Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
J2 2008 第10節 水戸vs岐阜 @笠松
b0036243_19511640.jpg

 決して世間一般に広く名が知れ渡っているわけではない選手達が体現する非常に組織的でシンプルなサッカーにベテランの経験が加味され、C大阪や広島、福岡、横浜といった自分達より戦力的に上回る相手に対してもむしろ互角以上の戦いを続けているFC岐阜。中でも特筆すべきは梅田をスタメンに固定した第3節(アウェイ山形戦)以降の驚異的な得点力だろう。格上の相手に先制されてもそれを跳ね返す力強さを今の岐阜は備えている。
 しかしここ二試合は終盤にスタミナ切れから失速し全体が間延びしたところをカウンターで突かれて失点、一度は逆転した試合をもう一回ひっくり返されるという試合が続いている。その意味では土曜日の試合から中二日、しかも気温の高い13時キックオフというこの水戸戦はまさしく正念場で、このところ戦ってきた相手からすれば戦力的には落ちるが、「JFLから上がって来たチームには負けられない」という先輩としての意地を持ってこの試合に臨んで来るであろう水戸は決して楽な相手ではない。

 やはりコンディションが気になるのか、岐阜は出場停止の小峯以外にも川島、片山を休ませ深津、菊池、森山が今季初先発を果たした。森山か・・・横浜の「KING」といい最近のJ2ではこうしたハンディキャップマッチが流行っているのだろうか。片山を休ませるのは致仕方ないにしても、これまでの戦い方を踏襲するなら代わりは相川の方が良いと思うんだか、相川のコンディションはまだ戻っていないというなのか。森山は試合前のシュート練習でもクロスに対してボールを捉える技術は抜きん出ており、この試合の先制点などを見てもその得点感覚はさすがだが、いわゆるコーディネーション系の能力が全盛期と比べると著しく低下していることで対人プレー(試合)となると正直厳しい印象がある。ストライカーはゴールが仕事とは言え、この試合で森山が果たした役割はどれぐらいあったのだろうか。

 試合は前半から岐阜の(名古屋なんかよりもよっぽどソリッドな)守備組織が水戸に突け入る隙を与えず、片桐の突破から森山が先制ゴールを奪ったものの、40分頃から全体的に少し足取りが重くなって来たかなと思っていたら、左サイドからのクロスにポジショニングでミスも重なって失点。後半も時間の経過とともに岐阜の寄せが甘くなり水戸に押し込まれる時間も増えて行ったが、比較的早めの時間帯で森山に代えて片山を投入すると流れは再び岐阜へ傾いた。片山は前線で基点となるだけでなく途中出場ながら決定的なシュートを何本も放ち、その内2本をゴールに沈めるあたりなんだかエースストライカーとしての存在感のようなものを身に付けつつある感じがします。

 あと面白かったのは試合前のピッチでのアップで、岐阜がアップというよりもトレーニングに近いシュート練習を行っていたこと。コーチが楔役になってボールを出し、二人が大きくクロスする動きからしてパス交換してシュートとか、真ん中で二人が小さくパス交換してからサイドへ大きく展開してそのクロスに二人がそれぞれニアとファーに走り込みながらシュートとか。高校レベルでも試合前のピッチではあまり見かけない光景だ。果たしてこれは直前の確認なのかそれとも専用のトレーニンググラウンドを持たないがゆえの(グラウンドを利用しての)補習なのかは興味深いところだが、良いリズム感で行っていたこのトレーニングを見る限り岐阜の得点力が決してフロックではないことを確信しました。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-04-29 19:51 | FC GIFU
J1 2008 第8節 vs東京V @味スタ
b0036243_1729083.jpg

 ここまでリーグ戦負けなしで6連戦中と好調の名古屋にとって、(これから突入するGWの連戦を考えても)ヴェルディは確実に勝ち点3を取っておきたい相手でしたが、結果的にはエースのフッキを欠くヴェルディを相手になす術なく完封負けを喫してしまった。中盤のライン+最終ラインでソリッドな守備組織を築けていない名古屋にとって、ディエゴにやられることはある程度想定内のことでしたが、かなり遠い距離からののセットプレーで165センチの河野にヘディングで豪快に決められた追加点は恥ずかしい以外の何物でもありませんでした。

 前半の名古屋は相手を格下と見なしているのか、それとも引いてスペースを埋めている相手を必要以上に警戒しているのか、いつものようなハードワークやアグレッシブさが影を潜め、完全に受けに回っている(受けて立っている)ような試合展開。その高揚感に欠けるサッカーはなんだかフェルフォーセン時代を彷彿とさせるようだった。ハーフタイムにピクシーからの檄があったのか、後半になるとようやくアグレッシブな姿勢を見せ始めたが、この試合の中で何度も見られた濡れたピッチに足を取られて滑るシーンなども含めて技術的なミスが多く、リズムを掴み切ることが出来なかった。
 なんでもかんでも“マジック”扱いのマスコミにここのことろ持ち上げられていたピクシーによる選手交代も今日は不発。玉田に代えて巻が出てきた時には、少なくとも俺の頭では全く想像すら及ばなかったそのアイデアに一体この後何が起こるのか?と期待を寄せたが、結果的にはこの交代の後名古屋はほとんどノーチャンスだった。プレシーズンマッチ(FC岐阜戦)で同じく後半途中から実現したヨンセンと巻の2トップは少なくとも俺の中ではお互いの動きが被りまくっていて最悪の組み合わせという印象だった。今日についてはそれぞれに役割分担を行っていたようだが、逆に二人の距離が離れ過ぎていて、一体ピクシーが何を意図して巻を投入したのかは最後まで見えなかった。試合終盤に至ってもこの二人の高さをシンプルに使うような攻撃が見られず、この二人にボールが届く前に(サイドを使うというよりむしろサイドに追い込まれて)ボールを失っていたのも残念だったし、中村が良い飛び出しから右サイドを抜け出して上げた絶好のクロスに対して中にいたのがファーにいたヨンセンだけというのも腑に落ちない。あの場面でエアポケットになっていた二アサイドに巻がいなくてこの2トップに一体何の意味があるのかと。

 今日の試合を見てハッキリしたのは名古屋がまだ「優勝」というような言葉を口にするには時期尚早ということですが、この後少しでもチームが進化した姿を見せられるのか、それとも名古屋はやはり名古屋なのか、真価が問われるのはこれから続く連戦でということになりそうです。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-04-26 17:29 | Game Review
関東大学リーグ 第4節 @NACK5スタジアム
b0036243_19271035.jpg

試合に出ているかどうかは別として、全てのチームに名古屋ユース出身のプレーヤーがいる今日のNACK5スタジアム。

第一試合は永芳(4年)が在籍する筑波大と太田(1年)が在籍する東学大の対戦。阿部翔平や藤本淳吾が4年生の頃には1年生ながらちょくちょく試合にも出ていた永芳は、その後不遇の二年間を経て最終学年となる今年、風間八宏新体制で開幕から完全に定位置を掴んでいる。一方の太田も1年生ながら開幕ベンチ入りを果たしておりチーム内での評価も上々のようだ。ただ太田の場合、同じポジションにこの日も鮮やかな同点ゴールを決めた征矢という大きな壁が立ちはだかっており、未だ出場のチャンスは巡って来ていない。今日はベンチからも外れスタンドで応援してました。

そんなわけで永芳を中心に見始めたこの試合だったが、4-4-2の左SHを担っている永芳がとにかく自由に動き回っている印象だった。もう少しサイドに張り付いてウイングっぽい動きをしているのかと思っていたが、むしろそうした動きはほとんどなく最前線から最終ラインそしてサイドからセンターまで頻繁に(そして流動的に)ポジションを変えながら顔を出していた。もしキックオフから観ていなかったら、俺は永芳のポジションを特定出来なかったかもしれない。そしてこの永芳に代表される選手達がポジションにとらわれず各自の判断で自由に動きボールをつないで行くスタイルこそが風間サッカーの特徴なのだろう。

試合は序盤、東学大が筑波のこのやり方に慣れる前に、FWの木島がDFラインの裏に抜け出しそのままスピードでぶっち切ってゴールに流し込み先制。しかし東学大が筑波のやり方に慣れてくると筑波は持ち味を消され、逆に東学大の持ち味である堅守からの速攻で征矢が同点ゴールをネットに突き刺し、さらには右サイドからのセンタリングが強風に乗ってそのままゴールに入る幸運もあってついには逆転に成功してしまった。筑波は上でも書いたように選手達が次々とスペースに動いてパスをつないでいくスタイルだが、逆に中盤でパスを回すことに固執し過ぎるあまり、後半になるとほとんど前線にパスが行き届かなくなってしまった。選手たちが自由に動く中でそれを交通整理出来る人材もいない。

第二試合は今シーズン未だ未勝利の前年チャンピオン明治大とここまで3連勝で首位の国士舘大。明治にはこの試合もベンチ入りしていた久保裕一(2年)、国士舘には一向にトップチームに上がって来る気配がないものの根津と唐沢(ともに3年)が在籍している。ちなみに久保が明治に入るのと入れ代わるように小川が名古屋へ、根津と唐沢が国士舘に入るのと入れ代わるように竹内と片山が名古屋に入団しているという不思議な縁もあったりする。

試合はキックオフから両チームの現在の調子がピッチ上にも如実に現れていた。同じ4-4-2を採用していることがさらにその差をより際立たせる。国士舘は最終ラインがキレイに一列に並び中盤も含めて集散が見事に統率されている。相手DFの裏を狙う攻撃も至ってシンプルだ。対する明治はBチームかと思うぐらい昨シーズンからディフェンスがゴッソリと入れ替わり、攻撃面でも橋本がコンディション不良で今節も欠場、林陵平が前線で孤軍奮闘といった感じだ。
しかし先取点を奪ったのはチーム状態が良くなかった明治。前半左サイドからのセットプレーで中に入れたボールが誰かに触れたか触れてないかという感じのままGKの前でバウンドし、そのままゴールマウスへと吸い込まれた。その後試合はほとんど国士舘ペースで進んだが、明治も徐々に守備の意集中力を高めて行き、国士舘は得点を奪えぬまま時間だけが経過して行く。そして国士舘が一方的に攻め込んだラスト5分、ロスタイムのまさしくラストプレーで国士舘は遂に同点ゴールを決めたのだった。

例の事件以降パッとしなかった国士舘だが、雌伏の時を経てようやく復活の時を迎えつつある印象。青森山田で小澤竜己と2トップを組んでいた伊東俊がボランチをやっていたのには驚いたが、この伊東や右SHの柏など小柄ながらもスピードとテクニックに優れるプレーヤーを軸とした中盤は小気味良いリズムを攻撃に与えている。さらに上述したような組織的にも完成度が高いサッカーは見る者にも心地よく、今後大崩れすることもなさそうだ。

ちなみに明治の久保は後半比較的早い段階から出場。個人的にもおよそ1年半ぶりに彼のプレーを見ることが出来た。チームがイマイチ機能していない中ではその持ち味を発揮することは難しかったが、林の脇役となってチャンスを演出するなど今後に期待を含ませる内容で少しホッとしました。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-04-20 19:27 | College Football
J1 2008 第7節 vs千葉 @スカパー
 前節清水戦の勝利でシーズン序盤ながら首位に立った名古屋。しかし相手チームから研究され始めるであろう今後、その戦いがこれまで以上に難しいものとなるであろうことは容易に想像できる。サッカー(観戦)日和のホーム瑞穂に、今シーズン未だ未勝利の千葉を迎えたこの試合もまさしくそんな展開となった。

 今シーズンの名古屋はコーナーキックのディフェンス時にベンゲルとフェルフォーセンの中間のような守り方を採用している。ゴールマウスの中にGK以外に二人のDFを立たせるところはベンゲル流。ゴールエリアの横のラインに沿うように一列にラインを作ってゾーンで守るところはフェルフォーセン流。その二つを組み合わせたような形だ。しかしこの守備方法は第4節の大宮戦で既に綻びを見せ始めていた。セットプレーをゾーンで守る相手に対して、そのゾーンから外れたポイントにボールを入れるのは常套手段だが、名古屋の場合は一列に作ったラインの前方(すなわちゴールから離れたところ)がウィークポイントになる。フェルフォーセンの時には長身プレーヤー4人ぐらいでラインを作って、それ以外の選手に前方のスペースなどをケアさせていたが、今の守り方だとゴールマウスの中に二人の人数を割いているのでそのスペースをカバーし切れない。中村と吉村がラインの前に二人並んで立ってはいるものの根本的な人数不足に変わりはなく、前節の試合でも清水は徹底的にそこのスペースを狙ってボールを入れてきていた。
 では清水にゴールが割れず大宮と今日の千葉にゴールが割れた理由がどこにあるかと言えば、それはボールの質ということになる。清水は狙い通り名古屋のラインの手前で青山らがヘディングで合わせることに成功していたが、そこはあくまでヘディング、ゴールから離れれば離れるほどその脅威は減少する。しかし一旦ゾーンを外されて足でシュートを打たれるとこれはちょっとキツイ。それに加えて今日の失点は、ややラッキーなPKで幸先良く先制点を奪った油断からか、試合後にピクシーが語っていたように集中力が切れていたことと、いつもよりラインの位置が低かったこと(ゴールエリアの中に敷いたラインはパッと見た目だけでも既に違和感を感じさせるものだった)などの要素が加わってのものだった。
 個人的には、ベンゲル流とフェルフォーセン流の二つのやり方を取り入れつつも“おいしいどこ取り”になっていない今のやり方は今後変えていく必要があると思う。少なくともコーナーキックについてはラインによるゾーンで守ることをやめてマンツーマンにすべきだろう(もしくはラインではないゾーンディフェンス)。そもそもゾーンのイメージが強いアーセナルですらコーナーキックではマンツーマン(+マウス内に二人)を採用している。コーナーキックではオフサイドがないのだからラインを敷くことに意味がないのは当たり前と言えば当たり前なのだが、ピクシーが今のやり方にこだわるのか真意はどこにあるのだろうか。

 名古屋にとってもうひとつのアキレス腱はDFラインの前のスペースだ。ピクシー自身が「全てのスペース埋めることが出来る」という理由で4-4-2を採用しているはずなのだが、普通の4-4-2での守備と比べると後ろで4+4のブロックが形成出来ていないシーンが目に付く。特に小川やマギヌンといったSHのポジションを中心に二列目で上手くスペースが埋められていないことが多いし、二列目と最終ラインとの間でのコンビネーションにも課題が残る。これまでの試合では前線からのプレスによって中盤で潰すか、アタッキングエリアにまでボールを持ち込まれた時には最終ラインの4人でチェック&カバーの役割分担を徹底させることでなんとか凌いできたが、例えば大宮戦では最前線のペドロ・ジュニオールに当てて落としたボールを名古屋のDFラインと中盤のラインの間で二列目の小林大悟や内田が拾うといった形に苦戦を強いられていたし、横浜戦は後半セカンドボールが拾えず一方的に押し込まれてしまった。清水戦でも長谷川健太が「空く」と指摘していたのが中盤の両サイドのスペースだった。今日の千葉戦でも後半にDFラインと中盤のラインの間で苔口に前を向いてボールを持たれて青木孝太にスルーパスを通されたようなシーンもあったし、失点シーンもここを突かれたような形だった。
 失点シーンは、サイドのスペースを突いて来た千葉に対して、最終ラインは(直前のロングボールの競り合いの影響もあって吉田麻也と阿部が入れ替わってはいたものの)全体がスライドして中央のマークもしっかり出来ていたが、2列目は後ろから飛び込んできた相手を掴み切れていなかった(この場面では特に吉村がサイドに出ていたので小川が千葉のゴールを決めた選手、また飛び込んできたスペースをケアすべきだった)。
 名古屋のボランチ二人(吉村&中村)はともにディフェンスでもハードワークが出来る選手だし、そのことによってチームに一定の安定感が与えられていることは事実だが、ボールに連られやすい吉村とプレーの切り替えが遅い中村はともにポジショニングに問題を抱えている。今後2列目からの飛び出しをキーワードに対戦相手から攻め込まれたら名古屋が苦戦を強いられることは必至だ。これを解消するにはピクシーが試合を通じて常に指示しているDFラインの押し上げが生命線になるだろう。幸い最近の楢﨑は飛び出しも安定している。深手を負う前に少しづつ修正していって欲しい。

 あと気になったのは選手の疲労。4月~5月にかけては一週間に二試合が行われることも多い。今日の試合も水曜日のナビスコカップから中二日のハードスケジュールだった。中盤や前線などそれなりに代役がいるポジションであればいいが、特に心配なのが代わりがいない左SBの阿部。左SBをこなせる選手がまったくいないわけではないが、本職としてのディフェンスや単なるオーバーラップからの攻撃参加のみならず、その左足から繰り出される正確にして鋭いキックが攻撃の起点として、センターハーフの二人のビルドアップ能力の欠如(例えば吉村はサイドにボールを散らすのは上手いがタテにクサビのボールを入れるのが苦手だし、中村はどちらかと言えば周りに使われたり自分自身で前にボールを運ぶタイプのプレーヤー)を補っている阿部の代役は渡邉や片山には難しい。特に運動量とハードワークを要求されるポジションだけに、オランダあたりで相変わらず一部残留争いを続けている“悪魔の左足”を持った選手を阿部のサブとして引っ張ってこれないでしょうか。

 ちなみに攻撃については俺は意外と楽観視している。これから迎える夏場など、今の運動量を要求されるスタイルを継続することが難しくなる局面もあるかもしれないが、ヨンセンの高さと杉本のスピード&モビリティというカードを持っている名古屋にはロングボールという最もシンプルにして有効な奥の手があるからだ。それを考えても、最終ライン+中盤での守備ブロックの確立は名古屋にとって目標の5位以内を目指す上での最大のテーマと言えるのではないだろうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-04-20 02:01 | Game Review
関東大学リーグ 2008 前期 開幕戦 @駒沢
b0036243_15522955.jpg

 昨シーズンの優勝チーム明治と準優勝チーム早稲田が揃い踏みの開幕戦は、ともに二部からの昇格組を相手に苦戦を強いられるやや意外な展開となりました。

 第一試合の早稲田は1週間前の名古屋ユースとの練習試合で途中出場ながらハットトリックと結果を残した好調の反町が先発。渡邉千真との2トップはほとんど反則級だ。しかしこの2トップを筆頭に、タレント(代表暦)だけならJFLはもとよりJ2をも凌ぐ勢いの早稲田は、タレントの差を結果に反映することが出来なかった。ボールを大きく動かしてサイドや前線で1対1の状況を作り出し個々の能力勝負に持ち込むというのが早稲田のスタイルだが、逆に言えばコンビネーションに乏しいこの攻撃は、キッチリと人数をかけて守備組織を作られるとそうやすやすとは局面を打開することが出来なかった。また基本的にサイドから攻撃を組み立てるそのスタイルは、特に後半は左SBの中川裕平から左SHの松本怜というラインが起点となることが殆どで、中央でアクセントとなる存在がいないというのはどことなく名古屋と似ている。他の穴は埋められても兵藤の穴はそう簡単には埋まらないのかもしれない。

 第二試合に登場したのはディフェンディングチャンピオンの明治。長友は在学したままFC東京入りしてしまったが、Jクラブによる争奪戦が必至のFW林、一昨年、昨年と名古屋の特別指定を受けている橋本らのタレントは健在だ。仙台入りしたGKの関の代わりには東京Vユース出身の1年生高木駿が抜擢されている。しかし試合は肝心の10番橋本が絶不調なのも響いてか、対戦相手の専修大学に2点のリードを許す苦しい展開となった。俺は名古屋の試合をスカパー観戦するために前半30分で競技場を後にしてしまったが、あの後明治は追い付きそして追い越すことが出来たのだろうか。明治の出来自体は悪くなかったし、逆にショートパスを中心とした組み立てから神村、高山という小柄ながら非常にスピードがありテクニック的にも高い2トップが小気味良いプレーを見せていた専修のサッカーがとてもよく機能していた印象だった。

 ちなみに今日駒沢に行った目的は大学サッカーを見ることとともに大会のプログラムをいち早く入手すること。もちろん名古屋ユース出身選手の現状を探るため。プログラムによると今大会に登録されているメンバーは、明治の久保(今日はベンチ外)、駒澤の酒井(追加登録)、筑波の永芳、東学大の太田(追加登録)といったあたりでした。三宅(駒澤)が出てくるのは後期リーグぐらいからでしょうか。
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-04-05 15:52 | College Football
J1 2008 第4節 vs 大宮 @NACK5
b0036243_22401520.jpg

都心ならまだしも郊外のベッドタウンで平日19時キックオフというのはカタギの都民にはちょっとキツイ。競技場に到着したら既に試合開始から10分が経過してました。

セットプレーの守備でゴールマウスの両端に一人づつフィールドプレーヤーを立たせるやり方はベンゲル時代の名古屋の定番で、当時のそれはボックス内での競り合いでもカウンターの起点としてもあまり役に立ちそうになかった飯島と小川を上手く活用していたイメージがあったのだが、今の名古屋ではそのやり方はどうにも上手く機能していない。いや、正確に言えば、今日の試合でもその役回りを仰せつかった阿部と小川がそれぞれ一回づつ所定の持ち場でボールを掻き出すなど狙いとしては機能していたのだが、それはどうにも自作自演の感が拭えず、そこに至る前にボックスの外へとボールを弾き出すやり方を早いところ確立してもらいたいというのが偽らざるファン心理だろう。後半セットプレーを弾き返していたのがほとんど増川だったという事実が、果たして偶然の一致なのかそれともピクシーの施した修正だったのかは、その場で判断するには距離が遠すぎたので家に帰ってからビデオで確かめるとして、何点取られてもおかしくなかった前半のセットプレーからの失点を1に抑えたことが結果的に勝ち点3にもつながったのではないでしょうか。


(続きは改めて書きます)
[PR]
by tknr0326g8 | 2008-04-02 22:40 | Game Review