Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
第13節 vsFC東京 1-0 @味スタ
b0036243_0375855.jpg


 二日前の中スポに「本田、オシム日本入り」というニュースが出た時、何かの悪い冗談かブレ球バブルに乗じて拡販を狙った中スポの飛ばしだろうと思っていた。確かにあの五輪代表戦(対香港)でのFKのインパクトは絶大だったが、クラブと代表との掛け持ち(連戦)による疲労が明らかに見て取れる本田のプレーからはここのところ「キレ」が感じられない状態が続いていたし、動きの量や集中力といった面から見てもそのパフォーマンスは去年夏頃の好調だった時期と比べると数段レベルが落ちるものだった。正直今後も五輪代表との掛け持ちが続くことを考えれば、今シーズン本田に過度の期待を掛けるのは無理かもしれないという覚悟さえしていたぐらいだ。

 そんな中で迎えたのこのFC東京戦。中途半端に後半途中から出すぐらいならいっそベンチ外にして休ませれば良いのにと思っていたミッドウィークのナビスコカップ(新潟戦)を経て中二日での試合だっただけに、やはり本田については試合前から不安の方が大きかったのだが、そんな俺の不安をよそに本田はキックオフから(前半限定ではあったが)キレのあるパフォーマンスを魅せた。そして俺はそんな本田のA代表入りが本当に有り得る話なんじゃないかと思い始めたのだった。元々気持ちは強い選手だが、この試合では明らかにいつもより高いモチベーションが本田の身体をつき動かしているような感じで、そのモチベーションの根源となりそうなものは・・・と考えると、図らずも右と左でぶつかり合うことになった五輪代表の同僚でもありライバルでもある梶山の存在か、もしくは試合前にA代表入りの吉報が届いていたぐらいしか考えられない。世の中的にはオシムが「選手が安心してJリーグで手を抜くといけないからの試合の後まで発表しない」などと言っている代表メンバーだが、事前にクラブには通達されているらしく、特に今回の名古屋などは本当に発表が日曜日(の全試合終了後)だったら選ばれた選手は一旦名古屋に戻って再び東京に出て来なければならない。これはあまりにも非効率な話だし選手への負担も大きい。

 試合はといえば、セットプレーでのゾーンディフェンスの放棄、山口Kと縦の関係になり攻撃的な役割が増えた藤田、本田と金正友が攻撃時にかなり中に絞ってプレーすることなどチームとして新しい試みがいくつか見られたが、それでも試合自体で見れば名古屋にとって相変わらず決め手に欠く展開となった。そもそも両サイドを広く使って相手守備ブロックのズレを作るという組み立ての段階において、昨日の雨で水分をたっぷりと吸い込んだピッチに足を取られる選手が続出しミスを連発していた名古屋は、相変わらず攻守の切り替えにおいてもポジショニングバランスをあまり崩さず、攻撃自体に観ている側の心情を鼓舞するような迫力やダイナミックさが決定的に欠けている。それでもなんとか名古屋が前半何度かチャンスを作れたのは、(東京のバランスの悪さを除けば)本田がキレのあるプレーをしたからに他ならなかった。ヨンセンの高さ(強さ)、杉本の速さに対しては当然のごとく相手チームも対策を練ってくるわけで、そこでチームとして詰まってしまわないためには二列目のアタッカーがいかに勝負出来るかに掛かっている。今のチームにあっては本田の調子がチームに出来を左右していると言っても過言ではない。
 前半30分過ぎそんな本田のスルーパスからヨンセンが先制ゴールを決めた名古屋だったが、後半になると怒涛の攻撃を見せる相手に合わせてなんだか守り一辺倒で、相手が4-2-4みたいになったら名古屋も合わせて5-3-2にするみたいなやや消極的とも取れる展開に終始。カウンターも上手く作動せず、とにかく勝ち点3を取ることが最優先といった感じの戦い方は、今のチーム状態や、コンディション(暑さ/中二日での試合)といったこと考えれば仕方のないことなのかもしれないが、アウェーとはいえ少し寂しい戦い方だった。

 そんな名古屋の中で良い意味で目立っていたのが阿部と吉田。
 大卒二年目の阿部はルーキーイヤーの昨年左SBとしてデビューしながら、あまりにも相手にブチ抜かれるものだから試合中にも関わらず二列目にいた本田とポジションを入れ替わらされ、その後はトップで殆ど出番もなくサテライトで3バックの左ストッパーをずっとやらされていた。しかしその成果があったのだろうか。今日の阿部は守備の1対1で抜群の強さを発揮していた。実際に得点シーンにしても阿部がルーカスの突破をブロックしたところから始まっている。もともと左足なら「何でも出来る」選手だけに、守備で計算出来るようになればチームとしては大きな武器になる。
 そして吉田麻也。アルベルトに何もさせなかったデビュー戦(ナビスコ/甲府戦)を見た時は彼に未来に対してかなりポジティブな感想を持っていたが、増川の怪我によってリーグ戦でもチャンスを得てからは周りからの高い評価とは裏腹に、俺の中では「もっと出来るプレーヤーなのに・・・」というフラストレーションが少し溜まっていた。キャプテンマークを巻き名実ともにチームの中心に構えていた高校(ユース)時代の印象が強すぎるのかもしれないが、トップチームではどうにも周りの選手に遠慮してプレーしているように見えて仕方なかった。しかし前節(浦和戦)の後半ぐらいから徐々に思い切りの良さが目立つ始め、そして遂にこの東京戦でひと皮向けたと言えるのではないだろうか。危ないミスも二つぐらいあったが、後半はハイボールをこの吉田がことごとくはね返していたし、さらには何度か攻撃参加も試みるなどこのトップチームにおいても確実な存在感を発揮できるまでになってきた。

 チームが志向するサッカーとしての停滞感と若手の台頭。1点取って店じまいのもどかしい攻撃とそれでも粘ってもぎ取った勝ち点3。そして本田が取り戻した輝きとこれから本田に待ち受けるであろう更なる過密日程。プラスとマイナスが入り混じった土曜日の午後でした。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-05-27 11:27 | Game Review
第11節 vs横浜 2-0 @日産スタジアム
b0036243_0322721.jpg


 名古屋(フェルフォーセン)が3-5-2から4-4-2へとシステムを変更したことは俺にとってかなりのサプライズだった。これまで相手チームに徹底的に3バックの両サイドのスペースを狙われたり、3人のDFの間で(特に1トップに対する)マークの受け渡しが上手く行っていないシーンなどを見るにつけ「4バックにした方が安定するんじゃないか?」と思ったことは多々あったが、今シーズンほぼ完成されつつあったサッカーが、攻撃面においても守備面においても「中盤に5人の選手」がいて「そこでの数的優位を活かす」ことがベースとなっていたことを考えると、このシステム変更はある意味それを一旦放棄して別のサッカーを作り上げることを意味しているとも言えるものだ。リーグ戦3連敗(カップ戦も含めれば4連敗)という事態はチームにとってそれだけ深刻だったということなのだろうか。

 一方でフェルフォーセンが開幕から頑ななまでに3-5-2のスタイルを堅持してきたのには別の要因も存在していたと俺は思う。それは主にタレント(人材)の問題で、中盤で藤田、本田、金正友、中村という代表クラスのタレントに昨シーズン急成長を遂げた山口Kを加えた5人を全員起用しようとすれば実際にはあのやり方以外に方法はなく、またチーム全体で見ても4バックにするには左のSBを任せられる人材がいなかった。しかし満足のいくパフォーマンスを見せられていなかった中村に遂に見切りをつけたことと、大卒二年目の阿部に使える目処が立ってきたことでフェルフォーセンはようやく4バックへの移行に踏み切ることが出来たのではないだろうか。
 ただ中村に関しては開幕以降ひとつひとつのプレーの精度(の悪さ)もさることながら、判断の悪さ・攻守の切り替えの遅さといった部分で「頭の休み時間」が他の選手たちと比べても際立って多かったので、フェルフォーセンがようやく重い腰を上げたかと肯定的に捉える一方で、今後控える浦和や川崎、G大阪といったチームとの対戦には中村の復調が絶対条件とも思えるだけに、チームとしては不安要素を抱え込んでいると言えなくもない。

 試合はキックオフから4+4のソリッドな守備組織で横浜の攻撃を封じ込んだ名古屋が、ビルドアップでも(柏戦の教訓もあってか)前から激しくプレッシャーを掛けてくる横浜に対して無理につながずに大きく蹴り出す手堅いスタイルを徹底していた。裏を狙ったシンプルな縦パスに加え、前線の二人もしくはそれに本田が絡むだけの攻撃はおおよそこれまでのスタイルからもかけ離れたもので正直面白味には欠けるものだったが、横浜最終ラインのSBとCBの間に出来るギャップを突いて裏へのランニングを繰り返すというハッキリとした狙いを持った攻撃は殊のほか有効で、その繰り返しの中から幾度となくチャンスを作っていた杉本が前半早々に先制、さらに後半には杉本に代わって入った片山がプロ初ゴールとなる豪快な追加点を奪ったことは、フェルフォーセンにとってはプラン通りだったのだろう。世の中的にはこういうのを完勝と言うのかもしれない。

 名古屋はこれでチームとして二つの顔(スタイル)を持ったわけだが、J2のチームを観ているかのようなこの4-4-2が今後チームのベースとなっていくかどうかはかなり微妙なところだ。この試合ではソリッドな組織を築いて無難な守備を見せていたが、スピラールのいない(まして藤田俊哉がアンカーを務める)この守備ブロックが今後対戦が続く浦和や、川崎、G大阪といった個の力を伴った強力な攻撃陣をストップするのは厳しいと言わざるを得ないからだ。そしていくらカウンターを狙ったとしても、この日のような単純な攻撃でこれらのチームのゴールをこじ開けるのもおそらく難しい。理想を言えばこの4-4-2で中盤のタレントを活かせるようなスタイルを成熟させるのがベストなのだが、その方法を模索するには時間はあまりにも限られている。
 俺が次回参戦予定のFC東京戦(@味スタ)などは勢いに乗せると厄介な相手であり、とりあえずサイドのスペースを消す意味でも今回のような戦い方を選択するのが良いと思うのだが、来週の浦和戦はとりあえず押さえるべきはポンテとワシントンということで中盤を厚くした3-5-2に戻してガチンコで当たってみるのもひとつの手ではないだろうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-05-13 00:32 | Game Review
JFL第10節 横河武蔵野FCvsFC岐阜 @味スタ
b0036243_15424667.jpg

 森山・片桐を筆頭に名古屋OBが多数在籍するFC岐阜。この試合でも片桐、ジョルジーニョ、岩田、北村、深津、松田(ユース)の6人がスタメンに名を連ねていました。そんなFC岐阜を公式戦で見るのは今回が初めてで、リーグ戦もここまで好調なスタートを切っているようなのでとても楽しみにしてたわけですが、結論から言えばその試合内容にはとてもガッカリさせられました。
 あいにくの雨模様の中、試合開始早々に縦パスからジョルジーニョが抜け出して幸先良く先制したまでは良かったのですが、得点を奪った時間が早すぎたのか、ピッチ状態を気にしてか、それともいつもこんな感じなのかは分かりませんが、試合終了まで前線のタレントに頼った中央突破に固執し続けた攻撃からはゴールの予感が一向に漂って来ませんでした。

 一方の横河武蔵野FCは前回刈谷との試合を観た時と同様に、ピッチを広く使ってボールを動かしサイドで数的優位を作りながら相手を崩すというチームとしての攻撃のコンセプトがハッキリしており、前半こそピッチ状態の悪さや岐阜の集中したディフェンスの前にミスが多くなかなか形を作れなかったものの、後半の中頃からは岐阜の足が止まりだしたことで次々とチャンスを作り出しついには同点ゴールに結びつけました。

 同点にされた岐阜は和多田を投入し力ずくで勝ち点3を奪いに行きますが、前に何人並べたところでやっているサッカーが同じでは勝ち越しゴールは運頼みでしかなく、そのまま試合終了のホイッスル。決して上手く行っているわけでないのに、監督もベンチにどっしり座ったままで、一向に前に出てきて指示を出すようなそ振りを見せないし、引き分けるべくして引き分けたというか、むしろ負けなくて良かった試合だったと思います。この一試合しか見ていないのに判断するのは性急ですが、FC岐阜はこの個の力(タレント)頼りのサッカーでJFLを勝ち抜いていくつもりなのでしょうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-05-06 15:42 | Other Games
プリンスリーグ東海2007 第4節 vs磐田ユース
 キックオフの時間と競技場の立地からユースとトップチームのハシゴは断念したわけですが、せめて日程が被った時ぐらい第一試合と第二試合を入れ替えるとか、トップチームの前座でユースに試合させるとか、会場を瑞穂の球技場の方にしてもらうとか出来ないんですかね?俺のように年に何回も名古屋で試合が見られえるわけではない人間や、そうでなくてもユースもトップチームも観たいという人はいると思うんだが・・・。
 というわけで苦渋の選択で、去年の高円宮杯・決勝以来となるユースを選択しました。トップチームは今月あと二回(横浜戦&FC東京戦)観るチャンスがある上、スカパーでの放送や東海テレビでの録画放送(深夜)もある。一方のユースはこれを逃すとおそらく夏のクラブユース選手権まで観られないし、吉田麻也を筆頭にセンターラインを固めていた去年の3年生がいなくなった新チームが一体どういうチームになっているのかにとても興味があったので。

 というわけで名古屋の先発メンバーはこんな感じ↓

          鈴木崇(9)

     磯村(11)      岸(7)

中田(5) 西山(6) 安藤(20) 太田(13)

   西部(4)  津田(10)  三宅(3)

          鈴木規(1)

 約半数の選手は一・二度しか見たことがないという(俺にとって)とても新鮮なメンバーは、パンフレットの背番号表記ともどうやら違っているようで識別するのにしばらく時間を要したが、大まかな記憶とサポーターのコール!をもとに何とか全体像を把握。これでチームがいきなり放り込みサッカーを始めてポジションがグチャグチャになっていたらヤバかったが、どうやら去年までと同じコンセプトで戦っているらしいチームは、立ち上がりからあまりポジショニングバランスを崩さずに後ろからじっくりパスをつなぎながら試合を進めてくれたおかげで、それぞれの選手のポジションを見極めることが出来た。

 パスをつなぎながら攻撃を組み立てるチームにあってひと際目立つ存在だったのが新キャプテンの西山。最終ラインと両サイドにボールがある時にタイミングよく顔を出してボールを引き出す動きが目立ち、文字通りチームの「舵取り役」を担っている感じだった。このメンバーの中では三宅とともに昨年の高円宮杯・準優勝、サハラカップ・ベスト4にレギュラーとして貢献している経験が彼の中でも活きているということだろう。

 チームの特徴としてもうひとつ特筆すべきなのがサイドアタックだ。前線に代表クラスのタレントを並べていた昨年のチームのような華やかさはこのチームの攻撃にはないが、絶対的な存在である中田や突破力のある太田をアウトサイドに配したこのチームは、サイドからの崩しに対するチーム全体での共通意識レベルも高く、ことサイドアタックの完成度では昨年のチームのそれを現時点で上回っている。
 正直なところ俺は試合を見るまでは中田の左アウトサイド起用にかなり懐疑的だったのだが、試合を観ていく中でなんとなくトルシエ・ジャパン時代の小野伸二を彷彿とさせるようなこの起用もアリだなと思えるようになってきた。実際に結果だけを追い求めるのであれば、中田をより相手ゴールに近い位置に置いて中田を中心とした攻撃を考えるのが手っ取り早いのだろうが、チームとしての方向性や来るべく花井との共存、そして中田自身の将来なんかを考えるとこのコンバートは将来的により大きな意味を持ってくるかもしれない。
 中田個人に関しては、試合経過とともに少し集中を切らしたのかトーンダウンしてしまったのは残念だったが、年々逞しくなっている印象が強く、特有の広い視野から逆サイドに一発でピタリと落とすサイドチェンジといい、ボックス内で見せた切れ味鋭いドリブル突破からのシュートといい、元来持ち合わせている技術とセンス、それにフィジカルが良いレベルでバランスが取れてきているように見えた。願わくば今年は怪我なくフルシーズンを戦い抜いてもらい、一日も早くトップチームで金正友や山口Kのやっているポジションをやらせてみたい。

 試合はといえば、キックオフから良い感じで進めていた名古屋だったが、ボックスの外やや左のポジションで磐田23番に直接FKを決められ先制されると、事故のようなゴールだからなんとか気を取り直して・・・と思っている最中、ボックス内で相手と競り合っていた中田がよく分からないファールを取られてPK献上。これで選手たちは動揺したのか集中が切れたような状態になってしまった。そして名古屋DFラインの裏に抜け出した相手に対して飛び出したGKの鈴木がキャッチミスしたところをそのまま持ち込まれて追加点、さらには今度はボックスの外やや右側の位置から再び磐田の23番に直接FKを決められ前半だけで4-0と試合を決められてしまった。

 この得点経過は運や試合の流れに左右されている部分も大きいので、必ずしもそれがチームの実力やゲームの中での優劣を反映したものではなかったが、個々の局面を切り取っていけば名古屋にも劣勢を強いられるような要因が見受けられたのも事実だった。3バックが磐田FWの斜めに走り抜ける動きに全く付いて行けておらずアッサリと裏を取られていたり、相手にボールを持たれると両アウトサイドが下がってすぐに5バックのようになってしまい前線との距離が開くことでセカンドボールを拾えなかったりといったことは守備面での課題と言えるし、またゲームを支配していくということを考えると、磐田のハイプレッシャーに対してボランチの安藤が掴まってミスをするシーンが多く、その持ち味である攻撃面でのセンスを発揮できなかったことが大きかったと言えるだろう。

 後半に入ると名古屋は1トップの鈴木崇に代え中野を投入、さらにポジションの変更で太田を前に出し磯村をアウトサイドへ、最終ラインも津田を外に出し三宅を中へという修正を施してきた。この変更に伴う攻撃面での変化は顕著で、どちらかと言えばトップの鈴木崇やその下の磯村が足元でクサビのボールを受けるシーンが多かった前半に対し、後半は中野を磐田DFの裏のスペースに走らせてシンプルにそこを使うシーンが目立つようになってきた。しかし比較的単調なこの攻撃は磐田DFを揺さぶるには至らず、守備面でも編成を変えてはみたものの相変わらず磐田FWの斜めのランニングに対応出来ていないDFラインがアッサリと破られ後半開始早々に5失点目を喫するという名古屋にとっては厳しい展開となってしまった。

 5点差とされた後も名古屋のベンチは攻撃的な駒を次々と投入してなんとか点を奪いに行く方針を打ち出す。かといって攻め急ぐわけではなく、相変わらず前からプレッシャーを掛けに来る磐田をかいくぐりながらパスを回しサイドから攻めるというスタイルを徹底。そんな中目立っていたのは最終ラインからスピード溢れるオーバーラップで積極的に持ち上がって攻撃に参加していた10番の津田と安定したボールキープに加え時にサイドをエグってチャンスを作っていた磯村。そしてだんだんとゲームに馴染んで来た中野も磐田DFの裏に抜けてボールをもらいドリブルで仕掛けるようなプレーが増え始めた。そうした流れからCKでファーサイドにポジションを取っていた津田がヘディングで押し込んで1点を返しその後もサイドからビッグチャンスを作ったりしたものの、結局それ以上の得点を奪うには至らないままタイムアップ。

 予想外の大差による敗戦となってしまったが、得点差ほど力の差はない(というかむしろ名古屋の方が勝っている部分もいっぱいあった)試合というのが正直な感想。ただ名古屋にとってはいくつかの課題が見つかった試合でもあり、今後これを修正しながらリーグ戦を戦って全国(高円宮杯)への道を切り開いて欲しいと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-05-06 02:11 | Youth
プリンスリーグ東海2007 第4節
b0036243_19331823.jpg

■第一試合 静学vs中京大中京
 前半からベタ引きの中京が、後半にカウンターから伊藤了のスーパーゴールで先制したものの、試合中しばしば見受けられた集中の切れたようなディフェンスでなんでもないクロスからゴールを許して引き分けました。
 伊藤了は後半バテたの足が止まっているシーンが多かったですが、ドリブル突破には目を見張るものがあり、相手の逆を取ってスペースにボールを出して抜いて行くプレーは良いイメージを持ってプレーしているなと感じました。

■第二試合 名古屋ユースvs磐田ユース
 去年の高円宮杯・決勝以来となるユース観戦。主力がごっそり抜けた(おまけに花井もいない)新チームがどういうサッカーをするのか楽しみにしていましたが、結果は1-5という予想外のスコアでの大敗となりました。
 磐田が特別強かったかといえばそういうわけではなく、むしろ23番のFKを除けば全体としてラフプレーぐらいしか印象に残らないチームで、名古屋も磐田のなりふり構わぬフォアチェックをかいくぐりながらパスをつないでサイドから崩すという自分達の目指すサッカーを表現出来ていただけに残念な結果でした。
 事故のような直接FK二発とビミョー過ぎるPK判定、そしてGKのミスで前半のうちに4失点を喫し勝負を決められてしまったことは実際「運」もなかったという気はしますが、磐田FWの斜めに走り抜ける動きに全く対応出来ていなかった3バックや最終ラインでハネ返した時にセカンドボールを拾えない中盤などチームとしての課題もハッキリした試合でした。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-05-03 19:33 | Youth