Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
高校サッカー選手権 藤枝東vs香川西
b0036243_0184249.jpg

個々の能力(技術)で勝る藤枝東に対し、香川西が前線からのディフェンスで対抗したこの試合。自分達のサッカーを貫きプラン通りのゲームをしたのは香川西でしたが、やや強引な崩しにこだわっていた藤枝東が同点ゴールで見せたようなピッチを広く使ったテンポの良いサッカーを徹底していればPK戦までもつれ込むことはなかったのではないでしょうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-31 17:18 | Other Games
天皇杯・準決勝 川崎vs 鹿島
b0036243_1828115.jpg

高円宮杯のついでにマギヌンをチェック。マギヌンに注目して試合を見るのは初めてですが、今日は全体的にかなり低調なパフォーマンスでした。全盛期の藤田俊哉から得点嗅覚と守備意識――が当時の藤田にあったかどうかまでは記憶が定かではないですが――を差し引いたようなそのプレースタイルは、伝統的に外国人選手に掛かる負荷が高く決定的な仕事を求められる名古屋で期待に応えられるのかかなり不安を感じさせるものでした。
また一部報道などによれば明るい性格が伝えられ、キャラクター的にチームへの順応も問題なさそうですが、この試合でも随所に感じられた熱くなりやすい性格は、ブラジル色が一掃されたチームでは一体誰がなだめ役に回るのでしょうか。
まあもし正式に決まった暁にはもちろん応援はするし、この試合は来シーズンに向けた調整(リハビリの一環)だったとプラスに考えることにします。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-29 18:28 | Other Games
高円宮杯U-15  決勝 G大阪vs東京V
b0036243_13341443.jpg

前半持ち味でもあるポゼッションサッカーでガンバを圧倒したヴェルディがセットプレーと強引なまでの中央突破で2点をリードして折り返しましたが、後半開始から俄然ペースアップしてきたガンバが原口のゴールを皮切りに一気の逆転劇で勝利をおさめました。
しっかりと自分の間合いを持っている原口がスピードに乗ったドリブルを始めると、ちょっとこのレベルでは止められそうにもなく、そんな原口がPAの中で見せた鮮やかな切り返しからのゴールがチームに勢いをもたらした感じでした。
ヴェルディの高木は宙を舞うように軽やかなドリブル(フェイント)で相手の逆を取るのが上手く、どことなく松井大輔を彷彿とさせるプレーヤー。そんなテクニシャンでありながらヴェルディの中では玉離れの良さも際立っていて観ていて非常に楽しいプレーヤーです。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-29 13:34 | Other Games
高円宮杯U-15 vs浦和Jrユース @ひたちなか
 せっかくひたちなかまで行くのだからということで、第一試合の柏vsFC東京(深川)から観戦。試合は昨年ベスト4の東京(深川)を柏がその攻撃的なサッカーで前半から圧倒する展開。柏はマイボールになると次々と後ろからオーバーラップを仕掛けてくる攻撃的な姿勢をチームとしても明確に打ち出していて、個々テクニックレベルも非常に高い選手たちが自由な発想でプレーしているから観ている側にもとても楽しいサッカー。一方の東京(深川)は、前線と最終ラインに高校生の中に入れても全く見劣りしないぐらいの大柄な選手を並べてガツガツと相手に当たり、オーソドックスな型(戦術)にハマったサッカーをしている。そんな両者の対戦は、なんだか一昔前のチャンピオンズリーグでスペインのクラブとイングランド・プレミアリーグのクラブが対戦した時のような趣き。
 試合は試合の流れそのままに前半のうちに柏が3点をリード。東京は1点を奪われた後、セットプレーのこぼれ球からミドルを決めて同点に追い付いたかと思われたシーンがオフサイドで取り消される不運もあったが、前半のうちになんとか1点を奪い返した。東京は柏の両SBが上がった裏へFWが流れてカウンターという形を徹底して活路を見出していた。それでも柏は攻撃的なスタイルを止めないし、カウンターになっても前線の選手は必要以上に守備に戻らないで前線に留まっていて、ディフェンスはほぼ数的同数のDFが個々の能力で対応するといった感じ。ただある意味中学生らしく、ペース配分を考えていないと思われる攻撃的なサッカーは前半終了間際にはガス欠の気配を感じさせつつあったのが気掛かりだった。
 古き良き時代のスペインのエスプリを感じさせる柏の攻撃サッカーを満喫した俺は、後半開始に合わせて隣のグラウンドで行われていたFCみやぎバルセロナの試合へ移動し、しばらく観戦した後戻ってくると東京(深川)がさらに1点を奪い返しスコアは3-2になっていた。見るとすでに柏の選手たちはスタミナ切れから青息吐息の状態。それでも攻撃になれば前の3人ぐらいでシュートまで持って行き決定的なチャンスを作り出している。ここで一点でも決めていれば試合は決まっていたかもしれない。
 前半から攻撃的で非常に面白いサッカーをしていた柏だが、トーナメントを勝ち抜く上ではあまりにもディフェンスが脆弱だった。前半何度となくサイドのスペースを突かれたためか、後半からSBを入れ替えたようだが、それは個人の問題というよりもむしろ組織の問題だから人を入れ替えただけでは東京(深川)の攻撃を抑えられるはずもない。そもそも守る人数が少ないわけだから仕方のない部分もあるのだが、4人のDFラインでもボールにアプローチに行く選手とカバーに入る選手といった基本的な役割分担も出来ていないし出て行くタイミングも良くないから、ポストを使った簡単なワンツーでアッサリとDFラインを破られるシーンが続出。その折り返しに対して中でフィジカル的な勝負を挑まれるといかんともしがたい感じだった。
 そしてその後長い長いロスタイムの1点を含む2点を奪った東京(深川)が逆転での準々決勝進出を決めました。柏がここで消えてしまうのは残念ですが、観ている側としては存分に楽しませてもらったし、驚異的なスピードで右サイドを何度も切り裂き往年の神丸を見ているようだった7番の鳥山や、独特のルーレットを駆使したテクニックで東京DFを振り回していた19番の仲間といった選手が今後どういった成長を見せるのかもとても楽しみです。

 と、「前置き」が長くなりましたが、ようやくお目当ての第二試合。
 第一試合で技術的にも高くアグレッシブでおまけに0-3からの大逆転というドラマティックな試合を見せられた観客からすると、両チームともに慎重で全体的に動きも少なくロングボールを蹴り合うような展開でスタートしたこの試合は、会場の大部分を占めたサッカー少年(中学生)が口走っていたように「つまらない」試合に映ったかもしれない。実際スタンドはかなり緩んだ空気に支配されていたようにも思える。そしてタッチラインを割ったボールを拾おうとしたカメラマンが足を滑らせて転倒したシーンがそれに拍車をかける。しかし時間の経過とともに両チームが試合に馴染んで来ると徐々にそれぞれのカラーを出し始めた。
 最初に持ち味を発揮したのは浦和。浦和が特徴とする前線からの強烈なプレスは(それがハマるかハマらないかは別問題として)どちらかと言えばどのような状況下においてもそれが発揮しやすい特徴なのかもしれない。そしてそのスタイルは、後ろから細かくパスをつないでいく名古屋のスタイルに対してはバッチリハマっていた。名古屋は15分ぐらいまで前へとボールを運ぶことが出来ずほとんどハーフコートに押し込められた状態が続く。ゴールキックを近くにDFに出す→詰められる→戻す→詰められる→大きく蹴り出す→拾われる→なんとか浦和の攻撃を凌いでゴールキック→近くのDFに出す→詰められるという無限ループ状態。そしてそんな中からDFラインで相手にボールを奪われて与えたコーナーキックで、スルスルとファーからニアに入ってきた相手に付ききれずフリーでヘッドを合わされ先制点を許してしまう。

 その後15分を過ぎぐらいから少しづつ前にボールを入れられるようになってきた名古屋だったが、トップチーム同様後ろに人数を残してなんとも手堅い戦い方をする浦和は中盤から後ろも非常にタイトでボールへの寄せが早く、名古屋はなかなか人数を掛けた攻撃に転じることが出来ない。前線の高原もほとんど1トップ状態で孤立していて、アタッキングサードにおける名古屋の攻め手が小幡と高原による独力のドリブル突破だけではなかなか浦和ゴールへと迫ることは難しかった。それともベンチはある程度こうした展開になることを予想して前半は敢えて抑え目な(守備的な)入り方をしたのだろうか。

 後半予想通り浦和のペースが落ちてきた。そうなれば名古屋のつなぐサッカーが生きてくる。そして名古屋の特徴は単にパスをつなぐだけではなくて、そのボールコントロールの上手さにあった。前半と比べれば浦和のプレッシャーが弱まっていたこともあったのだが、それぞれの選手が相手のプレッシャーに晒されても上手くボールをコントロールしてそれを交わし味方へとパスを送るということが普通に出来ている。ファーストコントロールでボールをどこに置くかということも含めて非常によくトレーニングされている印象だ。ボールを受けてから考えるどこかのトップチームとはえらい違い。
 そして迎えた決定機。右サイドの福田からニアに入り込んで来た高原へとグラウンダーのパス、これを高原がヒールで落として右サイドからクロスすように走り込んで来た後方の樋江井にパス。樋江井はこれを逆サイドに逃げる動きをしていた小幡へつなぐ。これを受けた小幡がPAエリア内へと侵入してGKを外して左足でシュート。惜しくも戻って来た浦和DFがゴールライン上でクリアしたが、一連の流れるような攻撃は実にエレガントでこのチームの真骨頂とも言えるシーンだったのではないだろうか。
 たら・ればを言えば、これが決まっていればこの試合の勝者はひょっとしたら名古屋だったかもしれない。しかし決定機を逃した名古屋に対し追加点を奪って試合を決めたのは浦和だった。後半の名古屋は苦しい場面でも大きく蹴り出したりせず必ず味方につないでいたのだが、失点シーンでは右サイドでの苦し紛れのクリアがペナルティエリアの外あたりで待ち構える相手に渡ってしまった。
 その後名古屋は途中出場の加藤翼のゴールなどもあり怒涛の追い上げを見せたが追いつくことは出来なかった。あと一歩のところでは浦和が、良く言えば身体を張り、悪く言えば「大人のファール」で名古屋の攻撃を阻んでいた。そしてPAエリアのすぐ外側で得たFKを直接狙った小幡のキックがGKに直接キャッチされて試合は終幕。

 試合に負けはしたが名古屋は素晴らしいサッカーを展開したと思う。そして名古屋が見せたサッカーが浦和とは対照的だったからこそ見えてきた部分も多かった。危険なところをファールで止めるのは一見大人のサッカーのようだが、この年代でもれなくそんなプレーをしていては選手としての伸びシロはないだろうし、前線の選手たちによるフィジカルに支えられた個の能力によるカウンター攻撃はもし自分たちをフィジカルで上回る相手と対面した時どうするのだろうか。名古屋のこのチームの場合170cmを越えるような選手がほとんどおらず、現実的にそうしたフィジカルを前面に押し出したスタイルが出来ないという事情はあるが、テクニックで相手のプレッシャーを交わしながら、ショートパスで攻撃を組み立てるスタイルはどことなくメキシコ代表を思い起こさせ、将来において名古屋のユース(U-18)やトップチーム、さらには日本代表が目指すべき方向性を示していたと言っては判官贔屓が過ぎるだろうか。

 名古屋に関して気になったのは大きな展開が見られなかったこと。あそこまで徹底してショートパスをつなぐのを見ていると敢えてそうしているのだろうと思われるが、ひとり飛ばしたり、逆サイドまで振ったりすれば、もう少し楽に浦和のプレッシャーを抜けられるのになぁと思ったシーンが何度もあった。あとこの試合に関して言えば、中盤から前線へと飛び出していくようなシーンも少なかったように思える。まあこの辺りに関しては俺はこのチームをこの一試合しか見ていないし、同時にこの年代の善し悪しを図るような物差しもなければ、相手も強いチームだったからというのもあると思うのでなんとも言えない部分でもあるが。

 気になった選手はやはりFWの高原。前を向いても相手を背負ってもプレー出来る本格派のストライカーで、相手を背負っての鋭いターンからの突破はドイツにいる「本家」を連想させる。おそらくは一学年上の浦和DFを相手にしても一歩も引いていなかった(というよりむしろ上回っていた)し将来が楽しみな選手だと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-25 01:19 | Youth
高円宮杯U-15  vs浦和 試合終了
b0036243_15301436.jpg

後半開始から小幡をトップ下に移し4-2-3-1のような形にした名古屋。浦和のプレスが弱まったことに加え、両SBが少し高い位置でボールを受けられるようになったことでパスが回るようになりました。
しかし後半唯一と言っていい苦し紛れのクリアボールが浦和の10番の足元に転がり、そのまま一気にエリア内まで持ち込まれると、その折り返しを決められ追加点を許してしまいます。
終了間際には交代出場で入った加藤翼が右サイドからのパスを受け、ターンからドリブルで持ち込んで鮮やかな左足シュートを放ち1点を返しましたが及びませんでした。
浦和がたった1点で守りに入ったわけではないでしょうが、後半は名古屋がつなぐサッカーで完全にゲームのイニシアチブを握り、良い試合を見せていただけに残念な結果となりました。
危ないところは(時に危険な)ファールで止めて攻撃もタテに蹴るだけで前線のアタッカーのフィジカルに依存した個人技頼みという浦和とは対照的なスタイルを最後まで貫いた姿勢は評価出来ると思います。そしてだからこそこの敗戦はめちゃくちゃ悔しい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-23 15:30 | Youth
高円宮杯U-15  vs浦和 前半終了
b0036243_1421257.jpg

先発はGKに古川。DFは右から福田、濱口、奥山、佐藤。中盤に右から川村、水野、三鬼、小幡。2トップに樋江井、高原です。後ろからパスをつないで攻撃を組み立てようとする名古屋ですが、浦和の前からのプレッシャーに圧されてボールを失い、コーナーキックからニアに入られ失点。浦和の体力が落ちる後半勝負ですね。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-23 14:02 | Youth
高円宮杯U-15  決勝T一回戦
b0036243_116863.jpg

 ひたちなかかそれとも夢の島かで相当迷った結果、今年二回目のひたちなかを選択しました。夢の島で行われるインカレは、ここのところ久保がベンチ入りしている明治大と森本と後藤がスタメンに名を連ねている中京大という去年のユース同級生対決であり、決勝トーナメント進出を賭けた真剣勝負。しかも今年のインカレは休日開催が少なく、今日を逃せば決勝戦まで観られない。だが確か二年ぐらい前の中スポ・ユースニュースで「良い選手がたくさんいる」と神戸さんが言っていた現中二を含む今年のU-15をどうしても見てみたかったのと、かつて平林、富岡、神丸、日下といったメンバーがこの大会で日本一を勝ち取ったことが俺の中でユースに興味を持つきっかけのひとつでもあったことを思うと、結論はやはりひたちなかだった。俺の中での原点回帰。
 トーナメント一回戦の相手となる浦和のことはおろか、名古屋の(選手たちの)こともまるっきり分からないので、純粋に楽しみたいと思います。
 ちなみに“前座”は図らずもJユースカップの前哨戦となりました。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-23 11:06 | Youth
2007シーズン終焉
 組み合わせにも恵まれ久しぶりの上位進出が期待できるかと思われた天皇杯。しかし蓋を開けてみればJFLのHONDA.FC相手に0-2といういかにも名古屋らしい形で敗退し2007年シーズンは終焉を迎えることとなった。

 フェルフォーセン体制になってからチームが取り組んできた後方からのビルドアップがJFLのチーム相手に前からプレッシャーを掛けられるだけでままならない様を見ていると、一部の選手や良心的なサポーターが口々に言う「二年間の積み重ね」とやらが一体何だったのか?という疑問しか俺には浮かばない。むしろこの試合こそが「二年間の集大成」なのではないだろうかと。当初の予定よりもかなり早まってしまったが、そんな名古屋にとってのフェルフォーセンとの二年間を近いうち今シーズンのレビューで考えてみたいと思う。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-09 01:05 | Topics & Issues
2007 J1最終節 vs 千葉試合終了
b0036243_1854354.jpg

後半の名古屋はテンポアップ。何が彼等の気持ちを駆り立てたのかは分かりませんが、玉際での争いを制して優位に立ち、特に先制点を奪って以降は、半ば自滅のような形でバランスを崩した千葉相手にカウンターから次々とチャンスを作り出し危なげない試合展開でした。

MVPをあげるとすれば圧倒的な運動量で攻守にフル稼働だった金正友でしょうか。トップスピードの中で繰り出すフェイントにはナイフのような切れ味があります。

目に付いたのは吉田麻也。前半はパスミスなどもありましたが、守備では巻やレイナウド相手に一歩も引かず、後半になるとむしろ自信を持ってプレーしているようでした。そして何よりチームで一番回りの選手とコミュニケーションを取っているのが吉田という事実。楢崎の後にキャプテンマークを巻くのは彼かもしれません。そしてそれは近い将来訪れるのかも。

あと格の違いを示すかのようなゴールで追加点を奪った玉田の去就が気になります。試合後サポーターのコールに軽く手を上げただけだったのは玉田らしいですが、赤から青に履き替えたス パイクにメッセージを読み取るのは深読みし過ぎでしょうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-01 18:54 | Game Review
2007 J1最終節 vs 千葉前半終了
b0036243_15201060.jpg

千葉の狙いは阿部と巻のミスマッチ。阿部も決して負けてませんが、俺が監督なら後半頭から小川に代えて山口K入れて4バックにしますね。小川は対山岸意識過剰で攻守の切り替えも悪いので。
[PR]
by tknr0326g8 | 2007-12-01 15:20 | Game Review