth( 186 )
トレーニングマッチ 湘南ユース×名古屋U-18 @産能大グラウンド
 既に新一年生(現中3)を加えた新チームが始動し、一週間前には準公式戦とも言えるジャパンユースサッカースーパーリーグ(以下ジャパンユース)も開幕を迎えている名古屋U-18。チームとして次第に力をつけ少しづつ結果を残せるようになってきた昨シーズンからの主力が多く残っている今シーズンは、このカテゴリーではクラブ史上初となる三大タイトル(クラ選、高円宮杯、Jユースカップ)獲得を目標に一層の強化に取り組んでもらいたいところ。そしてそのためには折を見て今回のような関東遠征を行って強豪チームと手合わせしていく必要もあるかもしれない。今日の対戦相手である湘南ユースは、今シーズンからプリンス関東1部に昇格する力のあるチームという意味では自分達の力を知る格好の相手であり、またかつてアーセン・ベンゲル率いる名古屋で小川誠一(現名古屋U-18監督)や石川研(現名古屋U-18・GKコーチ)とチームメートだった浅野哲也が昨シーズンまで率いていたチームという意味では名古屋のオールドファンにとっても非常に興味深い対戦だ。

 45分×4本で行われた試合は、最初の90分が昨年末に行われたGO FOR 2014 CUPで見事優勝を飾った時のメンバーを中心としたチーム、後の90分が各ポジションに新一年生を取り込んだチームで、ポジションごとのバランスを考えた面はあるだろうが、前者の方が現時点でよりレギュラーに近い位置にいるといった感じだろうか。

     高原   大西

小幡   近藤   水野   加藤翼

都竹   奥山    岸   三鬼

        古川

 試合は立ち上がりから湘南によるアグレッシブなディフェンスが目立つ。前線からの速い寄せとDFラインを押し上げたコンパクトなディフェンス組織、そしてバックチャージも厭わない球際の激しさ。さすがにバックチャージに対しては湘南ベンチから諌める声が飛んでいたが、トレーニングマッチとは思えない気持ちの入り方だ。
 だがそんな湘南に対して名古屋はピッチを広く使った大きな展開でプレスを外し、サイドでポイントを作ってそこから湘南DFラインの裏を狙うチャレンジを繰り返していた。そして5分ほどが経過した頃、名古屋は右サイドの加藤翼にパスが渡ると、加藤翼が素晴らしい加速のドリブルで対面のDFを置き去りにし、ゴールライン際までエグッてから中にボールを折り返す。これをニアサイドに走り込んだ高原がヒールで後ろに流し、最後はゴール正面に詰めた大西がプッシュして先制に成功する。そしてその後もサイドへの揺さぶりから2トップや両SHそしてボランチの近藤が湘南DFの裏を突くような動きで何度となくチャンスを作り出していた名古屋は、前半終了間際にDFラインの裏に抜け出した高原がGKに倒されて得たPKを自ら決めて2-0とリードを広げて前半を終了した。
 対する湘南はハイプレスでボールを奪ってからのシンプルな速攻を狙っていたようだったが、名古屋はCB二人とGKが盤石のカバーリングを敷いていて前半はボックス近辺で危ないシーンはほとんどなかった。

 この前半に名古屋で目立っていた選手を挙げるとすれば右SBの三鬼とCBの岸だろうか。相手の寄せに遭っても絶妙なターンを駆使してボールを失わない三鬼と、同じく相手のプレッシャーの間合いを外して軽くドライブの掛かった美しい弾道のサイドチェンジを決めていた岸は、前半に湘南の狙っていたであろうサッカーを崩す上では特に重要なファクターだったように思える。
 そして前線では、相手の守備が薄くなったゾーンでドリブル突破を仕掛ける高原や小幡、加藤翼といったアタッカーに加え、前にスペースを見つけて後ろから飛び出してくる近藤の存在が新鮮だった。名古屋のセンターハーフコンビは、攻撃面では近藤がこうした前線への飛び出しや2トップのサポート、そして水野が低い位置でパスを散らして攻撃を組み立てるというような役割分担を行っているようだ。この試合では前半に水野にボールが渡った所を湘南に狙われて何度かピンチになりかけたように、お互いのサポートという面では改善の余地がありそうだが、それぞれの特徴を生かしたこの役割分担がハマれば面白いかもしれない。

 後半開始にあたり名古屋はGKを古川から石井にチェンジ。名古屋は4人いるGKを45分づつ使い廻しているようだ。
 前半を終えやや余裕の雰囲気が漂っていた名古屋だったが、しかし後半、そんな試合の流れは一変した。前半に決定機をほとんど作れなかった湘南はハーフタイムにコーチから修正が入ったのか、後半になるとマイボールの時の味方選手達の動き出しが格段に増えゾーンで守る名古屋を幻惑に掛かる。そして有機的にリンクしている一人一人の動き(例えば動き出しが被るような場面は皆無)に合わせてボールが動く攻撃は組織として非常に良くオーガナイズされ、同じ時間帯の名古屋がボールを落ち着かせられず前線のアタッカーに頼った強引な攻めを繰り返していたのとは対照的な形を具現化していた。
 名古屋の守備からしてみると最終ラインの前のスペースを上手く使われてしまっていた印象だ。例えば湘南は前線のアタッカーの一人がDFの間を裏に抜ける動きをしてDFラインを引き付けている隙に、もう一人が中盤に落ちてボールを受ける動きをすれば簡単にバイタルエリアでボールを受けることが出来ていた。ここでワンクッション入れられると名古屋のDFラインが戦術的にも苦しいのはトップチームのそれを見るまでもなく明白だ。こうした事態に陥った原因は名古屋の中盤から前の選手達の運動量が減っていて攻守の切り替えが遅くなっていたからでもあり、また最終ラインと比べると中盤ではディフェンスになった際の選手間のカバーリング(ポジショニング)が上手く機能していなかったからでもあるだろう。
 湘南は後半開始早々に右サイドからの大きなダイアゴナルパスに大外(左サイド)の選手が上手く三鬼の裏を取って走り込みそのまま持ち込んで1点を返すことに成功したが、これにしても名古屋からしてみたらDFラインの前を大きくボールが横切っており、また一発のパスで三鬼が裏を取られたのも集中力が途切れたというよりは、目前のスペースを意識したことでポジショニングが中途半端になって岸との間にギャップが出来たのかもしれない。

 試合はその後湘南の運動量が落ちてくると、押し込まれながらも名古屋のカウンターが決まり始める。そして終了間際にはサイドから絞ってディフェンスに戻った加藤翼が中央でボールを奪い、その加藤翼が空けた左サイド(後半途中から加藤と小幡が左右を入れ替わっていた)に大きく開いてポジションを取った高原にパスが通る。これを高原がドリブルで持ち込んでフワリと上げたクロスにファーサイドから詰めた小幡がヘッドで合わせて名古屋は試合を決定付けた。
 これで再びリズムをつかんだ名古屋はサイドアタックを徹底して幾度となく湘南ゴールに迫り良い流れのまま試合終了。小幡が右サイドに移った後半は三鬼のオーバーラップの回数が増えたのも印象的だった。

 その後第二試合も前半だけ観戦。

     青山   奥村

岩田   佐藤   富田   加藤凱

渡辺   ニッキ  川本   野崎翔

        伊藤

 こちらは戦術的に新一年生を慣れさせながらといった印象の試合だった。富田やニッキといった守備的なポジションの一年生達が上級生の気遣いを受けながらひとつひとつ慎重にプレーしている一方で、タテ一本に抜け出して一度はGKにぶつけながらもゴールへと流し込み先制点を挙げた青山や、左サイドを何度も突破していた岩田といった攻撃的なポジションの一年生達は前を向いてボールを持てば、そのスピードが十分にこのレベルでも通用するであろうことを感じさせた。
 試合は湘南もBチームだった影響かほとんど攻撃を組み立てられずにいたが、そんな相手に名古屋も第一試合ではほとんど見られなかったGKへのバックパスが増えていた点一つとってもチームとしての完成度という面ではまだまだといっていい内容だった。しかしながらそんな中でも名古屋は両SBを基点としてゲームを作りサイドアタックを仕掛ける意識はチーム全体に浸透しており、前半週間際に右サイドを駆け上がって野崎翔が上げたクロスボールが相手のオウンゴールを誘ったシーンなどはそれを端的に表していると言えるだろう。
b0036243_4103788.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-02-20 23:59 | Youth
第3回 GO FOR 2014 CUP 四日目 決勝トーナメント @埼玉スタジアムサブグラウンド
 昨日のマリノスカップで快進撃を見せた名古屋U-10も気になりつつ、名古屋U-18が決勝トーナメントへと進出したGO FOR 2014 CUPを観戦にいざ浦和美園へ。グループXで2位になった名古屋の準決勝の相手はグループYで1位だった横浜FMユース。横浜は両グループを通じて唯一の無敗チームで、小野裕二、後藤拓斗、熊谷アンドリュー、鈴木椋太といった代表クラスのタレントを擁している、言わずと知れた今年の高円宮杯チャンピオンだ。相手にとって不足はないし、名古屋にとってはクラ選のグループリーグで敗戦を喫したリベンジには絶好の機会。

 そんな試合に臨む名古屋のスタメンはこんな↓感じ。

      高原   大西

小幡   水野   三鬼  加藤翼

都竹   奥山    岸   金編

         古川

 グループリーグからの流れを見ていると、どうやらこれが(怪我人などを除けば)現時点での小川監督の中でのベストメンバーということなのだろう。大会二日目のFC東京との試合でも左SBに入っていた都竹は意外な発見だった。もともと中盤の選手でテクニックがある上クレバーさも兼ね備えているので状況判断が良く相手に寄せられてもボールを失わない。左足のフィードはもちろん前にスペースがあれば自らボールを運べるあたりも彼ならではの魅力だろう。そして唯一不安に思っていた守備面でも意外と1対1で粘り強いディフェンスを披露していた。U-15時代に左SBを担っていた佐藤を中盤(SH)で起用し、中盤だった都竹をSBでプレーさせるという起用法が、かつてトップチームの左SBとして二度の天皇杯制覇に貢献した小川監督のアイデアというのも興味深い。

 試合はクラ選とは打って変わって落ち着いた立ち上がり。両チームともにボールを動かしながらゲームを組み立てようと試みる。印象としては、ボールを持っている時間が長いのはどちらかと言えば名古屋だが、横浜はバイタルエリアを中心に選手が名古屋のゾーンの合間合間に顔を出してボールを受けたりサイドチェンジの長いボールなども有効に使うなど、上手く動かしているのはどちらかと言えば横浜といった感じ。なかなかトップにボールを収まらない名古屋の攻撃はカウンターからDFラインの裏に2トップが抜け出す形が多く、実際その形から2トップがそれぞれ二回づつぐらい決定的とも言えるビッグチャンスを迎えていたが、対する横浜は決定機こそ少ないもののその攻撃には「上手く合えば一点」といった雰囲気が漂っていた。そして時間の経過とともに名古屋はクサビのボールを読まれ始めており、徐々に横浜の攻撃が噛み合い始めていたので、もし35分ハーフで行われたこの試合が通常と同じ前後半45分ハーフだったら、前半の残りの10分を有効に使っていたのは横浜だったかもしれない。

 後半の立ち上がりから横浜は前線のメンバーチェンジを行ってきた。横浜としては満を持しての切り札投入といったところかもしれないが、ようやく噛み合いだした攻撃がリセットされてしまう上、前半はバランスを保てていた組織が微妙にそれを失ってしまったのは誤算だったかもしれない。
 一方の名古屋は前半に良いイメージを掴んでいたカウンターから前の4人(2トップと両SH)がサイドのスペースを狙って積極的にドリブル勝負を仕掛ける形を徹底。なかでもキレキレだったのは小幡で、相手の脇の下に潜り込むように深く踏み込んで行くドリブルは力強くそして誰にも止められないほどスピーディーだった。

 名古屋が後半なかばに挙げた先制点もそんな前線のアタッカーによるドリブル突破から生まれる。左サイドのタッチライン際(通常で言えば左SHの位置)でボールを受けた高原がそのままゴールライン際までドリブルで突き進むとそこからボックスの中へと切り込み角度のないところから左足でGKの脇を破ってゴールへとねじ込んだ。前半は(ここのところの人工芝→天然芝の影響でもあったのか)訪れた決定機で珍しくシュートをフカしていた高原だったが、重要な試合でしっかりとエースの重責を果たすあたりはさすがだ。
 さらに名古屋は左サイドでボールを持った小幡がカットインから再びタテへと方向転換してドリブルで仕掛けエリア内へと侵入して放ったシュートを横浜GK鈴木が弾いて得たCKで、その小幡が左サイドから蹴り入れたボールをゴール正面で岸?が頭で押し込み理想的な展開で追加点を手に入れることに成功した。

 そしてその後も名古屋の前線の選手達によるドリブル突破は冴え渡り、横浜はリズムを取り戻せないまま試合はタイムアップ。終わってみれば名古屋の完勝だった。横浜はチームとして色々と試行錯誤している最中なのかもしれないが、この快勝によって横浜に多少なりともトラウマを与えられたかもしれない。


 決勝の相手は札幌ユース。個人的にはせっかくの機会なのでグループリーグで当たった札幌ではなく浦和ユースとやらせてあげたかったが、残念ながら浦和ユースは準決勝でPK戦の末に札幌に敗れてしまった。今大会でこれまでのリベンジに勤しむ名古屋にとって、もし決勝の相手が浦和ユースだったなら、二年前の高円宮杯(U-15)の借りを返す絶好の機会でもあっただけに返す返すも残念だ。ただ相手となる札幌も大柄な選手が多く前から圧力をどんどん掛けてくるのでグループリーグで対戦した時はかなり苦戦していた印象。実際あの試合を優勢に進めていたのは札幌だった。結果的には1-1の引き分けだったので、ここはスッキリと決着をつけて大会を締め括りたい。

 名古屋のスタメンは準決勝からGKを入れ替えただけであとは同じメンバー。この大会の名古屋はGKの三人(古川 : 伊藤 : 石井)を1 : 0.5 : 0.5で回している感じ。この試合でも前後半で伊藤と石井が交代しており、かつてU-15時代に伊藤と石井がテレコで起用されていたのを思い出す。

 試合は思いのほか札幌が前からプレッシャーに出て来ずちょっと拍子抜けといった感じだったが、コンパクトに組織された札幌のディフェンスを逆手に取り、名古屋は浅い札幌DFラインの裏を徹底的に突いていく。高原が、大西が、小幡が、加藤翼が、そして金編が細かなコンビネーションを絡めつつサイドから何度も札幌DFを突破し縦横無尽のドリブルで切り裂いていく姿は爽快だった。そして裏を取れていれば今度はトップへのクサビも決まり出すという好循環が生まれる。名古屋は横浜に完勝した勢いをそのままこの試合まで持ち込んで来たかのようだ。実際、勢いだけではなくFC東京や横浜といった関東の強豪ユースを連破したことによって得られた自信が彼等に与えているエネルギーは相当なものなのだろう。

 観ている側からすれば唯一の不安は飛ばし過ぎによるガス欠。散々サイドを破りながらもフィニッシュ(ゴール前でのツメ)が甘くなかなかゴールを割れなかった名古屋の選手達は、やはり良いリズムの時間帯になんとか得点を奪いたいという思いが強いのか、まるで憑りつかれたようにハイテンポなサッカーを継続していて、これが今日の一試合目ならまだしも前の試合からインターバルが一時間半しかない中で(しかもグループリーグでは(もちろんメンバーを入れ替えながらだが)三日間連続で一日二試合をこなしてきた状況で)そのスタミナがどこまで持つのか心配になる。そして案の定30分ぐらいになると名古屋の選手達は徐々に足が止まり始め、札幌に押し込まれる時間が生まれ始めていた。

 0-0のまま迎えた後半。開始早々に試合は動く。左サイドに流れてボールを受けた大西からその内側を抜けた小幡にボールが渡ると小幡がそのままゴールライン際まで持ち込んでシュート。これを札幌GKが弾いたところにゴール正面で加藤翼が詰めて名古屋が先制に成功する。
 こうなるとここまでハイペースで飛ばしてきた名古屋が残り時間をどう戦うかに注目が集まるが、名古屋の先制点の直後に札幌を襲った予期せぬアクシデントによって試合の流れは決定づけられてしまった。最終ラインでゆっくりとボールを回す名古屋に対して、先制を許したことで前線からアグレッシブにプレッシャーに出て来た札幌は、水野からGK(石井)へのバックパスが緩くなった隙を見逃さず29番の選手が猛然と突っ込む。ボールは間一髪で石井が確保したがこれと接触する形になった札幌の29番のプレーが危険な行為と見なされこの日二枚目のイエローカードで退場。ちょうどJユースカップの準々決勝(磐田×柏)で磐田の選手が退場したのと同じような感じだが、札幌の追撃は思いっ切り肩透かしを喰らってしまった。

 これによって少し余裕が出て来た名古屋は、小幡と加藤翼のサイドを入れ替えるなどのテストを行いながらも基本的なスタイルは崩さず追加点を狙いに行く姿勢を貫く。しかし形成有利と相俟って一層冴え渡る前線の4人のアタッカーに右SBの金編を加えた強力なドリブル突破にも関わらず、フィニッシュの部分に課題を残す名古屋はなかなか追加点を奪うことが出来ない。そんな名古屋にとって救いだったのは非常に集中していたDF陣が札幌に付け入る隙を与えていなかったことで、こうした展開ではえてして攻め込まれているチームがワンチャンスをモノにしてしまうものだが、一人少なくなった札幌がシンプルに裏やサイドのスペースを狙ってきたボールに対して名古屋DFは落ち着いた対応と迅速なカバーリングによって危な気なくこれを凌いでいた。

 さすがに試合終盤になると名古屋の選手達にも疲労の色が見え始めたが、ここで小川監督は加藤翼→藤田というお決まりの交代と水野→川村という交代以外は行わない鬼采配を見せる。札幌が次々と選手を入れ替えて来ていたことを考えても体力面では明らかに札幌に対して劣勢で、勝敗に拘るなら他にも打つ手はいくらでもあったと思われるが、35分ハーフの試合でしかも相手が一人少ない状況ということを考えれば、これで勝ち切れないようではこの先の伸びシロはないという判断なのだろう。その意味では小川監督はなかなか我慢強い監督かもしれない。そしてチームはそんな小川監督の期待に応え、苦しいながらも最後まで攻め続け見事新チームに初のタイトルをもたらしたのだった。

 今年で第三回を迎えるこの大会は、初代王者が翌年の高円宮杯を制した浦和黄金世代で昨年の王者が今年圧倒的な強さでJユースカップを制したFC東京ユースという非常に縁起の良い大会。今年は高円宮杯出場を逃すなど今ひとつ奮わなかった名古屋U-18だが、来年はそんな歴代の優勝チームにあやかってタイトル獲得を目指し更なるレベルアップに期待したい。
 なお昨年は重松健太郎が選出された大会MVPには文句無しで名古屋の10番・小幡元輝が選ばれている。
b0036243_9133926.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-12-29 09:15 | Youth
第17回 F・マリノスカップ U-10 @マリノスタウン
 GO FOR 2014 CUPの三日目に行くか、高円宮杯(U-15)の準決勝に行くか、Fリーグの府中×名古屋に行くかで悩んだ末、やって来たのは夏のU-12大会以来となるF・マリノスカップ U-10 @マリノスタウン。名古屋U-10を観るのはもちろん初めてだが、スカウトも機能しているのか昨今の名古屋ユースはU-12以下のカテゴリーでも目ざましい成果を上げており、このチームも中スポ・ユースニュースによれば今月頭に開催されたサーラカップという東海地区の8人制大会で優勝しているとのこと。彼等が全少の檜舞台に立つのは再来年のことだが、選手達にはこの大会でヴェルディや柏、横浜、川崎といった関東の強豪チームとの邂逅を通じて更なる成長につなげて欲しいところだ。

 このF・マリノスカップ(U-10)もサーラカップ同様8人制で行われており、関東を中心とした24のチームが4グループに分かれて二日間のグループリーグを戦った後、三日目に順位決定トーナメントを行う。今日はその二日目で今日の結果をもって各グループの最終順位が確定するわけだが、各グループにだいたい2チームづつ配されたJ下部同士の直接対決はグループリーグ最終戦に組まれているので、この二日目はある意味ではトーナメント以上に見応えのある試合が期待できる。
 なお名古屋は横浜F・マリノスプライマリーや2003年に原口元気を擁して全少を制した埼玉の江南南SSなどと同じグループAに振り分けられており、今日は第一試合で川崎のFCパーシモン、第二試合で江南南SS、第三試合で横浜F・マリノスプライマリーと対戦する。

 初戦の相手となるのはFCパーシモン。柿色のユニフォームがピッチに映えるなと思っていたら、パーシモンは英語で「柿」を意味するらしい。川崎のクラブチームだが一日目にはF・マリノスプライマリーと引き分けており侮れない。

 名古屋の先発はこんな↓感じの配置。

       11
 1            9
       10

  3     7     4

       12

 プログラムも一応入手したが、実物とプログラムで背番号が一致している自信が(一部の選手を除いて)ないので番号のみ記載。コーチ陣が1プレーごとに前に出て来て名前とともに指示を出すようなシーンはもちろんないし、ピッチ上の選手達から名前を呼び合うようなシーンが見られなかったので確認する手立てがなかった。ひょっとしたら父兄の近くに座って声を拾った方が効率的に名前を判別出来たかもしれない。

 名古屋の攻撃はキャプテンでもある11番が軸。サイズがあって力強さとテクニックを兼ね備える11番は相手を押さえながらもプレー出来るし、単独で突破も行える万能型ストライカー。レフティー独特の間合いも持っているので相手からすればかなり厄介な存在だろう。レフティーと言えば二試合目からはGKに入った1番もスケールの大きなサイドアタッカーだった。そしてそれを9番や10番といったテクニックに優れるプレーヤー達が支えている。さらにそんな攻撃陣にもまして強烈な個性を持っているのがDFラインの三人。強さとフィードに優れる3番、小柄ながらテクニックとインテリジェンスに溢れる7番、そして攻守に渡って抜群のスピードを発揮する4番といった感じ。この年代でかつ8人制ならではかもしれないがこうしたチームも珍しい。

 チームとしてみると攻撃では常にゴールというよりも相手DFの裏(すなわちDFとGKの間)に人とボールを送り込むことを狙っていたような印象。U-12などを観ていても思うことだが、この年代はGKの身長がゴールマウスに対して圧倒的に足りていないことが少なくないので、極端な話やや遠目からでも強引にゴールの上の方を狙ってシュートを打ってしまえばアッサリとゴールが決まるケースもよくある。ゴールを目指す姿勢という意味では前へ前へとボールを出してゴールが見えたらシュートというのもアリなのかもしれないが、それよりもいかにして相手の裏を取るかを考えながらプレーした方が選手達はずっと頭を使ってプレーするようになるだろう。もちろん名古屋もチャンスと見ればDFラインからでも裏を狙って長いボールを蹴って来るが、大多数はショートパスをつなぎながら相手を喰い付かせて裏に抜ける選手にスルーパスを送るというのがこのチームのベースのようだ。
 そして守備面では各プレーヤーの球際の強さが目を引いた。DFのみならず一人一人のプレーヤーが身体の入れ方をはじめどうすればフィフティのボールをマイボールに出来るのか身をもって覚えているような印象で、こうなると例え攻撃の最中にボールを失っても素早い攻守の切り替えですぐにまたボールを奪い返すことが出来るし、何より速攻から自分達のゴール前まで持ち込まれても安心して見ていられる。グループリーグ(5試合)を終えて全グループで最少失点の3というのは決して偶然や組み合わせの妙ではない。

 しかし試合は粘り強い守備を見せるパーシモンに対して名古屋が不覚を取ることになる。前半に7番がドリブルで持ち上がって混戦から出したスルーパスに反応した11番が決めて先制した名古屋だったが、その後いくつもあったチャンスをGKの好セーブやDFによるゴールライン上まで戻ってのクリアなどで潰してしまう。そしてそうこうしている間に、コーナーキックからニアサイドの頭を越えて来たところをファーて詰められるという同じような形で連続失点を喰らい逆転負けを喫してしまった。
 上でも少し書いたように、この年代だと頭を越されたらどうしようもない部分はあり、しかも副審なしのセルフジャッジというルールは昔でいうキーパーチャージ的なプレーを含む接触プレーに対してもかなり寛容なのでゴール前に雪崩れ込まれるとGKはちょっと対処のしようがない。悔やまれるとすればむしろチャンスで決めておけなかったことの方だろうか。

 この敗戦により名古屋はグループ3位に転落。1,2位決定トーナメントに進むためには、残り二試合、江南南SS、横浜F・マリノスプライマリーという力のあるチームに対して連勝しなければならなくなった。

 そして迎えた江南南SS戦。名古屋は1番をGKに移し8番を先発起用。

       11
 9            8
       10

  3     7     4

        1

 第一試合のパーシモンと異なり江南南SSは普通に攻撃に人数を掛けてくるチームだったこともあり、前半から名古屋のカウンターがバシバシ決まる。そして例によってしつこく球際に強いディェンスによって一度は失ったボールを奪い返した11番から9番にボールが渡るとこれを9番が落ち着いて決めて名古屋が先制。その後はさらに前掛かりになった江南南SSに対して早め早めに裏を狙うような攻撃も織り交ぜながら名古屋は試合のペースを握り、スルーパスに反応した11番が追加点。さらには同じくスルーパスから左サイドの裏に抜け出した11番からの折り返しをファーサイドから途中出場の6番が合わせて3-0と突き放し試合を決めた。

 そして名古屋は遂にグループリーグ最終戦で天王山ともなる横浜F・マリノスユースプライマリーとの試合を迎える。パーシモンの予想以上の健闘により、この試合に勝った方が1位,2位トーナメントに進出決定。パーシモンの結果にもよるが負ければ3位,4位決定トーナメントに回らなければならないことが濃厚だ。

 名古屋のスタメンはこんな感じ。第二試合でダメ押しゴールを決めた6番が先発。

       11
 6            9
       10

  3     7     4

        1

 引き分けも許されない名古屋は立ち上がりからかなりアグレッシブ。そして持ち味の激しく積極的なディフェンスによって横浜に主導権を与えない。ここまでの試合はチームとしてのオーガナイズもさることながら、個々の局面で負けなかったことが試合を優位に進める要因になっていて、同じくJ下部の横浜を相手にした時にどうかなぁと思っていたが、蓋を開けてみればそんな横浜に対してすら名古屋は他の試合と同様に個々の局面で決して負けることなくゲームを支配していた。
 そしてこの試合でも何度かのビッグチャンスを逃した名古屋だったが、左サイドをドリブルで突破した6番の折り返しに対して中央で受けた9番がダイレクトでシュートを打つフリをしてワントラップ。相手GKとDFを完全に手玉に取った上でそのまま持ち込んでシュートを沈めた。90年イタリアW杯・スペイン戦でのピクシーを彷彿とさせるようなゴールだが、もちろん彼等はそんな時代に生まれてすらいない。
 これで波に乗った名古屋は11番の強引な突破からこぼれたところを9番が左足でシュートしネットを揺らすと、さらには一点返された後にも右サイドから波状攻撃を仕掛けて相手のDFが右に集まってきたところで左サイドへとつないでフリーとなっていた9番が豪快に決めてハットトリック達成とともに試合を決めたのだった。

 最終節でパーシモンが江南南SSに敗れたので名古屋はグループ首位が確定。2位になっていればトーナメント一回戦でこちらもおそろしく強いヴェルディとの対戦になるところだったが、そのヴェルディにグループリーグ最終戦で敗れた柏と戦うことになった。
b0036243_2485199.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-12-28 00:39 | Youth
第3回 GO FOR 2014 CUP 二日目 名古屋U-18×FC東京U-18、名古屋U-18×浦和南 @与野八王子グラウンド
 1-7という野球みたいなスコアによる衝撃の敗戦から6日間。早くも巡って来たリベンジの機会。名古屋との対戦後、東京は準決勝のG大阪戦でも5-1と大勝し明日行われる決勝@長居スタジアムへと駒を進めているので、今日の試合には廣木をはじめそこに出場する予定の2年生は入っていないが、名古屋にとってこの試合は負けられない試合だ。

 名古屋のスタメンはこんな↓感じ。

      高原   大西

小幡   水野   三鬼  加藤翼

都竹   奥山    岸   金編

         古川

 序盤はロングボールが目立つ展開だったが、5分ほどして試合が落ち着いてくると次第に名古屋がボールを持つ時間が長くなっていった。昨日の試合と比べれば水野が入った分中盤でボールを散らせるし、札幌と比べると東京は前線からのプレッシャーも弱いのでDFラインでも昨日は全く見られなかった一人飛ばしたパスなども見られる。しかし前にボールが入った時にはどうにも判断が遅くボールを持ち過ぎてしまうので最後のひと山が越えられず、またサイドを破ってゴール前にクロスを流し込んでも詰めが甘く東京ゴールを脅かすまでには至らない。そしてそうこうしている間に前半終了間際コーナーキックからニアで合わされるという先日の長居での7失点目と同じような形で先制を許してしまう。

 正直なところ、現時点でのFC東京U-18の新チームは(主力を欠いていることは差し引いても)個々のポジショニングは出来ていてもグループでどうボールを奪うのかまでは戦術的に詰められていない段階といった印象で、攻撃面でもミスが多く形になっていないので、この東京に勝てないようでは、この先(東京がチームとして成長して行くと仮定すれば)名古屋が東京に勝つチャンスは巡って来ないかもしれない。少なくとも(東京に対する)苦手意識を作らないためには、名古屋としてこのまま引き下がるわけにはいかない。

 そんな状況を打開すべく名古屋は後半になるとギアをアップ。そして左サイドを抜け出した小幡からのクロス(シュート?)をGKが弾きそのボールを確保した高原が、相手DFを背負った状態から鋭いターンで前を向きドリブルから左足で逆サイドネットに突き刺して同点に追い付くと、今度は小幡からのサイドチェンジのボールを受けた加藤翼が右サイドをタッチライン際までドリブルでエグって中へと持ち込み放ったシュートをゴール前に詰めた小幡?がプッシュして名古屋が逆転に成功した。

 同点ゴールについて言えば、左サイドからシュートに持ち込むのは高原にとってひとつのツボであり形になっているが、ここに来て力強さが増したようにも見える高原はこの形でこの先もゴールを量産していくのだろう。そしてそれにもまして痛快だったのは逆転ゴールで、それまでほとんど見せ場のなかった加藤翼が右サイドをこれでもかとドリブルでエグッた姿は、この間の長居でFC東京の14番にやられたことをそのままやり返したような感じだった。彼もまた新チームではサイドアタッカーとして重要な役割を担っていくに違いない。

 試合はその後CKから金編左足ボレーで合わせて東京を3-1と突き離して試合を決めたが、全体的に見てもう少し前線にボールが収まっていればもっと楽に勝てた試合だった。それは例えば高原とコンビを組む大西が、今はなんとか頭に当てるのが精一杯のヘディングをその身長に見合った強さにレベルアップするだけでも全く違ったものになるだろうし、育成を度外視してチーム強化だけを考えるなら岸のFW再コンバートも面白い。高さに加えて落ち着いてキープ(タメ)も出来る岸と得点力の増して来た高原の2トップならこのチームは間違いなく別次元の強さを手に入れるだろう。まあ大西のヘディング徹底強化はともかくとして岸のコンバートは現実味が薄いので、遠征に帯同していないと思われる奥村や足立、昇格が濃厚な青山、中根といったU-15組も含めてどう選手達を育ててチームとしてオーガナイズしていくのか、小川監督以下スタッフの腕の見せ所だ。

 続いては浦和南との一戦。
 名古屋の先発は、

      藤田   樋江井

佐藤   川村   小幡   加藤凱

渡辺   川本   金編   野崎

         伊藤

 自陣で4+4のゾーンを敷き前からはプレッシャーに来ない浦和南に対して、立ち上がりからボールを支配したのは名古屋。札幌そしてFC東京といったチームと対戦した後だったこともあってか、前からプレッシャーに来ず局面でのチェックも緩い浦和南は名古屋にとってかなり楽な相手だったに違いない。DFラインで速く(そして大きく)ボールを動かして浦和南のディフェンスを左右に揺さぶり、機を見た縦パスで前にボールを入れると、それを合図(スイッチ)として二列目三列目(SB)がそれに絡んで攻め上がって行くという、おそらく名古屋が目指しているのであろうスタイルの戦術トレーニングのようなシーンが続く。

 そして何度目かのチャンスの後、中央でボールを受けた川村?からのスルーパスに、藤田がクロスするように走り込んでゴールをねじ込み名古屋が先制に成功する。ここまではどちらかと言えばFWとしての強引さよりも周りへの配慮が目立っていた藤田だったが、このシーンではシュート以外の選択肢を持たなかったことが幸いした。
 その後も続く名古屋猛攻。今度は右からのCK(キッカーは小幡)をゴール正面に入り込んで来た金編が豪快なヘッドで合わせて追加点。さらに前半終了間際には、中盤の(右サイド)低い位置からボールを持ち出した小幡から相手DFとMFの間(ギャップ)に上手くポジションを取った藤田へとつながり、前を向いた藤田に遅ればせながら浦和南の選手が寄せて来ると藤田は中央でフリーとなった佐藤に簡単にハタく。これを佐藤が迷うことなく左足一閃、往年の平野孝を思わせる豪快なミドルでゴールネットへと突き刺した。

 この試合で光っていたのはボランチに入った小幡。名古屋はDFラインで横にボールを動かしながらトップの動き(裏を狙うか引いてくるかサイドのスペースに流れるか)に応じて縦パスを入れるのを組み立ての軸としているが、その間で小幡がボールを引き出してワンクッション入れることで変化が生まれる。例えば三点目のシーンではボールを持ち出した小幡から落ちて来た藤田に簡単にクサビのボールが入ったようにも見えるが、小幡が前を向いた時点で右サイドでは加藤凱がラインいっぱいまで開いてフリーとなっており、どちらに出すか分からないため浦和南は狙いを絞り切れなかった。もしここで加藤凱にボールが出ていれば、名古屋は(この試合で度々見られたように)そこに右SBの野崎が絡んで数的優位を作ってサイドを突破していただろうし、小幡の広い視野と正確な左足のキックをもってすれば、佐藤が内側に絞っていたこともあり左サイドに出して左SBの渡辺の攻め上がりを引き出すことも出来ただろう。
 また小幡がボールを持つとDFラインでボールを持っているのとは違い浦和南はアプローチに来ざるを得ないが、急激な方向転換によって鮮やかにそれを交わしてしまう小幡がボールを失う場面は皆無で、その姿はまさしくマタドールのようだった。問題はこれと同じことが相手のフィジカルや組織のレベルが上がった場合(Jユースで敗れたFC東京がその典型)にも通用するかということ。これにはおそらく名古屋がチームとしてそうしたプレッシャーを掻い潜ってボールを動かす術を身に付けていかなくてはならない。
 ちなみにこの試合で唯一小川監督がピッチに向けて大きな声を発していたのは、そんな小幡と川村のコンビが突破に来る相手を挟みに行ったにも関わらずアッサリと抜けられてしまいシュートまで持ち込まれた場面である。

 後半にも相手の集中が一瞬切れた隙を突いて、右サイドからのスローインの流れをペナルティエリア手前でボールを受けた川村が目の前が空いていると見るや左足で地を這うようなシュートを右隅に決めた名古屋は、結局この試合4-0で完勝。欲を言えば、高原、大西、水野、三鬼が入った後の残り何分かでも追加点が欲しかったところだが、高原が左サイドから僅かにゴール右に外れる惜しいシュートを放ったり、右SBに入った三鬼が安定した守備を見せるなどそれぞれの特徴も発揮していた。

 大会も折り返し地点を迎えグループリーグは残すところあと一日(二試合)。この時期に行われるこの大会は結果を追い求めるものでは決してないかもしれないが、グループの1位か2位になれば、決勝(1位・2位)トーナメントで横浜、浦和、柏といったJ下部と対戦出来る機会に恵まれるので、ぜひ内容とともに結果も意識しながらグループリーグ残り二試合にも臨んで欲しいところだ。
b0036243_11524648.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-12-26 23:59 | Youth
第3回 GO FOR 2014 CUP 一日目 名古屋U-18×札幌U-18 @堀崎グラウンド
 昨年はチーム体制の変更も重なり参加を取り止めたGO FOR 2014 CUP。今年はJユースカップの準々決勝で敗退したことあってか名古屋も参加が決定した。年は明けていないが新チームとしての迎える初大会であり5日前の試合でFC東京に大敗したショックを払拭して気分良く新年を迎えたいところだ。

 プログラムによると名古屋の登録メンバーは下記の通り。
1  古川真大
2  奥山政幸
3  金編勇佑
4  岸光
5  大西勇輝
6  近藤洋史
7  水野泰輔
8  藤田大喜
9  高原幹
10 小幡元輝
11 奥村駿
12 三鬼海
13 加藤翼
14 佐藤和樹
15 都竹俊優
16 伊藤悠稀
17 川村啓輔
18 川本拓也
19 渡辺大輝
20 野崎翔平
21 足立智紀
22 石井綾
23 加藤凱
24 樋江井悠貴
25 マルコ・ストイコビッチ
26 青山貴浩
27 中根仁
28 岩田孝弘
29 富田亮輔
30 真柄俊作
31 野崎椋
32 樫尾和明
33 大谷亮介
34 ハーフナー・ニッキ
35 渕上大樹

 第一試合(×大宮ユース)には間に合わなかったので、14時キックオフの第二試合(×札幌U-18)に照準を合わせて堀崎グラウンドに向かったが、おそらく第一試合との間で先発メンバーのローテーションが行われていたものと思われる。さらに言えば、対戦相手の札幌U-18はこの試合の直前にB戦を行っていて、そのうちの何人かがこの名古屋戦にもそのまま出場していた。

 そんな名古屋のスタメンはこんな感じ↓。

      高原   大西

都竹   川村   三鬼  加藤翼

渡辺   奥山    岸   金編

         石井?

 試合は序盤こそ動きの重い札幌に対して名古屋が主導権を握ってゲームを組み立てようとしていたが、特に後半になってそのやり方が札幌に読まれてくると名古屋のサッカーは途端に機能しなくなってしまった。厳密に言えばまだ新チームとしての始動前で、チームとしての成熟はおろか戦術的なオプションすら満足にない時期であろうことを考えれば、こうした事態は仕方ないのかもしれないが、チームの大半を昨年のクラ選を制したU-15出身のプレーヤー(すなわちコンビネーションには問題のない選手達)が占め、残りの選手(2年生)も今年コンスタントに試合に出て名古屋(小川監督)のサッカーを実践してきた選手であることを考えれば、ちょっと寂しい気がしないでもない。

 序盤に目立ったのは、ちょうどトップチームでいう阿部のようにSBの位置から正確に長短のパスを蹴り分ける渡辺を起点とした左サイドからの攻撃。渡辺がボールを持つと左SHの都竹が相手のSBを引っ張るようにタッチライン際いっぱいまで開いてきて、そのことによって(それをオトリとして)出来た相手DFラインのギャップ(左SBの裏)に2トップが走り込む(そこに渡辺がフィードを送り込む)というコンビネーションが繰り返し見られた。

 チームとしては今年のチームと同様にトップにボールを当ててそこに二列目以降が絡んで行くスタイルがベース。後半になっても運動量が落ちなかった札幌の前線からのアグレッシブなディフェンスによって、DFラインでボールを回すのもやっとなほどの窮屈な展開を強いられた名古屋は次第にロングボール一発で裏を狙うようなシーンが増えていったが、それでもチームがチャンスを迎えそうな場面は2トップにボールが収まった場面であり、チームとしては愚直にその狙いを繰り返すことが現時点での最善の策であることに間違いはない。

 個々のプレーヤーに目を向けると、その新鮮さもあってひと際目を引いたのがボランチに入っていた三鬼。U-15でも三年時には右SBで固定されていた三鬼は、大柄な選手が多い札幌に対しても当たり負けせずに「潰し役」をこなしており、時々目の醒めるようなボール奪取を見せたかと思えば、持ち前のボールを前に運ぶ能力の高さをボランチのポジションでもいかんなく発揮していた。さらには後半になるとなかなかDFラインからボールを前に持ち出せないチームを見かねたかのように、金編とポジションを入れ替わってその仕事を担っていたりと、その存在感は出色。意外な発見を通り越して、むしろ日曜日のFC東京戦で観たかったオプションだったぐらいだ。

 なお試合は自分達のコーナーキックからカウンターを喰らいGKとの1対1(1対2)を決められ先制されたものの、都竹が右から入れたコーナーキックを西日が目に入ったのか札幌DFがクリアミスしてオウンゴールで同点に追い付きそのまま試合終了。全体的にどちらかと言えば札幌の方がゲーム内容が良かったが、ゲーム終盤には途中から入った川本を中心に積極的に声も出始め、チームとして「勝ち」にこだわる気持ちが見えたことは個人的にはプラスに捉えたい。
b0036243_21515997.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-12-25 21:52 | Youth
2009 Jユースサンスタートニックカップ 準々決勝 FC東京U-15×名古屋U-15 @長居第2陸上競技場
 名古屋U-18の試合を見るのは8月半ばの宮城スタジアムカップ以来(一年生は新潟国体以来)ということで個人的にはとても楽しみにしていた試合。小川監督が「勝ちに拘る」と宣言して臨んだこの大会は、グループリーグではクラ選・ベスト4にしてこの世代屈指のタレントを擁する京都を抑えて堂々の首位通過。決勝トーナメント初戦でもクラ選王者のC大阪を破ってベスト8へと駒を進めてきた。中スポ・ユースニュースによれば、決定力には課題を残すものの守備には小川監督も手応えを感じているとのこと。プリンスやクラ選で観た時には、強いチームとやると大事なところで決められず、逆にそうこうしているうちに失点を重ねてしまうといった展開が多かったので、そういった意味ではチームは自分たちなりの勝ち方を覚え勝負強さが身に付いて来たのかもしれない。

 だが今日のFC東京との準々決勝では名古屋はそんな成長の跡を見せることが出来ず、それどころかほとんど良い場面を作れないまま記録的な大敗を喫してしまった。今シーズンはトップチームもFC東京にはコテンパンにやられていたし、ユースでも吉田麻也の代のチームが2006年の同じくJユースカップ(場所も同じ長居第2)で0-3と完敗を喫したのをはじめ、昨年のチームもクラ選で4-8というスコアで敗戦を喫していたりするので、もう慣れっこと言えば慣れっこなのだが、この試合について率直な感想を言うなら、この両チームが試合をした場合、10回やったら10回負けるどころか10回やったら7回ぐらいはフルボッコされるのではないかと思えるほど、両チームのパフォーマンスには厳然たる差が存在していた。
 もちろんいくらFC東京が強いチームで個々のプレーヤーの能力が高いからと言って、同じ高校生がやっていることなのだから、名古屋が彼等に勝つ術が皆無かと言ったらそんなことは全くもってないのだが、今日の名古屋にその手掛かりとなるようなものを見出すことは困難だった。この年代の頂に立つFC東京相手に個の力で敵わないのなら、戦術面やメンタル面でそれを補っていくしかないが、残念ながら今日の名古屋はFC東京に対してそれらの面も後手に回ってしまっていた。
 例えば、磐田がやっているように中盤とDFラインでしっかりとしたブロックを作ってまずは守備から入るような戦い方をしていたらこの試合はどうなっていたか。フィジカル面での差が顕著なのであれば、パスを回して相手とのボディコンタクトを避けるようなサッカーを普段から目指していたらどうなっていたか。そしてチームがせめて球際での強さをもっと全面に出していたら・・・。その時は10回に何回かは勝てるかもしれないし、この試合がその10回に何回かになったかもしれない。実際、磐田がFC東京と10回やってもおそらく負け越すだろうが、磐田は高円宮杯でFC東京相手に完勝を収めている。

 というわけで試合。名古屋のスタメンはこんな感じ↓

      矢田   高原

三浦   小幡   水野   金編

安藤   奥山    岸    岩田

         古川

 立ち上がりの名古屋はアグレッシブに映った。京都やC大阪を破って勝ち上がってきたことで得た自信だろうか、それとも東海地区のライバル磐田が目の前で準決勝進出を決めて触発されたのか、とりあえず様子を見るといったようなそぶりはなく、前に前にと人とボールを運び、FC東京相手に臆することなく自分達のスタイルで真っ向から勝負を挑んでいる感じだった。
 しかしそんな名古屋の勢いを東京は力づくで押し返してくる。裏を狙った長いタテパスで名古屋のDFラインを押し下げ、個々のマッチアップでもフィジカルの強さを生かしてガツガツ当たって来るFC東京に対して、名古屋は次第に局面での劣勢を強いられることになった。
 1対1ではほぼ勝てない名古屋は必然的に人数をかけてボールホルダーに対応に行かざるを得ない。中盤から積極的に最終ラインのサポートに入る守備意識の高さはおそらくこのチームの守備が安定してきた要因のひとつなのだろうが、人数をかけてようやくボールを奪い返してもその位置が低くては上手く攻撃につなげることが出来なかった。U-15などと同様にまずはトップにタテパスを入れてゲームを組み立てるオーソドックスなスタイルの名古屋は、このような展開になるとタテパスの距離が徐々に長くなり、裏を狙うにしろクサビを入れるにしろ前線のプレーヤーが孤立して彼等の個人技による突破に頼るしか手がない状況だった。

 均衡を破ったのは当然のごとくFC東京で、右サイドからのクロスに対して往年の森山泰行ばりに空中でやや後ろに重心を戻しながら上手く合わせた重松のヘディングシュートがGK古川の頭上を越えてゴールマウスに吸い込まれると、ここからFC東京のゴールラッシュが始まった。PK2本を含む合計で7つの失点は、そのどれもが(例えば昨年の高円宮杯(U-18)の決勝で原口や山田に決められたような)“ゴラッソ”と呼べる代物ではなかっただけが、それだからこそ逆に東京のチームとしての完成度や戦術の浸透の高さを伺わせた。名古屋としてはせめて前・後半それぞれの終盤に訪れる東京の足が止まる時間帯まで我慢できていればまた違った展開を期待できたかもしれないが、それもまた水泡に帰した。
 名古屋にとってさらに致命的だったのは二つ目のPKを献上したシーンで(斜め後方から)ボールに行ったと思われた岸のタックルがファール(PK)を取られ、おまけに一発退場を宣告されてしまったこと。その前に名古屋のDFの選手によるいくつかの小さなファールを見逃して(流して)いたレフェリーによる「合わせ一本」的なこの制裁は個々のファールを取られるよりも遥かに高い代償となってしまった。その後名古屋は10人でもよく戦っていたが、最後の2失点については集中が切れていた面があることもまた否定できない。

 この試合について収穫があるとすれば、センターラインに入った3人の一年生がそれぞれの得意分野で高校レベルでも十分に特徴を発揮出来るようになったこと。特にこのJユースカップからレギュラーに定着した高原はJrユースの時に見せていたFWとしての勝負強さのようなものをようやくこのカテゴリーも再現できるようになった。彼らには来年か再来年必ず東京にリベンジを果たして欲しいと思うし、「プリンス東海では(高円宮杯に出場した)磐田や静学との間に差がなかった」とか暢気なことを言っている場合ではなく、こういう東京のようなチームに勝つにはどうしたらいいかを考えながらトレーニングに励んで欲しいと思う。それを乗り越えなければ高校では中学の時と同じような栄光を再び掴むことは出来ない。
 またこの試合が最後の公式戦となってしまった三年生は、個々のプレーヤーレベルで見れば、U-18日本代表に選ばれている岩田や10番を背負って様々なポジションでプレーした矢田を筆頭に正直今年一年で予想以上に伸びた印象だった。トップ昇格こそならなかったが、来年は関東大学リーグなどで見られることを楽しみにしていたい。
b0036243_7125440.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-12-20 23:59 | Youth
高円宮杯(U-15) グループリーグ 名古屋U-15×帝京FCJrユース @瑞穂北陸上競技場
 平林(現名古屋オーシャンズ)や日下(現FC刈谷)を擁してこの大会を制した1999年から10年振りの優勝を狙う名古屋。そんな10年前の記憶は彼等の中にはないだろうが、昨年ベスト8で涙を呑んだ光景を地元の港サッカー場のスタンドで目の当たりにした今年のメンバー達がどこまで勝ち進めるのか。条件は決してやさしくはないが、ひとつづつクリアしてこのチームとして一試合でも多く試合をこなして欲しい。

 名古屋のスタメンはこんな↓感じ。

      青山   北川

岩田   真柄   富田   森

河合   ニッキ   大谷   鈴木

         渕上

 高田監督が中スポ・ユースニュースの中でも紹介していたサイドアタッカー(右SH)の野崎はベンチスタート。二年生のテクニシャン・森に先発のチャンスが巡って来た。ゲーム序盤はなるべくボールを落ち着かせて、相手の動きが落ちて来た後半に野崎の突破力を生かすゲームプランだろうか。また左サイドバックとして不動のレギュラーでもある樫尾はベンチににも入っておらず、左サイドのユーテリティプレーヤーである河合がそのポジションに入っていた。

 試合はすぐに動く。青山の突破によって獲得したペナルティエリアすぐ外からの直接FKを富田が壁の外側を巻くようにキーパーサイドにグラウンダーでシュート。このこぼれ球に反応した北川がプッシュして名古屋が幸先良く先制に成功した。相手が名古屋のことを研究していて富田とともにボールの前に立っていた岩田の左足を警戒し裏をかかれたという風でもなかったが、ピッチコンディションや壁の死角から入って来たシュートがGKのミスを誘ったのかもしれない。そして試合序盤はこのFKのキッカケにもなった青山のスピード溢れる突破に対して帝京FCが全く対応出来ていない(止められない)感じだった。

 しかしこれでリズムを掴めるかと思いきや名古屋はなかなか波に乗っていけない。二人が同じボールに競りに行って重なってしまうことが何度かあったあたりを見ると緊張や気負いといったものもあったのかもしれないが、チーム全体でのオペレーションとして見れば攻守両面においてセカンドボールを拾えていなかったのが大きいように感じた。足が動いておらず「見て」しまっていた名古屋の選手達はセカンドボールの確保においてどうしても帝京FCの後手に回ってしまう。それはすなわち次のプレーを予測したポジショニングという意味でもあるのだが、このチームにとってセカンドボールは生命線でありこれが拾えないと名古屋は苦しい。
 そして前の4人(2トップと両SH)にタテパスを入れてそこに対して後ろからオーバーラップしてきた選手が絡む名古屋の攻撃は、上手くクサビのボールが入れられなかったりそこでボールキープが出来ないとやや強引なロングボールが多くなる傾向がある。こうなるとなかなか試合が落ち着かずコントロールすることが難しくなるが、ただ前の4人の個の能力の高さを考えればそれでもビッグチャンスは作れるだろうし、なにより東海大会の決勝(岐阜VAMOS戦)や先日の追浜とのトレーニングマッチを見るまでもなく、このチームはそんな苦しい時間帯を乗り切るだけの強いメンタリティを持っているはずだから、こうした時間帯はチームとともにスタンドもも我慢するしかない。

 サイドバックが積極的にオーバーラップし攻撃に絡む名古屋のスタイルにとってセカンドボールと同じぐらい大事なのはつまらないミスでボールを失わないことだ。相手に高い位置でボールを奪われると手薄な名古屋のDFラインがその速攻に対処するのは難しい。このチームでよく見られる失点シーンはそうしたショートカウンターからギャップになっている両SBの裏(CBの両脇)のスペースにボールを流し込まれるパターンだ。そしてこの試合でも中盤で失ったボールをサイドのスペースに流し込まれ、CBのカバーリングが到着する前に強烈なシュートでニアサイドを撃ち抜かれてしまった。そう言えば、夏のクラ選準決勝で神戸にやられた失点も東海大会準決勝でJUVENにやられた失点も同じような形だった。
 まあこの失点シーンについて言えば、奪われたボールをバイタルにつながれた時に寄せ切れずそのままターンされて前を向かせてしまったのが失点につながったとも言える。その後もクサビのパスに対する判断では何度か怪しい場面があり、簡単に前を向かせてしまってピンチを招いていたシーンがあったので、この部分は改善する必要があるかもしれない。

 この年代での試合(特にグループリーグ初戦など)はプロと違って相手チームに対するスカウティングがなされていないので、どちらかと言えば自分達の良さを発揮しプレースタイルを実践することに優先順位が置かれたような戦い方だ。しかしハーフタイムを挟むとそこには「大人の知恵」が加わることになる。前半は途中から試合がやや淡白な感じなってしまったが、ハーフタイムを挟んで迎えた後半に帝京FCがどういった戦い方をしてくるのか個人的には少し警戒していた。
 そして案の定帝京FCは名古屋のサイドバックの裏を狙うようなそぶりを見せてきたものの、ハーフタイムを挟んで動きが良くなったのはむしろ名古屋の方だった。ただこちらは相手がどうこうというよりも自分達の良さをいかに出すかという部分での修正(指示)が入ったような印象だ。前半と比べてもアグレッシブさを増した名古屋は立ち上がりから全快で試合を支配して行く。

 名古屋U-15の試合(公式戦)を観に行くと必ず掲げられている弾幕がある。「Dominate the game」――直訳すれば「試合を支配しろ」ということだが、去年のチームはベースとしてはボールを失わないで動かすことでそれを実践していたような印象だった。菅澤前監督がユースニュースの中で語っていた「ポケットに手を突っ込んだまま勝てるサッカー」という言葉がまさに象徴的だ。今年のチームは決してそんなポゼッションが得意なチームではないが、後半の名古屋はそれとは違うやり方で間違いなくこの試合を支配していた。
 前線にボールを預けて(クサビのボールを入れて)二列目以降が後ろからそれに絡んでガンガン攻める。仮にゴールを奪えなくても前掛かりになった選手達がそのまま前線からプレッシャーを掛けることで相手に苦し紛れのタテパスを蹴らせ、高さと前に強いニッキと大谷の両CBがこれを弾き返して再び攻撃につなげる。後半は相手の動きが落ちたこともあってかセカンドボールがよく拾えていたし、こうなると名古屋は良いサイクルにはまり文字通りの波状攻撃だ。

 ほとんどワンサイドゲームでビッグチャンスを何度も作りながらなかなかゴールを割れなかったところだけが心配だった名古屋だが、沈黙を破ったのはハードワークが持ち味のボランチによるスーパーハードワークだった。岩田と左右を入れ替わって左に回っていた森が内側にドリブルしながら相手を引き付けるだけ引き付けて背後をクロスオーバーした富田にパスを送ると、富田はこれを受けてフリーで左サイドからボックス内に持ち込み応対に来たDFを鮮やかなフェイントで振り切ってゴール前を横切るクロスボール。これに大外で鈴木が詰めた。ボランチの位置でのロングキックとハードワークが印象的な富田だがアタッキングサードでボールに絡めばこうしたドリブル突破も見せるアジリティに溢れるプレーヤーだ。そして終了間際には途中出場でGKとの1対1を含む何度かの決定機を決められていなかった野崎が左サイドからのアーリークロスにファーサイドで右足で合わせ3-1、試合を決めた。

 第二戦の相手は今日の第一試合で神戸に0-6と大敗を喫した島原一中。立ち上がりから守備的に戦っていたがボールへの寄せが甘く神戸のWボランチを軸としたビルドアップに全く付いていけていなかった。DFラインにはサイズがある選手を揃えているものの、帰陣が早過ぎてすぐボックスの中まで下がってしまうので、逆にバイタルエリアがポッカリと空いていた印象もある。名古屋としてはここを上手く使って青山や北川がボールを受けそのまま前を向いて仕掛けられれば得点のチャンスが広がりそうだ。名古屋の場合カウンターの脅威は常にあるチームなのでそこを気にしていても始まらない。島原一中が一日でどこまで建て直してくるかにもよるが、名古屋としてはとくにかく早く先制点・追加点を奪って楽に試合を進めたいところだ。

 神戸はクラ選で名古屋と当たった時にはゴールに向かってダイレクトにプレーする(そしてそれに対して名古屋が後手に回って慌てた)印象が強かったが、この試合ではWボランチを中心としてしっかりとボールを動かしてゲームをコントロールしていた。もっとも次の対戦で神戸がダイレクトプレーを増やしたとしても、そこには前回の対戦では不在だったニッキがいるので、名古屋もそうしたやり方に対しては簡単には主導権を譲らないだろう。
b0036243_92458.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-12-20 09:02 | Youth
トレーニングマッチ 横浜FマリノスJrユース追浜×名古屋U-15 @追浜グラウンド
 高円宮杯・東海大会で宣言通りの優勝を果たし12/19に開幕する本大会への出場が決定している名古屋U-15。今週末は全国大会前の恒例行事となっている関東遠征を行い、同じく本大会出場が決定している横浜FマリノスJrユース追浜そして東京ヴェルディJrユースとトレーニングマッチを行うとのこと。ちなみに夏のクラ選全国大会前に行った関東遠征では後に本大会の決勝トーナメント一回戦で対戦することになる浦和と試合を組んでしまっていたりもしたが、グループリーグ首位のチームのみが決勝トーナメントに進出出来る高円宮杯では名古屋が勝ち進んだとしても追浜やヴェルディとは決勝まで当たらない計算だ。まあ名古屋の場合はその前にグループリーグでクラ選王者の神戸(名古屋も準決勝で苦杯を舐めた)、そして決勝トーナメントに進出したとしても初戦で関東最強の浦和と再び相まみえなければならない。神戸の強さは何より名古屋自身が身に染みて分かっているし、クラ選のリベンジに燃えているに違いない浦和も厄介な相手だ。

 そんなわけで情報戦を含めて本大会前のデリケートな時期でもあるので、フォーメーションなど今日の試合について細かく書くことは控えるが、個人的な注目点は東海大会の準決勝・決勝を欠場していたエースの青山と、U-14Jリーグ選抜で参加したオランダの国際ユース大会でMVPを受賞した名古屋U-14のエース北川、そして青山が不在の試合でハットトリックを含む大車輪の活躍を見せた中根という三人のストライカーをどう共存させるのか?(使い分けるのか?)ということ。同じFWでも三人とも特徴が異なる上、今日の試合を見る限りは三人のコンディションにバラつきが見られるだけに、高田監督としても本大会までその起用法に頭を悩ませることになるだろう。大会まで二週間ある現段階では、とても一学年下とは思えない堂々たるプレーぶりでスーパーなゴールを連発した北川の好調さが光った。きっと今の彼にはゴールマウスの広さが常人の二倍ぐらいに見えているに違いない。

 試合自体は改めて関東のレベルの高さを思い知らされる内容だった。横浜FマリノスJrユース追浜は関東地区の第5代表。数字上では名古屋と同じグループGに属する関東第4代表の帝京FCJrユースより下ということになる。しかしながらそんな追浜に対して(移動の疲れや強雨といった悪条件が重なった影響はあるかもしれないが)名古屋は多くの時間帯でゲームの主導権を握られていた。トップへのクサビのボールが攻撃のスイッチとなる名古屋は、前線に能力が高いアタッカーが揃っていることもあり、トップにボールが収まればそこに二列目のプレーヤーが絡んで迫力のある攻撃を繰り出すことが出来るが、しっかりと守備組織を整えた相手に対してはそうやすやすとはクサビは打ち込めないし、かといってパスの出し先に逡巡していると非常にコレクティブで集散の速い追浜にあっという間に囲まれてしまう。
 対する追浜はチームカラーとしてチーム全体でパスをつなぎながらボールを運ぶ意識(動き)が徹底されていた。名古屋も前線から連動してサイドに追い込むようなディフェンスをしてはいたものの、ボールホルダーに対してパスの受け手がタイミング良く名古屋の選手と選手の間に顔を出す追浜はこの網を上手くすり抜けてしまうし、仮に行く手を塞がれたとしてもサイドを変えて作り直すあたりの判断も迅速で間違いがない。そして追浜はコンパクトなディフェンスからボールを奪った後のショートカウンターも含めアタッキングサードではサイドのスペースを上手く使って攻撃していた。名古屋が後半タテ続けに失った3点もその形だ。
 こういうチームが第5代表だというのだから関東(全国)は全くもって奥が深いが、名古屋にとってこういうチームと試合が出来たことは全国大会に向けては必ずやプラスになるだろう。少なくとも名古屋の選手達は個人の能力では関東の強豪チームに対しても劣っていないどころかむしろ上回っていると感じたはずだし、なにより攻撃がなかなかシュートまで辿り着かない時間帯やタテ続けに三失点を喰らって逆転された時も気持ちを切らさず闘い続けていた。それはひょっとしたら東海王者としてプライドのようなものかもしれないが、キャプテンの真柄や積極的に声を出してチームを盛り上げるCBコンビの大谷とニッキ、感情表現が豊かな青山といった選手を中心としてこのチームはまとまっている。個々の能力は二週間かそこらで突然上げられないが、チームとしての戦い方に工夫を加えることは出来るし、それを支える技術とメンタリティそしてチームワークをこのチームは備えている。

 昨年まであまり良い結果を残せていなかったこのチームは、監督が代わった今年から急に結果を残せるようになった。どちらかと言えばフィジカルに優れる選手が多いこのチームにとって前任者のサッカーはむしろ少し窮屈だったのかもしれない。逆に言えば昨年のU-15を高田監督が率いて今年のチームと同じようなサッカーをしていたら(クラ選優勝のような)昨年と同じ成績をあげられたかは微妙でもある。
 ただひとつ名古屋ファンの目線から言えるとすれば、このチームがとても名古屋らしいチームであるということに疑いの余地はない。それは今シーズンから名古屋の下部組織がトップチームと方針を揃えていることと無関係ではないだろうが、個々のプレーヤーを見てもそこにはどことなくノスタルジックな光景が広がっている。その筆頭株がSHを務める岩田で、同年代の日本代表候補でもあった岩田は平野孝以降クラブに脈々と受け継がれているエスプリを感じさせる実に名古屋らしいSHだ。そしてDFラインで高くそして強固な壁を築くCBコンビは大谷をユース時代の吉田麻也にそしてニッキを三宅徹に重ねずにはいられない。大谷などはそのポテンシャルからしてもすんなりCBに収まるような選手ではないと思うので、もしユースに上がるのならかつての吉田麻也がそうだったようにボランチなどにもチャレンジして欲しいと思う。名古屋らしいハードワークが売りのCHコンビは富田が小回りが利く吉村圭司、真柄は強いて言うなら青山隼とったところだが、この二人による抜群のコンビネーションはトップチームのムラムラをさえ凌ぐ。

 彼らには(グループリーグを)地元で戦うこの大会で是非名古屋らしいサッカーを見せて勝ち抜いて欲しい。
b0036243_2355958.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-12-05 23:59 | Youth
高円宮杯(U-15) 東海大会 決勝 名古屋U-15×岐阜VAMOS @港サッカー場
 瑞穂で天皇杯という選択肢もあったが、チームが勝ち上がってくれることを信じて、昨日の準決勝に引き続き港サッカー場で高円宮杯(U-15)東海大会を観戦。今日の試合は決勝。相手は準決勝と同じ岐阜県代表の岐阜VAMOSだ。クラ選の東海地区予選を見た時には、引いて守ってカウンター狙いのVAMOS相手に名古屋が大苦戦を強いられた印象だったが、逆にVAMOSに対して危険な相手だと感じる場面も少なかった。あれから4カ月で両チームの力関係はどう変わっているのだろうか。

 名古屋のスタメンは昨日と同じ。

      北川   中根

岩田   真柄   富田   野崎

樫尾   ニッキ    大谷   鈴木

        渕上


 クラ選では名古屋に負けたことによって全国大会出場を逃したVAMOSにはその雪辱に燃える思いがあるだろうし、名古屋にとっては東海チャンピオンになって本大会へというモチベーションがあるこの試合。しかしここまで余裕の勝ち上がりで前日の準決勝でもVAMOSと並ぶ岐阜県クラブユースの雄・JUVENに大勝した名古屋よりは、そんな「東海無双」の名古屋にひと泡吹かせてやろうと乗り込んで来たVAMOSの方が気持ちは勝っていたようだ。球際の競り合いでも名古屋はイマひとつ激しく行けていないし、何よりキックオフから完全に気持ちが「受け」に回ってしまっている。この決勝戦でよりアグレッシブにそして主体性を持って試合を進めていたのはVAMOSだった。

 VAMOSはハイプレッシャーからボールを奪い執拗に名古屋DFの裏を狙ってくる作戦。スピード勝負に持ち込めば名古屋の強力なCBコンビに対しても十分勝算アリと踏んでいるのだろう。そして前回対戦では迫力に欠けていたカウンターも、攻撃に対する人数の掛け方がまるで別のチームのように分厚くなっていた。ボールホルダーに対して周りの選手が顔を出してパスコースを作る忠実な動きが目立ちテンポ良くパスをつないで来るVAMOSは、名古屋の最終ラインが高い位置にあれば1本の長いタテパスでその裏を狙い、逆に深ければバイタルエリアへとボールを運んで名古屋DFを誘い出しワンツーなどを使って裏へと抜け出してGKとの1対1の状況を作り出す。VAMOSが奪った1点目もまさしくそんな形で、前におびき出された名古屋DFラインの裏に上手く飛び出した10番の選手が名古屋GK渕上と1対1の状況から冷静にシュートを沈めていた。

 対する名古屋はVAMOSとは対照的にボールを持っても個々の判断が遅れがちでボールを引き出すような動きも少ない。こうなると守る側も狙いどころを絞りやすくなるので、名古屋はせっかくボールを保持していても簡単にVAMOSの守備網に引っ掛かってボールを失いカウンターを喰らうというサイクルにハマるのは自然な流れだった。そしてマイボールになると2トップと両SHの4人が前線に張り出す名古屋の攻撃は、ビルドアップの過程でボールを失うと前線に4人の選手が取り残される形になり、切り替えの早いVAMOSに対してあっという間に数的不利の状況を作られてしまう。いくらこのチームのWボランチがハードワークを生業としているとは言え、中盤の広いスペースを二人でカバーするのは到底無理な話で、Wボランチが慌ててボールホルダーに対して寄せたところで、余裕のあるVAMOSの選手達の巧みなボールコントロールによcつてアッサリとそのプレッシャーをかわされパスをつながれてしまっていた。

 「思っていたのと違う」が「何かおかしい」になりやがて焦りから自分達のリズムを見失っていく。そんな名古屋にとっての嫌な流れを押し戻したのは昨日の試合でもキレのある動きを見せていた左SHの岩田だった。この試合の後に行われた表彰式で今大会のMVPにも選出された岩田は、調子自体の良さもあるのだろうが、このレベルでは突出した個の能力の高さを発揮しており、チャンスメーカーとしてのみならず積極的にゴールに絡む動きが目を惹いていた。
 タテ1本から北川(のバックヘッド)→野崎と渡ったボールを受けた岩田はドリブルでPA内に侵入して鋭い切り返しでGKまで翻弄。それを抜き去ると右足で冷静にゴールを叩き込み同点に成功。そしてその後再び突き放されたりとなかなかペースの上がらないチームの中でも岩田個人のオンステージは続いた。この試合チームとして珍しくワンタッチでテンポ良くパスがつながって再び同点に追い付いた2点目では、クサビに入った中根の落とし→真柄とボールが渡り真柄がそれをワンタッチで前線に送るとそこに入り込んでいた岩田が落ち着いて目の前のDFを外してゴール右隅へと鋭いシュートを蹴り込む。さらに3点目のシーンでは野崎が横にドリブルしながら入れたクサビのボールを相手DFを背負いながら中根がキープ→そのヒールパスからDFラインの裏に抜け出した岩田が切り返しで右足に持ち替えてそのまま豪快にネットを揺らしたのだった。
 チームとしてはむしろやられている印象の方が強い前半だったが、岩田のハットトリックの大活躍によって名古屋は3-2とリードし前半を折り返した。

 ペースを握られ二度のリードを許す厳しい展開ながらも前半のうちに逆転に成功したことで、ハーフタイムを挟む後半は少しは落ち着いて試合が進められるかと思われた名古屋だったが、後半も依然としてVAMOSのペースは続いた。前線からのプレッシャーによって相手のパスミスを誘ったり相手が苦し紛れのタテパスを蹴って来たらそれを「前で」インターセプトする守備といい、ピッチを広く使ってボールを動かしてゲームを組み立てる攻撃といいそれは名古屋はすっかりお株を奪われてしまっている。逆に名古屋は悪い形でボールを失っているという面はあるにせよ、前線からのプレスがハマらないので中盤から後ろの対応が後手後手になってしまっていて、その結果1対1での主導権もVAMOSに譲るという悪循環のようにも見えた。

 しかし試合を決める力という点では個の能力に勝る名古屋の方が上。前半にも何度か見られたように判断を早くし良い流れさえ作れば(簡単にとは言わないまでも)名古屋は高い確率で得点に結び付けることが出来る。より高い技術を持ったチームが早くボールを動かしたら個の力で劣るチームはそれに付いていくことは出来ないからだ。そして名古屋はVAMOSからボールを奪うとカウンターから中央で途中出場の曽雌→北川→中根とつないで最後はファーサイドからPAに飛び込んで来た真柄へと展開。これに慌てたVAMOSのDFが真柄を倒してしまい名古屋はPKから追加点をあげる。その後タテ1本で裏を取られてゴールを割られ1点差に追い上げられたものの、左サイドからドリブルでカットインした北川が思い切って放ったミドルがGKのファンブルを誘ってそのままゴールに吸い込まれて、撃ち合いとなった試合にようやく終止符を打たれた。

 最終的なスコアは5-3。サッカーに判定はないが内容だけならVAMOSの方が上回っていた。それも東海無双の名古屋に真っ向から挑んだ上でだ。それでも名古屋はVAMOSを力でねじ伏せ当面の目標だった東海チャンピオンを達成したところには王者としての風格すら漂う。さらなる大きな目標に向けてこの苦戦が全国大会で生きることを願いたい。
b0036243_5194251.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-11-15 23:59 | Youth
高円宮杯(U-15) 東海大会 準決勝 名古屋U-15×JUVEN.F.C @港サッカー場
 世界的な不況の余波はユースサッカーにも及んでいる。高円宮杯U-18では昨年まで優勝チームと準優勝チームに与えられていた海外遠征が優勝チームだけに限定されてしまったし、この高円宮杯U-15東海大会にしても昨年までは各県の代表2チーム(計8チーム)が二つのグループに分かれてグループリーグを戦った後各グループ上位二チームが順位決定トーナメントを行っていたのが、今大会では8チームがいきなり一発勝負の決勝トーナメントに臨む形に変更になった。名古屋は先週の一回戦で無事磐田ジュニアユースを破り本大会出場を決めたものの、もしその試合で敗れるようなことがあればその時点で本大会出場への道が途絶えていたことになる。そして実際に、名古屋と同じく夏のクラ選ベスト4にして静岡チャンピオンのACNジュビロ沼津は愛知FCに1-2と敗れ全国への望みを断たれてしまった。勝負の世界の厳しさと言えばそれまでだが、このような環境下で果たして選手達は溌剌とプレー出来るのだろうか。
 これと同様のことは全国大会にも起こっている。昨年までは各グループの2位までが決勝トーナメントに進出していたのに対して今年は各グループの1位のみが決勝トーナメントに進出し8チームで覇を争うことになった。これはグループリーグでの一敗が限りなく絶望を意味するということだ。各チームはグループリーグの一試合目からトーナメントのつもりで戦わなくてはならないだろう。もちろん昨年の名古屋U-15のような例(グループリーグ初戦で京都に敗れながら最終的にはグループ首位になった)もあるが、あれは“死のグループ”が結果的にプラスに作用した特異な例。強豪チームが星の奪い合いを行うことで一敗の持つ意味が弱まっていた。これが二強二弱だったらどうか?二強の直接対決で敗れたチームはその時点で敗退となる可能性がかなり高まる。
 そんな過酷な全国大会を見据えればなおさら、名古屋U-15がこの東海大会で優勝出来るか出来ないかには大きな意味がある。東海一位になれば、グループリーグで関東や関西の一位のチームと当たらなくて済むし(とは言ってもクラ選ファイナリストの神戸や京都と同居する可能性はあるが・・・)、8つあるグループのうち二つのグループでベニューとなっている愛知会場(港→港→瑞穂北 か 瑞穂北→瑞穂陸→瑞穂陸)を使える可能性も高まるからだ。本大会の決勝トーナメントまでを視野に入れるならこの東海大会は是が非でも優勝し東海1位として本大会に臨みたい。

 と前置きが長くなったが本題である今日の準決勝。対戦相手は一回戦で三重のFC四日市を延長の末に下したJUVEN.F.C。名古屋のスタメンはこんな↓感じ。

      北川   中根

岩田   真柄   富田   野崎

樫尾   ニッキ    大谷   鈴木

        渕上

 一時期の港サッカー場と比べればピッチは信じ難いほど青々としているが、昨日から降り続いた雨の影響でピッチには所々水が浮いている状況。特にコーナーフラッグ付近ではアップの時からボールが止まってしまうシーンが目立った。決してプレーしやすいコンディションではないだろうが、選手達はこのような条件下でどれだけいつも通りのプレーが出来るのかその真価が試されることになる。

 試合はキックオフから名古屋がピッチを広く使ってボールを動かしJUVENディフェンスを崩しに掛かる。それはまるでボールをピッチの隅々へと動かしてそれぞれのエリアのピッチコンディションを測りながらゲームを進めているかのようでもあった。そして左右に大きく揺さぶっておいて相手のディフェンスが横に広がったところで真柄が二度三度とDFラインの裏にスルーパスを狙っていたが、ペナルティエリア内はコーナーフラッグ近辺とは対照的に全くボールが止まる気配がなく、鮮やかにDFの間を切り裂いたスルーパスがそのままゴールラインを割ってしまうようなシーンが連発していた。
 そしてそうこうしている間に先制点はなんとJUVENに転がり込む。後方からのタテパスに対してニッキと大谷のギャップに上手く抜け出したJUVENの9番が並走する大谷から半歩抜け出して右足を一閃、やや右寄りでペナルティエリアに入ったあたりの位置から放たれた豪快なシュートは逆サイドネットに突き刺さった。サイズもあって身体能力に優れるJUVENの9番はその後も何度かタテ1本から名古屋陣内へと一人切り込んで行くシーンが見られたが、ピッチコンディションを考慮すればアバウトなタテ1本からでも思わぬピンチを招いてしまう危険性は十分に想定されたはずで、それに対して前半は名古屋の中盤が安易にタテに蹴らせてしまっているシーンが目に付いた。もちろん通常(いつも)であればタテに入って来るボールに対してそれを弾き返す力に優れるCBコンビの特性を考慮してもこれで問題ないのかもしれないが、この試合に限って言えばタテに蹴らせない守り方も必要だったかもしれない。

 しかし不測の失点を喫しても名古屋の選手達は全く動じる様子はなかった。すぐさま右サイドを深くエグった野崎の折り返しからゴール中央で中根が合わせて同点にすると、その後はセットプレーを中心に前半だけでなんと5得点。後半に入っても開始早々に左サイドを抜け出した岩田のクロスに中根がダイビングヘッドを決めてゴールラッシュの口火を切ると、2年生中心のメンバーに切り替えながらさらに2得点を追加。合計8-1の快勝で名古屋は決勝へと駒を進めたのだった。
 中でも特筆すべきは一人で4ゴールを叩き出した中根。この試合について言えばまさに「研ぎ澄まされている」と表現するのがピッタリだった中根は、ゴール前で類稀な得点感覚と泥臭さそして勇敢さを発揮し、エース(青山)不在のチームを救った。そしてクラ選の時にも書いた気がするが、中根のプレーにどこか駒澤スピリットを感じてしまうのはなぜだろうか。
 また右からのCKを直接蹴り込んだ岩田を見るまでもなく、正確なキッカー(左からは富田や真柄)と長身選手が揃うこのチームにとってセットプレーは大きな武器。もちろん180~190センチ級の選手を揃えながら一向にセットプレーの精度が向上しない某チームのような例もあるので長身選手がいれば必ずしも優位というわけではないが、これはチームとしてもストロングポイントとしていかなければならないところだろう。今後全国大会に出場し接戦となった時にはこれは大きな武器になるからだ。
b0036243_164976.jpg
 
[PR]
by tknr0326g8 | 2009-11-14 23:59 | Youth