Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2005年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
今更、大連実徳戦
 やっと大連戦のビデオが手元に届いたので、遅ればせながらそのレポートでも。(新加入メンバー中心に)

 システムは今シーズン再チャレンジの4-4-2。せっかくなので、最近別のところでも色々お世話になった横浜刹那主義さんのところの作戦板を使わせてもらうことにします。
b0036243_231077.jpg
 (試合から)2週間後の開幕戦も見据えている中で、名古屋の象徴・ブラジル人2トップも戻ってきて、現状で考え得るベストメンバーって所ですか。なかなか評判が良かった試合だけにかなり楽しみなんだけど、ダメと言われてる試合ほど観てみるとそうでもなかったり、良いと言われてる試合ほど見てみるとイマイチだったりするから、期待半分で。

 試合開始

 オイオイ、いきなり左サイドでマークが混乱してるよ・・・。渡邊が上がったスペースを使われた時に誰がカバーに入るのかがハッキリしてない様子。普通に考えてクライトンだと思うけど、クライトンはポジショニングが少し中途半端だ。最初のシーンは渡邊が猛スピードで戻って来て事なきを得たけど不安が少しよぎる。後で読んだ記事かなにかの中で、本田とクライトンと渡邊が話し合ってたとかっていうのを見たから、まあこれも時間とともに解決して行けるものと期待。
 
 試合開始から目立ちまくっていたのは中村。攻守にとてもアグレッシブでコンディションの良さを感じさせる。このペースが長いシーズン通して持続すれば良いんだけど、夏頃には燃え尽きるんじゃないかって不安になるぐらいの飛ばしっぷりだ。チームとしても岡山なき今バックアップに不安があることだし、なんとか持続して欲しいところ。ただ2トップとの関係性にはまだまだ改善の余地は残される。2トップを追い越してボックスの中で仕事する回数をもっと増やしてくれ。ミドルレンジからのシュートという一発だけでは、なかなか目標とする二桁ゴールまで辿り着くのは厳しいだろう。少なくとも中村は「司令塔」という柄じゃないし。
 そして新加入のアン・ヨンハッ。中盤の底(バイタルエリア)をカバーし、守備面ではかなり効いている。DFラインのカバーに入ったり、人に強いからボール奪取も出来る。周りとの連携にはまだ改善の余地があるけど、そのへんの勘は悪くなさそうだ。同じく新加入の増川同様まずは好感触といったところか。
 いいタイミングでタテにパスが入り、綺麗な展開から先制ゴール(にしてチーム唯一の得点)を決めたのは、今シーズン俺が最も期待を寄せる渡邊圭二。一度は外されたワールドユースメンバーへの返り咲きを狙うこのサイドアタッカーは、攻撃面だけでなく守備でも気持ちの入ったプレーを見せていた。果たして大熊へのアピールは実るのか?開幕後もこの調子を持続して欲しいところ。渡邊ならヴェルディの相馬ぐらいやれるだけの能力を持っているはずだし。
 そして開幕スタメンが見えてきた期待の本田。高校の時点である程度フィジカル的にも技術的にも完成されたプレーヤーのようにも思えたし、それ故に今年の高卒ルーキーの中で唯一スタメンに名を連ねてるわけだけど、実際にJのピッチに立てばまだまだ伸びシロを感じる不思議なプレーヤーだ。
 途中交代でマルケスに代わって入った杉本もそれなりに存在感を発揮。持ち前のスピードだけでなく雨の中でもボールコントロールに優れた所を見せていたし、前にも書いたようにオプションとしてはすでにJリーグで通用するレベルにある。
 
 チーム全体としては、2トップのコンディションがトップフォームではないということと、特に前半押し込まれ気味になった時に早く(前へ)という意識が強すぎて、フィードが雑になったり繋ぎの意識が希薄になったりしていたのが反省点。
 新システム自体は、クライトンが去年よりもシンプルにボールを散らすシーンが見られたことからも分かるように、「中盤に人数を増やす」という意図が反映されているシーンが何度か見られ、攻撃面では良い点もあった。守備面では本田や中村、アンの個々の頑張りはあったけど、どうやってボールを奪うのかという辺りでは中盤・DFラインともにまだこれからかなという印象。

 開幕までに問題点をどう修正してくるかってのもあるけど、むしろ開幕してから試合をこなしつつどうやって微調整を加えていくかっていうのの方が大事かもしれない。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-28 02:04 | Game Review
増川頼んだ!
 ゼロックスを観に横浜まで。縁(not「緑」)あってヴェルディゴール裏です。だから試合全体を観ることは出来なかったけど、簡単に感想など。
b0036243_033166.jpg

 試合開始から試合は横浜ペース。攻撃面では、スペースの作り方、そのスペースの使い方、そしてそれに伴うボールの動かし方なんかの意識が3バックも含めてチーム全体で統一されている感じ。ヴェルディからしてみたらそれは一昔前のトータル・フットボールを目の前でやられてるみたいな。逆にヴェルディは悲しいかな単発。ボールの動かし方という意味でも、DFラインの人手不足から林や戸田が最終ラインに入ってて、この二人はやっぱりもう一列前で使いたいな。

 ヴェルディと言えば、普段のレギュラーが一列づつ下がったことで、二列目に平野が復帰。かつて中谷のオーバーラップを公然と「むかつく」と言い放った男は、けなげにも相馬のサポートをこなしてました。でもこの状況では平野の良さが活きるはずもなく、むしろ弱点である足元のマズさが試合が進むにつれ目立つ感じだった。

 横浜は怪我人続出の影響もあり、いいゲームは出来ていても前線で決定的な仕事を出来る力に欠けていたし、逆にヴェルディはマズイ試合展開でも相馬やワシントンが何度か相手ゴール前で危険なシーンを作っていた。そんな、試合としては分からない感じで、迎えた後半。ついにワシントンがチャンスをモノにして先制ゴール。その後横浜が奪った同点ゴールも結局は「個」の力だったのはなんとも皮肉だけど、さらにセットプレーから逆転するあたりはさすがです。王者の貫禄ってやつですか。

 勝負あったかな。

 そしてロスタイムへ。
 ワシントンがボールをもらおうとサイドまで出てきてフラフラしている。お前はそんなとこいないで黙ってゴール前に張ってろよ!と思って見ていたら、最後の最後に真ん中でポジションを取ったワシントンが味方のミドルシュートをブロック!(笑)&そのまま持ち込んでシュート!

 劇的同点ゴール。

b0036243_0562341.jpg

 ワシントンスゴすぎ!とにかく強くて、ボック内でも余裕でボールキープ出来る。そして身体に似合わず足元もイケる。こいつに真ん中張られて足元にボール入ったらちょっと厄介だな。

 ワシントンを止めるのは・・・増川!お前だ!
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-27 00:57 | Other Games
タイセー&ドラゴン
 大連戦のビデオが手元に届くまで1週間ほどかかる予定なので、今日は小平までFC東京とモンテディオ山形のトレーニングマッチを見学に行くことに。

 目当ては、今シーズン名古屋から東京に完全移籍した藤田泰成と昨シーズンの京都へのレンタル移籍を経て今季山形へ再レンタルされた原竜太同期生対決

 泰成は出場しなかったものの竜太は先発。11番背負って9番の選手と2トップ組んでる。それにしてもなんか竜太がやたらデカくなってないか?と思ったら、東京のCBが藤山と浅利だった。
 試合は、選手個々の力で圧倒的に優位なFC東京がゲームを支配して、山形の中盤は押し込まれるわミス多発するわで壊滅状態。竜太は前線でほぼ孤立。たまに入ってくるタテのボールに対しても、藤山や浅利や今野がきっちり対応してほとんど仕事が出来ず。終盤になると東京がペースを緩めたのか、山形の中盤がやっとつながり始めて、竜太も前線でサイドのスペースに流れたりしながらボールに絡み始める。しかし最後にゴール正面ボックスに入ったあたりでボールを持って、切り返しから左足で放った決定的なシュートがゴール左へ逸れて行ったところで前半終了。後半は頭から交代させられてしまった。正直なところ監督へのアピールになったかは疑問だけど、元気そうでひとまず安心。中盤にもう少しいい選手がいれば竜太も生きると思うんだけど。

 山形自体今日の出来ではJ2開幕に向けて不安が残るけど、竜太が一年間試合に出ていい経験を積んでくれればいいなと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-20 22:48 | Other Games
4バックへの期待と不安
 最初に言っておくと、俺は今の名古屋においては4バック推奨派だ。

 確かに、ここ数年来やり慣れていて、おそらく役割分担もより明確になっているであろう3バックの方が現時点では守備に安定感をもたらすとは思う。しかし、多分ネルシーニョがそう認識しているように、今の名古屋において3バックはすでに底(限界)が見えてしまっている。一定の安定はもたらすが逆に一定以上には行けないシステム(やり方)。それが名古屋の3-5-2だ。人材的な問題もある。大森も長期離脱によってCBには欠員がひとり出た状態だし、幸治郎の移籍によりアウトサイド(特に右)の人材難も深刻だ。
 
 そこで4バック。ダラリと間延びして、悪い意味での縄張り意識→責任転嫁みたいなものがはびこる3バックからそういうものに対して有無を言わさぬ4バックへ。より中盤に人数を掛けて攻撃的にというチームとしての方向性、そして今のチームがより一丸となって闘えるのはどちらかと言えば俺は4バックの方だと思う。

 ただし4バックにも不安はある。
 現時点でのレギュラーは、DFラインを統率したりという気がまるで見受けられない古賀と比較的大人しい性格と言われる増川。この二人で組むセンターバックは果たして本当に機能するのだろうか。「現代のサッカーにおいて、ザゲイロにはスピードが必要不可欠」というネルシーニョの考え方はおそらく的を得たものだ。しかし、リーダーなきDFラインの惨状は去年の2ndステージ開幕戦のガンバ大阪戦を見れば一目瞭然。俺が監督だったら、古賀や増川の身体能力+守備能力よりも、秋田の経験とリーダーシップを買う。つまり組み合わせは秋田+増川か秋田+古賀。確かに秋田はスピードへの対応に弱点があるし、それは年々露になってきている。そしてたまにポジショニングがおかしいなこともある。しかしそれでも今の名古屋のDFラインに秋田は外せない。対戦相手が明らかに自分たちより力の劣る相手であれば、古賀や増川の「個」の力がモノを言う。しかし相手が同等かそれ以上の場合、彼等だけで対応し修正できるのだろうか。
 実際、去年の1stステージ終盤から4バックを試していた時、(試合)結果にこそ結びつかなかったけど、手応え自体は悪くなかった。そしてその時にセンターを組んでいたのは秋田と海本兄だった。それが古賀と移籍直後の井川に変わった途端にあの有様。まあ1stの秋田&海本兄のコンビの時は角田とKがボランチコンビを組んで角田がアンカーやってたっていうのも大きかったし、古賀と井川のコンビでもナビスコ一試合を一応まあ無難にこなしているし、2nd開幕戦はガンバの調子が凄ぶる良かったし、ボランチに入ったクライトンも新加入だったというのはあって、それらの要素は差し引かなければいけないけど、それでもアレは酷すぎた。そして彼等に対する不安要素は俺の中で確定的なものになるのに十分だった。

 本当は希望を言えば、サイドにいい人材がいて角田をセンターに使えれば一番いいんだけど・・・。

 あと4バック成功への鍵として、ネルシーニョというかブラジル風な考えに基づく4バックなら、両SBは若干上がり気味のポジションを取ることになるだろうし、二人のCBの前にいるアンカーが状況に応じてDFラインの中に入ることになるだろうから、そうなれば新加入のアン・ヨンハッの存在はとても大きいような気がしている。

 というわけでツラツラ書いてきてしまったけど、俺はシステム論とかあんまり好きじゃないし、そもそもからして、前にも書いたけど、3バックだろうが4バックだろうが一番大事なのは選手の意識の持ちようだと思ってるから。去年4バックへの移行を試みた時、ネルシーニョは「中盤の人数を増やすため」とその理由を語った。3バックから4バックへと移行する(つまり数字上は後ろに人数が増える)のに、なんで中盤が厚くなるんだって話ですよ。その辺に関する意識の持ち方みたいなものをチーム全体で(というか選手ひとりひとりが)統一していかないと結局は何やったって上手く行かない。数字だけ変えたって何も変わらないから。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-15 14:47 | Topics & Issues
指宿キャンプ終了
 ロッソ熊本という普通にサカつくで誰か作ってそうなチームとのトレーニングマッチを経て、指宿キャンプは打ち上げ。ロッソに嘉悦やら加藤やら佐川にいた面子がいるのが多少気になるところだけど、とりあえず4-0の完勝でJ1の面目躍如。中村が直接FK決めたって?見てみたかったなぁ。そしてシーズンオフにも語っていた二桁ゴール宣言。有限実行でお願いします。

 オフィシャルのキャンプレポートとか見る限り、トレーニングは戦術的なことが中心でフィジカルの強化は特に集中的にやった風でもないんだけど、大丈夫かな?まあ戦術(実戦)的なトレーニング中心なら練習試合で見せたような仕上がりの早さもある意味納得ではあるんだけど、今年は1シーズン制の長丁場だし、若手の多くなったチームでそれを戦い抜けるだけのフィジカルは果たして出来ているのか?という若干の不安。

 てな理由から俺はトレーニングマッチの結果をもって決して楽観はしてないし、大森の長期離脱という大誤算はあった。しかしそれでも新人の中から本田、杉本、そして須藤とトップチームでレギュラー張ったり絡んだりする選手が出てきたことや、移籍組の増川が現時点でレギュラーの座を掴んでいることなど、チームに新風を吹き込むような楽しみな要素も確かに存在する。これに14日から合流するというアン・ヨンハッが上手く絡んで来れれば・・・。

 そして復活した4バック。

 まあ4バックについてはまた別にエントリー立てて書きます。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-13 02:19 | Topics & Issues
いよいよ実戦スタート、飛び出したのは…
 いよいよキャンプも大詰め。
 トップチームも2ndチームもこれまでのトレーニングの成果を試す実戦がスタートした。トップチームは、先の選手権優勝チームである鹿児島実業と2ndチームは第一経済大とそれぞれトレーニングマッチ。

 トップチームは、選手権優勝メンバーから3年生が抜け1、2年の新チームとなった鹿児島実業に対して8-0の完勝。当然と言えば当然の結果だけど、マルケスもウェズレイも楢崎も大森もいない中でとしては、幸先良いスタートだったと言えるんじゃないでしょうか。
 そしてその中で飛び出したのが、大卒ルーキー・杉本恵太。3得点3アシストのフル稼働。俺が以前から開幕からのベンチ入りとスーパーサブとしての起用を強く推すこのスピードスターは、名古屋自慢の外国人2トップが怪我で出遅れる中一躍期待の星になった。

 やや安易な煽りっぽい記事構成とグランパス君のつぶやきというネタで持っているような最近の中スポに取って代わる勢いの大阪日刊のサイト(なにわweb)によると、

本田:「高校生にあの速さは反則でしょ」
中村:「あいつとはやりやすい」

とチームメートからの評判も上々のようだ。
(じゃあ中村は誰とならやりにくいんだ?というツッコミは置いといて(笑))

・・・でも俺が監督なら、(マルケスとウェズレイが万全という前提で)杉本を使うとすれば、途中交代でも先発でも中村の代わりなんだけど・・・まあいっか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-11 12:26 | Topics & Issues
今シーズン最も期待する選手
 まさにサバイバルと呼ぶにふさわしい、かつてない「競争」という環境の中、ベテランも新人も生え抜きも外様もなく自分を高めアピールしなければならない鹿児島・指宿キャンプが(かなり前に)スタート。

 というわけで、パケ代を気にしながらキャンプ情報を楽しみつつ、今シーズンの名古屋で俺が最も期待する選手について書きたいと思います。

 名古屋というチームの性質上、もしも三人の外国人+楢崎、大森の5人のうち誰かが長期間欠けるようなことがあったら、チームが優勝争いに絡んでいくことは厳しいだろう。
 そしてそこに続くプレーヤーとして、クドイくらい言っている古賀と中村の二人。この二人が「代表クラス」まで辿り着けたなら申し分ないけど、せめて「Jならどこのチームに行ってもレギュラー獲れる」レベルにまで成長してもらわなければ、チームがシーズンを通して安定した戦い方をすることは出来ない。
 ちなみにこの二人がその役割に躊躇したり成長が停滞するようなら、俺はその役割は角田と本田でいいと思ってるから。二人ともまだ若いけどそうなれる資質は技術的にも精神的にも十分あるから。そして事実そんな本田にはすでにチーム内外から「救世主」として大きな十字架が背負わされているようにすら思える。

 しかし俺が最も期待する選手はこれらの選手ではない。

 俺が今シーズン最も期待する選手、そしてやってもらわないと困る選手はズバリ渡邊圭二だ。
 現状では左サイドは中谷と渡邊の競争。中谷については、これも何度も書いているように、彼はフィジカルとコンディショニングに課題を抱える選手であり、1シーズン制の長丁場ではさすがに不安が残る。去年も終盤はグダグダなことが多く、チームとして04年シーズン最後の試合となった天皇杯の東京V戦なんかは特に酷いパフォーマンスだった。しかし意外かもしれないが、俺は中谷がスタメンに定着したGWから夏頃までのチームと中谷のパフォーマンスにはどちらも結構満足している。「中谷が良い時の名古屋は強い」という考えは俺の中では今でも変わっていない。実際その頃のチームはそれ(中谷)だけが要員ではないにせよシーズンの中でも最も安定した戦い方が出来ていたと俺は思っている。しかし問題はそれが長続きしないことなんだが。
 そこで渡邊圭二だ。とは言っても、中谷のバックアップとして渡邊の成長を期待しているわけではなく、俺が渡邊に求めている(期待している)のは、「優勝」を目標とする名古屋というチームにおけるレギュラーとしてのクオリティとパフォーマンスだ。中谷のパフォーマンスが落ち始め滝沢が神戸に移籍した夏頃を筆頭に、昨シーズンの渡邊にはチャンスがないわけでは決してなかった。しかし彼はそれをモノにすることが出来なかった。そしてついにユース代表からも脱落してしまった。6月のワールドユースに出るためにも、とにかく今シーズンは開幕から先発に定着してアピールするしかない。本田とともにユース代表において評価急上昇中の家永と攻撃的に行きたい時のオプションとしての苔口という強力なライバルを蹴落とすのはそれでも厳しいかもしれないけど。

 というわけで今シーズン、俺は左サイドの28番に注目&期待。ここでやらなくていつやる?ということで。
 
 そのためには、チームとして乗り越えなければいけないものもあるけど、それについてはまた近いうちに書きます。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-02-06 04:12 | Topics & Issues