Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
全日本ユース vs青森山田戦の展望
 日曜日、名古屋と福岡の試合を観終わった後、ついでといってはなんだが浦和東と青森山田の試合を観戦。もちろん注目はインターハイ王者であり、先の仙台カップで日本代表を破った東北代表の主要メンバーを占め、グループリーグ第3戦で名古屋と当たる青森山田。

 前半風上に立った青森山田は浦和東を一方的に攻めまくった。浦和東は風下ということもあってかやや消極的な上、あのリアクションスタイルではやられたい放題で反撃の糸口すらつかめないのも当然の成り行きだった。
 青森山田は中盤で攻撃的な二人と守備的な二人がかなりハッキリ色分けされた4-2-2-2みたいなフォーメーションで、攻撃は前の4人と左SBの7番百目木に限定されているのだが、とにかく早いタイミングで前4人へとボールを入れて勝負してくる。
 FWは常に二人でポジションを変えながらDFに揺さぶりを掛けるいやらしさを発揮する小柄な2トップ。元U-17日本代表にしてFC東京入団が内定している(名古屋FC出身の)10番小澤は、顔はC大阪の黒部みたいだが、「デラックス版・原竜太」みたいなプレーヤーで、メンタル的にも強くまさしくこのチームのエ-ス。小澤と2トップを組む伊東は170㌢の小澤よりさらにひと回り小さいがスピードがあり、DFラインの裏へ抜ける動きとボックス内でのポジショニング・得点感覚に優れるFWだ。
 二列目はまず右サイドにU-18日本代表の8番松本。スピードとテクニックを併せ持つサイドアタッカーでさらには両足を同レベルで使いこなす。いつもはサイドに開いたポジションを取っているが、タテに突破するだけでなく、この日の一点目のように中に切れ込んで左足で強烈なシュートを放つなど、バリエーションも豊富で並の高校レベルではちょっと一人では止められそうもない。仙台カップではパッとしなかったんだけどな・・・。左サイドにはベロカル・フランク。こちらは右の松本と比べれば中に絞ってくるのが特徴というかクセで、ポジショニング的にはほとんどトップ下といった感じ。技術もありフィジカルも強いが、右の松本と比べれば、しっかりマークさえしておけば抑えられない相手ではない。
 それ以外では、左SHのベロカル・フランクが中に絞ってくるからか、それとも右SBでレギュラーが欠場していたからか、この日は左SBの7番・百目木のオーバーラップが目立った程度だが、この5人だけで行う攻撃にしてもかなりの破壊力があったのは事実だ。(後半失速したが・・・)

 名古屋にとって厄介なのは何にもましてスピードと決定力のある2トップで、正直言って名古屋の誇る吉田・三宅のCBコンビにとっては苦手とするタイプであり、福岡戦でも度々DFラインを破られていたことを考えればかなりの不安が伴う。そうでなくても90分間集中を切らすことなくこの2トップを抑え切ることはあらゆるDFにとって至難の業だ。名古屋はこの高円宮杯開幕以来中盤の守備が機能していない印象を受けるが、ボランチとの連動によってこれを封じなければならない。例えばハイボールの競り合いで負けることはないだろうが、この2トップは小柄ながらも相手DFを背負ってボールを受けるのが上手い。ここをボランチと挟んで潰さないと自由な攻撃を許すことになる。右SHの松本に対しても同じで、根津が出場停止の名古屋は3バックを採用することが予想されるが、アウトサイドの選手とボランチが二人で対応してこれを封じる必要がある。幸い相手ボランチの2枚はあまり上がってこないので、(左側の)ボランチは2トップのポストプレーと松本にだけ気を使っていればいい。

 逆に攻撃面はどうか。青森山田では守備に重点を置いたWボランチのうち、5番の櫛引がまさに「潰し屋」といった風情で運動量豊富に動き回り、6番の馬見塚がバランスを取っているような印象があるが、DFラインも含めて決して守備が鉄壁というわけではない。久保のポストというより、酒井、新川の突破力を活かし、そこにボールが出れば少なくともチャンスを作り出すことは出来るだろう。そして青森山田には、「穴」と言うほどでもないが、「狙い目」は確実に存在する。それが左サイド。ベロカル・フランクが極端な程中に絞るため、左サイドは常に手薄だ。バランスを崩していると言い換えてもいい。ここを狙わない手はない。金曜日、名古屋では上村がポイントになりそうだ。
b0036243_135957.jpg

 とまあツラツラと書いてきたが、既に決勝トーナメント進出を決めている青森山田は、もしも名古屋に大敗し浦和東が福岡に大勝すれば3位での予選通過もありうるが、引き分けなら首位通過が確定する。名古屋にとっても(確証はないが)引き分けて勝ち点4に届けば3位で決勝トーナメント進出の可能性は高くなる。互いの利益を考えてここはひとつ引き分けでいいんじゃないでしょうか?(笑)

 トップチームよろしく0-0を狙って、「1勝1敗1分」「勝ち点4」「得点4・失点4」「得失差0」でグループリーグ通過。そして狙うはベスト「4」!!!ということで。(笑)

 冗談はさておき、是非とも吉田と青山には仙台カップの悪夢を振り払うリベンジを成し遂げ、チームとしてもインターハイ王者を倒して自信をつけて欲しいと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-27 01:34 | Youth
全日本ユース 対アビスパ福岡U-18 3-2 (得点:吉田、青山、新川) @川口市青木町公園総合運動場
 最低でも引き分けておきたかった前節の浦和東戦を落とした名古屋にとって、この福岡戦は決勝トーナメント進出のためにも是が非でも勝ち点3が欲しいところ。名古屋らしさが出せなかった試合から中一日でチームはどれぐらい気持ちを切り替えられているだろうか。

 名古屋のスタメンは明らかにチームがこの試合を勝ちに来ていることを窺い知れるメンバー構成で、「まず守備から」入っていたっぽい印象の初戦に比べると、森本と唐沢が外れ花井と福島が先発から起用されている。それ以外ではFWで初戦の出来を見てかそれとも当初からターンオーバーを組んでいるのか酒井に代えて久保が先発、前の試合前半途中で交代させられた青山も無事スタメンに帰って来た。

 これは基本的なポジションとしては、

         久保
     新川
 福島          上村

     花井   青山

清水  吉田   三宅  根津

        長谷川

こんな感じ↑かなと想像していると、キックオフのホイッスルが鳴るやちょっと様子が違う。実際には、
        
 新川    久保    上村

   
   福島  花井  青山

清水  吉田   三宅  根津

       長谷川

こんな感じ↑で、中盤は花井をアンカーとした3ボランチ、前線は久保を真ん中に新川、上村が左右に開いた感じのポジショニングを取り3トップのような布陣を敷いている。流行の言葉で言うなら神戸監督の「秘策」というところか。(笑) 名古屋的には「秘策は外れるもの」というのが暗黙の掟だが、果たしてこれは吉と出るのか凶と出るのか。

 競技場にはメインスタンドから観て左から右にかなり強い風が吹いており、これは試合にもかなり影響しそうなレベルだった。そして名古屋は「勝ちに行く」スタメンそのままに前半風上を選択し、積極的な仕掛けの中試合へのいい入り方を見せた。ポスト役の久保によくボールが入り、青山も前節の汚名返上とばかりに攻守にアグレッシブなプレーを見せる。しかし時間とともに福岡が名古屋のやり方に慣れてくると、徐々にこのやり方の悪い面ばかりが目立ち始め、風上の利点も全く感じさせないような試合展開になってしまった。
 中盤の人数を減らしたこのやり方は、結果としてオーソドックスな4-4-2の布陣を敷く福岡に対し、中盤での数的不利な状況を誘発し持ち味である中盤の構成力を失ってしまった。そうでなくても(新川はともかく)上村が最初から前(のサイド)に張り過ぎだ。そしてこのシステムでは福岡の選手を●とすると、こんな↓感じでポジションのズレが生じ中盤のマークがハッキリしない上、相手4人を3人で見るような感じになるから二列目が押し込まれFWのラインとMFのラインの間はどんどん空いていった。

●     ●    ●    ●
 新川    久保    上村
      ●     ●
●                ●   
   福島  花井  青山
      ●    ●
清水  吉田   三宅  根津

       長谷川

 さらに前線の3人がポジションチェンジすることもなく、それぞれの「持ち場」としてピッチを縦に三等分したかのように稼動エリアが制限されてしまっているため、お互いに絡んでの攻撃といったものがほとんど見られない。チームとしては久保のポストを軸とした戦い方をイメージしているようだが、前3人の連携がほとどない上、さっき書いたようにFWと二列目のラインが空きすぎてしまっていては、これが機能するはずもない。システムと戦術の完全なアンマッチだ。名古屋の攻撃が形になりそうな時はと言えば、青山がクロスオーバーするような形で右サイドを上がりクロスを上げた時ぐらいだった。
 本来であれば花井をアンカーにしてその展開力を活かした攻撃をしていこうという意図もあったのだろうが、前線のポジショニングがこのように硬直してしまっていてはなかなかパスを出すのも難しい。そして花井は中盤で激しいプレッシャーを受ける羽目に。

 「秘策」は失敗だった。

 しかしそんな状況にあっても先制点を奪ったのは名古屋で、前半終了間際CKから吉田が圧倒的な高さで競り勝ちヘディングでゴールを決めた。
b0036243_22323368.jpg

 後半、メンバーもシステムも変更なし。
 そして開始直後右サイドからボックスに侵入した青山がゴールを決めて2-0と突き放す。前半終了間際と後半開始直後という理想的な時間帯での得点。後半は風下に立たされるだけにこの追加点は大きい。
 これで落ち着いて戦えるかとも思ったが、相変らずチームとしては攻守にあまりバランスが良くない。後半の名古屋は風下ということもあって逆にDFラインからのロングフィードが目立ち始めたのだが(風下なのでボールが戻され抜けてしまわないので逆にロングフィードが出しやすい)、前線では久保のポスト同様新川の突破も孤立気味でむしろ相手に囲まれて潰されている場面の方が目立つ。新川は確かにいつも左サイドに流れてボールをキープしポイントになることが多いが、プレーエリアをあらかじめこのように限定されてしまってはその良さは活きてこないのではないだろうか。
 最終ラインもハイボールに対しては相変らず吉田が圧倒的な強さを見せるのだが、数的不利な中盤から裏を狙ってパスを出されると、アッサリとラインを破られてしまうシーンが目立つ。そしてそんなシーンが続いた後(吉田の判断ミスもあって)裏に走り抜けられるとゴールライン付近まで持って行かれ、マイナスの折り返しを後ろから走り込んできた選手に決められついに1点を返されてしまった。風下ということでナーバスになっているだろうか。最終ラインでの対応はあまりにも不安定だ。
 それを見たベンチは、花井に代えて森本を投入し最終ラインを森本をリベロに据えた3バックに変更する。花井はベンチに下がる時足を引きずっていたのでひょっとしたら怪我があったのかもしれない。根本的なことを言えば、中盤からパスの出しどころを抑えるのが先という気がしないでもないが、とりあえず対処療法としてこの判断は妥当だった。誰かが当たりに行って誰かがカバーに入るという明確な守備方法の提示によって最終ラインはひとまず落ち着きを取り戻すだろうと思ったからだ。そして守備だけでなく、浦和東戦から見られるような前からプレッシャーを掛けられて上手くボールを回せないようなシーンも、後ろに一人が余ることで改善されるだろう。
b0036243_23304730.jpg

 これで軌道に乗るかと思われた試合に予期しなかったアクシデントが起こったのはこの直後だった。根津が二枚目?のイエローで退場してしまったのだ。ボールに対してスライディング行っただけのようにも見えたんだが・・・。それ以外にもこの試合のレフェリーは、フィフティーのボールをスライディングで競りに行く名古屋の選手には毎度イエローカードを提示する割に、福岡の選手が名古屋の選手の突破を明らかな故意の反則で止めに行ってるプレーにはカードを出さないなど、意味不明な偏ったジャッジを連発していた。そりゃ名古屋のコーチも怒るだろう。まあ福岡には次の試合で浦和東を叩いてもらわないといけないだけに下手に出場停止とか出されても困るんだが。しかしそのレフェリーはその後帳尻合わせのように福岡の選手にも意味不明なカードを連発。全く空気の読めないヤツだ。

 と、本来なら、ここでキャプテンの根津が退場して焦るところだが、名古屋にとって実はこれは大きな問題ではないと俺は踏んでいた。というのも、名古屋が3バックにする時は通常根津をストッパーの位置に入れることが多いのだが、この試合では三宅、森本、吉田で3バックを形成して根津は右サイドに入っていた。そしてその根津の前方には相変らず「張り過ぎ」な上村が全く機能しないまま半分ゲームから消えかかってポジションを取っていたのだった。根津のいなくなった右アウトサイドに、通常の3-5-2ではこのポジションをやっている上村を下げてくれば、それまでの展開と比べてもプラス・マイナスはゼロに等しい。どうせ前にいたままでは上村はいないに等しかったんだから。

 思った通り上村はゲームに「復活」を果たし、また前線では左サイドにプレーエリアを限定されて窮屈な思いをしていた新川がスペースを得て自由に動き出せるようになった。そして右サイドハーフウェーライン付近でボールを持った上村が福岡DFの裏にボールを出すと、新川が斜めにDFラインの間を走り抜けてゴールに向って独走。ペナルティエリアに入ったところで後ろからユニフォームを引っ張られて引き倒されながらも左足でシュートをゴールに沈めた。3-1。(ちなみにこのシーンでも福岡の選手にはカードなし)

 ここでベンチは、ポストプレーヤータイプの久保に代えて裏に抜けるスピードを持った酒井を前線に投入。これも妥当な判断だ。こうなると久保のポストはますます必要なくなるし、酒井のスピードを使ったカウンターの方が相手にとっては嫌なはずだ。そしてフレッシュな酒井を投入することで、前線からのディフェンスという意図もあったと思う。酒井はとにかく前線で走り回って相手DFにプレッシャーを掛けていた。

 名古屋は前線に酒井一人を残し、完全に守りきりモードに入った。後ろは完全に5バック。

        酒井


  新川   福島   青山

清水 吉田 森本 三宅 上村

        長谷川

 しかしそれでも守り切れないのが今の名古屋で、最終ラインで人数は揃っていて慌てる必要はなにもないのに何故かバタバタしてしまう。それに対して圧倒的にボールをキープできるようになった福岡は落ち着いて左右から揺さぶりを掛けてくる。そして右サイド深い位置からDFとGKの間に上げられたクロスを真ん中で合わされ失点。名古屋の3バックはマークを見失っていた。
b0036243_0513494.jpg

 こうなるともう名古屋にとっては時間との戦いに。福岡はU-16日本代表の鈴木(20)が中心となって中盤から冷静にボールをつないで名古屋DFを破りにかかる。この鈴木君、去年の12月に見た時はまだ中3だったわけだが、プレーの伸びはそれほどでもないが、体格はいつも間にやら高校生のそれになっている。怪我でもしたのかスタンドでひとりビデオを回していた中田健にとっても気になる存在に違いない。

 名古屋はこのピンチの連続をGK長谷川が中心となってなんとか凌いでいた。長谷川はハイボールに対しては安定したキャッチングを見せ、至近距離からの危険なシュートに対しても鋭い反応でこれを弾き出して何度となくピンチを救った。雰囲気的に南米系―特にコロンビア方面(笑)―の香りが漂ういいキーパーになってきた。浦和東戦でGKなのにシャツをパンツの中に入れろと主審に注意されていたのはご愛嬌と言うことで、独特の「雰囲気」を持つこの選手もいつかトップチームで見てみたい選手のひとりだ。

 そして試合はなんとか逃げ切った名古屋が3-2で勝利を収めた。苦しい試合だったがとりあえず狙い通りの勝ち点3を奪えたことでよしとするか。今日は何枚かイエローカードをもらっていたし、青森山田戦に向けて誰が出場停止なのかが気になるところだが、どちらにしろ厳しい相手には違いないので、決勝トーナメント進出を賭けての大一番はいい経験になるだろう。
b0036243_1263960.jpg

 その後ついでに青森山田と浦和東との試合を(後半途中まで)見てきたので、暇があったらプレヴューと合わせてまたその感想でも書いてみたいと思います。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-26 01:28 | Youth
第25節 対C大阪 1-3 (得点:中村) @スカパー
 TV(スカパー)で観といて言うセリフじゃないが、ハッキリ言って金払ってまで観る価値のある試合じゃないな、これは。

 「ひとつの方向」に扇動して事態を収束させる気満々の中スポによれば「特段のサプライズ起用はない」とあたかもネルシーニョに対するあてつけのような記事が紙面を飾っていたが、ルイゾンが移籍したことにより空白となったFWに中村を当てがい、杉本と中村で2トップを組んだことは俺にとっては十分「サプライズ」だ。

   杉本        中村
           
        藤田

中谷   安   クライトン  山口

   古賀  秋田  角田

        楢﨑

 試合が始まって目立ったのは何にも増して「ルイゾンの不在」だった。試合を重ねるごとにチーム戦術の中でその存在感を増幅していたルイゾンは、藤田とともに名古屋の攻撃における前線の明確なボールの収まり所としてその軸となっていた。そのルイゾンを――色々な要素を総合的に判断しての結果だろうが――ブラジルの移籍期限ギリギリとなるこのタイミングで売り払ってしまったのだから、チームにその影響が出ないはずはなかった。
 前線でのポイントをひとつ失った上、チーム状態の良さを感じさせるセレッソの中盤からのディフェンスを前に、名古屋の攻撃は試合が始まったばかりだというのに杉本を狙ってそのスピードに頼るだけの創意も工夫もない攻撃になってしまった。しかしセレッソとて能天気に何も考えずこの試合に臨んでいるはずはなく、杉本のスピードに対する情報は織り込み済みで、チームとしてこれに上手く対応している。結果として名古屋の攻撃は手詰まりだ。時間が経過するに連れ、名古屋の攻撃は意思疎通もフィニッシュに対するイメージの共有もないバラバラなものとなり、試合自体もセレッソのプランに完全に乗っかったような形になってきた。名古屋は一体何がしたいんだ?

 「ネルシーニョのサッカーに規律と戦術を肉付けしていく」と中田監督代行は言った。しかしそのサッカーに「規律」があったかといえば俺はそうは思わない。1失点目と3失点目はいずれも中谷が緩慢な動きでマークすべき久藤を行かせてしまったことが起点となった。このニ点はどちらも中谷が目の前にいた久藤に付いて行きさえすれば防げたものだ。2失点目は気を付けなければいけない時間帯でのセットプレーで角田がマークを外されてしまった。勝負どころでの厳しいマークも出来ないのに規律もへったくれもあったものではない。
 戦術的にも、準備期間が短かったのでチームの根本となる戦術変更はともかくとして、この試合のための「ゲーム戦術」は空回りしていたと言っていい。ゲームを見る限り、おそらく中田監督代行の狙いとしては、C大阪の3バックに対して杉本と中村の2トップがその脇(サイド)のスペースに流れてそこでボールを受けて基点になることをイメージしていたと思われるが、間延びした名古屋の陣形に、戻りの速いセレッソのディフェンスでは、2列目以降の押し上げを待たずして攻撃が寸断されてしまっていた。

 なんとか1失点のままで前半を凌いで終わって欲しいと思って観ていると、それまでFWとしてほとんど有効な動きが出来ていなかった中村が長めの距離からFKを右上隅に直接ねじ込んで同点としてしまった。セレッソからしてみたら文字通り「事故」みたいなゴール。

 ハーフタイム、ネルシーニョならお決まりのようにこう言っただろう。「相手ボランチに対するマークを徹底しよう(そのマークには藤田とクライトン)」、「サイドはもっと積極的に攻撃に参加しよう」。そして前半の出来を見て、二人くらい選手交代をしたかもしれない。少なくとも機能していないFWに豊田か中山を投入していたはずだ。この試合を見る限りだが、名古屋はこういった「修正」を必要としていた。

 後半ピッチに現れた名古屋の選手に交代は見られない。前半終了間際の中村のスーパーゴールでチームが勢いを取り戻し息を吹き返すと踏んだのか。俺はこういうラッキーとも言える形で同点に追いついたのだから、ここでこそ修正を施すべきだと思ったのだが・・・。俺が新監督(代行)に関して一番危惧しているのは実はこの部分で、対話路線はそれはそれで悪くはないと思うし、コーチングスタッフの補充がない中ではベテランの力を借りることも必要だろう。しかしそれに重きを置いた場合、いざベテランや主力選手を外すか外さないかの選択を迫られた時、彼等をベンチに置いておくような判断を下すことが出来るのだろうか。そうしてもなお求心力を維持できるほどの力を彼は持っているのだろうか。

 そして開始早々チームはセットプレーから失点を許す。さらにはその数分後に左サイドを崩されて追加点を奪われる。たまらず中田監督代行は点を取りに行くため山口Kに代えて中山を投入するが、ここで修正を施しているようではもう遅かった。そしてそれでも効果がないと見るや、さらには中谷に代えて本田を投入する。しかしこの交代でバランスを崩したチームはセレッソの反撃を喰らう始末で、交代も少しから回り気味だ。
 
 かと言ってホームゲームで1-3とリードされこのままでは終われないのは中田監督代行でもネルシーニョでも同じで、さらにサイドに回っていた杉本に代えFWに豊田を投入してきた。もうこうなればヤケクソかとも思ったが、意外とこれでバランスが取れてしまうのだからサッカーとは不思議なものだ。セレッソが試合終了に向けて落ち着いてきたのもあっただろうが、中山と豊田のツインタワー(2トップ)に、2列目で中村、藤田、本田が並び、ボランチにクライトンとヨンハッ、3枚のバックには角田、秋田、古賀。紋切り型の言葉を使うなら超攻撃的布陣。

 しかし、その後の総攻撃も実らず結局追撃のゴールも奪えないまま試合は終了した。
 いくら総攻撃をかけようと、名古屋の誇るクリエイティブで機動性に富んだはずの攻撃的な中盤の選手達がそれとは逆に悪い意味で目立っているようでは、圧倒的に不利なゲームを引っ繰り返すことは出来ない。本田はゲーム勘でも不足しているのか、1対1から決定的なシュートをキーパーにセーブされたり、左サイドでボールを受けてからのクロスにも精度を欠くなど、らしくないプレーを連発。中村は全盛期の身体のキレを取り戻すには至っておらず、今やチームで唯一パスを出した後走らない存在だ。クライトンですらパスを出した後には必ず動き出していると言うのに・・・。中村を見ているとボールを持ってパスコースを探しているうちに段々思考回路が鈍っていき、パスを出した途端にそれが停止してしまっているような感じだ。藤田もピッチの中央にいながらこれだけ孤立してしまっては成す術がない。

 監督交代と言う「劇薬」による処置を行って、名古屋は「ぬるま湯」に逆戻りしてしまったのか。ネルシーニョを追い出し、誰が言ったか知らないが「ドンと構えた」結果がこれですか?前に書いた「予定調和」じゃないけど、結局まだ一流とは呼べない大部分の選手達のレベルに合わせて、彼等のやりやす方にチームが流されていく傾向は危険だ。チームはこのまま崩壊していくのか、それとも選手達が自覚を持ち、スタッフ・選手が一丸となって立ち直るのか、どっちにしろ答えが出るのはもう少し先だが、その頃に降格レースに巻き込まれてないことを祈るばかりだ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-25 00:31 | Game Review
ユース関東遠征 対三菱養和 2-1(得点:30番、6番) @養和グラウンド
 負けたままでは月曜日まで後味が悪いので、ユースのBチームの三菱養和とのトレーニングマッチを「おばあちゃんの原宿」こと巣鴨まで行って観て来ました。ユースの面々は試合終了と同時にスタンドで観戦していたベンチ入り以外のメンバーがバスに乗り込んで移動を開始。俺はと言えば新木場から地下鉄を乗り継いで移動したわけですが、バス移動のユースより30分以上も早く現地に着いてしまい、一向に現れる気配のないユースに、本当に(場所は)ここで良かったんだろうか?と不安になったりならなかったり。ナイター設備の整った三菱養和の人工芝のグランドでは、夏のクラブユースで見覚えのあるがアップを始めている。多分、ここで大丈夫だろう。

 30分ほどしてユースが到着。既にユニフォームに着替えている面々は、そそくさとピッチに散らばってすぐさまアップを開始した。Bチームは今日東京入りしたらしいので、当然疲れとかもあるんだろうが、これもまた経験のうちといったところか。しばらくしてレフェリーが集合を呼びかけると、三菱養和の主力組はラインの外へとハケていった。どうやら、相手もBチームらしい。体格的にも大きくはなく、こちらも高1~2を主体としたメンバーといったところか。これは負けられないな。
 名古屋のスタメンは、こんな感じ↓↓↓

    30   34

20  25   29  33

26  32   27  31

      22

 高円宮杯に登録されているメンバーもいるので、背番号から判別(推測)できるのは、22が鈴木、31が三島、27が西山、32が広木、29が土屋、25が原田、30が津田といったあたり。ただ俺は彼らの顔や身体的特徴を知っているわけではないので、それも定かではないが・・・。

 試合は開始から名古屋が主に右サイドからの攻め上がりを見せ、33とのコンビプレーで三島が何度かスピード溢れる突破を見せる。今のレギュラー(A)チームでのサイドアタッカーはことごとく3年生が占めているので彼等が引退した後はどうなるんだろうかと思っていたが少し安心した。彼のスピードはチームとしても新たな武器になりそうだ。
 しかし試合が進むに連れて試合は三菱養和のペースに。名古屋は人工芝のピッチが慣れないのか、踏ん張りが利かず、ボールコントロールも危ういので、球際の競り合いにことごとく負けてしまっている(五分の競り合いでもこぼれ球は三菱養和へ)。一方三菱養和は普段練習しているピッチだけあってそのあたりは全く問題ないようで、プレスも機能し中盤で面白いようにボールを奪って攻撃につなげている。ユース年代のサッカーをそれほど多く見たわけではないが、一試合の中でこれほど多くのインターセプトを喰らった試合を観たのは初めてかもしれない。そして三菱養和はボールを奪うとスピードに乗った攻めで名古屋陣内に攻め入ってくる。名古屋は170㌢ぐらいのCBコンビに体格面で若干の不安があり、そこでの1対1勝負に持ち込まれると何度かピンチを迎えていたが、全体をコンパクトに保ったラインコントロールとGKの鈴木のセーブによってなんとかこれを防いでいた。至近距離からのシュートの反応に優れるこのGKは、この試合の中でも両手に余るぐらいのビッグセーブを連発していた。

 名古屋の攻撃はと言えば、ロングボールを放り込んだりせず、レギュラー組(Aチーム)と同じように両サイドバックとボランチの25番原田を起点にパスをつないでの崩していくスタイルだが、慣れないピッチと三菱養和の寄せの早い守備を前になかなかパスが2本、3本とつながっていかない。中盤を迎える頃には、最初は勢いのあったSBによる攻撃参加も次第に影を潜めるようになってきてしまった。しかしそんな中にあっても前半唯一の得点を奪ったのは名古屋で、右サイドからのCKをファーに待ち構えていた選手がダイレクトボレー、それはキーパーに弾かれたが、こぼれ球をゴール正面待ち構えていた津田が冷静に蹴り込んだ。
b0036243_15461427.jpg

 後半、名古屋は左のアウトサイドに6番の選手が入る。細身でスピードのあるレフティーだったが、背番号「6」という不自然な番号からして練習生か何かだろうか。いずれにしろ俺には分からない(情報募集中です)。後半の名古屋はこの6番と30、34の三人がローテーションのようにぐるぐるとポジションをチェンジする布陣で前線を構成していた。

    30   34    

6   25   29  33

26  32   27  31

      22        

 後半に入っても基本的には前半と同じペースで試合が進んでいたが、名古屋は徐々にトップに入ったボールが動き出している次のプレーヤーにつながるようになってきた。6番やや30番(津田)がスピードを活かした突破で左サイドから仕掛けたり、DFラインからも機を見て32番の広木がCBとは思えないボール扱いでスルスルと相手ディフェンスを交わして持ち上がったりと前半と比べてもチーム全体が随分と積極的に出来るようになってきた。

 途中三菱養和にカウンターから左サイドで弾丸のようなミドルシュートを喰らい1対1に追い付かれるが、名古屋も中盤からDFラインのギャップを突いた6番の飛び出しにスルーパスが出て6番が独走。ペナルティエリアに入ったところで左足に持ち替えて放ったシュートは一度は戻ってきたDFに当たってしまったものの、もう一度左足を振り抜くとこれが見事にゴールに決まり再度突き放しに成功した。

 その後も名古屋はサイドを使った速い攻撃で何度か決定的なチャンスを作り出し、右サイドの崩しから中央でフリーの選手が合わせるような形が何度か見られた。試合全体としては押されていたが、その中からしっかりとチャンスを作って押し戻したあたりは評価できる内容だったのではないだろうか。プレーヤーでは6、30、31のスピードは特に印象に残ったし、Aチームでいうところの青山みたいな仕事をしている25番はこのチームの中心なのだろうと感じた。

 試合終了の頃にはすっかり日も暮れてましたが、Aチームの高円宮杯敗戦から少しスッキリ出来た試合でした。
b0036243_16112436.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-24 16:11 | Youth
全日本ユース 対浦和東 1-2 (得点:吉田) @夢の島競技場
 高校のサッカー部所属選手にとってはまだこの先に冬の「選手権」という未だ衰えぬ人気と注目度を誇る「本命」の大会が控えているが、クラブユースに所属する選手にとっては真の高校No.1を決めると銘打たれたこの大会が夏場にして早くもひとつの集大成となる。大学受験などを考えればその方がいいのかもしれないが、一年を半分しか過ぎていないこの時期にチームを完成させなければならないのは少し酷というかもったいない気がしないでもない。

 名古屋は否応無しに「サッカー王国」静岡勢と同居させられる「プリンスリーグ東海」で磐田や清水を振り切ってこの全国出場を決め、各年代では代表プレーヤーを排出、チームの主力となる2、3年生が去年の大会を経験しているなどの好材料も揃い、今年は全国の舞台ででどこまで勝ち進めるかに期待と注目が集まる。(神戸さんも「ベスト4が目標」と言っていることだし)
b0036243_022477.jpg

 名古屋の属するグループDには、インターハイ王者の青森山田、関東5位の浦和東、九州3位のアビスパ福岡U-18が同居しており、今日はその初戦となる浦和東戦だ。「浦和」と名の付くものには何があっても負けたくないところだが(笑)、仙台カップ(青山、吉田)やU-16のドイツ遠征(三宅、中田、花井)から選手が戻ってきた名古屋は現状でのベストメンバーで万全を期してこれを迎え撃つ。ただ市川が前日練習で怪我をしたらしいというのと、中スポのコラムに書いてある通り最初は抑え気味に入って後半に勝負を賭けるといった意図も感じなくはない。

          酒井
     新川

清水            上村
     青山  唐沢

森本  吉田  三宅  根津

       長谷川

 試合全体を見てその感想をひと言で言うなら、浦和東のリアクションサッカーに良い所を消されてしまった試合だった。
 浦和東は試合開始から名古屋にボールを持たせておいて前線からかなり激しいプレスを掛けてきた。これに名古屋DFは戸惑ってしまった。冷静さと左右両足から放たれる精度の高いフィードが売りの吉田ですらパスを相手にぶつけてピンチを招いたりしている。7月のクラブユース選手権の時にも感じたことだが、このチームはDFラインからしっかりボールをつないでくるし、吉田を筆頭にDFも決して足元が弱いわけではないのだが、DFラインでのボール回しというのは正直言ってあまり上手くはない。こういった場合、高校サッカーの雄・国見のようにとりあえず「前に蹴って」、あとは前でのフィジカル勝負でゴリ押しする戦術を採ればDFも迷いなくプレー出来るのだろうが、あいにく名古屋はそういうサッカーを志向していない。そしてもしも名古屋のプレーヤーがテクニシャン揃いならそんな浦和東のプレスをいなしながらパスを回していけるんだろうけど、名古屋はそこまでのテクニシャン揃いなわけでもない。

 しかし先制したのは意外にも名古屋で、この日初めてのCKを得ると、名古屋は高さで勝るだけにシンプルに勝負してくるかなと思っていたら、ショートコーナーで一度タイミングを外し、やや下がって(ゴールから離れて)ポジションを取り直した吉田がグラウンダーのクロスを右足で蹴り込んだ。去年のチャンピオンズリーグ決勝のマルディーニみたいなゴール。

 セットプレーから先制した名古屋だったが、この試合では逆にセットプレーが弱点であることも露呈した。試合開始からマークを外しまくりで「失点の香り」がプンプン漂うセットプレーを(一度はオフサイドの判定に助けられたが)何度か繰り返すうちに頭で合わされ同点に追いつかれてしまった。
b0036243_12415930.jpg

 同点に追い付かれてからも名古屋にとっての不本意な展開は続く。DFラインにプレッシャーを掛けられながらも名古屋はいつものようにSBやボランチにボールを入れていくのだが、そのボールの出先であるSBやボランチにプレスを掛けられて囲まれてボールを取られてしまうもんだから、名古屋にしては珍しいDFラインからの中盤を飛び越してのロングボールが目立ち始めた。前線から中盤に掛けての激しいプレッシングとは対称的に浦和東のDFラインは決して強いとは言えず、酒井や新川が何度かフィニッシュまで持ち込んでいたことからも分かるように、トップまでボールが回ればなんとかなりそうな雰囲気はあったから――まあそうでなくても新川を簡単に止められるデイフェンダーなんてそうはいないんだけど――中盤でのプレスを外すためにあえてそうしていた部分はあったかもしれない。

 30分を経過したあたりで浦和東がペースを落とすと名古屋が一方的に押し込む時間帯もあったがゴールを割ることは出来ず、そのまま1-1で前半終了・・・と思っていた矢先突然の選手交代が。ボランチの青山に代えて花井投入だ。この試合での名古屋は代表組を中心として全体的に身体の重さが目立っていたが、そんな中にあって特に精彩を欠いていたのが青山だった。青山の場合いつも足に鎖でもつながれているかのように重そうな走り方をするのはデフォルトだが、この試合では守備での相手に対する寄せ、前線へのサポート、そしてボールを引き出す動きと、すべての面で反応が悪く動けていなかった。途中コーチに大声で怒鳴られるシーンもあったが、それでも改善の兆しはなく、前半で見切りをつけられる形となってしまった。吉田とともに代表疲れか、それとも東北代表に大敗した精神的ショックを引きずっているのか・・・心配な要素だ。
 その後名古屋はいきなり花井投入効果が現れ、高い位置でボールを持った花井のスルーパスに新川が上手くDFラインの裏へ抜け出した所で相手に掴んで倒されペナルティエリアのすぐ外で直接FKのチャンスを得る。これを花井が狙うとボールは軌道的には入ったかとも思ったが惜しくもゴール右に抜けてしまった。そして前半は1-1のまま終了。
b0036243_124222100.jpg

 そして迎えた後半、開始早々に「悲劇」は起きた。三宅と長谷川が意思疎通を欠き譲り合うような形になったボールを相手に詰められ拾われるとそのままゴールを割られてしまった。長谷川も無理すればその相手を身体ごと止めには行けたのだろうが、残り時間を考えても踏みとどまったのは正解だったと思う。

 リードしたことでより一層リアクション色を強める浦和東。そんな中、名古屋は前からのプレッシャーに対しては相変らずDFラインでぎこちないボール回しを強いられながらも、花井がポイントになって徐々にチャンスを作り始める。花井はDFラインの前でいい形でDFラインからボールを引き出すと、そこに対して複数で寄せてくる相手の中盤のプレスを交わしては確実にボールをつないでいた。それだけの技術を花井は持っている。そしてそんな花井を中心に名古屋はボールを動かしながら、両サイドを使った攻めで浦和東ゴールに迫るようなシーンも何度か見られるようになった。スルーパスから清水が抜け出して放ったシュートがバーを直撃したり、左からのクロスを酒井に代わって入った久保が中央でドンピシャヘッド(相手GKが横っ飛びでセーブ)なんかの決定的なチャンスもあった。

 その後森本に代えて福島を投入したり、ラスト5分ぐらいでは吉田を前線に上げたパワープレーを試みるが、それでも浦和東のゴールを割れぬまま時間だけが過ぎていく。名古屋はエリア近辺でもう少しシンプルにゴールに向えばいいシーンでも手数を掛けてボールをつなごうとして相手に引っ掛かったりしていたのがもったいなかった。そしてそのまま試合終了のホイッスル。

 名古屋は代表組の他にも、右サイドの上村と根津のコンビが相手の左サイドを抑えきれずにことごとく競り負けてファールで止めるしかないなど、全体的に動きが良くなかった。完全にここにピークを合わせてきた浦和東と違い、もっと先にピークを持ってきているのだろうか。そして「相性」の問題もあるのだろうが、結果的には大事な初戦で完敗を喫した。
 この1敗は痛いが、救いなのは、去年と違ってグループ3位のチームでも決勝トーナメント進出の可能性があるということと、おそらくこの浦和東には問題なく勝つであろう青森山田が最終節の名古屋戦を前に決勝トーナメント進出を決めてしまうと予想されること。そうなれば、第3節と決勝トーナメント初戦が中1日しか空いていないことを考えてもメンバーを落としてくる可能性もある。まあ青森山田がフルメンバーで来た所で、去年のこの大会では同じくグループリーグで選手権優勝の鹿実を下し同準優勝の市船と引き分けてるくらいだから、「弱きを助け、強きを挫く」名古屋スピリットを再現するまでではあるんだが、とりあえず次節のアビスパ福岡戦は「負けられない」戦いになったことだけは事実だ。中1日、この負けを引きずらずに切り替えて臨んで欲しい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-24 13:37 | Youth
第24節 対大分 0-2 (得点:なし) @スカパー
 ネルシーニョの解任やら、ルイゾンの移籍やらいろいろと忙しいことになっているけど、やっと大分戦のOAを観ることが出来たので、とりあえず大分戦のレヴューから順番に書いていくことにします。(出来るだけ真っ白な心で)

 大分との前回の対戦はゴールデンウィークまっ只中に行われた瑞穂での試合で、その時の大分はひたすら守り倒して、守備のバランスを崩さずにドドとマグノ・アウベスのコンビによるカウンターに全てを賭けるといった趣のゲームプランで名古屋は大苦戦を強いられた。そしてチームの精神的支柱でもあった秋田の負傷退場もあり結局0-0で試合を終えている。
 その後監督交代を経て大分はどう変わったのだろうかに注目して試合を見始めると、確かに前回の試合と比べれば戦術面で(180度と言わないまでも)大きな変化が大分にもたらされていた。攻撃面では2トップ頼みのカウンターからアグレッシブに人数を掛けるものになり、中盤からボールをつないでくるスタイルになっている。
 しかしこれは大分としては大きなシフトチェンジであったとしても、戦術的なアプローチとしては取り立てて意見するほど特に目新しいものではない。それよりも俺が新鮮に(新しく)感じたのはその「チーム作り」で、特に大分のような降格圏内での順位争いが続いたり、なにがなんでもJ2からJ1に上がらなければならないといった場合、しばし最も有効な特効薬として使われるのは日本人に一番足りない要素である「決定力」を簡単に補う「外国人2トップ」なのだが、シャムスカ率いる大分はその「外国人2トップ」を放棄し、その代わりとして「外国人Wボランチ」というあまり記憶にないチーム作りを採用していた。外国人枠3つのうち2つをボランチに使って並べ、そこにポイントを置いてチーム(ゲーム)を作っていくという考え方。チーム作りのアプローチとして、これは(その成否も含めて)なかなか興味深いものだった。

 まあそんな大分に対し、名古屋はと言えば、前節大勝した柏戦のようなフォーメーションをそのまま引き継ぎ、秋田を中心とした3バック、そして藤田をFWに近い位置に置いた変形の3-4-3のような布陣でこの試合臨む。

        ルイゾン  スギーニョ
    藤田

          クライトン
中谷     安       山口K

   増川  秋田  角田

        楢﨑

 名古屋はスコアから想像されるよりは酷くない試合展開でチャンスもいくつか作っていたが、その中でも俺の目を引いたのがルイゾンだった。まだ身体が重そうだった第19節の神戸戦の頃とは比較にならないほど動きにキレがあり、これまでになく広範囲に動いてはボールを受けチャンスメークに絡んでいる。穿った見方をすれば、マジでこれ、ブラジル復帰に合わせてコンディション整えてきたんじゃないかってぐらい。(笑) そんなコンディションの良さを感じさせるルイゾンに比べると、藤田、杉本、ヨンハッあたりを筆頭にチーム全体に「重さ」を感じるのが気になるといえば気になるところだが、前線でのルイゾンを基点に藤田や杉本が「ここぞ」の場面では疲れを振り払うようなランニングを見せ、チームは攻撃の形を作り出す。開始早々にはクライトンのパスからルイゾンが右サイドで絶妙なターンを見せて抜け出し、折り返したボールをボックスに飛び込んできた藤田がシュート(キーパーがブロック)という決定的なシーンもあった。
 この日の名古屋にとって問題は主に守備面で、前節柏に対して出来ていた人に対して激しく当たるディフェンスが全く出来ておらず大分の思い通りにボールを回されてしまっている。その根本的な問題となっているのは、最初に書いた大分のブラジル人Wボランチだ。大分の攻撃はこのWボランチを軸としており、名古屋はまずはここを抑えなければならなかった。しかし変則的なフォーメーションを敷く名古屋のディフェンスはここに対するマークが上手く出来ていない。
 大分の攻撃はこの二人のボランチを軸として、前線には少しでもスキを見せれば一気にフィニッシュまで持ってくる破壊力を持つマグノ・アウベスと名古屋の誇る屈強なDF陣に対しても競り負けない強さを持つ高松、それに絡むニ列目には前後左右にと幅広く神出鬼没な動きを見せ(本来であればヨンハッが付くはずの)マークを絞らせない吉田、そして相変らず駆け引きというよりは強引さの方が目立つがサイドから大分の攻撃に幅を持たせている根本と、なかなか面白い面子による構成で見ている方の興味をそそる。残り10試合疲労とか怪我とかが発生してくる中このパフォーマンスがどこまで続けられるかが残留に向けたひとつの鍵になりそうだ。

 名古屋は全体的に運動量が少なくDFラインからのフィードも含めパスミスが目立つが、ルイゾンを基点として攻撃の形を作りながら、前半も終わりに近付くと、今度はそのルイゾンをオトリとしてその裏に杉本を走らせるようなロングボールを多用し、これによって徐々にではあるがペースを取り戻し始めたところで0-0のまま前半を折り返した。

 後半が始まると、前半はアグレッシブさという面ではやや大分に遅れを取っていた名古屋が前半終了間際の良い流れにも増して積極的に攻勢に転じる。ハーフタイムのネルシーニョの指示も、両サイドの積極的な攻撃参加を促すものと、大分のボランチに対するマークの確認だったようだ。
 ペースを上げた名古屋に対して、大分はCBの3人を中心に粘り強い守備でこれをギリギリのところで喰い止める。後半になって名古屋がゲームを支配し始めてから、大分ディフェンスはズルズルと下がる場面も多くなり、もしここで得点を奪うことが出来ていれば、大分はかつての大分の姿に逆戻りしていただろう。しかし大分はCBを中心にこれを踏みとどまり、名古屋は押し切ることが出来なかった。
 そして前掛かりになった名古屋に待っていたのは大分によるカウンターだった。カウンターというと前に蹴ってマグノ・アウベスと高松の2トップに吉田が絡んだだけのスピーディーな攻撃を想像してしまいがちだが、ここでも実は大分の攻撃陣のタクトを振るっていたのはWボランチのブラジル人コンビだった。1点目にしてもボックス内でマグノ・アウベス→高松と渡ったフィニッシュシーンのひとつ前、マグノ・アウベスが名古屋DFラインの裏に抜け出すタイミングを逃さず絶妙なスルーパスを送ったのは全くのフリーだった11番のボランチ・トゥーリオだった。スペース狙って後ろから蹴ってくるだけのカウンターなら、名古屋の3バックなら余裕とまではいかないまでもなんとか対応できただろう。しかしこのWボランチをフリーにしてしまってはやられるのは必然。前掛かりになりながらも、誰かがこのブラジル人ボランチコンビに注意を払っておくべきだった。

 先制された名古屋は山口Kをベンチに下げFWに豊田を投入。右サイドにはFWだった杉本が回った。鹿島戦でのプロ入り初ゴール以降急速に自信をつけてきたこの途中出場のストライカーはこの日も前線で身体を張ったプレーを見せ名古屋に何度か好機をもたらす。しかしそれでも大分ディフェンスが崩れないと見ると、今度はネルシーニョは杉本、藤田に代えて中村、本田を次々と投入して得点を奪いに行った。
 判断のとしては決して間違っていなかったと思う。実際俺の目にもこの日の杉本や藤田はよく頑張って動いてはいたが、いつもより身体が重そうに見えたからだ。しかし、結果論を承知で言うなら、DFライン3枚のうちどれか1枚を削って前に人数を増やすべきではなかったか。カウンターを狙う大分相手に後ろを1枚外すのは自殺行為だが、それぐらいのリスクを犯さなければこの日の大分の「最後の壁」は崩せなかっただろう。

 そしてもうひとつ感じたのが「吉村の不在」だ。俺は吉村をスタメン要因としてはあまり評価していないが、ベンチ(交代)要因としてはその価値を大いに認めている。走力と前方にスペースを見つける能力に優れ、チームの攻撃に「タテの変化」をもたらすことが出来る吉村は、膠着状態を打開できる存在として実は途中出場の切り札に成り得るんじゃないかと俺は思っている。後半途中で運動量が落ちた中盤の守備をテコ入れする意味でも彼の存在は貴重だ。しかし残念ながらこの日のベンチに吉村の姿はなかった。だから俺は敢えて言いたい。引いてくる(膠着する)相手にこそ、「攻撃的オプション」として吉村をベンチに入れておけと。

 試合は、終了間際に再びカウンターからマグノ・アウベスの個人技で追加点を許し勝敗は決した。名古屋は前掛かりになっていたとは言え、カウンターに対する守備では全てが後手に回り、ことごとくシュート(もしくはそれに近いシーン)まで持ち込まれている状態では、この試合のように相手FWに決定力があれば2失点というのも自然の成り行きだ。これは決して悲劇でも事故でもない。まあ確かに試合の流れを見れば、何人かの選手が口にしたように、決めるべき時に決めていれば「結果」は分からなかったとも言えなくもない試合だったのも事実だけど・・・。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-23 04:09 | Game Review
仙台カップ国際ユース レヴュー#2 U-18日本代表vsU-18東北代表
 去年の大会でも東北代表が日本代表を破るというアップセットがあったみたいだけど、去年のチームはメンバーを見ても有力高校生の寄せ集め的な色合いが濃く、これを「日本代表」と呼ぶには若干違和感のあるチームだった。しかし今年はこれからまさにアジアユースを戦おうとしている正真正銘の「日本代表」。いくら1軍半のメンバーを組んだからといって、監督もまさか負けるとは思っていなかっただろう。

 日本代表はこれまで出場機会の少なかったGKの武田、DF吉田、安田、MF松本、横谷、FW河原といった「控え組」を全員先発させてこの試合に臨む。(青山はベンチ) 対する東北代表は、元U-16日本代表FW小澤以下7人がインターハイ王者の青森山田勢で占めるスタメンで、特に2トップと吉田(U-18日本代表/名古屋ユース)とのガチンコ対決は来週から始まる高円宮杯の前哨戦といった趣き。(厳密に言えば、日本代表にいる松本も青森山田の選手なので、ピッチ上には青森山田が8人いたわけだけど・・・)
b0036243_343727.jpg

 試合は個々のプレーヤーの能力に勝る日本代表がボールを支配する形で試合に入り、開始後間もなく「ディドの息子」マイクのゴールによってアッサリと先制点を奪うことに成功する。これは波乱は無しかな・・・となると、俺の注目は必然的に初出場の吉田に集中することになる。
 吉田も全く問題ない出だしだ。170㌢(小澤)と163㌢(伊東)という小柄な2トップ相手なので当然と言えば当然だが、ハイボールの競り合いには圧倒的な強さを見せ付け東北代表の前に要塞のように立ちはだかった。サイドに引っ張り出されたりしてスピード(ドリブル)で勝負されても吉田は落ち着いてこれに対応している。それにしてもしきりにポジションチェンジを繰り返したりDFラインの裏を狙ったりとDFに揺さぶりをかけてくる青森山田そのままの2トップはいやらしいコンビだな・・・。

 しかし日本代表にとってのいい流れは長くは続かなかった。技術面での明らかな優位性と幸先良く先制できた試合展開とで、日本代表の選手達に気の緩み(油断)が生じたのか、次第にそれぞれのプレーヤーがボールを持つ時間が長くなり判断が遅れるようになると、戻りの早い東北代表ディフェンスを前にパスがつながらなくなってきてしまった。そして日本の攻撃はミスパスを繰り返してはスタンドのため息を誘うだけの淡白で軽いものとなっていく。
 こうなると堅い守りからの速攻を基調とする東北代表に流れが行くのは自然の流れ。そして左サイドのスペースを使われると、ニアサイドへの低いセンタリングに中で小澤が合わせてまずは同点。小澤にマークに付いていたのは・・・吉田だったが一瞬のスピードで前に入られてしまった。一旦引き離されながらも吉田はよく付いていったんだけど、小澤の上手さが勝った。これは小澤の方が吉田よりも一枚上手だったということ・・・悔しいがこれは吉田が今後のトレーニングの中で精進していくほかない。
 そしてそんな小澤に「声」でも引っ張られ、勢いの止まらぬ東北代表はついに前半のうちに逆転ゴールまで奪ってしまう。ボランチがノーマークのままバイタルエリアまでボールを持って上がって来て、それに対して吉田がチェックに行った刹那だった、まるで稲妻のように小澤が動き出して瞬時にDFラインの裏へナナメに走りぬける。そこにピタリと出されるスルーパス。小澤はスピードを緩めることなくマークに来た相手を振り切ると逆サイドのサイドネットへキレイなシュートを蹴り込んだ。おそるべし、小澤のスピードと決定力。ああ、俺はかつて何年後かに小澤と伊藤翔が地元名古屋で2トップを張る夢を見てたんだけどな・・・。(笑)
 そしてそのまま2-1で東北代表がリードして前半は終了した。

 後半に向け選手達がピッチに現れると、ピッチ脇には日本代表の青いユニフォームを着た二人の選手とともに「6」と「10」の番号が記されたボードが掲げられていた。青山登場だ。まあ前半あれだけのダメっぷりを見せつけられれば監督としても何か手を打たざるを得ないだろう。でもCBの槙野も吉田もいるしボランチ(アンカー)の横谷もいるし、青山はどこに入れるんだ?と注目していると、スタスタと4バックの右にポジションを取っている。右SBだ!!!俺は巷でイメージされているほど(言われているほど)青山に攻撃力がないとはこれっぽっちも思っちゃいないが、お世辞にも走力があるとは言えない青山が右SBか。確かに前半は右サイドは松本も内田も全くと言っていいほど攻撃では目立たなかったけど。どうだろう。

 そして後半立ち上がり、慣れない右SBということもあってか、その青山のところから追加点を奪われてしまう。槙野から中途半端に青山と小澤の間ぐらいに出されたフィフティーのボールに、青山はなんとか体を入れて小澤より先に触ったものの、その足に当たったバックパスともクリアともつかないボールを後ろから狙っていた東北代表のもうひとりのFWがかっさらって、対応に来た吉田をスピードで横に振り切るとそのままシュートしゴールを陥れた。吉田については、もっと早くカバーに来ていればというのはあっただろうが、あのスピードに乗った状態でゴールに突進してくるFWに対してついていけというのはちょっと酷な話なので、責任はないと言ってもいいだろう。

 巻き返して追いつくつもりが逆に突き放されてしまった日本代表はここでシステムを変更する。左から4(吉田)、5(槙野)、6(青山)と規則正しく数字が並んだ3バック。左アウトサイドには左SBだった安田が一列上がり、右サイドにはオフェンシブな中盤だった山本が一列下がる3-5-2だ。この面子だったらこの形が一番無難だろうな。
b0036243_2431611.jpg

 その後日本代表が意地を見せるかのように、中盤から東北代表ディフェンスが身動きすら出来ないぐらいのスピード(テンポ)でワンタッチのパスを何本かつないであっという間にペナルティエリアまで進むと最後はマイクがこの日二点目となるシュートを左足でゴールに流し込んで1点を返した。やればできるじゃんこういう攻撃も。なんで最初からやらないんだ?
 しかし2点目を決めた直後、キャプテンマークを巻いた山本がボールを拾ってセンターサークルに戻ろうとした時、邪魔しようとした選手の手を払いのけてレフェリーから注意を受けると、その直後には相手選手に対して後ろからのディフェンスでイエローをもらってエキサイトしているようではチームはまとまるはずもない。まああのディフェンスがイエローに値するかと言えばとてもそうは思えず、高校生相手に選手を熱くさせるような笛を吹いてるレフェリーにも問題は大アリだと思うけど。

 その後は、日本代表の攻撃を受け止めた東北代表が極端に走力の鈍った日本代表の中盤をノープレッシャーでくぐり抜けてカウンターを仕掛ける。日本代表はサイドもボランチも戻っていない中、3枚のディフェンスだけで東北の波状攻撃を凌いでいるような状態だった。そしてペナルティエリアの外で相手を倒した直接FKを直接と、サイドからのクロスが槙野の前で触った小澤を経由して青山のマークしている相手に渡り(青山は小澤がボールに触った時点で目測を誤るようにマークを外してしまった)ゴールを決められついには2-5。

 お祭り騒ぎのスタンドのボルテージとは対称的に、集中力が低下する一方だった日本は試合終了のホイッスルが鳴るまでこれでもかというぐらい容赦ない東北代表の波状攻撃を受け続けた。今時プロと高校生がやったってここまで一方的にやられまくることはないだろうってぐらいの、跳ね返しては拾われて攻められ、ボール失っては攻められの繰り返し。それを3バックとGKがポストの助けを借りながらなんとか守る感じだった。

 その間監督がしたことはと言えば、前線に本来DFの伊藤(184㌢)を入れてパワープレーさせたことぐらい。ベンチの反対側、遠くバックスタンドから見た印象でしかないが、もはやベンチも打つ手無しといった感じで手をこまねいているしかなかった。森本が既にチームを離れていてオプションがなかったとは言え、これじゃ選手を責められない。それと比べれば、J's GOALの東北代表・清水監督のコメントとか読むと、やっぱり机上の論理とかだけじゃなく、プロの監督としてJ1、そしてJ2でも常に生きるか死ぬかの真剣勝負をくぐり抜けて戦って来た人――若手を育てるのではなく、「再生工場」ばりに他チームで出場機会の限られてきたベテラン選手を引っ張ってくるチーム作りには「彼の通った後にはペンペン草も生えない」という否定的な意見もあったが――の「凄み」みたいなものを感じてしまうのは俺だけだろうか。

 結果として吉田にとっては肉体的にも精神的にも散々な代表初先発となってしまった。まあそれでも高さ、1対1での冷静さ、両足で蹴れる精度の高いフィードと吉田が持つ良い部分も所々で出せてはいたけど。この試合が原因で今後代表に呼ばれなくなったらシャレにならないが、とりあえずこの借りは今週末から始まる高円宮杯でノシつけて青森山田に返してやろう。
b0036243_2503528.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-21 02:56 | Youth
仙台カップ国際ユース レヴュー#1 U-18日本代表vsU-18ブラジル代表
 常連の青山に加えて、この間の名古屋ユースの関東遠征で調子が良さそうだとこのブログでも書いていた吉田が代替召集されたU-18・・・この大会を見逃す手はないというわけで仙台へ行って来ました。

 日本ではこの年代のサッカー(特に代表チーム)においてはやはり「一年の経験の差」というものが大きくモノを言うのか――これがいわゆる「早生まれ」が優遇される理由(U-16とかだとこの傾向はもっと顕著)でもあるのだが――このチームでは(早生まれの)ルーキー・Jリーガーと高校3年生が主力であり、高校2年ながら選ばれているのはあの森本と吉田の二人だけだ。吉田が代替招集される原因(辞退)になった大分ユース所属のDF福元がこの大会期間中のJ1で名古屋のトップチームを完封してしまったことを除けば(笑)、これはサポとしてもなんとなく誇らしい。

 東京にいながらにしてこの大会に関する情報を得ようとすれば、得られないことはないんだけど、某掲示板を筆頭に青山はU-16の頃から結構な頻度でスケープゴートにされて叩かれているし、新参の吉田に至っては他サポからすれば多分「誰、それ?」ぐらいの勢いで、よっぽど凄い(「あれは誰だ?」級の)活躍でもしない限り気にも留められないだろう。これはやっぱり自分の目で確かめるしかない。

 というわけで、名古屋ファンによる、名古屋ファンのための仙台カップレポートでも書いてみようかなと。
b0036243_241068.jpg

 U-18日本代表にとって、この仙台カップは11月に日本での代替開催が決定したアジアユース(Wユース・アジア一次予選)に向けた準備として貴重な実戦経験の場だ。
 本田(征)、伊藤卓のいた「カタール」、福田、古賀のいた「マレーシア」、酒井のいた「ナイジェリア」、原、泰成が選ばれなかった「アルゼンチン」、山口K、角田、川島のいた「UAE」、本田(圭)のいた「オランダ」と着実に本大会での実績を積み上げてきている日本では、もはや目標は「本大会出場」ではなく、本大会でグループリーグを突破し「決勝トーナメントでどれだけ上に行けるか」になってきている。アジア予選は「勝って当たり前」であり敗退は許されない。しかしその一次予選でそこに立ちはだかるのが、同じく日本開催だったU-17アジアユースで日本の行く手を阻んだ北朝鮮ということで、状況は決して楽観出来るものではないのもこれまた事実だ。
 その意味では8月のSBSカップを経てどれぐらいチームが出来てきているのかを見てみたい気持ちがある一方、やっぱり俺の関心は名古屋所属の二人、青山と吉田になってしまうわけで・・・

 2002年のW杯でイタリア代表が仙台をキャンプ地としたことをキッカケに始まったというこの仙台カップも、過去ニ大会に参加していたイタリア(U-18)代表がなぜか今回は出場せず、代わりにクロアチア代表が参加している。しかも時差ボケやらなんやらで初戦で日本代表に完敗。日本にとってこの大会のメインイベントは必然的にこのブラジル代表戦になった。
 初戦のクロアチア戦で攻撃的な布陣(ボランチ二枚をともに攻撃的な選手で組んだ)を試したと言う日本は、このブラジル戦では攻守のバランスを考えたベストメンバーで臨む。これにともない、初戦はCBをやっていたらしい我等が青山もボランチとして出場。(吉田はベンチ)

 試合は開始直後から「仮想北朝鮮」と言うには強すぎるブラジルが一方的なペースで試合を進める。とにかく日本はあらゆる局面で1対1に負けている。前線ではブラジルにスペースを与えてもらえず、ブラジル人選手に寄せられて無謀とも言える苦し紛れのパスを出してはカットされる展開を繰り返す。そしてひとたびブラジルにボールが渡れば中盤で1対1はおろか2人で囲みに行っても易々と突破を許す。極め付けは2トップだ。アドリアーノで味を占めたのかどうかは定かではないが、いずれも180センチ台後半の大型FWを並べたブラジルの2トップにボールが入ると、日本のDFはボールに触ることすら出来ない。その他で目立ったのは中盤の底で金髪を振り乱して精力的に走り回る見た目はバルサのプジョールみたいな選手。どこにでも現れてボールをかっさらっていく。
 そんな展開で前半よく1-0で終えれたな・・・というのが正直な感想で、日本は最後の方にはDFラインから「ポスト」というより「前の方」目掛けて蹴るだけになってしまっていた。
 青山はと言えば、監督もハッキリと「アンカー」と言っているし、2枚並べたボランチの「守備的な方」との認識が監督の中でも、ピッチ上の選手達の中でも、そして青山の中でも固定観念として定着してしまっている印象。かなり慎重に二人のCBの前から離れ過ぎず、ブラジルの8番の選手を中心に2列目から最終ラインを狙おうとする選手とスペースのケアに常に気を配っている感じだ。しかし、チームが全く攻撃を作れていない状況で、俺は青山には攻撃でもっと積極的にボールに絡んで欲しいと思いながら見ていた。ボールを呼び込んで動かしていく仕事をもっとして欲しいと。まあ、前半二度ほど見られた青山自身がボールを持って攻め上がるシーンでいずれも相手ディフェンスに引っ掛かってカウンターを喰らったり、前でいとも容易くボールを失っている状況では、このポジションの選手が有効に攻撃に絡んでいけないのは無理もない話ではあるけど。ただ、チーム全体としてもそうだが、青山もこれでは評価のしようがない。

 後半になってもペースはほとんど変わらないが、交代出場で入った梅崎が前で積極的に仕掛けることで、単発ではあるがブラジルゴールをおびやかす攻撃も繰り出せるようになってきた。
 その後、露骨に日本贔屓な笛に助けられながらなんとか最少得点差を維持する日本。そしてどれだけ倒されようがファールがもらえないブラジルを尻目に、ボックスの左外あたりで日本選手はいとも簡単にファールをもらう。「ハァ?」とイキり立つブラジル人選手達のスキを見逃さずクイックリスタートした日本が最後はこぼれ球を山本が右足キャノン砲で叩き込んで同点とした。クイックリスタートに反応して誰よりも早く動き出した森本の動きが光った得点だった。
 怒りも混ざって本気になるブラジル。そして再び突き放されると、日本ベンチが次々と攻撃的なカードを切ってきた。その中でCBの16番伊藤が下がり中盤に12番の横谷が入る交代がなされると、それに伴って青山はCBに移動。青山にあの強力2トップは押さえられるのか?というより俺としては吉田がこういう相手に対してどう対応するかがぜひ見てみたかったんだが・・・。そしてこのポジション変更のあたりから、日本の攻撃は梅崎による突破だけではなく、中盤でボールをつないで攻められるようになる。
「オイオイ、青山が最終ラインに下がった途端に中盤でボール回り始めちゃったよ」
と一瞬ネガティブな気持ちになるが、よーく見るとブラジルの選手達の足が止まっている。まあ前半からかなり飛ばしてたからな・・・。そして試合開始当初の青山の位置に入った横谷から、右サイドの山本にダイアゴナルなロングパスが通り、山本が持ち込んでセンタリング・・・これが目の前のDFに当たって角度が変わってゴールイン。再び同点。
 青山もそんないい流れにあるチームに置き去りにされることなく、鋭い出足で相手FWより先にボールを触るなど相手FWに全く仕事をさせず、ストッパーとしても俺の不安を一掃するようなパフォーマンスでそのサッカー選手としてのポテンシャルの高さを見せつけた。本当に集中している時の青山っていうのはハイレベルなプレーを見せる。まだ少し精神的にムラがあるような気がするけど。

 しかし試合はブラジルが最後に維持を見せ、決勝点を奪い試合終了。
 試合全体を見れば、日本が何かをさせてもらえた時間と言うのは、ブラジルの足が止まった後半のラスト十数分といったところで、特に前半は何も出来なかったような印象だった。UAEのワールドユースじゃないが、ブラジル相手にボコボコにやられて、そこから選手達が何を掴むかの方が今は大切だと思うので、11月に向け、そして2年後の世界大会に向け、これが今日出場した選手達の糧になってくれればいいなと思う。

 名古屋の二人に関しては、返す返すもあの強力なブラジルの2トップを相手に吉田がどういうプレーするのか見れなかったことは残念だしここで経験を積ませてやりたかった。青山に関しては、守備的なボランチと言われつつも、攻撃面でももっと出来る選手だし、これからはもっとそのいい部分を出して行って欲しいなと思う。俺は、青山はチームが苦しい時(攻撃面でも)それを救える選手だと思っているので。
b0036243_2162630.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-20 02:17 | Youth
仙台カップ国際ユース・その3
b0036243_1683353.jpg

 しかし吉田JAPANは本番(予選)大丈夫なんでしょうか?ブラジルに全く歯が立たなかったのに続き、東北代表には成すすべなく歴史的大敗(2‐5)。メンタル面含めた選手達のパフォーマンスもさることながら、ベンチワークでも東北代表監督の清水に完敗でした。
 名古屋ユースの吉田はCBで先発フル出場。青山は後半頭から右SB!!!として途中出場。その後システム変更に伴い、右のストッパーをやってました。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-19 16:08 | Youth
仙台カップ国際ユース・その2
b0036243_1653043.jpg

より詳しいレビューは月曜日に東京戻ってから、気が向いたら書きますが、U‐18ブラジル代表戦は、青山はフル出場、吉田はフィールドプレーヤーで唯一出場なし。青山は後半途中まではボランチ、最後はCBでプレーしてました。
スコアこそ接戦(2‐3)たけど、ブラジル相手にどうしようもないぐらいの力の差を見せつけられた感じの試合でした。
[PR]
by tknr0326g8 | 2005-09-17 16:53 | Youth