Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
第21節 対鹿島 1-2 (得点:津田) @カシマスタジアム
 13年間で17戦全敗のカシマスタジアム。ヨンセンの離脱は痛手だが、鹿島もチーム状態が悪い中大黒柱の小笠原がイタリアに移籍して条件はほぼ互角。さらに鹿島は週末のナビスコカップに備えて主力を何人か休ませるという。名古屋からしてみたら歴史を変える千載一遇のチャンスと言えるだろう。

 ヨンセン不在でどうなるかと思われたスタメンは、ゲーム前携帯に送られてきたメンバー表を見ると人数的には前節までと同じ4-3-3ながら本田がFW登録になっている。本田を前に上げて左FWでプレーさせるのだろうか。増川の左SBは前節実験済みだし、ヨンセンに加え玉田も欠場しているFWでは軸となる選手がいない。そこで本田を軸にというならまあ納得だ。津田を真ん中に右に杉本、左に本田というのも悪くはない。
 しかし選手達がアップに出てきてひと通り身体を温めた後ボールを使って思い思いトレーニングを始めるとなんだか雰囲気が違う。いつもヨンセンがいるところに増川が立ち、フィードに対するヘディングでの落としやポストの練習をしている。もしかしてこれは・・・

 試合が始まりさっそくフォーメーションチェック。

         増川
 杉本             津田

     山口K    中村
本田      藤田

     古賀  スピラール  大森

         楢﨑

 やはりFWの真ん中には増川。左・杉本、右・津田でスタートした両ウイングは、試合の中で頻繁にサイドを入れ替わっている。いつも通り三枚の中盤は、相手のボールの出所であるボランチに山口Kと中村を当てて潰す意図もあってか、キックオフ直後は藤田がアンカーの位置に入り山口Kが前目に出ていたが、時間が経つとともにいつもの構成に戻って行った。
b0036243_2223986.jpg

 試合開始から鹿島の狙いは明解。本田と古賀の間に出来るギャップを執拗に狙ってくる。まあ弱点というか、そこにスペースがあることぐらいは、「地球一」の監督でなくても名古屋の試合のVTRを見れば誰でも分かることで、名古屋にとってもそこを狙われるのは折り込み済みの話。

 それよりも深刻なのはヨンセンを欠く名古屋の攻撃のオーガナイズで、サイズと身体能力だけならヨンセンを上回る増川のFW起用に一瞬淡い期待を抱いたが、そんな増川の頭を狙ったロングフィードがことごとく自陣まで跳ね返されて戻って来てしまう状況に改めて俺は現実を思い知らされた。北欧の強豪国の現役代表FWと(福岡時代含め経験がないわけではないが)本職がDFの増川を比較したら増川が可哀相だが、ヘディングの競り合いであまりにも(予想以上に)勝てない増川を諦めたのか、時間が経つにつれてフィールド上の選手達からも増川の頭というオプションが消えて行った。
 こうなると名古屋に残されるのは両ウイングのスピードを活かしてDFラインの裏を狙わせるというという選択肢しかない。そして名古屋はその形から何度かチャンスを作り、10分過ぎには左サイドを抜け出した杉本が折り返したボールをゴール前ファーサイドで待ち構えていた津田がワントラップしてから落ち着いて蹴り込んで幸先良く先制したが、点を取られてからも引いて守ってカウンターというスタイルを徹底している(アウトゥオリってこんな芸風だったんだ・・・)鹿島を前にするとこの作戦だけではどうしてもチャンスは限られてきてしまう。手負いの鹿島に畳み掛けられないもどかしさ。
b0036243_2241944.jpg

 名古屋が畳み掛けられない原因は中盤の「重さ」にもあった。確かにところどころポイントとなって良い(鋭い)パスを前線に供給してはいるが、パスを出すまでが仕事といった雰囲気の彼らからは前線に対するサポートや自らの仕掛けがいつもより足りない。あと(攻撃)は前の3人だけでなんとかしてくれというようなシーンがこの試合ではことのほか多かった。そして出足が鈍い名古屋の中盤は攻守に渡って鹿島にことごとくセカンドボールを拾わるだけでなく、チェックが遅く相手に上手く抜け出される場面が目立つ。中二日で疲労が取れていないのか、それとも後半一気に失速したガンバ戦の教訓からペース配分を考えて敢えてセーブしているのか。理由は分からないがこれでは攻撃が単発で追加点を奪うことはおろかゲームを支配することもままならない。

 結局その後名古屋はナビスコカップかと見間違うような鹿島の若い面々の力量不足に攻守に渡って助けられ前半を1-0で終えた。

 後半中盤を補強してくるかと思いきや選手交代はなし。どこかを一枚削って、あるいは藤田を下げて三日前の試合で登録メンバーから外れていた(ことでフレッシュだと思われる)須藤を使うべきだと俺は思ったんだが。

 後半開始直後は増川へのロングボールにもう一度トライしたり中盤が活動量を取り戻したりと名古屋がやや押し戻す展開に。そして右サイド・杉本のクロスからまたしても増川をオトリにファーで津田がボレーで合わせる惜しいシーンなども作った。このあたりの後半の入り方というのは名古屋はいつも素晴らしい。おそらく後半を頭はフルパワーでゲームに入ろうというのがフェルフォーセンのプランなのだろう。それが徹底されている。
 守備面では古賀があらかじめかなり左サイドに寄ってスペースを埋めるような微修正が見られた。これにより中村が時々右SBに近い位置に入るような逆転現象が起こる。

 しかし時間とともにペースは再び鹿島へ。ちょっと足に来ている名古屋の選手達は、鹿島にカウンターから1対1で勝負を仕掛けられるとなかなかこれを止められない。そしてこの頃から「家本劇場」が加速。オフの日はスカパーで「世界バスケ」でも見ているらしい家本は、接触プレーがあるごとにファールを取りまくる。もう残暑で頭沸いてるとしか思えない笛はピッチ上の選手達にとっても観ている観客にとってもほとんど暴力。これではサッカーにならない。

 そして後半20分を過ぎた頃、ペナルティエリアの左外で杉本のスライディングが相手に引っ掛かり案の定FKの裁定。審判がなんでもかんでもファール取ってる状況を考えれば、杉本はあの場面もう少し慎重に行くべきだった。おそらく杉本も疲れていた中でなんとか相手にプレッシャーを掛けなければと考えたのだと思うが、相手の体勢や周りの状況を考えればあそこは無理してまで行く場面ではなかった。そしてなんとなく嫌な雰囲気だったこのFKを岩政に頭で合わせられて試合は振り出しに。またしてもセットプレーからの失点だが、この日前半から数え切れないほどのFKをペナルティエリアの周りで与えていたことを考えれば、そろそろ(一発ぐらい)決められてもおかしくはなかった。
b0036243_345943.jpg

 名古屋は足が止まり試合のペースはずっと鹿島だったので、選手交代を含めて相当上手く対応しないとこれは雲行きが怪しいなと思っていると、鹿島の青木がこの日二度目の殺人タックルで退場になる。これは名古屋を生き返らせるか。
 ここでフェルフォーセンが交代準備・・・ん?秋田???これは後ろ三枚にして中盤から前の人数を増やそうという算段か?が、秋田と交代で増川がベンチに下がると古賀が最前線へと上がって行く。そしてこの古賀が前線でヨンセン並みかそれ以上の高さを発揮する。名古屋の攻撃は何かを思い出したように一気に活性化してきた。だったら古賀を最初からFWで使っとけよ。ていうか、単純に古賀と増川のポジションを入れ替えるだけじゃダメだったのか?まあフェルフォーセンは増川の疲労やカードを一枚受けていることを考慮に入れたのだろう。帳尻合わせで退場にでもさせられたらたまったもんじゃない。
 それにしてもこの古賀と増川の機能面での違いはどこにあるのか。おそらく増川は早くポジションに入り過ぎる。極端な話後ろが蹴る前に入っている。この試合では津田や杉本のスペースを潰すこともあったぐらいだ。そしてその場でジャンプして勢いを付けて飛んできた相手に負ける。古賀は違う。相手と駆け引きをしながらスペースを作っておいて、そのスペースにボールを呼び込みそこで競る。これがおそらく最大の違いだ。

 試合終了まであとわずか。どちらのチームにもチャンスがある。

 しかし試合を決めたのは選手でも監督でもなく主審の家本だった。セットプレーを凌ぎさあ攻撃と思ったら突然意味不明な笛がピッチに鳴り響く。もらった方にとっては致命的とも言えるPKだ。どことなく去年のAWAY横浜戦を思い出すなぁ・・・と思ったら、あの時も主審は家本だったか。ある意味判定が一貫してるな。(笑) その上一度決まったPKを蹴り直しさせたりもう独壇場。誰も彼を止められない。

 その後名古屋は、鹿島にとっては厳しすぎるファールで家本にペナルティエリア周りでのセットプレーを何度か恵んでもらったりもしたが、自力でパワープレー(上がって行った秋田の落とし)から古賀が惜しいシュートを放ったり、豊田の折り返しから中村が飛び込んだりと決定的なチャンスも作った。リードを奪われてやっと中村がボールを持ち上がったり藤田がボックスの近くで仕事をするようになったが、それでは反撃に移るのが遅すぎだ。そしてやっと反撃に移ったかと思ったらまたしても不可解な判定で大森が退場。人数合わせに必死な家本の目にはダイブとファールの違いも見えなかったらしい。それにしてもさすがは王者・鹿島。普段出場機会にあまり恵まれないこうした若手選手の一人一人にまで伝統の「教育」が行き届いている。
b0036243_413839.jpg

 ラスト15分くらいは判定にぶち壊された試合が見るに耐えなかったこともあり、正直帰ろうかと思ったぐらい俺もすっかり集中が切れてしまっていたので、人を批判出来るような立場ではとてもないが、試合開始早々に1点を奪ってまったりとしてしまい一気に試合を決めに掛からなかった名古屋には自分達自身にも敗戦の責任はある。今日の鹿島相手なら前半で試合を決めてしまわなければならなかったはずだ。

 そのほとんどを守備に割いていた中村、自らは全く仕掛けず前節までが幻のようにFKの精度がなくなってしまっていた本田、この二人の代表選出はこの試合だけを見れば難しいだろう。特に本田は代表に選ばれてる場合じゃなく日本で休養した方がいい。逆に前節瑞穂まで加藤さんが観に来ていた楢﨑の復帰がそろそろあるんじゃないかと言う気がするのは俺だけだろうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-31 04:31 | Game Review
今のJで最も決定力がある男
b0036243_20545916.jpg

家本…


氏ね
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-30 20:54 | Game Review
前半終了
b0036243_19585122.jpg

残念ながらCFWの増川は機能せず。後半中盤のテコ入れしないとヤバいな、これ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-30 19:58 | Game Review
増川が
b0036243_18415562.jpg

CFWの位置でアップしてますが…まさか…笑
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-30 18:41 | Game Review
カシマ到着
b0036243_1732769.jpg

暗黒の歴史にピリオドを
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-30 17:32 | Game Review
第20節 対G大阪 3-3 (得点:藤田、中村、本田) @TBSchannel
 4連勝から一転ミッドウィークに川崎に大敗を喫しことで精神的なダメージも心配される名古屋だが、メディアに取り上げられる選手達のコメントを見聞きする限りでは7月にアウェー(万博)で1-5と敗れた試合のリベンジを果たしたいというモチベーションがそれを上回っているようだ。

 そんな名古屋のスタメンは金正友を怪我で欠くものの、出場停止明けの本田が戻り、磐田戦で顔面を負傷(骨折)したスピラールがフェイスガードを着用して異例とも言える早期復帰を果たしたことで、俺的にはかなりベストメンバーに近い布陣。フォーメーションの変形4-3-3も俺好み。

         ヨンセン
 津田             杉本

     藤田     中村

本田      山口K

      古賀   スピラール  大森

         楢﨑

 一方のガンバは家長、フェルナンジーニョ、橋本といった主力を欠いているが、明神、播戸といったベンチ要因にしておくには少々贅沢な面子がスタメン出場。そう言えば山口智&明神というかつてユース代表でWボランチを組んでいた二人がまた揃ってピッチに立ってるんだなぁなどとちょっと感慨深く見ていると、試合開始早々いきなりアクシデント発生で山口智が負傷退場してしまった。人の不幸を喜ぶ気は毛頭ないが、名古屋にとってはセットプレーでの脅威が軽減されて少し楽になった。そしてアップもそこそこに山口智に代わって入ってきた青木が試合に上手く入れなかったこともあって、試合の流れは一気に名古屋に傾いた。

 サボる選手がいない名古屋はチームがひとつの塊となって、ガンバに対しても全く臆することなく積極的に前からプレッシャーを掛ける。そして気持ちの入っている選手達は玉際の競り合いでもガンバの選手に全く負けていない。逆にそんな名古屋の勢いに明らかに気圧されているガンバはパスミスを連発しボールが全くつながらない。これは家長やフェルナンジーニョがいれば全く違ってくるのだろうか。
 ガンバのパスミスから、あるいは狙いすましたインターセプトから奪ったボールを前へ前へと運んで行く名古屋。そんな名古屋の攻撃は今シーズン初めて「前線へ。その先へ。」というチームスローガンを具現化した戦いが出来ている感じだった。
 序盤は、高さがあり深い位置で基点となれるヨンセンと、スピード(と走力)を生かして裏への走り込みが出来る杉本と津田を狙うような形でロングボールを使った攻撃が目立つ。そうしてガンバのDFラインを下げさせて次第に中盤にスペースが空いてくると、今度は藤田と中村を中心としたシンプルなパス交換からサイドを使うような組み立てが出来るようになってきた。相手のDFラインが下がって中盤にスペースが空いているという現象は、大森のプレーぶりひとつ見ても明らかで、普段はフィードで前線を狙うことはあっても左の本田とバランスを取る形であまり上がらない大森が、この試合ではドリブルで中央を持ち上がってくるシーンが何度も見られた。

 局面で見れば注目はやはり本田と加地のマッチアップだろうか。中スポの安っぽい煽りに乗るわけではないが、加地相手に本田が攻守に渡ってどれだけアピール出来るのかは、本田の力が勢いに任せた一過性のものではないことを証明する絶好の機会でもあるし、現役の日本代表を倒せば噂されるA代表への道もぐっと開けてくるはずだ。まあ文字(応援ソング)通り「クラブの宝」となりつつある今の本田ならすぐに国内に敵がいなくなって海外へと旅立ってしまいそうなのが逆に心配なくらいだが、その時はその時でまた考えるしかない。
 本田は序盤こそロングボール主体の攻めの中でなかなか攻撃に出られなかったが、上でも書いたように時間の経過とともに名古屋が中盤でボールを支配し始めると積極的に攻撃にも絡むようになってきた。このポジションでの本田の強みは身体の強さとボールコントロールの技術そしてピッチ上の状況を素早く把握できる判断力。例えばハーフウェーラインより手前で本田にボールが渡ったとして、寄せてくる相手が一人であれば(もちろん状況にもよるが)本田はその相手を楽々と交わして前を向きそしてボールを運ぶことが出来る。ボールを一旦後ろに戻して相手が守備組織を作り直したところに改めて攻めていくのか、相手を一人交わして言わば自ら数的優位を作り出して前に行くかではその後の展開に天と地ほどの差があることは明確だ。そこには三節前の甲府戦でチーム(スタジアム)が大量ゴールに沸く中ひとり蚊帳の外でふてくされていた本田の姿はもうない。
 チームメートもそんな本田の良さを引き出そうと最大限のサポート。サイドの本田にボールがある時に山口Kや藤田が内側でサポートに入ることは当たり前のようになされているし(果たして吉村だとこうはいくだろうか)、守備面でも3トップの左FWの津田が本田と挟み込むように加地の対応に行くシーンが多々見られただけなく、本田が上がってた時には入れ替わるように加地のマークに着いて行っていた(これもまたそこにいるのが玉田だったらこうはいかない)。
 ただチーム全体で見れば、本田が(3-5-2の右アウトサイドである)加地にマッチアップするということは、攻撃面で高い位置からプレーをスタートさせられるという利点がある反面、後ろにスペースを空けて古賀との間にギャップを作る状況を生み出し、ガンバはそこを執拗に突いて来ていた。中盤をつないで来られる分には本田にも戻って来てラインを合わせる(ギャップを埋める)時間があるのだが、FWにそのスペースに流れられてそこに長いボールを入れられるとキツイ面もある。このあたりはチームとしての今後の課題になるだろうか。まぁおそらくフェルフォーセンは、サイドに流れたFWに対する古賀の対応とそこでボールをキープされた時の二列目からの飛び出しに対する山口Kを初めとした中盤のプレーヤーの対応で対策は既に折り込み済みと考えているだろうが。

 ヨンセンの落としを得意の飛び出しで受けようとした藤田がボックス内で後ろから引き倒されて得たPKで先制点を奪った名古屋だったが、その一方的なペースとは裏腹になかなか追加点を奪うことが出来ない。これはヨンセンを囲む両ウイング(FW)の力量不足による部分が大きい。杉本は持ち前のスピードを生かした走り込みでガンバDFを振り回し混乱させてはいるがフィニッシュが相変らず雑で決定的なチャンスを決められない。玉田に代わって左に起用された津田も得意のドリブルで仕掛けるシーンは作るが、ガンバの右ストッパーでもあるシジクレイに子供扱いされていたというのが現状。それにヨンセンの頭での落としに一発でピタリと合わせて見せた藤田に対し、若い二人のFWはヨンセンとの呼吸もまだ合っていないし、走り込むタイミング角度といったものがまだ微妙にズレている。まあ彼等(特に津田)はまだ若いしちゃんとディフェンスもするから長い目で見て行くとしよう。結果を残して自信をつけながら経験を積んでいければ最高だが、これもまたひとつの経験だ。
 とは言え、追加点を奪える時に奪っておかないと後半も含めいつ雲行きが怪しくなっても不思議ではないという状況下で、名古屋に追加点をもたらしたのは名古屋が誇る唯一の現役日本代表・中村直志だった。代表に召集されてからというもの、良い意味での欲と危機感を持ってプレーしている中村は、ペナルティエリアへの飛び出しなどゴールに対する貪欲な姿勢を見せるようになった。遠藤に入ってくるボールを奪ってそのままゴールへと一直線に進む姿は、例えそれが試合前のミーティングで約束事(狙い)として示されていたとは言え、そんな最近の中村を象徴するようなシーンだった。

 しばらくはそのまま同じペースで試合を続けガンバゴール前に攻め込むシーンも作った名古屋だったが、30分を過ぎる頃にはさすがにペースが落ちてきた。そして津田がフリーで持ち上がってヨンセンとの壁パスから抜け出そうとしたところをカバーリングに来たシジクレイに拾われてつながれると、ボールはボランチを経由して(名古屋にとっての)左サイドへと展開され、そこ(例の本田と古賀のギャップ)に流れた二川がクロス。これをボックス中央で播戸に(10回に1回決まるかどうかぐらいの)ドンピシャのタイミングとインパクトでダイレクトボレーを決められ一点を返されてしまった。なんだかこう書くとボールを失う原因となった津田が悪いみたいだが、シジクレイが津田のプレッシャーをかい潜ってなんとかつないだボランチ(中央)のところで、そのボランチに入るボールを「狙っていた」はずの名古屋の中盤(中村や藤田)がプレッシャーに来なかったことひとつとっても名古屋がこの時間帯にペースを落としていた(落ちていた)ことが分かる。

 しかしこれで気持ちが萎えない名古屋はすぐさま反撃。そしてそこで決定的な役割をやってのけたのはチームでも1,2を競うメンタルの強さの持ち主であろう本田だった。本田はバイタルエリアで杉本がもらったFKをまたもや驚愕の弾道でゴール上隅に突き刺す。その前にも流れの中からバー直撃のミドルシュートを放っていたが、本田にとってはあれがいい練習になっていた感じ。
 パワフルな左足のキックはかつての平野孝を彷彿とさせるが、繊細さを持ち合わせているところと助走なし(ワンステップ)で強いキックが蹴れるところが本田のより優れた点でもある。繊細さという部分でボールに(GKが取りづらい)微妙な変化を付ける事が出来るから、とりあえずGKの存在は一旦無視して枠の中に蹴っておけばOKという余裕が、より思い切ったキックを生み出すという好循環。実際このゴールもGKが立っているサイドを構わず狙って蹴ったものだった。

 その後やや足の止まり始めた名古屋だったが、残りの時間帯を上手く守り切り3-1と2点をリードしたまま前半終了。

 後半メンバー交代のない名古屋に対して、すでに後がないガンバはDFを一枚削ってフェルナンジーニョを投入してきた。システム的に前に人数を掛けている名古屋にとっては少し厄介だ。そうでなくてもフェルナンジーニョはよく動くしマークの受け渡しがブレなければいいが。
 そんな俺の不安をよそに二点をリードしている名古屋は全体をやや引き気味にしてスペースを埋め落ち着いて守っている。いかにガンバが前線に人数を割いてこようがスペースを埋めてしっかりマークを受け渡せば、例えシステム的なミスマッチがあったとしてもちゃんと守ることは出来る。そして奪ったボールはヨンセンのクサビと杉本のスピードを生かしたカウンターで攻め切るという明確なゲームプラン。ガンバが4バックにしたことでシステム的に加地と当たる津田がディフェンスに回ることが多くなり攻撃面ではほとんど顔を出せなくなってしまった(結果的に名古屋も変形の4-4-2のようになってしまった)ことは津田の持ち味を消すことにもなり残念だが、逆に言えば杉本が走り回るためのスペースが広がったと解釈すればいい。それにそんな杉本が宮本との1対1をうまく作れれば大きなチャンスにもなる。

       ヨンセン   杉本
            
津田
      藤田     中村

本田      山口K

      古賀   スピラール  大森

         楢﨑

 しかし肝心の杉本はガンバ大阪のラインコントロールに引っ掛かってオフサイドを連発しなかなかゴールに近付けない有り様。サイドに流れた時は良い形を作れるが、ゴールに向っての動きではもうひと工夫が必要ということだろうか。

 名古屋はしっかり守って反撃にも転じているが、全体的に守備の意識が強いせいかゴールの雰囲気が前半よりも薄らいでいる時間帯、ある意味試合前から(主審の名前を見た時から)想定内でもあり常識で考えれば全く想定外の出来事が起こる。
 前半から気になっていた本田と古賀のギャップに向けてスタートを切ったマグノ・アウベスにフェルナンジーニョから長いスルーパスが通り、マグノ・アウベスがこれをコントロールして切り返したところでマークに来た古賀と接触して倒れ込む。古賀は手を使ったわけでも足を引っ掛けたわけでも故意に相手を妨害したわけでもなかったが、主審のジョージは待ってましたとばかりにPKの判定を下した。前半名古屋が奪った3つのゴールのうち2つに自分が下した判定が絡んでいたことに対する帳尻合わせ(後ろめたさ)か、それとも優勝争いをしているチャンピオンチームが残留ラインギリギリのゴミみたいな順位にいるチームに簡単に負けることがあってはならないという彼一流の演出なのかは知らないが、HOMEチームに対するジャッジとしてこれはちょっと度が過ぎる。どうしても笛を吹かなければいけない「大人の事情」があるならせめてペナルティエリアの外で直接FKぐらいにしておけよ。そこで遠藤とかに前半の本田並みのFK決めたら(古賀には悪いが)俺も諦めるよ。それでこそ「演出家」ってもんだし、マスコミも「これが王者の底力」と持ち上げがいがある。こんなPKもらっておいて試合はやっとドローでしたでは、ガンバも「王者の底力」とか持ち上げられたところで格好つかないだろう。

 その後名古屋は足の攣った津田に代えて増川投入。増川が左SBに入り本田が中盤に一列上がる。

         ヨンセン   杉本
            

本田   藤田     中村

         山口K

増川   古賀   スピラール  大森

         楢﨑

 本田と古賀のギャップを狙われていたことを考えれば真っ当な選手交代。この交代によって攻撃面では本田が後ろから上がってきて攻撃に絡むといったような流動性がひとつ失われることになったが、守備面では最終ラインでスペースを消すとともに4バックがスライドしながらガンバのサイド攻撃に対応するといった4バック本来の機能を取り戻すことも出来た。守備に関してはよりソリッドな組織になったと言えるだろう。

 さらにフェルフォーセンは藤田に代えて渡邊を投入。渡邊をサイドに配置し本田を中央に移動した。これが守備の強化を意図したものなのか、サイド攻撃を活性化させるためのものなのかはハッキリしないが、その後の試合展開を見ると守備強化の趣が強かったのだろうか。中盤ではボールをつなげる状況が持続していただけに藤田は残しておいても良かった気はするが、本田が残っていればチームとしては問題はない。あとは本田の体力がどこまで持つかだ。

 残り時間が少なくなるとガンバもほとんど機能していない前田に代えて前線に中山を投入し勝負を掛けて来た。しかし4バックが均等にスペースを埋めて伸縮している名古屋のソリッドな守備を前にしてはそれもほとんど意味をなさないまま時間だけが経過していく。中山の投入はガンバから前線での動きを奪い明らかなブレーキとなっていた。西野の自爆か・・・。

 あとは終了時間を待つだけの状態である名古屋に対してガンバは最終ラインのシジクレイや宮本も上がってきての総攻撃。そして残り3分をきったところで右サイドで加地のサポートに来た宮本がゴール前にクロス。これをゴール正面でフリーになっていた中山が頭で決めて同点に追いつかれてしまった。
 名古屋としては時間帯を考えてもチームとしての特徴を考えても決して与えてはいけないゴールだった。ディフェンスの真ん中にスピラール、古賀、楢﨑を揃えた名古屋が単純なハイクロスにやられることがあってはならない。それが名古屋DFのアイデンティティだ。だがこのシーンではそうしたアイデンティティを堅持するには名古屋は少しDFラインを下げすぎていた。あれでは楢﨑が出るスペースもないしこういったゴールが起こる素地を作ってしまう。
 ただひとつ情状酌量の余地があるとすればスピラールのフェイスガード。おそらくフェイスガードによって視界を遮られていたであろうスピラールは1失点目の時も背後に回られた播戸を見失っていたし、このシーンでも同じように背後を取られた中山を見失っていた。そしておそらくこれもフェイスガードの影響でフィードが少しづつブレていたのも確かだった。特に同点にされた直後のスピラールの悔しがり様は半端ではなかったが、一日も早くフェイスガードが取れる日を願うほかない。

 この時点で残り時間はほとんどなかったが、フェルフォーセンはガソリンの切れた杉本に代え、初出場となる特別指定選手のFW橋本を投入。橋本は投入されるとそれまで杉本がいた右サイドではなく左サイドへとポジションを取った。おそらく明神が回っていた(名古屋から見て)右サイドではなく加地が上がって来る(同)左サイドの裏を狙えという指示だったのだろう。

 橋本    ヨンセン   
            

渡邊   本田     中村

         山口K

増川   古賀   スピラール  大森

         楢﨑

 だがこのフェルフォーセンが授けた策は、チームが攻撃へと移る過程において橋本の動きが渡邊と被ってしまって全くの不発。逆にガンバにカウンターを喰らって危ないシーンを作られるような状態のまま試合はタイムアップを迎えた。

 同じく審判に勝ち点2を盗まれた去年のAWAY横浜戦を思い出させるような後味の悪さを残しつつ、一方で今の名古屋の強さ(の可能性)と方向性を示すことが出来た試合で良い感触もある。日本代表のアジアカップ予選に伴う小休止の前にまだあと一試合(しかも鬼門カシマスタジアムでの鹿島戦)を残していることを考えれば、このガンバ戦で内容も結果もお腹いっぱいになるよりは、満たされない(勝利に飢えた)状態を残して鹿島戦に向った方が良いだろうと好意的に解釈して、気持ちを切り替えて行くことにしたい。

***************************************************************
 予断だがTVで見えたちょっといいシーン。
 前半にヨンセンが宮本やシジクレイを背負ってロングボールの競り合いをしていた時、ジョージに意味不明なファールを取られて珍しく怒って抗議していたシーンの後、ゴール裏の「ヨンセン オーレ」コールに冷静さを取り戻したのかゴール裏のサポーターに拍手で答えていた。こういうシーンが増えいけば名古屋ももっと良いチームになっていく気がする。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-29 14:28 | Game Review
川崎戦の振り返り(補足)と今後に向けて
 スカパーで水曜日の川崎戦の録画放送を観たのと、試合後のセフや選手の言い訳 コメントも読んだので、競技場では気付かなかった事、再確認したこと等を含めて。

■セットプレーでのマンマーク
 スタジアムで観た時は半信半疑でイマイチ確証がなかったためレビューの中で書かなかったがスカパーで確認出来た。前半ロスタイムでのセットプレーのピンチで、名古屋は(おそらく)選手達の自主判断でゾーンを放棄してマンツーマンを採用している。前半のうちに怪我でもないのに二人の選手を一気に交代するという非常事態。そしてその後終了間際に1点差(2対3)に追いついたことで、なにがなんでもここで失点を許すわけにはいかないという強い思いが誰か(ベテランの秋田か楢﨑あたりか?)を動かしたのだろう。通常ゴールエリアのラインあたりに一列に並ぶ選手達が、誰かの指示の元、団子のように固まって川崎の選手達の群れの中に混じって行った。TVには映っていなかったが、このシーンを見たセフは「オイオイ、お前等なにやってんだ?!」とばかりに慌ててベンチを飛び出してきた。そのセットプレーは無事ことなきを得て、ハーフタイムにはそんなセフにお灸を据えられたのか、後半は再びゾーンでの守備が徹底した名古屋であった。
 ちなみにセットプレーの守備ではいつもはスピラールが「ラインはココ!」と手で示しディフェンスを統率している。スピラールが欠場した川崎戦はそのラインが若干深い気がしたが気のせいだろうか。

■セフの言い訳(会見)1
 俺が前節磐田戦のレビューの中で「退場した本田の代役」として指名していた渡邊を先発出場させなかった件については、コンディション面での不安をリスキーだと判断したとのこと。先週トヨスポで観たFC岐阜戦では前半だけながら問題なくプレーしていたが、中谷から怪我に対する弱さまで引き継いでしまったこの「ガラスのレフティ2世」は確かに以前怪我から復帰した試合で後半開始早々に足を攣るという失態を見せている。それを考えれば得意なポジションではなくても最近試合に出ている(試合勘のある)選手を使うという選択肢もあながちないわけではない。(結果としては少なくともセフの予想を上回るほどに機能しなかったわけだが)

■セフの言い訳(会見)2
 敗因となった戦術的なミスとしてバイタルエリアのケアに失敗したことを挙げている。同じこと(特にFWが引いてボールを受けようとした時のCBの対応に関して)は解説の原博実も言っていた。だがこれはど素人の俺ですらプレビューの中で指摘していたこと。例えジュニーニョがいつも以上に(かつ意図的に)こうした引いて受ける動きをやっていたのだとしても、秋田を起用する以上試合前からこういう事態は想定できたはずだ。その上でチームとしてどう対処するかを考えておかなければならなかった。これは秋田にスピラールと同じプレーを求めたセフのミス。

■俺の言い訳(反省)
 川崎にバイタルエリアを使われることになったもうひとつの原因は山口Kのワンボランチ+攻撃的な位置に中村と金正友を置くという中盤の構成。俺は対川崎用のオプションとしてこのフォーメーションに賛成だとプレビューでも試合後のレビューでも書いた。しかし現実には、セフが解説しているようにアンカーの山口Kとマッチアップする形だったマギヌンが左右によく動いたこと、中盤の三人の連携(マークとスペースの受け渡し)が上手く行ってなかったことで相手のボランチにやすやすとこのスペースへの侵入を許した。これについては中村憲が試合後「楽だった」と言っているくらいなので明らかな選択ミスだったのだろう。
 俺は川崎に対しては前からプレッシャーを掛けてボランチを潰すのが良いという意味で中盤を逆三角形にすべきだと主張していたのだが、よーく考えてみれば、この試合に限らず最近のエントリーでずっと書き続けている通り、今の名古屋は高い位置からプレッシャーを掛けてもそこでボールを取ることが出来るほど組織としての守備が整理も構築も出来ていない。であれば前に二人を置いてプレッシャーを掛けて行くこと自体ナンセンスだった。結局そこをかい潜られて残るのはDFラインの前の広大なスペースということになる。それなら最初からボランチを二枚にしてマギヌンのマークとスペースのケアを受け渡しながらやった方が選択肢としてはよっぽど良かった。これは俺も判断ミスりました。
 ただひとつ言い訳をすれば、この試合では金正友が予想以上に前掛かりだった。おそらく3バックの川崎の弱点であるDFライン脇のサイドのスペースに金正友を飛び出させて突いて行くというのがセフの狙いだったのだろうが、いつもは半端ない運動量で守備では自分の持ち場だけでなく本田の上がった後ろのスペースまでケアしている金正友が、前に行く意識が強いあまり担当するはずの中村憲をフリーにしてしまうことが多かった。後半立ち上がり一瞬だけ金正友と中村直が入れ替わっていた時間帯があったが、この「中村対決」では中村直が常に中村憲に対するケアから攻撃に移って行くことでチーム自体もペースを川崎に明け渡すことなくチャンスを作っていた。そういった動きが金正友にも必要だった。

■相当足が痛そうだった玉田とその存在意義
 負傷はまだ完全に癒えていないのだろうか。後半に入るとボールを持ってプレーするごとに顔をしかめる玉田の姿がTVには映し出された。ひょっとしてコンディションが全快であったら後半のチャンスでゴールのひとつやふたつ決めていたかもしれないだが玉田だが、それは言い訳にはならない。いやむしろ玉田が相手のミスやヨンセンのお膳立てで迎えた(他の選手だったら決めてただろうというぐらいの)決定機を逃したことを考えれば、玉田への批難は免れないし、そんな状態の玉田を使ったセフもまた同罪だ。俺は今の玉田は使うべきではないと思う。
 もっと言えば、ヨンセンという核を得た今、名古屋にとって玉田という存在は存亡の危機に立たされていると思う。シーズン開幕前アンジョンファンの獲得に失敗したフロントが玉田を獲得したのは間違った判断ではなかったと思う。玉田がいなければ名古屋はFWに核がいない状態でシーズンに臨まなければならなかった。これはあまりにも危険だ。それに柏に「完全移籍(移籍金3億円)でなければ移籍させない」と吹っかけられて渋々それを受け入れたとしても、W杯に出場しブラジルからゴールを奪って「NAGOYAの」玉田を広く世界にアピールしたことを考えれば、元が取れたとは言わないまでも悪くない買い物だった。
 だが、今チームには結果と実効性の両面で圧倒的な存在感を誇るヨンセンがいる。これだけの選手がいれば正直なところその「パートナー」は玉田でなくても勢いだけが取り柄の若手で十分だ。名古屋が今優勝を争っているチームではないとなればなおさらだし、むしろ精力的で勢いのある若手の方がチームには良い影響をもたらすだろう。そんな俺のような意見を打ち消したければ玉田はピッチで結果を残すしかない。それもヨンセンの影に隠れた結果ではなく、玉田だからこそ出来たという結果を出さなければその存在意義を証明することは出来ない。

■勝てるかもしれない気がするチーム
 これまで何度も書いてきた通り、4連勝だ何だといったところで、戦術的にチームが成熟しているわけではない名古屋は連勝中も「負ける気がしない」チームでは決してなかった。ただ、前線にヨンセンという絶対的な存在を得た今「勝てるかもしれない気がする」チームになった。サッカー(に限らずスポーツで)はどれだけ成熟した良いチームであっても得点を奪えなければ勝つことは出来ない。それを考えるとヨンセンを中心とした攻撃がなんとかしてくれるという期待が持てる名古屋は、どんなに格上の強豪相手であれ常に「勝てるかもしれない気がする」チームだ。事実俺は一方的な試合展開となった川崎戦でも「勝てるかもしれない」期待を最後まで抱いていたし、やりようによっては勝てたと本気で思っている。そしてそれはもちろんガンバに対しても。ただしそのための条件はヨンセンが(フル)出場することと、大量得点を奪われて一気にリードされるような試合展開を避けることが条件だ。

■今後のチーム作り
 そんなヨンセンを中心にチームを今後どう作っていくべきか。まずディフェンス面での整備は必須項目だ。一朝一夕に出来るものではないが、少しづつでも高い位置でボールが奪えるようなチームにしていかなければならない。
 そして攻撃面。俺は今の玉田は使うべきではないと思うので、前線は2トップでいくならヨンセンと豊田のコンビを推す。実際にこのコンビを観たことは一度もないが、相手チームに与える脅威という面ではこのコンビが一番だろう。豊田は高いだけでなく走力と足元の技術もあるから単なるツインタワー的な発想ではない。むしろこれまであまり生きることがなかった豊田の高さがヨンセンをオトリにすることで初めて生きてくるかもしれない。そしてヨンセンと同じピッチに立ってそれを間近に見ながらプレーすることは豊田にとっても良い刺激であり学習機会になると俺は確信している。
 3トップにするなら、俺のオススメは断然これ↓↓↓

        ヨンセン
  平林         津田

今の名古屋の充実した中盤の力(面子)を計算に入れた上での布陣だが、マジでこれで間違いなく面白いサッカー出来ると思うから一回試してみて欲しい。
 中盤は悩みどころ。何が悩みかといえば、ズバリ藤田のポジションがない!4-3-3なら山口K、中村、金正友で確定。3-5-2なら中村を右サイドに回さない限り藤田に出番は巡ってこない。いずれにしても山口Kの成長、金正友の復帰により藤田は今出番喪失の危機に直面している。藤田俊哉というプレーヤーの価値は俺自身良く分かっているし、あえて使うとなればやはり3-5-2にして、

     金正友   藤田
 本田             中村
         山口K

ということになるだろうか。と思っていたら金正友の怪我が判明。さっそく藤田の力が必要となったようだ。何ものにも代えがたい経験という力と、机上ではなく実戦を(しかもレベルの高い実戦を)ベースとした抜きん出た戦術眼を持った藤田の価値がガンバ戦で証明されることそしてチームの力となることを期待している。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-26 18:21 | Topics & Issues
第19節 対川崎 2-4 (得点:秋田、ヨンセン) @等々力陸上競技場
 しかしまあ(主に二つの理由をもって)こんなにイライラし通しの試合を生で観たのはいつ以来か。確かに試合は圧倒的に川崎が優勢だったし多くの時間帯においてはむしろやりたい放題と言っていいくらいだった。だが名古屋にとってこの試合は試合以前の問題で、これでは選手達が(約一名を除いて)いくら頑張っても勝てっこない。

 平日のナイターは厳しい。俺が武蔵小杉の駅に着いたのがキックオフの5分前。駅前で競技場直通のバスに乗ったら意外にも待たされて、結局競技場に着いたのはキックオフから7分半後だった。幸いまだ点は入っていないようだ。さっそくフォーメーションチェック。携帯速報で見た時点では本田不在の左サイドに該当する選手がおらず、勝手にこんな↓布陣を予想していた。
         ヨンセン
   玉田         杉本

金正友  山口K  須藤  中村

   古賀   秋田   大森

         楢﨑

 しかしひとりづつ答え合わせをしていくと、正解はこれ↓

      玉田   ヨンセン

     金正友   中村

須藤     山口K      杉本

   古賀   秋田   大森

         楢﨑

 そう来たか。プレビューにも書いたが攻撃的な中盤に二枚を割くのはカウンターの鋭い川崎相手にギャンブルのようでいて実は正攻法。秋田を使うからには後ろを三枚にするのも仕方ない。そのためには前線を3トップではなく2トップにしなければならないのもサッカーが11人対11人で争うスポーツである以上当然だ。となると問題は両サイド(の人材)。本田不在の左にはフェルフォーセンのお気に入りで普段はボランチの須藤、右には前線の人数を減らすことで押し出された格好の杉本が入った。確かに杉本にはスーパーなスピードがあるしネルシーニョ時代にはサイドの経験もあるが、川崎相手にこの付け焼刃は吉と出るか凶と出るか。
b0036243_4463868.jpg

 試合は名古屋が川崎に一方的にペースを握られている。これまで連勝中の試合でも、前からプレッシャーを掛けていって高い位置でボールを奪うというようなことは出来ていなかったから、パス回しが洗練されている(というかパスを受ける動きとかパス&ゴーがしっかり出来ているというだけなんだけど)川崎相手では試合の主導権を握られるのはある意味当然の成り行きか。

 しかしそれにしても名古屋は全く反撃の糸口すらない。理由はいくつかあったが最大の原因は選手のパフォーマンス以前にフェルフォーセンの采配ミスにあったと俺は思う。
<セフの失敗その1>藤田の先発落ち
 累積警告で本田が欠場していることに加え、何の理由かは知らないが藤田もスタメンから外してしまったため名古屋はボールの落ち着き場所がない。そんな息継ぎなしで泳いでいるような試合運びが名古屋をどんどん苦しくしていった。
<セフの失敗その2>須藤の左サイド起用
 大型のセントラルミッドフィールダーとして頭角を現しつつ二年目の須藤だが、正直なところサイドアタッカーとしての資質を有しているわけでもなく、その上利き足とは逆の左サイドに起用されたことで、そのポジションでは攻撃的な仕事を全く出来なかった。本田不在という緊急事態にとりあえずそこは守備からと言うなら話は分からなくもないが、相手の右サイドはレギュラーの森ではなかった。ここは川崎の中で最も狙うべきポントだったのではないか。須藤の左サイド起用はおそらく川崎にとっても不安要素だったであろうそれをこちらから放棄してしまう結果となった。
<セフの失敗その3>杉本の右サイド起用
 言葉は悪いが「勢いだけが取り柄」の杉本の右サイド。爆発的なスピードはハマればパワーを発揮するがこの試合は相手が悪かった。百戦錬磨のサイドプレーヤー・マルコンを相手に攻守に渡って大苦戦。ほとんど子供扱いされていた中では杉本の良さ出せず。
<セフの失敗その4>2トップでの玉田起用
 名古屋がなかなかリズムを作れない中で玉田は下がってきてボールを受けようとする動きを度々見せていた。果たして玉田はそんなプレーをするために起用されたのか?そのスピードを生かしてDFラインの裏を狙うために起用されたのではないのか。普段は杉本がボールが来ようが来まいが相手DFラインの裏を常に狙い続けることでチームとしても前に行けるし最悪でも相手DFを下げさせることが出来る。玉田は味方が高い位置でスルーパスを狙っているような場面では裏でもらおうとする動きは見せるが、後ろでボールを持っている時にDFラインの裏で受けようという動きは一切見られなかった。これは守っている側の川崎にしてもさぞかし楽だったことだろう。

 フェルフォーセンの選手起用はほとんど裏目に出た。これだけ準備がダメだと対戦相手以前の問題で試合にならない。

 そんなにっちもさっちも行かない中で、20分過ぎにフェルフォーセンはピッチ脇に出てポジション変更の指示を送る。杉本を左へ須藤を右へ。これがマルコンにやられ気味だった右に須藤を持って行きたかったのか、それとも杉本の攻撃面での良さを相手のウイークポイントである右(名古屋にとっての左)で発揮させたかったのかは定かではないが、少なくとも選手交代を行わない中で出来る最善の策のようには思われた。
 しかしそれでも変わらない流れ。川崎に好き放題パスを回される中でも基点を作られているのは左サイドだ。杉本を左に回したことで攻撃面では(左サイド)前でボールを持つようなシーンも出来るようになったが、守備面では1対1ならともかくコンビネーションで崩されると脆い(というよりどうしようもない)杉本が川崎相手に通用するはずもなかった。突っ込んだところをワンツーで突破されたり、観ているこっちが思わずポカーンと口を空けてしまうようなマークの受け渡しを試みて相手をタテに行かせてしまったりとほとんど守備になっていない。そして玉田が守備をしないこのサイドでは川崎の3バックの右ストッパーである箕輪がどんどん上がって来て名古屋陣内に入ってプレーしている。いくらなんでもナメられ過ぎだが、もうこうなるとハーフコート状態。
b0036243_1298100.jpg

 一方的な展開にあって忘れてしまうそうだが、前半に名古屋が喰らった3失点はいずれもセットプレーから。川崎は名古屋をよく研究してきていた。1失点目、川崎のキッカー・中村憲が蹴ったボールは名古屋DFのゾーンを外して外側へ。これがこぼれるとそれを拾ったマルコンがクロス、これを押し上げもせず全員が棒立ちになった雑木林のごとき名古屋DFの間でジュニーニョがゴールに流し込んだ。この後名古屋も玉田のミスキックっぽいCKをニアにいた選手が流してこれをゴール正面にいた秋田が蹴り込んでラッキーな形で一旦は同点に追いついたが、またしても名古屋はコーナーキックからのこぼれ球を折り返されて我那覇にヘディングで決められ突き放される。そして三たびセットプレーのピンチで、今度は中村憲が名古屋がゾーンを作る手前を狙ってキック。これに飛び込んだ選手は触れられなかったが、結果的にそれがブラインドになってヨンセンのオウンゴールを誘発した。明らかに意図的な中村憲の名古屋の「ゾーンを外した」キック。

 川崎は3点取っても手加減してくれる素振りはない。対して相変らず何も出来ない名古屋。このままだと点差は広がる一方だ。さすがにこの状況はマズイと思ったか、フェルフォーセンは前半途中であるにも関わらず一気に二人を交代させるという珍しく大胆な采配に出た。交代させられたのは両アウトサイドの須藤と杉本。代わりに入ったのが渡邊と増川で、サイドのスペシャリスト(左利き)である渡邊を左アウトサイドに、そして増川が右のストッパーに入ることでマルコンが抑え切れていない右サイドに大森を回したのだった。
 サイドに問題があるというフェルフォーセンの判断は正しかった。事実サイドのスペシャリストである渡邊が入った左は魔法のように蘇り、前半終了間際には渡邊→金正友(クサビ)→山口K→渡邊というキレイな三角形を描いてのパス交換から渡邊が川崎の右サイド(飛騨と箕輪)を振り切ると、そこから上げたクロスにゴール正面ややファーサイドでヨンセンが頭で合わせて名古屋は追撃の2点目を奪うことに成功した。(上でも書いたように名古屋は箕輪にナメられまくっていただけにこの渡邊が左サイドをブッちぎって奪った得点は胸がすくような思いだった。)
<セフの失敗その5>玉田でなく杉本を下げたこと
 結果としてもこの交代は当たりたった。だがここでフェルフォーセンはひとつのミスを犯したと俺は思う。そのミスとは、サイドで落第点を出した杉本をベンチに下げてしまったことだ。俺なら玉田をベンチに下げて杉本をFWに戻す判断をしただろう。確かに後半途中になると足が攣るのがお約束の杉本をここでピッチに残せば必然的に残りのひと枠の使い道を限定する結果にもなるが、それでも試合を通しての玉田の機能性を考えると俺はやはり杉本を残して欲しかった。
b0036243_2522989.jpg

 後半がキックオフすると、前半の終了間際にゴールを上げた名古屋が勢いそのままに川崎ゴール前まで迫る展開でスタートする。名古屋はチーム全体が左サイド(渡邊)を攻撃のポイントとして明確に意識しており、それが名古屋にいい流れを呼び込んでいる。そして開始早々にはそんな左サイドで得たCKからファーサイドで増川が折り返しヨンセンがヘディングシュート(相手に寄せられていてコントロールできず)というような決定的なシーンも作った。

 だがそんな名古屋の猛攻に対して、川崎はしっかり人数を掛けて守備ブロックを構築しジュニーニョを中心としたカウンターで応戦してくる。こうなると名古屋は苦しい。左サイドだけでなく右サイドでも大森と中村のコンビで打開を図ったり、山口Kが積極的に上がってきてボールに絡んだりしているが、それらの攻撃が川崎の厚い守備ブロックに引っ掛かってカウンターを喰らうシーンが多くなってきた。そして藤田やスピラールといったいつもの試合でボールの出所(起点)となる選手がいない名古屋はヨンセンが中盤に下がってボールを捌く役をいつも以上に行っていたが、この位置でこの役回りをやっているヨンセンに怖さはない。

 時計の針が進むに連れ不利になって行く戦況とその中で必死にもがいているような選手達中、俺の神経を逆撫でするようなプレーに終始していたのが玉田だった。最前線でタラタラ歩いてるだけの玉田を気にする様子もなく川崎DFは最終ラインから余裕でパスをつないでどんどん上がって来る。システム的にガチンコのマッチアップがなされているこの試合では、相手DFのオーバーラップに対して玉田がディフェンスに行かなかったら後ろで数的優位を作られることぐらい元日本代表には理解できないのだろうか。名古屋ではかつてウェズレイが「ディフェンスをしない」と叩かれていたが、ウェズレイはゲームの流れを読みながら悪い流れの時にはちゃんとディフェンスをしていた。玉田は気が向いた時しかやらない。そしてどうやらこの試合では一度も気が向かなかったらしい。2トップを組むヨンセンが常にディフェンスを意識してそれに参加しているのを、そしてチームメートが身体を張ったディフェンスでカードをもらっているのを、玉田はどういう気持ちで眺めているのだろうか。俺は一度玉田に聞いてみたい。最悪ウェズレイのように貯めた力をここぞと言う場面でゴールという結果でもって爆発してくれるなら文句も言わないが、この試合での玉田は何度かあったチャンス(になりかけたシーン含む)でも遂に決定的な仕事を出来なかった。これでは言い訳の余地はない。

 そして名古屋の勢いが止まったのを見計らったかのように箕輪がオーバーラップしヨンセンを振り切るとペナルティエリアの外でさっきのお返しとばかりに渡邊を股抜き一閃で交わしゴール前にグラウンダーのクロス。これをゴール前一瞬の動き出しで大森のマークを外したジュニーニョが決めて致命的な4点目が入ってしまった。

 名古屋にとって交代のカードはあと一枚。ヨンセンが中盤に下がってパスを捌いている状況を考えれば藤田を投入するのが良いと思うが誰を削るか。心情的には確実にチームの勢いを減退させている玉田を代えたいところだが、ゴール前の人数は削りたくないから代えられない。と、ここで目に留まったのが秋田だった。普段スピラールが担っている前線へのフィードをこの試合での秋田は担っていない。さらにひとりひとりの行動範囲を広げて相手のカウンターをストップしているのは古賀と増川の二人のストッパー、そしてGKの楢﨑だ。秋田はただ単に「一人余っている」だけの存在になりつつあった。すなわち秋田は0.5人分のプレーしかしていない。その光景は古賀と増川と楢﨑がちょっとずつ力をカンパし合って秋田の世話をしているよですらあった。であるとすれば、ジュニーニョという絶対的なストライカーを軸にカウンター狙いの川崎に対してリスキーではあるが、秋田を外して真ん中二枚の2バックもしくは両サイドが上がり気味の4バックにして勝負を賭けるのがいいだろう。
 ここでベンチ前に津田を呼び指示を送るフェルフォーセンの姿。最後の交代枠ということもあってかさらに時間を擁したが、それから数分後第4の審判とともに無事に津田がピッチ脇に現れた。そして第4の審判が裏返して持っているボードの交代の番号は「2」、秋田だ。藤田起用ではなかったが、秋田を外すという選択肢はビンゴだ。津田(右)、ヨンセン(真ん中)、玉田(左)の3トップにして、相手の3バックにプレッシャーを与え勝負して行けば得点の可能性も出てくるかもしれない。
<セフの失敗その6>津田投入後のポジション変更 
 しかし津田がピッチに入るとともに、右サイドにいた大森が秋田のいた3バックの真ん中にスーっと下がって行く。そして津田は前へは行かず大森のいた右サイドでストップ。そういう(ポジショニングのバランスは変えないという)ことか。だがこれでは津田の持ち味を消してしまうし、津田を投入した意味はあるのだろうか。

 その後名古屋はただでさえ数少ないチャンスなのにロスタイムには左サイドの渡邊が獲得したコーナーキックを見逃されゴールキックにされるなど、まさに泣っ面に蜂。チームが弱いと審判も運も味方してくれないらしい。そして試合は2-4のままタイムアップ。
b0036243_4155714.jpg

 コンディションが悪く身体が重そうだった中村や金正友、与えられた役割を全う出来なかった杉本や須藤や秋田、別の役割に奔走して機能しなかったヨンセン、気負い過ぎてボールが足に着いていなかった津田・・・だが選手達は与えられた条件下でそれぞれに頑張っていたと思う。そうした中で、闘えない選手がいたことと、相手と台頭な条件で(スタートラインを同じくして)試合に臨むための素地が作られていなかったことが俺には残念でならない。ちゃんとやってれば2点目のようなああいう得点も奪えるのだからなおさらだ。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-24 01:29 | Game Review
前半終了
b0036243_19574111.jpg

セフ自爆
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-23 19:57 | Game Review
スピラールの怪我と川崎戦プレビュー
 磐田戦で負傷したスピラールの(再)検査結果が出た。左眼窩底骨折プラス上顎骨骨折ということで今シーズン残り試合絶望という展開も危惧していただけに「全治4週間」という診断は嬉しい誤算でありまさに不幸中の幸い。公式発表によれば「フェイスマスクを着用して、早期に復帰できる可能性がある」とのことなのだが、おそらく川崎戦には間に合わないだろう。そしてひとまず勝ち点の面からだけでも最悪の状態から抜け出した今、スピラールが無理をする必要もない。

 スピラールが欠場することで一番の不安はバイタルエリアのケアをどう行うかだ。1ボランチを採用することが多い名古屋はバイタルエリアにスペースが空くことが多く、最終ラインのスピラールが出足の良いチェックでそこをケアするシーンが多く見られた。この「穴」をどう埋めるか。スピラールの代役が予想される秋田にとってこれは苦手な分野なはずで、そもそもこれまでのキャリアで彼に組み込まれたプレースタイルとは異なる。となると有力な選択肢としては1ボランチをやめボランチを2枚にすること。
 だが、こと川崎戦に関してだけ言えば、俺はあえてこれまでの2オフェンシブ+1ボランチという逆三角形の形の継続を推したい。去年のHOMEで川崎に惨敗を喫した時のエントリーでも書いたが、川崎の攻略糸口は中村&谷口のボランチコンビをいかに潰すかだ。そうであれば、これまで通り攻撃的な中盤を2枚並べてそこにマッチアップさせるのがベスト。藤田をアンカーにして山口Kと金正友に思う存分Wボランチを潰してもらおう。バイタルエリアは藤田と秋田、両ベテランの「声」でカバーだ。(笑)

 去年のHOMEではボコボコにされての惨敗。今年のHOMEでは何もさせてもらえないまま完敗。いずれにしろ簡単な相手ではない。チームとしての成熟度にも大きな差がある。だが今の名古屋ならやり方によっては決して勝てない相手でもないと思う。

 というわけで今日は俺も武蔵小杉参戦予定です。
[PR]
by tknr0326g8 | 2006-08-22 02:14 | Pre-view