Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
第5節 対大分 0-3 (得点:なし) @スカパー
 試合結果よりもむしろJ2から昇格してきたばかりの福岡を相手にロングボールを放り込むだけの攻撃に終始せざるを得なかった今の名古屋のチームとしての力にショックを受けてから中4日。週ニ試合の過密日程でホームに迎えるのは相手はシャムスカ率いる大分だ。昨シーズン終盤の大分の快進撃をフロックだと言うつもりは決してないが、名古屋ファンからしてみればジョアン・カルロスの時代にそれに匹敵するかもしかしたらそれ以上の奇跡(就任後負け無しの9連勝でリーグ戦を終えのまま勢いそのままに天皇杯制覇)と翌シーズンの崩壊を目撃しているだけに、シャムスカの真価が問われるのが実は今シーズンだということは痛いほど分かっている。ただそんなシーズンに向けシャムスカにとって気の毒なのはチームの財政難の煽りを受けマグノ・アウベスや吉田といった主力選手を失ったことだ。まあそれでこそシャムスカの本当の腕の見せ所だという見方が出来なくもないわけだが。
 
 名古屋は前節の福岡戦の布陣を基本に、出場停止空けの金正友をスタメンに戻して試合に臨む。金正友が戻ったことで果たして名古屋に中盤が復活するのだろうか。

     玉田   豊田

阿部   金   吉村  中村

本田  古賀   秋田  大森

        川島

 前半は予想に反して名古屋が落ちついた試合への入り方をしている。福岡戦のように盲目的に前線にロングボールを放り込むのではなく、フェルフォーセンがよくインタビューなどで語っているようにボールをつないでいってサイドから攻めるという意識が選手達の間に垣間見え、その中では復帰した金正友が頻繁にボールに絡んでいる姿が目立つ。ただ相変らずマイボールになった時やクサビのボールが入った時の中盤以降の押し上げが遅くなかなかチャンスを作り出せないでいることもまた事実だった。
 対する大分はエジミウソン、トゥーリオという二人のブラジル人で組むダブルボランチがボールを落ち着かせて基点となりつつも、名古屋が前線からはプレッシャーを掛けず中盤(の深い位置)に網を張っていると見るや、ノープレッシャーの最終ラインから前線に向かってどんどんロングボールを放り込んでくる。名古屋ももちろんそんな大分の攻撃は想定済みとばかりに秋田・古賀を中心としたDFラインが落ち着いた対応を見せるが、大分はしばしば高松が前線で身体を張ってこのボールをキープするとチャンスに結び付けていた。そしてそれがキッカケとなり名古屋は前半10分と経たないうちに先制点を失うことになる。ロングボールに対して高松と競り合った古賀が圧力に負けてCKに逃げると、そのCKに対して名古屋はDFとGKの明らかな連携ミスによりゴール正面から大分DFの深谷に決められ1点を失ってしまった。それにしても一回のセットプレーからいとも簡単にやられてしまった。

 先制点を失った名古屋だったがその後もやるサッカーは変わらない。守備を厚くする大分に対し、タテにはなかなかパスを入れることが出来ないが、ダブルボランチが左右に大きくボールを散らしながらサイドを基点に攻撃の糸口を模索する。そして前半20分には右サイドから吉村を経由して左に回ってきたボールを玉田→本田→玉田という大きなワンツーのような形で玉田が大分DFの裏へ抜け出してシュートを放ったり、同30分過ぎには大森と中村が絡んだ右サイドのパス交換から、吉村→(中村スルー)→玉田→豊田(ポスト)と渡ったボールを豊田がDFを背負いながら落とし、再び現れた吉村がダイレクトでシュートを放つ(シュートはサイドネットへ)というような決定的なチャンスも作り出すことに成功した。それ以外にも金正友が前線のスペースに飛び出て行ったり、SB起用の本田が前へ抜け出したりと大分DFを崩すためのチャレンジを名古屋は行っていた。しかしそんな名古屋の攻撃も大分最終ラインの身体を張ったディフェンスを前にゴールをこじ開けることが出来ず1点ビハインドのまま前半が終了。

 試合後のフェルフォーセンは特に前半を「ひどい内容」とコメントしていたが、俺が見た限りボールもゲームの流れ自体もどちらかと言えば名古屋が支配していたような印象を受けた。そしてその中でも名古屋は上で書いたように何度かチャンスを作ることにも成功していた。では何が名古屋に足りなかったのか?と問われれば、おそらくそれは相手ゴールに向うアグレッシブさということになるだろう。おそらく大分のDF陣にとっても怖いと感じさせるような名古屋の攻撃はそれほど多くはなかったはずだ。そして後半開始に当たりフェルフォーセンは左SBの本田を一列上げ、阿部の変わりに左SBに有村を投入する。本田は前半から何度か積極的に攻撃に絡む姿勢を見せていたし、それに比べると阿部はやや影が薄く攻撃面でもほとんどチームに貢献出来ていなかったのだから妥当な交代と言える。

 そんな名古屋は後半(前半同様)サイドにポイントを置きつつも、前線(豊田)へのロングボールからダイレクトにゴールを狙う回数が増え、チーム全体としてゴールへの意識が高まっているように見えた。しかし後半は大分もロングボールが前線の2トップ(特に高松)に納まる回数が目に見えて多くなっており、そこを基点に怒涛のような押し上げで大分はカウンターを仕掛けてくる。名古屋は大分に比べると明らかに攻守の切り換えやセカンドボールへの出足といった点で劣っており、それが集中力の欠如から来るものなのか個々の能力で上回る慢心から来るものなのかは分からないが、そこを突かれてやってはいけない追加点を早々に奪われてしまう。

 後半開始10分ほどで有村が大分の右サイド・梅田の突破にアッサリとファールを犯してセットプレーを与えると、あろうことかニアサイドでこの日二度目のどフリーを作り、西山にヘディングを決められる。マンマークに切り替えたらしいセットプレーの守備では西山のマークに吉村が付いていたが簡単に振り切られてしまった。一試合の中で二度もセットプレーでフリーの相手を作るその光景は、大分がDFなしでセットプレーの練習をしているような感じだった。
 これで集中が切れたのか、名古屋は強引な攻めからボールを奪われて次々と大分のカウンターを喰らうこととなる。相手のシュートミスに助けられたようなシーンもあったが、その5分後には中村の一発狙いのパスをカットした大分がまたカウンターを仕掛け、西山の放ったミドルシュートがバーに当たって跳ね返ったところを高松が持ち込んでシュート、これは体勢を立て直した川島が素晴らしい反応でセーブしたが、その跳ね返りをさらに根本に詰められて3点目を奪われてしまった。名古屋は大分のカウンターに対する全体の戻りも遅く、次々と浴びせられるシュートに対しても周りにいた選手達の足が止まって完全に「見て」しまっていた。

 ここで(というか試合後のコメントによれば追加点を奪われる前から準備していた)フェルフォーセンは思い切った策に出る。右サイドのコンビである中村と大森を下げ増川と杉本を投入。最終ラインを有村をリベロにした3バック、そして最前線に増川を張らせてターゲットとするシステムに変更してきた。

         増川
    豊田       玉田
         
本田              杉本
      金
           吉村

   古賀   有村   秋田

         川島

 これ以降名古屋の選手達が吹っ切れたのか、それとも3点取って大分の選手達がペースを大幅に緩めたのか名古屋はよりアグレッシブな攻めに打って出る。前線では増川という(豊田より)さらに明確なターゲットが出来たことで後ろからでもボールが入れやすくなり、下がりだした大分に対して本田を筆頭に中盤がいい形でボールを持つようなシーンが増えてきた。金正友も中央で左右へとボールを散らし時にはボールを持って迫力ある攻め上がりを見せる。前線では玉田が一度引いてボールに触って飛び出して行くという得意の形が出るようになったし、それまでターゲットとしての役割にばかり意識を奪われていた豊田がその呪縛から解き放たれて伸び伸びとプレーし始めた。豊田は確かに前線でターゲットとなれるだけの身体(の強さ)を持っているが、スピードもあるしこういうターゲットタイプと組ませた方がその持ち味を生かせるのかもしれない。

 この戦い方はフェルフォーセンの中でも緊急事態に備えた特別なオプションのひとつでしかないだろうが、これはこれでこの日の名古屋に対する特効薬とはなり得ていた。それは、どこかの御用新聞がよく監督批判の材料として使う「練習でやったことがない」やり方な分、(増川のポストに対して周りがどうサポートに入るかなどの基本的な部分も含めて)上手く機能しない部分合ったが、これでしっかりとトレーニングすればひょっとしてモノになるんじゃないかという期待すら抱かせるものだった。
 まあいつも書いているように、俺は単に「練習でやったことがない」とかいうのを理由にするのは同調しかねるが、トレーニングの中で身体に覚えさせることも出来るコンビネーション的な部分だけでなく、名古屋の選手達には個々の部分でやはり戦術理解であり技量でありといった部分が欠けていると感じる。チャンスらしきものを作っても前線で動きが被ってしまったり、誰もいないところにクロスを上げたり、ボールを前に運ばなければいけないところで下げてしまったりしている。個々の例で言えば、右アウトサイドに入ってしばしば良いボールのもらい方をしていた杉本が、相変らず相手DFとの勝負の間合いが近過ぎてそのスピードを活かし切れていないようなシーンはその代表だ。むしろあれでは自らボールを取られに行っているようなものだ。杉本は例えば去年のワールドユースで日本を前半チンチンにやっけたオランダのクインシー・オウス・アベイエがどういう間合いで勝負していたかを研究してみた方がいいような気がするんだが。

 前半よりはアグレッシブなゴールを意識した攻めがチーム全体として出来るようになった名古屋ではあったが、結局は大分の前に得点を奪うことが出来ず0-3の完敗。大分は前線の2トップからかなり激しくディフェンスをしてくるし、身体を張り粘り強い3バック、急所を心得ているブラジル人のボランチコンビ・トゥーリオとエジミウソンと守備はなかなか堅い。攻撃自体にはそれほど意外性はなく、集中してしっかり対応していけば防げるレベルだと思うのだが、いかんせんセットプレーでの二失点が痛過ぎた。誰かが語ったようにこれでは試合にならないのは事実だが、試合にならない状況を招いたのもまた自分達でしかない。ネルシーニョの頃も最初はセットプレーからの失点が多いと言われていた。監督が代わるたびにゼロどころかマイナスからのスタートとなる名古屋がチームとしてプロらしくなるのはいつのことか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-03-26 23:59 | Game Review
第4節 対福岡 1-0 (得点:玉田) @スカパー
 今季5シーズンぶりにJ1の舞台に戻って来た福岡。前に博多の森で戦った時は名古屋にピクシーがいた頃だから、それを考えると福岡は随分と長いことJ2で戦っていたんだなぁと改めて感じる。そしてそんな長いJ2での戦いを経て、どうやら福岡は新しいチーム作りに着手したようで、メンバーを見るとどこからか発掘され育成された若いプレーヤーも多いし、さらに特徴的なのは(同じく福岡をホームタウンとする地元の野球チーム・ソフトバンクに習ってか)地元九州(福岡)出身のプレーヤーが数多くスタメンに名を連ねているということだ。これはチーム作りとして、これからこのチームがどう成長していくのかということも含めなかなか興味深い。

 名古屋は出場停止の金正友のポジションに前節途中出場ながら良いプレーを見せていた須藤を入れ、左サイドでは同じく前節途中から採用している阿部(SH)と本田(SB)のポジションを入れ替えるフォーメーションを継続。どうやらフェルフォーセンは前節後半に作ったいい流れをそのままこの試合に持ち込みたいようだ。ただ一方前線では開幕から3試合連続でスタメン起用されていた杉本を外し豊田を入れる変化を加えてもいる。この起用はなかなか興味深いもので、桁外れのスピードを持つ杉本のスーパーサブ起用はゲームの中で面白いオプションに成り得るし、逆にこれで途中から豊田を投入してのパワープレー(高さ勝負)というオプションが失われたかのように見せかけて、実は怪我から復帰してベンチ入りを果たした増川のFW起用というサプライズが用意されていたのだった。

     玉田   豊田

阿部  須藤   吉村  中村

本田  古賀   秋田  大森

        川島

 試合が始まって最初にいい形を作ったのは名古屋で、大森が持ち上がってのスルーパスに反応してDFラインを上手く抜け出した豊田がいい形でシュートを放つ(シュートは角度がなくサイドネット)。清水戦の前半で開始早々に杉本がシュートを放ったシーンのリプレーのようだったが、大森のパス能力がここでも相変らず光っていた。今シーズンの大森は試合の中でオーバーラップするようなシーンこそ少ないが、その正確なキックとパスセンスによって開幕以来名古屋の攻撃に大きく貢献している。フェルフォーセンが求めるSBの像というものがどのようなものなのか、SB以前に中盤から前でもほとんど攻撃が形になっていない現在ではその意図を汲み取ることは難しいが、少なくとも中盤でのキープ力に欠ける今の名古屋にとって、SBは走力を生かすタイプよりも大森や本田のようなビルドアップの能力に長けるタイプの方が合っているかもしれない。

 だがこのチャンスを最後に名古屋の攻撃は時間とともにさっぱり形にならなくなっていく。個々のプレーヤーのパス精度の問題や意思疎通の欠如もさることながら、心理面でかなり慎重に守備(でのゾーンを崩さないこと)へと重点を置いた選手たちはマイボールになっても攻撃へのアクション(切り換え)が遅く、自分達のバランスを崩してまで攻めに行くような気配を見せない。当然のごとく中盤ではパスが繋がらず、お金を取って人に見せられるレベルでないミスを連発していたチームの行く先は、試合前にフェルフォーセンが指示していたという豊田へのロングボールしかなくなっていた。
 逆に言えばそれだけ名古屋の選手達の意識が守備に傾いていたのであれば、攻撃に目をつぶりさえすれば名古屋の守備組織はソリッドで安定していたと考えるのが普通で当然の帰結なのだが、しかし実際には、名古屋は自分達が作るよりも数多くのチャンス(形)を福岡に作られていた。福岡はどういう理由でかは知らないがエースのグラウシオが出場していなかったが、前線にもうワンランク上の能力を持つプレーヤーがいれば名古屋はやられていてもおかしくなった。

 名古屋が迎えるピンチの中で特に目立っていたのは大森の後ろのスペースを使われてそこで基点を作られる形だった。そう清水戦で藤本にゴールを奪われた時と同じ展開。相手がそれを狙っているのかどうか分からないが、この形はこの試合でも幾度となく繰り返された。そもそも名古屋は最終ラインに4人を並べゾーンで守っている。さらに上でも書いたように前後半通じても右SBの大森がオーバーラップを見せる回数は数えるほどしかない。それなのになぜ大森の裏のスペースが使われるのか?大森の(ポジショニングを含む)守備にSBとして致命的なミスでも存在しているのであれば話は別だが、そうでないのならこの二つの事象は明らかに矛盾しているし、なんとも不可解な現象だ。
 とそんなことを考えながら試合を見ていると、どうやら名古屋の守備のやり方に欠陥があるように思えてきた。4-4-2のフォーメーションを基本とする福岡の攻撃面において突出した能力を持っている左SBアレックス、彼に対して意識過剰なのか、それともそれがチームとしての約束事なのか、はたまたプレーエリアを限定されて実は体力が有り余っているのか、アレックスにボールが渡ると名古屋は右SHの中村が前へ前へとプレッシャーを掛けに出て行く。そうして中村が後に空けたスペース(相手の左SH)は大森がポジションをひとつ上げることでケアしている。すると福岡は大森の空けたスペースに2トップの一人が流れてそこにボールを入れてくるといったシーンが繰り返されている。もちろんこれには秋田がスライドして付いて来るのだが、ここで上手くボールをキープされると福岡の中央からの押し上げに名古屋の選手たちが付いて行けないシーンが目立つ。
 中村がしばしばFWのラインすら追い越して相手のSBにプレッシャーを掛けに行くことはチームとしての決め事なのだろうか。中村が前からプレッシャーを掛けに行く時(大森が後のスペースを埋めることを除いては)チーム全体がそれに連動しているそ振りがほとんど見られないし、そもそも中村よりも前にいるはずの2トップは大抵センターサークルの中相手陣内に入ったあたりで止まっていて、それ以上プレッシャーを掛けに行こうとはしていない。チーム全体としてもこの試合を通して感じられたのは、「前からプレッシャーを掛けてボールを奪う」ということよりも「引いてスペースを埋めて守る」ということだ。だとすれば中村のプレーはチームの中で浮いているというか、チームとしての整合性に欠けているような気がしてならない。今のチームのやり方(守り方)を考えれば、相手DFラインに対してはFWがプレッシャーを掛けに行き、中村を含む中盤と最終ラインは自陣で所定のスペースを埋めていた方がソリッドな守備組織が作れると思うんだが。開幕戦ではセレッソの3バック(の両ストッパー)に対してですら時々中村が出て行ってたから、ひょっとしたらフェルフォーセンは守備時においても攻撃(カウンター)に備えてFWを中央から離したくないのかもしれない。
 このようにチームとして整合性を欠く守り方をしていたら、相手チームの前線に絶対的な個の力があると名古屋はすぐさまピンチを迎えてしまう。例えばGWに予定されている横浜戦でそのスペースを使うのがマルケスだったら・・・と想像するとそれだけで恐ろしい。

 すなわちこの試合での名古屋の選手達の実際のポジショニングはこんな感じ↓に近かった。

     玉田   豊田  中村

阿部
     須藤   吉村  大森                
本田  古賀   秋田

        川島

 別の(好意的な)見方をすれば、チームとして唯一明確だった豊田をターゲットとしたロングボール中心の攻撃というコンセプトの中で、上のようなポジションを取っていたチームは、実は後ろはしっかりと人数を掛けて守り、前線では豊田にロングボールを競らせて2トップを組む玉田とそして右SHの中村がこれを拾える位置に常にポジションを取るということを意識していたのかもしれない。実際中村はこの試合ではいつになく積極的に2トップに絡んで行こうとする(近くでプレーしようとする)姿勢を見せ、さらに豊田が競ったボールに対しての前線への飛び出しを何度か繰り返していた。そしてそんな徹底した攻撃が実を結び、ロングボールに走り込んだ豊田が福岡のCB千代反田ともつれ合うようにして倒れ少しラッキーな形でPKを獲得する。これを前節PKに失敗している玉田がキーパーにコースを読まれながらも豪快にサイドネットに突き刺し先制。

 プラン通りの攻めで先制した名古屋だったが、前半を見た正直な感想としては、攻撃では中盤がなく、守備ではピッチが雨でスリッピーだったとはいえ危険で汚いファールを連発して相手を止める様には少なからずげんなりさせられたという感じだ。

 ハーフタイムを挟んで後半に入っても名古屋のプレーには相変らず変化が見られない。押し上げが足りず攻撃に人数を裂けない中盤は、寂れた商店街のように人影も活気もなく、相変らずビルドアップを試みる度にパスミスが連発されていた。そうしてひたすら前線の豊田目掛けてロングボールを蹴りこむだけだ。
 前半と比べれば、後半には右サイドの中村から左の阿部に渡ったボールを阿部がボレーで狙ったり、玉田が高い位置で相手DFにプレスを掛けて奪ったボールをドリブルで持ち込みDFを引き付けてから右サイドを並走する中村へと出し中村がシュートを放ったシーン(インサイドに引っ掛かりすぎて枠の左外へ)や、試合終了間際には左の本田からのサイドチェンジのボールを右で玉田が受けマイナスの折り返しを後ろから走り込んで来た吉村が狙ったりと、時間を追うごとに前掛かりになってきた福岡に対してチャンス(形)を作ることが出来た。しかし試合全体を見渡せば結果優先とは言えやはり低調でつまらないパフォーマンスであったことには変わりはなかった。
 そして相手の決定力不足にも助けられ1-0のまま試合は終了した。

 名古屋にとっては最低限の目標であるJ1残留に向けて得た大きな勝ち点3ではある(その積み重ねが必要だ)が、それにしてもこの試合を見れば名古屋の未来がどちらかと言えば悲観に包まれている印象を抱いたことは間違いない事実だった。 
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-03-21 23:54 | Game Review
第3節 対鹿島 0-0 (得点:なし) @スカパー
 不安だらけだった開幕戦を見事勝利で飾りながらも、続く前節の清水戦ではほとんど何も出来ないまま完敗を喫した名古屋。若い選手が多いだけに、変な形で連敗でもしようものならズルズル行きかねない大事な試合の相手が代表クラスの選手を何人も抱える鹿島といのは少々厳しいような気もするが、これが意外と俺の中ではホームでの鹿島戦というもに対して悪いイメージがない。確かに鹿島といえば、Jリーグ開幕戦でジーコにハットトリック決められたりしてすっかり苦手意識を植え付けられたのかしばらく勝てない時期があったり、未だに続くカシマスタジアム不勝神話もあるが、ことホームでの試合に関しては過去10年を遡っても大きく勝ち越しているのではないだろうか。

 この試合、怪我人が少しづつ復帰してきたことや前節のイヤな形での敗戦を払拭する意味あいもあってか、フェルフォーセンはメンバーを少しいじってきた。日本代表GK楢﨑の復帰こそ見送られたが、スタメンには本田や秋田といった昨シーズンまでの主力プレーヤーや開幕戦・第2節と途中交代で出場していたルーキーの阿部の名前が今シーズン初めて並んだ。

     玉田   杉本

本田   金    吉村  中村

阿部  古賀   秋田  大森

        川島

 前半の名古屋はこの試合でもかなり慎重な入り方をしている。ポジショニングひとつとってもそれは顕著で、4-4-2の布陣に合わせてポジションを取った選手達はFWの二人を除いて攻撃時においてもほとんどそのポジションバランスを崩さない。これがフェルフォーセンのサッカーのやり方(指示)でそれを選手達が忠実に守っているのか、はたまた選手達に応用力や思い切りが足りないだけなのか、それとも応用力を発揮する段階までこのやり方が成熟していないのかは分からないが、前線に絶対的な存在がいるわけでもない今のチームでは、もう少し変化をつけないと得点を奪うことは難しいかもしれない。

 そんな前半の名古屋にあっては、前節までのスタメンが丸ごと入れ替わった左サイド(片山、有村→本田、阿部)と開幕から不動の面子でやってきた右サイドで対照的な様相を呈していた。
 左サイドでは本田、阿部、金の三人が良い関係を作ってパスを回していこうとする意思が感じられるし、さらにそこから前方の玉田と杉本が左サイドに流れて絡み始めると、相手陣内深くまで入り込んでCKを獲得したり数こそ少ないがシュートまで辿り着いたりしているのに対し、右サイドから相手ゴールに近付く手段はSBの大森からのロングボールでDFラインの裏を狙うことにほぼ限定されていた。何度か左サイドの阿部や本田からサイドチェンジのパスが通たシーンもあったが、右SHの中村は完全に孤立している状態で、中村と大森やFWとのコンビネーションは悪く、同じ右サイドということで言えば、ボールを引き出したりサポートに行ったりして自ら攻撃に絡んでいこうという意思がさっぱり見られない吉村にも問題がありそうだ。
 逆に守備面になるとその様子は一変し、左サイド(鹿島にとっての右サイド)ではボランチ・青木のクロスオーバーしての上りやユース代表でもある右SBの内田(篤)の思い切ったオーバラップに阿部が再三振り切られて危険な折り返しのボールを入れられたりするのに対し、1対1に強い大森と中村が構える右サイド(鹿島にとっての左サイド)ではここを主戦場とする新井場に決定的な仕事を許さなかった。ただ、やや内寄りながら左を中心に中盤を縦横無尽に動いて仕事をする小笠原を捕まえ切れていなかったことは事実で、これに基本的に相対するはずの(というかその傍にいることが多かった)吉村の間合いが甘く小笠原には何度か決定的な仕事をされて(パスを通されて)いた。

 試合はどちらからともなくまったりしたペースになったが、小笠原からのパスと右サイドを中心に名古屋よりも明らかに多くの決定的なチャンスを作っていた鹿島優勢な状況に危機感を募らせたのか、前半のうちにこれに対処する策を打ち出して動いたのはフェルフォーセンだった。マスコミ風に煽れば「秘策」といったところだが(笑)、左サイドで本田と阿部のポジションを前後に入れ替えることでフェルフォーセンはひとまず前半この穴を塞ぐことに成功する。試合後のインタビューでこのポジション変更について聞かれたフェルフォーセンは「本田の(攻撃の時の)判断が遅かったから」といったようなことを語っていたようが、実際のところは守備のことを優先的に考えての策であったと見て間違いないだろう。実際阿部が前に移ったからといってそこで何かが出来たかといえばそういうわけでもなかった。

 あとは前半で目立った点といえば中村の集中が切れていたかのような低調なパフォーマンスだ。パスミスやトラップミスといったミスを続けたかと思えば、自らが起点となるべき右サイドの攻撃でもトップに出た(出した)ボールに対してサポートに入るタイミングが遅かったり、自陣ボックス内に入っての守備のシーンでは淡白なクリアを相手に拾われて波状攻撃を喰らい決定的なシーンを作られたりと、明らかに頭のスイッチが入っていない。ほぼ一年前のナビスコカップでもやり合った因縁の相手・新井場に対して最大限の注意を払っている感じは見て取れたが、昨シーズンの名古屋MVPの称号には似つかわしくないパフォーマンスだ。俺は中村を自由にやらせた方が力を出せる天才肌のプレーヤーだとか相変らずマスコミで濫用されている「ファンタジスタ」だとは全く思わないが、ポジショニングに縛られずにプレーした方が力が出せるタイプなのかもしれない。それとも単に現行のシステム(戦術)の中で自分がすべきことが頭の中で整理されていないのか。

 おそらくハーフタイムにフェルフォーセンからも多くの指示が行われたと思われる後半、しかしチームはいきなりそのプランを変更せざるを得ないアクシデントに見舞われる。この試合二枚目のイエローカードを受けた金正友が退場してしまったのだ。心配なのは(日本のサッカーに慣れないのか)開幕から1試合1枚のハイペースで警告を受けているという事実より、金正友がチームの中で孤立していないかということだ。TVで見る限り、二枚のカードを貰った時に金正友に近寄って声を掛けるような選手はほとんどいないように見えたし、前半1枚目のカードをもらった後にホイッスルが鳴った後でボールを蹴ってしまったシーンで、いつものごとく次から次へと審判を囲みに来る鹿島の選手に対し、多勢に無勢ではないが勢いで2枚目を出されてもおかしくなかった時でも彼とコミュニケーションを取ろうとする選手は皆無だった。まあ名古屋の選手達は鹿島のようにジーコの代から審判を取り囲むことを「教育」されているわけでもないだろうし、切り替えて次のプレーに集中していたというのならいいんだが。

 10人になった名古屋はしばらく玉田の1トップに杉本を右SH、中村をCHという形で乗り切り、アップの完了した須藤を杉本の代わりに投入する。これでCHに須藤を入れ、中村が右SHに戻ったわけだが、俺はネルシーニョのやっていた4-4-2ではなくこのフェルフォーセンの4-4-2にあっては中村はCHの方が現段階ではその能力を発揮できるような気がし始めている。ここでは随分前から中村のボランチ起用を訴えてきたが、現システムでのCHは俺の思い描いていたそれにかなり近い。

        玉田


阿部  吉村   須藤  中村

本田  古賀   秋田  大森

        川島

 ここからの時間帯の名古屋はチームとしてすべきことが明確となり、守備面での意思統一が図れるようになってきた。そして二列目と三列目でキッチリとした守備ブロックを作り、それ以前よりもゾーンでの守りが徹底されてしまうのだから不思議と言う他ない。攻撃でもやるべきことがハッキリした。前線の絶対的な存在(エース)にひたすらボールを送りそこに基点を作る・・・図らずもこここ10年余りの名古屋が積み上げてきた得意の形、フェルフォーセンが特別な指示を飛ばさなくても名古屋の選手達が目を瞑っても出来るスタイル。そしてそこから名古屋は早速決定的な形を作る。ピクシーが、マルケスがいた左サイド前方のスペースで玉田がボールを受けてキープすると阿部、須藤が信じてオーバーラップ、玉田の挙げたクロスが中央で構える須藤の前に上手くこぼれると須藤がこれをシュート、プロ初ゴールかと思われたシュートはポストに当たってしまったが、この跳ね返りがさらに阿部の足元へ、そして阿部が左足で強烈に放ったシュートはキーパーの正面に行ってしまった。その後も攻めあぐむ鹿島を尻目に運動量が倍増した玉田が鹿島DFラインからボールをかっさらってキーパーと1対1になったり、右サイドで久しぶりにキレのある動きを見せた中村のクロスに玉田が中央で合わせたりと、名古屋は決定的なシーンをいくつも作り出した。

 対する鹿島は1トップの名古屋に対して両SBがかなりポジションを上げ、CB二人で玉田を見るような形になっていた。そして次々と攻撃的な策を打ってくる。中でも効いたのは中盤(ボランチ)の増田に代えてFWの深井を投入してきたことで、形式上は小笠原がボランチ下がり深井が右の攻撃的な中盤の位置に入る形になるのだが、深井は3トップのようにかなり前線に近い位置でポジションを取り始めた。ゾーンディフェンスの名古屋は本来であればこれを4バックで受け渡しながら見るのだろうが、実際には本田がほとんど深井に付いて行って対応するような形になり、深井が空けたスペースに後ろから何度も内田がオーラーバップを仕掛けてチャンスを作った。そして阿部にはもはやこれに付いて行くだけの体力は残されていなかった。これを見たフェルフォーセンは阿部に代え有村を投入、本田を再び中盤に戻す選択をする。

 そしてこの交代の直後、名古屋にとってのこの日最大の見せ場が訪れる。カウンターから玉田→本田→玉田と渡ったボールを持って玉田が独走。ボックス内で鹿島GK小澤との1対1から倒されPKを獲得する。このシーンに限らずかなり接触プレーに対しファールをアピールするシーンが多かった玉田には心情的にはもうひと頑張りして欲しいところだが、後半通常の倍ぐらいの距離を走っていた玉田が疲労からかこのPKを外して、名古屋はこのチャンスを潰してしまった。

 この後鹿島に、この試合の中でもすっかり自信をつけた様子の右SB内田からのクロスにファーで新井場がダイレクトボレーで合わせたシュートがバーを叩くなど危ないシーンは作られたが、名古屋がなんとか凌いで試合は0-0で終了した。攻撃の問題を中心にチームとしてはまだまだ改善の余地は大きいと思うが、玉田がフォームを取り戻して来ているのは好材料だ。これで卓越した技術と戦術眼を持つ藤田が復帰してチームとしてどれぐらいのことが出来るのかに注目したい。

********************************************************
 最後に、この試合の朝(深夜)に交通事故で亡くなられたユース(三年)の佐々木健太郎さんのご冥福をお祈りいたします。彼を試合で見たのはほとんどがトレーニングマッチでしたが、出場していない試合でも試合前にいつも長谷川君とともに伊藤GKコーチのもとでアップを行っていた姿や、前半終了時には引き揚げて来る長谷川君とハイタッチして健闘を称えていた姿が強く印象に残っています。ユースももちろんですが、トップチームも天国の彼に恥じないチームになってもらいたいと心から願います。

 と同時に、最悪次回のホームゲームの時にでも、クラブには試合前の黙祷や喪章をつけてのプレーを強く求めたい。名古屋のユースチームが各種大会に参加する時のチーム名は「名古屋グランパスエイト」で、他のクラブのように「U-18○○(「U-15○○)」だとか「○○ユース(○○ジュニアユース)」とかいうチーム名での登録にはなっていない。俺は勝手にこれを下部組織までを含めてひとつのチームだという風に解釈していたんだけど、同じクラブの選手が亡くなったというのに何事もなかったように日程(試合)をこなすようなクラブにはなって欲しくはないと思うから。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-03-18 23:54 | Game Review
第2節 対清水 0-2 (得点:なし) @スカパー
 開幕戦で主力を何人も欠いた若手中心のメンバー構成ながら優勝候補セレッソ相手に勝ち点3を得た新生・名古屋。秋田(前節ベンチ入り)や本田が練習試合を経て戻ってきた第2節も同じメンバーで試合に臨む。勝っているチームを動かさないことは原則だし、開幕戦で自信をつけたであろう若手のそれを確固たるものとし更なる成長を促す意味でもこれは間違った判断ではないだろう。

     玉田   杉本

片山   金   吉村  中村

有村  古賀   深津  大森

        川島

 試合は前半が始まるや名古屋が清水陣内へと攻め入り、後ろでつないでタテに入れたボールを積極的にシュートまで持ち込んでいる。そんな名古屋の攻勢の中心はやはり左サイドで、金正友が攻守に抜群の存在感を発揮し、前節の試合で自信をつけた片山がスピード溢れる1対1で清水の右SB市川を振り回す。ただフィニッシュという部分に関しては、現状の名古屋の2トップを考えると、SHがサイドを崩して普通にクロスを上げるというような展開では苦しい。
 一方の右サイドでは名古屋に最初の決定機をもたらした右SBの大森の好調が目立つ。大森がやや内側へと切れ込みながら持ち上がって出したスルーパスに杉本がDFラインを抜け出して放ったシュートはこの試合で一番得点の期待を抱かせたし、先シーズンはそのほとんどを怪我で棒に振った大森が今シーズンは開幕から好調なスタートを切っていることは若いチームにとって精神的にも心強いはずだ。

 しかし試合開始から5分が経過した頃、やや楽観的になりかけていた試合展開を一変させる出来事が起こる。清水が攻撃に詰まった右サイド(ハーフウェーライン付近)からDFラインの左SBに大きくサイドチェンジしてボールを戻す。それに忠実に反応してプレッシャーをかけに行く中村・・・がそのサイドチェンジのパスを読んでインターセプトを狙っていたわけでもない寄せは当然緩く、ボールホルダーである清水の左SB山西はほとんどストレスを感じることもないままやすやすと前線にフィードを送った。そしてそのフィードは、(この中村の動きに連動してDFラインを押し上げてオフサイドを取ろうと思ったのか、それとも中村が前に行くことによって出来たスペースが気になったのか)ポジションを少し上げていた大森の裏へと落ちた。そこに走り込んでいたのが清水のルーキー藤本だ。ルーキーながら清水で10番を託されるこの大学ナンバー1・MFは、カバーに来る深津をあざ笑うかのようにワンタッチでコントロールし中のマルキーニョスに渡す。これをマルキーニョスが再び藤本の足元にボールを落とすと、藤本がダイレクトで左足一閃、有り得ないシュートが名古屋ゴールに突き刺さった。ゴール自体は藤本の素晴らしい個人技+アイデア+運で決まったものだから仕方ないとして、その前の段階での一連のチームとしての動きが、単に藤本に裏を取られた大森のポジショニングのミスなのか、それともラインを押し上げそこなっていたり――もっともラインを上げたところで藤本の飛び出しはおそらく(TVでは見えなかった)二列目からのものでオフサイドになったかどうかは微妙ではあるが――、中村がひとりで勝手に前に行ってしまってギャップを作ったというようなチームとしての戦術(共通)理解が徹底されていなかったのかが気になるところだ。

 1点を先制した清水はペナルティぺリアの外側のラインを挟むように最終ラインと二列目がキッチリとニ列に並んで8人で守備ブロックを作り始めた。そこから強力な外国人2トップへのロングボールを軸としたカウンターを仕掛けてくるのだが・・・まあ他人(ひと)んちのサッカーについては(チーム事情も知らないので)とやかく言う気はないけど、長谷川健太よ、お前はエクトル・クーペルかと。

 話を名古屋に戻すと、とは言えこうして引かれて守りを固められると手も足も出ないのが、個の力に欠ける今の名古屋の実力というのが現実。そして15分を過ぎる頃には最終ラインでダラダラとボールを回すお馴染みのシーンが始まる。たまに前にボールを出したかと思えば単にDFラインの裏を目掛けて蹴るだけで、全く変化のない攻撃は清水の守備ブロックを崩すどころか揺さぶることすら出来ていない。特に深刻だったのは右サイドからの攻撃が全く機能していなかったことで、上でも書いたように大森からのスルーパスで杉本が作った惜しいシーン以外は、こういう試合展開でこそ求められるミドルシュート(中村)と二列目から前線への飛び出しによるタテの変化の演出(吉村)をそれぞれ得意(持ち味)とする二人の中盤のプレーヤーが揃ってゲームから消えている状態だったことだ。

 単調な攻撃の末に相手に所有権が移ったボールは、金正友が危ないポイントに現れては玉際の強さを発揮して回収してくれていた名古屋だったが、チームとしてはそんな悪い試合の流れを全く軌道修正できないまま、前半のうちに致命的とも言えるDFラインのミスから清水に2点目を献上することになる。最終ライン左寄りのポジションでパスの出しどころに困った古賀が馴れ合いのようにボールを脇にいる有村へ戻し、動き出しがなくパスコースを作らなかった(?)左SHの片山を無言で睨みつけるような仕草をしていると、そんなことをしてる間にボールを戻された有村がマルキーニョスに追い込まれてボールを奪われ独走を許していた。そのままマルキーニョスが持ち込んで放ったシュートはGK川島の飛び出しによって何とか防ぐことが出来たが、こぼれ球を正面に詰めていたチョ・ジェジンにプッシュされてしまった。
 
 前半終了間際の40分過ぎには清水の足が止まり名古屋が若干盛り返す場面も見られたが、コンディションが万全でないのかそれとも一週間前に久しぶりの公式戦を戦った疲れからか試合を通して今ひとつキレを欠く玉田を軸とした名古屋も清水を攻め切ることが出来ず結局0-2のまま前半を折り返した。

 後半、思いのほかメンバー交代はなし。
 後半開始とともに監督の指示なのかサイド攻撃を徹底させているようにも見えた名古屋だったが、開幕から好調を持続している頼みの綱である杉本が一時期は改善傾向にあった間合いの近さを再発させていて清水のDFにあっさりと捕まってしまったりとなかなか形を作ることが出来ない。そして試合展開をさらに難しいものとしたのは、ハーフタイムを挟んでボランチの左右を入れ替えてしまったことだった。前半左サイドで攻守両面で頻繁に顔を出して明らかに「効いていた」金正友を後半からは左から右に、逆にほとんど消えていた吉村を右から左にとポジションを入れ替えてしまった。前半完全に死んでいた右サイドの活性化を意図したのだろうか。しかしこれが完全に裏目で、吉村が移ったことでボールが収まるポイントを失った左サイドは機能を停止し、金正友が移った右サイドでも中村が復活することはなかった。結果、名古屋は左右両サイドともに死んでしまったような格好だった。

 俺ならここで、吉村に代えて本田を、中村に代えて豊田を投入し杉本を右サイドへと移す選手交代を選択をしただろう。しかしフェルフォーセンが選んだカードは片山に代えて本田をそのまま左SHに投入するというものだった。確かに実際本田が攻撃的なポジションに入ることで中盤から前にボールの収まりどころが増えて名古屋の攻撃は活性化したが、この試合に限って言えば(試合開始後ほんの数分の間とは言え)キレのあるプレーを見せていた片山の方が右の中村よりも可能性を感じさせたし、守備的な清水に対して、この日全く攻撃に絡んでいなかった吉村を残しておくのは無駄なことのように感じられた。
 そして後半開始から約20分、ついに痺れを切らしたのか中村を外す選択をするフェルフォーセンは、パワープレー的な要素も考えてか最前線に豊田を入れ杉本を右サイドへ移した。ここで左サイドに片山を残していればさらに面白くなっていたと思が、これももう後の祭りだ。さらに左SBの有村に代えて同じポジションに阿部を投入したフェルフォーセンだったが、なぜ彼は阿部を先発で起用しないのだろう。開幕戦に続く有村→阿部というまるで予定されていたかのような交代を見るとそんな疑問が浮かんでくる。ともに(もしくはどちらか一方に)スタミナ面での不安があるのだろうか。それとも守備では有村、攻撃では阿部というような棲み分けがフェルフォーセンの頭の中では出来ていて、最初は慎重にゲームに入りつつも阿部をひとつの切り札として考えているのか。そうであれば話は別だが、常にここで交代枠をひとつ使ってしまうのはベンチ入りメンバーが5→7と増えた今シーズンではもったいない話だ。

 選手交代などを通じ、多少は可能性を感じる攻撃も出始めたものの相変らず清水DFを崩すようなシーンは演出出来ないまま時計の針だけが進んで行く。そしてあろうことか試合終了が近付くにつれて負けている名古屋の選手達の足が止まり、逆に清水の猛攻を喰らう時間帯が続く体たらく。勝負を諦めたのか、勝つ気がないのか・・・自陣に引っ込んでいる清水を調子に乗せて引っ張り出すことで逆にカウンターを仕掛けようという作戦なら大したものだが、スタジアムにいれば間違いなくブーイングもののパフォーマンスだ。
 そしてそのまま試合は開始後5分くらいを除いては見せ場を作ることが出来ずに0-2で終了。名古屋にとってみれば希望のかけらもない敗戦。ルーキーにプロ初ゴールを気前良くプレゼントし、引いた相手を全く崩せず無策なところは去年までの名古屋と何も変わっていない。簡単に治る病ではないことを十分に理解した上で、しばらくは我慢強くこのチームの行く末を見守っていくしかないということか。ただそれもピッチ上の選手達が最後まで試合を捨てずに戦い切ることが条件ではあるが。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-03-11 23:59 | Game Review
第1節 vsC大阪 3-2 (得点:古賀、杉本、豊田) @スカパー
 いよいよ迎えた2006年Jリーグ開幕戦。

 昨シーズンまでの、良くも悪くも個人能力に依る部分が大きく、その中心的な存在であった外国人プレーヤーが抜けると極端にチーム力が落ちてしまっていたスタイルへの反省からか、クラブは「組織的でスペクタクルなサッカー」を標榜してオランダからフェルフォーセンを招聘、名古屋ファンにとってはどこかノスタルジックな香りのするサイドアタックを基調とした4-4-2で再スタートを切ることになった。
 しかし始動~キャンプ~プレマッチといった流れの中でマスコミ等を通じて、「組織的」だとか「ヨーロッパスタイル」という日本のサッカーファンにとってはとても耳馴染みの良い言葉でオブラードに包まれながらもメディアを通してこちら側に伝わってくる情報は、主力の怪我や完成度合いの低さなど開幕を前にして深刻なものが多かった。実際にプレマッチ等で試合を見ていたわけではないのでなんとも言えないが、開幕戦を前にした正直な心境とすれば、不安9割・期待1割といったところか。今年は自分達だけでなんとかしてくれる外国人もいない。しかも相手は、昨シーズン最終節のロスタイムまで首位にいたセレッソ大阪。リヨンから目を付けられていたというファビーニョこそ退団したが、守備をベースとしてその上に伝統の強力な攻撃を上乗せしたかのようなチームはかなり厄介だ。

 名古屋の先発は柏から加入した玉田こそ怪我から復帰して先発に名を連ねたものの、楢崎や藤田、本田、増川、秋田、スピラールといったあたりの主力がこぞって出場できない異常事態で、本来藤田が入る左SHのポジションには今季国士舘大学から加入したルーキーの片山を入れざるを得なかった。そしてCBは古賀と水戸からのレンタルバックである深津のコンビ。これでどこまでセレッソ相手に戦えるだろうか。

     玉田   杉本

片山   金   吉村  中村

有村  古賀   深津  大森

        川島 

 新生名古屋の試合を見て、試合開始からまず感じられたのは各プレーヤーの守備への戻り(切り換え)の早さ。試合開始直後は連携不足かそれともゾーンディフェンスに慣れていないのか動きが被るシーンも見られたが、チーム全体がやや慎重なこともあってセレッソに自由にやらせるスペースを与えないスタート。ただ全体的にやや下がっているせいか、2トップが相手のボランチに主に相対するような形になり、セレッソの3バックの両ストッパーがボールを持った時に誰がプレッシャーに行くのかというような部分の迷いも見られた。セレッソは西澤を中心にロングボールでも十分に基点を作れるタレントを前線に置いているから、DFラインからとは言え自由にパスを出させるわけにもいかない。それで仕方なくなのか、勢い余ってなのか名古屋は時として両SHがこれにプレッシャーを掛けに行くのだが、そうすると今度はゼ・カルロス、ピンゴといったセレッソの両アウトサイドが空いてくる。そうしてプレッシャーを上手くかいくぐりながらボランチを経由した速いパス回しで両アウトサイドにボールが入ると、それはしばしば名古屋ゴールに迫る攻撃となって結実していた。右サイドでは大森が素晴らしい1対1の強さでゼ・カルロスをほぼ完封していたが、左サイドでは有村と片山の連携が上手く行っておらずポジショニングも良くないので、フリーのピンゴが攻め上がって危険な位置でのセットプレーを獲得したりしていた。ピンゴ自体が日本のサッカーやセレッソというチームに馴染んでいなかったことで助かったが、このピンゴがその能力をフルに発揮していたら勝敗は違ったものになっていたかもしれない。
 一方の攻撃では噂通りサイドを経由して攻めようという姿勢は見て取れるが、時計の針が10分、15分と過ぎてゲーム全体が落ち着いてくる中で、奪ったボールがSBやボランチを経由して素早くサイドの裏のスペースへと蹴り出されるようなシーンが目立ってきた。こちらもやはり慎重というかセーフティーな印象だ。ボールをつなぎながらも仕掛けのパスではロングボールを多用して相手DF(3バック)のサイドや裏のスペースを狙い走力自慢のFWの特徴を生かすスタイルは、どことなく一年前に杉本が衝撃的なデビューを果たした磐田戦を思い出すが、杉本がいい形でサイドや裏のスペースに出ても、全体的な押し上げが足りず真ん中に誰も詰めて来ていないといったようなシーンが多々見られた。
 20分過ぎ、そんな杉本が右サイドいい形でボールをもらい切れ込んで放ったシュートが枠を外れた(サイドネット外側)辺りから流れが変わって試合が動き始めた。大森が不用意なタックルを交わされてこの試合唯一ゼ・カルロスに独走を許したシーンに始まり、目下絶好調らしい西澤が基点となってゼ・カルロスに何度もボールが渡りそこから絶妙なクロスが供給される。名古屋は中盤からドリブルで入ってくる相手にはゾーンでしっかりと捕まえることが出来るが、そこを飛ばしてロングボールを放り込まれるとやや脆さも見せていた。特にセレッソのように前線に強いタレントがいる場合は今後も苦労しそうだ。

 とは言え、名古屋がそれでやられっ放しだったかといえばそういうわけでもなく、金正友がボランチの位置で上手くボールを引き出したり、チーム自体が苦しくなると玉田が少しい引いて来てボールを動かしたりしてリズムを作ろうとしている。そして忘れてはならないのが右SBの大森だ。以前にも書いたが、大森はペップに憧れているだけあってかフィードといいタテに通す楔やスルーパスのセンス(勘)がとても良い。それが、ネルシーニョが04年に試した「大森ボランチ起用」を俺が支持する理由のひとつなのだが、それが改めて証明されたような感じで、この試合名古屋の右サイドでゲーム(攻撃)を牛耳っていたのは間違いなく中村ではなく大森だった。
 そして少しラッキーな形で得たCKから名古屋が先制ゴールを奪う。アシストを決めたのはルーキーながら左SHの先発に抜擢された片山で、右サイドからのゴールに向って巻いてくるクロスを古賀が頭で叩き込んだシーンは、一年前に同じくルーキーの本田が初出場初アシストを決めたシーンを彷彿とさせた。それまで有村との連携も含めややバタついていて良いところを発揮できていなかった片山だったが、これにより落ち着きを取り戻したようにも見えた。

 そのまま1-0で前半終了。

 後半開始。いきなり与えたセットプレーに今シーズンの名古屋の(セフ・フェルフォーセンの)新しいスタイルのひとつが明らかになる。前半はTVカメラの角度的に気付かなかったのだが、どうやらセットプレーに対してもゾーンによる守備を採用しているらしい。しかしこれにまだ選手が慣れていないのか、昨シーズン瑞穂でのセレッソ戦でプロ初ゴールを献上した前田にこれ以上ないドンピシャヘッドを決められて1-1。ゾーンでのセットプレーに対する守備の弱点が出たシーンとは言え、それにしてもいとも簡単にやられた印象は拭えない。あれぐらいのボールで簡単にフリーでシュートを打たれてしまうようなら、今シーズンこの先セットプレーから何点失うことになるのか・・・。おそらくこれを見たほかのチームもそこを突こうと徹底的に対策を立ててくるだろう。

 開始5分も経たないうちにアドバンテージを失ってしまった名古屋は落ち着きを失う。DFラインは怖がってズルズルと下がり、それに伴い、どうやら守備では前に出るというよりDFラインの前のスペースを埋める役割を一義的に担っているらしいボランチ二人のポジションも低くなる。そうして名古屋のFWと二列目のラインが間延びして生まれたギャップでセレッソのボランチ(河村)が自由にボールを扱い始める。こうなるとゲームは一方的だ。

 しかしここで玉田や金正友という普通の一プレーヤーとしてではなく+αを期待して獲得された新戦力がその力を発揮する。マイボールになると金正友が積極的に前に絡んできて攻撃に厚みを加えるとともにポイントとなり、最前線で常に相手DFラインのサイドや裏のスペースを狙っていた杉本に対して少し下がった位置でプレーしていた玉田が決定的なやってのけた。杉本からのパスを受けた玉田がボックスに向ってドリブルで突っかけて相手DFを3人ぐらい引きつけると、その横を走り抜ける杉本に絶妙なタイミングでスルーパス。これにオフサイドギリギリでDFラインをすり抜けた杉本が放ったシュートはキーパーに当たりながらもゴールに吸い込まれ、名古屋は再びリードを奪うことに成功する。

 この後名古屋は足を攣るプレーヤーが続出。後半途中、おそらく戦術的な意図で有村→阿部というカードを切ったフェルフォーセンだったが、その後の状況を見ればこれは交代を早まったかなと思ったのではないだろうか。まずは試合開始から最前線でひたすら走り回っていた杉本が限界を超えて豊田と交代。そして相手のロングボールをクリアし損なった際に深津が足を攣ってタンカでピッチの外に運び出される。ここで下手に相手ボールになると正直危険な状況だったが、GK川島の蹴ったいつものように大きな弧を描いたキックが相手陣内深くまで到達すると、これをセレッソ守備陣が集中を欠いたプレーでバウンドさせ、それを競り合いながらものにした豊田が上手く密集から抜け出して豪快にセレッソゴールに突き刺した。去年ぐらいからその潜在能力を発揮し始めた豊田の真骨頂のようなゴール。大きく強靭な身体とスピードを併せ持つ豊田が自信を持って仕掛けてきたら相手DFにとっては脅威なはずだ。

 決して安全圏とまでは行かないまでも2点をリードしたことで気持ち的にゆとりの出来た名古屋は、左サイドを中心に若いプレーヤー達が溌剌としたプレーを見せる。先制点をアシストした片山はプレーに自信が感じれるようになり、そんなライバルに負けじと途中出場の阿部も積極的に攻撃に絡んで武器である繊細にして鋭い左足をアピールしようとしている。これに個の力を伴った玉田、金正友が絡み、さらには今後故障から藤田や本田が帰ってくる名古屋の左サイドは今シーズンの見所になりそうだ。

 終了間際またしてもセットプレーから一度は川島がビックセーブを見せながらも西澤にアクロバチックなシュートを決められた名古屋だったが、なんとか逃げ切りに成功して3-2で試合終了。「優勝候補」セレッソをホームに迎えた開幕戦で、ひとつ間違えれば自信を喪失させられ長いシーズンを通してズルズルと尾を引いてしまいそうな試合だっただけに、若手中心のメンバーで勝利したことは思いのほか大きい。試合自体もまだまだ未完成ながらやろうとしている方向や、それを理解し実践しようとしている選手たちの姿勢も見えた試合だった。

 まあ勝ったからこその贅沢を言うならば、瑞穂でのセレッソ戦というかつてのお得意様相手に、「チャレンジャー」として立ち向かって接戦をものにしたことに満足するのもどことなく寂しい気はしないでもないが、今シーズンはこんな試合が増えるのだろう。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-03-05 23:59 | Game Review