Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
カテゴリ:Other Games( 106 )
アジアカップ予選 日本×バーレーン @トヨタスタジアム
 名古屋の宝・本田圭佑の豊スタ凱旋試合というわけで、Jリーグ開幕に先駆けて強行日程で豊田スタジアムへ。ただパッと思い付く限り、本田の名古屋時代の良いパフォーマンスはほとんどが瑞穂でのもので、2006年シーズンの浦和戦で軸足を滑らせながら放ったクロスボールが決勝ゴールとなるヨンセンのダイビングヘッドを呼び込んだことぐらいだろうか。今や名古屋では不動の左SBである阿部のデビュー戦となった鹿島との試合で、阿部が1対1でやられまくっていたのを見かねたフェルフォーセンが左SHだった本田とのポジションの入れ替えを試合中に断行したのもこの豊田スタジアムだった。

 中スポの予想によれば、本田は中村俊輔と右SHのポジションを争うのではなく、中央で岡崎とタテの関係をなすような2トップを組むとのこと。4-2-3-1の3の真ん中と言うことも出来るかもしれない。そしていざ試合が始まると、普段のJリーグの名古屋の試合ではわざとそうしてるとしか思えないぐらいスタメン予想を外しまくる中スポの予想がなぜだかこの試合に関しては100%的中し、長谷部や松井といった海外組とともにスタメン出場を果たした本田は、中央で2トップのようにもトップ下のようにも見えるポジションでプレーしていた。

 試合は立ち上がりから日本が長いボールでバーレーンDFの裏を狙うような攻撃がやたらと目立つ。遠藤や中村憲(この試合は欠場)といったボールを動かせるタレントが中心となって真ん中でパスをつないでサイドに展開するようなパターンが多いこのチームにあってこうした戦い方は意外だったが、自陣にしっかりとした守備ブロックを作っている“中東の魔術師”マチャラ率いるバーレーンのカウンターを警戒していたのかもしれない。
 そしてそんな日本にあっては本田のプレー自体も前半は決して良いとは言えない出来だった。オンザボールではサイドからのクロスボールに対して惜しいシュートを放ったり、前線に決定的なスルーパスを送り込んだりとさすがに今最も旬なプレーヤーであることを実感させるプレーを見せていたが、問題はオフザボールで、どことなくどう動いていいか分からないといったような感じで動きに迷いが感じられたのは、それが慣れないポジションのせいなのか、それとも日本の戦術のせいなのかは分からないが、こんな調子じゃあまた湯浅健二にあたりにこっぴどく叩かれるに違いないと思っていたら案の定だった。
 ただ俺が前半の本田をイマイチだと感じたのは、オフザボールで犬のように走り回らなかったからではなく(むしろ機動力があるタイプではない本田がFWというだけで前線からのチェックに借り出されていたのは不憫だと思ったぐらい)、前に行っても岡崎のように裏でボールをもらうようなことが出来ず、かといって下がって来ればボランチの遠藤や長谷部との間でスペースを潰し合っていたりといった、あくまでもチームの機能としての問題だ。

 後半になると2トップの動きも含めてチームとして幾分か改善されてはいたものの、2005年の高校選手権の時から良い時も悪い時も本田を観て来た一ウォッチャーの感想で言うなら、このチームで本田の力を最大限に引き出そうと思ったら、やはり中村俊輔の存在がネックになってくるのは間違いない。中村俊輔を中心として中村俊輔のリズム(ペース)によってゲームが作られるこのチームでは、本田の特徴はかなりの部分で損なわれるし、実際、昨年の5月に長居で開催されたキリンカップ(チリ戦)で、中村憲や山田直といったアジリティに溢れる選手達と組ませた時の本田のパフォーマンスはピッチ上でもひと際輝きを放っていた。個人的にも本田には是非W杯のピッチに立ってもらいたいし、それが今年の6月の一番の楽しみでもあるのだが、本田がそこでベストのパフォーマンスを発揮するには決して小さくはないハードルを越えていく必要があるかもしれない。
b0036243_26187.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-03 23:59 | Other Games
キリンチャレンジカップ2009 日本代表×スコットランド代表 @日産スタジアム
 二日前に戦った香港代表と比べると当然のことながら一人一人のフィジカルレベルが高く、組織としてもよりソリッドな守備ブロックを作るスコットランド代表を見ながら思ったのは、名古屋もこういう守り方をすれば今シーズン石川直宏にあれだけ好き放題やられることはなかっただろうということ。DFラインのフィジカルレベルでは名古屋もスコットランドに決してひけを取らない。あとは組織としてしっかりブロックを作って守れるかどうかの問題。ピクシーの掲げるモダンフットボールにハードワークは必要不可欠とは言え、言葉は悪いがハードワークで誤魔化すようなサッカーをしていては安定した試合運びはままならないし、連戦が続く日程ではそのパフォーマンスが極端に低下することも免れない。
b0036243_13544281.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-10-10 23:59 | Other Games
アジアカップ予選 日本代表×香港代表 @アウスタ日本平
 良好なピッチと気候条件の中、まるでトレーニングマッチでもしているかのように気持ち良さそうにプレーする日本だったが、試合自体は終わってみれば決めたゴールの数々よりも決め切れなかったゴールシーンの数々の方が印象に残る展開だった。香港は言ってみればクセのない正統派。かと言って強打を持っている訳でもないので、日本としては真っ向勝負で戦いやすかったに違いない。そしてそんな試合においては、決して自分が動かず怠けているという意味ではなく中村俊輔がこのチームの王様としてプレーしていたのが気になった。同じ王様なら個人的にはようやくビッグマウスに実力が追い付いてきた本田のようなタイプの王様も観てみたいと思うが、ひとつのチームに二人の王様が共存することは出来るのだろうか。
b0036243_233864.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-10-08 23:59 | Other Games
Fリーグ 2009 第5節 町田×名古屋 @町田市立総合体育館
 一年振りに「強い方の名古屋」こと名古屋オーシャンズを観るためにFリーグ第5節が行われる町田市立総合体育館へ。試合前のアップで元気そうな平林の姿を見られるのはおまけとして、やはり本題は2007年のFリーグ開幕から二連覇中というオーシャンズの絶対王者ぶりだ。彼等の能力はもちろんのこと、「これだけの環境を与えてもらって負けるわけにはいかない」が口癖の選手達には、同じく環境的には恵まれているもうひとつの赤いチームがいつまで経っても身に付けられない勝者のメンタリティを感じ取ることが出来る。

 試合は23・24日にイタリア代表との親善試合を戦う日本代表にも召集されている名古屋・小暮のパスミスから町田に先制点を許す展開になったものの、同じセットで森岡→小暮→森岡と渡って同点に追い付くと、さらに北原のゴールで逆転に成功した名古屋が1点をリードしたまま前半を折り返した。名古屋は森岡や小暮のセットの時に後ろからボールを運ぶ場面でややギクシャクしたところがあり、それが失点にも結び付いてしまったわけだが、対する町田もマイボールの時には選手達に動きがあってパス回し自体は上手いもののスクエアなパスが多くてなかなかシュートを打てる位置までボールを運べていない印象だった。
 後半になるとカウンターのスタイルをより明確にした町田が狙い通りの攻撃から金山友紀のゴラッソで同点に追い付いたが、そこから無理して勝ち越しを狙うような姿勢はそれほど見られず、最後は名古屋のパワープレーを凌いで勝ち点1を分け合う形となった。チームの置かれている立場を考えればこうした戦い方も仕方ないのかもしれないが、会場の外で「サッカーの方が面白いね」と口にしていた観客の人の感想にはこの辺りの試合運びも影響を与えているのかもしれない。
 個人的には、サッカーではマリーシアの名の下に頻繁に行われるいつまでも負傷を痛がってピッチに寝転がって時間を稼ぐような光景をストレスを感じずに見ることが出来るのが、フットサルを観る上での最大のアドバンテージ。ある意味サッカー以上に試合に集中できるのがフットサルとも言える。
b0036243_23523184.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-09-20 23:58 | Other Games
第14回東京都サッカートーナメント 決勝 東京学芸大×明治大 @西が丘
 天皇杯の東京都代表決定戦を兼ねた東京都サッカートーナメント。第14回目を数える今年の決勝は東京学芸大学と明治大学という個人的に非常に興味深い対戦になった。この試合に対して俺が格別な興味を惹かれるのは、学芸大では太田圭佑(2年)、明治では久保裕一(3年)という名古屋ユース出身プレーヤーがメンバー入りしているからで、Jクラブのファン目線でこれだけこの試合を楽しめるのは、学芸大DFの高橋の来季加入が内定していて、明治では三田と山村という二人のユース出身プレーヤーがスタメン出場していたFC東京ファンぐらいではないだろうか。
 そして両チームともにオーソドックスな4-4-2の布陣を敷く中で、学芸大の太田は右SH、明治の久保はFWとして期待通り先発出場を果たす。太田も久保も関東大学リーグでは一年生の頃からちょくちょく試合に出ていたが、太田は背番号7、久保は11と、ともにレギュラー番号を背負っており、今やすっかり主力におさまっている。

 というわけで、試合もそんな二人を中心に見て行くと、試合は常にボールを持って攻撃を組み立てようとする明治に対してしっかりと守備ブロックを作ってそれを待ち構えカウンターを狙う学芸大という図式の中で、太田も久保も前半はそれほど目立つことが出来ず、ともにどことなく窮屈なプレーを強いられていた印象だった。
 太田はまず守備ありきで全体のバランスを崩さないことを優先するチームにあって、特に前半はかなり抑え気味なプレー。そんなわけでほとんどボールに触ることが出来なかった太田は、右サイドの深い位置でボールを持つと鮮やかな切り返しで対面するDFを転がし左足で中にクロスボールを入れたのが唯一の見せ場だった。
 一方の久保は終了間際にCKからドンピシャのヘッドを合わせてゴールライン上で相手DFにクリアされたのが最大の決定機。流れの中では、常にボールをキープして攻撃のビルドアップを図るチームの中で、前線に張っているだけでなく、相手DFラインと中盤の間のギャップに落ちて来てクサビのボールを受けようとする動きが目立っていたが、ボールを引っ掛けてカウンターを狙う学芸大に対して明治は怖くてそこにクサビのボールを入れられない。むしろそんな久保をオトリとして久保が空けたスペースに2トップを組む山村だったり大外から右SHの都丸や左SHの山田が走り込んでボールをもらう場面の方が良い形になりかけていた。また久保自身も一度下がった後サイドや前線にボールが出た後で再び前に出て行こうとする時に、山村がそのスペースを消してしまっているような場面も多く、久保のプレーからは昨夏のJヴィレッジで名古屋ユースに悪夢をもたらす口火を切ったこの一年生FWの良さを引き出してやろうという姿勢が感じられたが、コンビネーションについてはまだまだといったところだろうか。

 試合は結局後半も点が入らず0‐0のままPK戦にもつれ込んだが、尻上がりにペースを上げて行ったのは学芸大の方で、カウンターやセットプレー――明治はマークが曖昧で相手のキーマンとも言える高橋をフリーにしていていつやられてもおかしくなかった――から何度か決定機を作り出し、その度に明治のGK高木の好セーブやポストに阻まれていたものの明らかに試合の主導権を握っていたのは学芸大の方だった。そしてそこには得意のドリブルと持ち味のスピードで攻撃に絡む太田の姿があった。
 そんな学芸大に傾きつつある流れを決定的にしたのは明治FW山村のラフプレーによる退場で、明治はさらにとっくに交代枠を使い切った延長残り5分ではCBの丸山が足を攣って十分なプレー続行が出来なくなるというアクシデント。それでも明治はそんな丸山を最前線に回して久保を一列下げるという応急処置でこれを乗り切った。春先に関東大学リーグ第2節を観た時にも同じことを思った記憶があるが、久保はこうした場面でもチームのために献身的なプレーが出来るプレーヤーだ。

 そして前後半90分・延長20分でも決着がつかなかった死闘はPK戦へと突入し、試合の中でもビッグセーブでチームを救っていた明治GK高木の活躍もあって明治がPK戦を制し天皇杯へと歩を進めた。今年の天皇杯でも、長友(現FC東京)、橋本(現名古屋)、林(現東京V)、関(現仙台)、石井(現山形)、藤田(現東京V)等を擁し清水相手に互角以上の戦いを見せた(結果は3-3からPK戦の末敗退)二年前の再現となるようなサプライズを見せられるか。さすがに当時ほどのタレント集団ではないかもしれないが、三田や松岡など一年生でも十分に目立っている選手もいるので、彼等の伸びシロ次第ではそれも可能かもしれない。

 上でその献身性について触れた久保は高校(ユース)時代と比べてもシュートに対する意識が格段高くなっており、ターンからシュートに持っていく一連の動作にも鋭さが増している。今や押しも押されぬ明治のエースだ。この先勝ち進んでプロとの対戦になった時にどれだけインパクトを残せるか。太田も二年前の高円宮杯・準々決勝で同じここ西が丘のピッチを広島皆実を相手に単に速いだけでなく驚異的なスタミナで駆け回っていたのが昨日のことのように思い出されるが、まるで90年代のイタリアサッカーを観ているような学芸大の中で新しいサッカー・新しいスタイルを学んでいるところだろう。まだ時々戸惑ったり遠慮したりしているように見える場面もなくはないが、この先チームの主力としてプレーする中でさらに成長して行くに違いない。チームには征矢貴裕という良いお手本でありライバルもいるだけにその伸びシロに期待しながら見守って行きたい。
b0036243_17403410.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-08-30 17:51 | Other Games
J2 第21節 福岡×仙台 @レベルファイブスタジアム
 後学のために訪れたレベルファイブスタジアム(博多の森)は、かつて望月重良や西ヶ谷隆之がユニバーシアードで金メダルを獲得し、ラストシーズンのピクシーがウェズレイと絶妙なハーモニーを完成させ、練習試合でコテンパンにやられた松田浩のプレッシングサッカーに腰が引けたフェルフォーセンがキックオフから豊田陽平へのロングボール一辺倒で無理矢理勝ち点3を強奪したスタジアム。
 福岡空港から徒歩圏内というアクセスも良いので福岡には札幌とともに一日も早くJ1に帰って来てもらいたいところだが、毎年のようにゴタゴタが起こり今シーズンも思うように勝ち点を伸ばせていない現状を鑑みると、それはもう少し先のことになるかもしれない。
 しかしこの試合の福岡は、好調の仙台に対しても全く怯むことなく立ち向かい、初夏を思わせる日差しと気温の中で(細かいミスはさておき)最後まで集中を切らさず戦い続け勝ち点3を獲得した。特に目を引いたのは(選手交代があったとは言え)試合終了までサボることなく続けられた前線からのディフェンスだろうか。仙台は前線で平瀬が左右のスペースに流れてチャンスメークする形を徹底して立ち上がりからゲームを支配しかけていたが、田中誠を中心とした帰陣の早い福岡ディフェンスを前にそこから先に進むことが出来なかった。
 ただ福岡からしてみたらメンタル的にこのテンションをシーズンを通して持続していくことは事実上不可能で、これからはもっとチームとしての完成度も高めて行かなければならない。経験豊富なベテランもいて、ようやうスタメンも固まって来ているようなので決して不可能な話ではないはずだが。
b0036243_0592859.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-06-14 01:02 | Other Games
W杯アジア最終予選 日本×カタール @横浜国際総合競技場
 流動的なポジショニングがひとつの売りである日本は前の4人がローテーションのようにグルグルと回ったりしているのが印象的だが、アタッキングサードに入るあたりまであまりプレッシャーを受けずに自由にパスを回せた前半には、最終ラインでも内田が一列繰り上がり今野、闘莉王、中澤が3バックを組んでいるように見える場面が多かった。そしてかなりゾーンを低めに設定しカウンターから少ない人数でフィニッシュに持ち込む狙いのカタールが狙っていたのもまさしくこの内田の裏のスペースで、日本はそのボール支配率に相応しくない危険なシーンを何度も迎えていたのだった。

 個人的に気になっていたのは(オランダ二部リーグMVP・本田はもちろんのこと)怪我から復帰するやいきなりスタメンを飾った玉田。しかし試合を観る限り(というか試合の中でのプレー時間の経過とともに)その動きにはキレが戻って来ているようにも感じられ、それは(この最終予選に備えて?)今シーズン前半をゆっくり休んでいた玉田にとっては、残りのリーグ戦に向けて良い試運転になったのではないだろうか。
 というか久しぶりにピッチ上で気持ち良さそうにプレーしている姿を観た気がする玉田は、「こんないい選手だったのか」というのが率直な感想で、(この試合ではサッパリだったが)一躍新エースの本命に名乗りをあげた岡崎に触発されているのは間違いないが、玉田が本来備えている加速が去年の12月に同じ横浜で観たルーニーに匹敵するものであることを体感することができた。玉田の場合あと必要なのはプレーの目的(ビジョン)をもっと明確に持ってプレーすることだろう。まあこれは(少なくとも名古屋に来てからの)玉田に対して俺がずっと抱き続けている課題(ストレス)でもあるのだが。
b0036243_0235087.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-06-11 00:29 | Other Games
キリンカップサッカー2009 日本代表×ベルギー代表 @国立競技場
 予想よりもずっと早く訪れた本田圭佑の登場機会は、股関節の怪我が完治していないとも言われる中村俊輔を雨で決して良好とは言えないピッチコンディションの中プレーさせ続けるのはリスキーだと判断したからだろうか。もしそうだとしたら、細身で華奢な中村俊輔と胸板が厚くガッチリしている本田圭佑というビジュアル的にも、なんだかかつてのリネカーとビニッチみたいだ。ただ前半の中村俊輔に対して後半の本田でチームがどう変わったのかが否応なしに比較されることを考えれば、本田にとってこれはチャンスであるとともに大きなチャレンジとなるだろう。

 しかし実際にはシーズン終了直後でやる気がないとしか思えないベルギーが相手では、前半における中村俊輔の価値を測ることはことは不可能だった。球際も甘くセンターサークルの付近まではボールも奪いに来ずおまけに守から攻への切り替えが遅いベルギーに対して、日本は中村俊輔が違いを作り出さなければ得点の臭いがしないといったような切迫した雰囲気は皆無で、もし中村俊輔のポジションにいたのが18歳の山田だったとしても試合の趨勢に影響はなかったに違いない。

 後半から登場した本田はベルギーが前から来るようになりチーム全体の動きも落ちている中で、ボールに絡む機会が減ってくると時々空気のようになっていたが、ひとたびボールを受けるとさすがの存在感を発揮していた。特にボールを受けてから前を向くプレーは格別だ。日本の他の上手いプレーヤーでもベルギーの選手に当たられたり前を塞がれたりすれば後ろにボールを下げざるを得ない中、本田はそれをものともせずグイッと前を向き視野を前に確保してしまう。そして力強さと繊細さを併せ持つキックも健在な中、名古屋にいた頃と比べて自分で行くところとボールを離すところの判断が抜群に良くなっていた気がしたのは、このチームが走ることをテーマとして掲げており本田の周りにもサポートが充実していた影響だろうか。
b0036243_2191582.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-06-01 02:21 | Other Games
キリンカップサッカー2009 チリ代表×ベルギー代表 @フクダ電子アリーナ
 コンディションが万全とは言えないながらも確かな技術を持ったガタイのいい選手達で構成されるベルギー代表は言うなれば全員が本田圭佑。コンディションが上がって来れば直接対決となる日曜日が楽しみだ。
b0036243_20323783.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-05-30 20:38 | Other Games
キリンカップサッカー2009 日本代表×チリ代表 @長居スタジアム
 例えばG大阪のジュニアユースからユースへと昇格出来なかった時、例えば移籍先のオランダ(VVV)で2部降格を経験し直後の北京五輪では目標のメダル獲得どころか1勝すら挙げられずグループリーグ敗退を喫した時、挫折や屈辱を味わう度にパワーアップして帰って来る本田圭佑という男はまるでサイヤ人だ。日本ではCSでの中継はおろかスポーツニュースで紹介されることも全くないオランダ2部でMVPを獲得した本田圭佑が今度はどんな進化を遂げたのか確かめるために遥々やって来たのは大阪長居スタジアム。
 コンディション不良のためか大久保や松井がメンバーを外れ、日本不動のナンバー10・中村俊輔もリーグ戦が終了して帰国したばかりということで、本田は期待通り先発出場。代表では今や定番となった玉田のワントップの下に三人(この試合では本田、中村憲、岡崎)を並べる布陣も本田が入っただけで随分と新鮮な感じがする。そして本田については中村俊輔の代役的位置付けなのか右サイドで起用されていることに少し驚いた。名古屋にいた頃の記憶ではやはり真ん中から左サイドの方が力を発揮しているイメージがあり、右サイドに回った時はシュートの意識こそ確かに高まっていたがどこかしっくり来ていないイメージだったからだ。しかしオランダでもどちらかと言えば右寄りで起用されているらしい本田は、右サイドで名古屋時代には見せたことがないようなスムーズな適応を披露しさらに俺を驚かせた。また本田と言えば屈強なフィジカルが持ち味のひとつだが、当たりの強さはそのままに良い形で身体の力が抜けて一連の動作が行われており、岡崎の先制点につながった無回転系のミドルシュートやそこに至るプロセスも実に滑らかだった。
 願わくば名古屋で小川と本田が同じピッチでプレーするところが見てみたかったというのが名古屋ファンにとっての偽らざる気持ちに違いない。
b0036243_18103276.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-05-28 20:41 | Other Games