Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
J1 2009 第33節 名古屋×山形 @スカパー
 中スポによれば怪我人が全員復帰しフルメンバーが揃ったらしい名古屋は(各選手のコンディションまでは分からないが)ピクシーがどういったメンバーをセレクトするのかがひとつの焦点だった。そして結果的には普段のレギュラークラスから吉田、三都主、マギヌンといったメンバーが外れたものの、ピクシーなりのバランス感覚と信頼度が反映されたスタメンは、これはこれでなるほどなと納得出来るものではあった。
 違和感を感じるとすればこのところハイレベルなパフォーマンスを持続していた吉田麻也のスタメン落ちだろうが、ピクシーの中でのCBの序列ではバヤリッツァと増川がいてそれに次いで吉田というのは開幕戦のスタメンを見れば明らかで、その評価はシーズン終盤を迎えた今になっても変わらなかったということだろう。ただシーズンを通して見れば、そんな「三番手」の吉田が最も稼働率が高く(チームの精神的な支柱とも言うべき楢﨑すらも離脱してしまった)守備陣を支えていたのだからなんとも皮肉な話ではある。
 また補強によって選手層に厚みが増したチームは負傷明けのマギヌンに無理をさせずベンチスタートにしたり、ベンチに三都主が控えている陣容などは昨シーズン来このチームにとって替えの利かないパーツだったマギヌンや阿部にもしものことがあった場合の担保として十分に機能することを先日(第31節)の神戸戦でも証明している。個人的にはそうした場面でこそ若手の台頭を望みたいところだが、大人の選手による大人のチームを望むピクシーにとって、若手選手に課せられたハードルは思いのほか高い。

 試合が始まってパッと見では、ケネディのワントップの下に玉田、ブルザノビッチ、小川といったアタッカーが並び、中村と吉村というハードワーカータイプのWボランチがそれを支えるという、ブルザノビッチのJデビュー戦となった川崎戦の焼き直しのような布陣に思えた。しかししばらく試合を眺めているとどうにも様相が違うことに気付く。ブルザノビッチが吉村の横まで下がって来てボールを運ぶ仕事をしているのはともかくとして(このチームに馴染んで少しづつ自分自身の居場所を見付けているのかなという前向きな印象)、そんな場面や吉村がボールを持った場面で中村のポジションがやけに高い。普段であれば攻撃においても守備においても吉村と常にスクエアなポジションを取ることで、攻撃では逆にパスが回しづらくなったり(サイドチェンジの際のバケツリレーくらいしか出来ない)、守備でもDFラインとの間のスペースを簡単に使われてしまう傾向にあるのがムラムラコンビのデフォルトなのだが、どういう風の吹きまわしだろうか。そしてそんな中村が単にポジションが高いだけでなく、右サイドで前方のスペースへと出て行くランニングを見せたり、普段は決して近付こうとしないペナルティエリアの中に積極的に飛び込んで行くプレーを繰り返しているのを見て、ようやく俺はこの試合の名古屋が吉村をアンカーに据えたスペイン風味の4-1-4-1のようなフォーメーションを採用していることに気が付いたのだった。やはりサッカーはスタジアムで観るに限る。

 前節の広島戦で変形の3バックを採用したのに続いて、名古屋は戦い方のベースは維持しながらフォーメーションに微調整を加えて来た。だが前節がどちらかと言えば広島の戦い方に合わせての受け身(リアクション)での変化であったのに対して、今節は相手の山形がどうこうというよりも今いる選手達をいかにして有効に噛み合わせるかという部分に重点が置かれている感じだ。そこには来シーズンに向けてという意味合いも多分に含まれているのだろう。そしてこの試合では相手の山形との間にチーム力そしてとチーム状態に大きな差があったとは言えこれがハマった。
 名古屋はケネディの一列下に配置された4人が流動的に動くことで単純に中盤の枚数を一枚増やした以上の成果を得ていた。特にサイドバックとインサイドハーフ、アウトサイドハーフの三人(右サイドで言うなら田中と中村、小川(デフォルト)、左サイドで言うなら阿部とブルザノビッチ、玉田(デフォルト))が良い感じでトライアングルを形成していることでボールがスムーズに動く。また上でも書いたように、普段は中村と吉村が並んでしまうことでセンターでは横か後ろにしか動かないボールも、吉村の脇のスペースにブルザノビッチが落ちて来て前に運ぶ仕事をしてくれることで、ピッチ中央でのボールの動きに新たなオプションが加わった。これはボールに数多く触れてこそその真価を発揮するがボランチに置いておくには心許ないブルザノビッチの活用法という意味でも一石二鳥だった。
 また互いが良い角度・距離感でパスを回せるという状況はディフェンスに回っても効果を発揮し、そこにアンカーの吉村も加わってこれまでに見たことがないような複数選手による高い位置での囲い込み(挟むようなディフェンス)を可能にしていた。名古屋でこんなシーンを探そうと思ったらおそらくベンゲル時代まで遡らなければいけないだろう。
 そして中村だ。前線で生き生きと走り回っている中村を見ているとネルシーニョ監督時代にトップ下でプレーしていた頃を思い出す。彼の持つ野性味を良い意味で引き出そうと思えばやはり攻撃的なポジションだ。それにしても普段ボランチでプレーしている時にはまるで結界でも張っているかのように決して足を踏み入れようとしないボックスに、ポジションが変わった途端に激しく踏み込んで来るこの「切り替え」はどこから来るのだろうか。ただひとつ言えることは、この試合の先制点のシーンでケネディが落としたボールに反応して走り込んだことでボックスでのマークを引き付けて間接的に小川をアシストし、ACLの準決勝(AWAY)では同じくケネディの落としに反応して自身久々となる公式戦でのゴールを挙げたように、中村が野性的なゴールへの嗅覚を持ち合わせているということだ。

 ただ、良い内容の試合だったとは言っても、全てを手放しで喜べるかと言えば決してそんなわけでもない。ケネディの負傷後、道標を失ったかのごとくチームが中盤でパスは回せても急激にフィニッシュ(シュート)のシーンが減ってしまった攻撃面もさることながら、この先天皇杯を勝ち上がることを考えれば心配なのは守備面だ。前掛かりになりがちなチームはボールを失った後そのまま前線からのハイプレッシャーによってボールを奪い返したり攻撃を遅らせているうちはいいのだが、アンカーの吉村を除けば基本的には帰陣が遅く中盤のフィルターも全く効いていないので一気にボールを前線まで運ばれてしまうことが多い。そこから先は伸縮自在の4バックがシュートコースを消しながら漸次後退しつつラインをブレークして(チャレンジ&カバーによって)相手の攻撃を封じ込めるという中盤の助けを当てにしないやり方はこれまでと変わらないと言えば変わらないのだが、ここまで簡単にアタッキングサードまでボールを通されてしまっては相手チームに強力なアタッカーがいる場合どこまでそれに耐えられるだろうか。ジュニーニョや石川直、シェルミティやヌールといったアタッカーがフルスピードで突っ込んで来たら・・・例えピクシーが信頼を寄せる4人のDFが揃っていたとしても防ぎ切ることは難しいだろう。山形戦で機能したからといって他の相手にも通用するとは限らないし、続けていけば研究もされる。これが完成形ではないのだから、まずは目の前にある最終節の清水戦を試金石としてシステムに磨をかけながらアジアに続く唯一の道・天皇杯に臨んで欲しい。
[PR]
by tknr0326g8 | 2009-11-28 23:59 | Game Review
高円宮杯(U-15) 東海大会 決勝 名古屋U-15×岐阜VAMOS @港サッカー場
 瑞穂で天皇杯という選択肢もあったが、チームが勝ち上がってくれることを信じて、昨日の準決勝に引き続き港サッカー場で高円宮杯(U-15)東海大会を観戦。今日の試合は決勝。相手は準決勝と同じ岐阜県代表の岐阜VAMOSだ。クラ選の東海地区予選を見た時には、引いて守ってカウンター狙いのVAMOS相手に名古屋が大苦戦を強いられた印象だったが、逆にVAMOSに対して危険な相手だと感じる場面も少なかった。あれから4カ月で両チームの力関係はどう変わっているのだろうか。

 名古屋のスタメンは昨日と同じ。

      北川   中根

岩田   真柄   富田   野崎

樫尾   ニッキ    大谷   鈴木

        渕上


 クラ選では名古屋に負けたことによって全国大会出場を逃したVAMOSにはその雪辱に燃える思いがあるだろうし、名古屋にとっては東海チャンピオンになって本大会へというモチベーションがあるこの試合。しかしここまで余裕の勝ち上がりで前日の準決勝でもVAMOSと並ぶ岐阜県クラブユースの雄・JUVENに大勝した名古屋よりは、そんな「東海無双」の名古屋にひと泡吹かせてやろうと乗り込んで来たVAMOSの方が気持ちは勝っていたようだ。球際の競り合いでも名古屋はイマひとつ激しく行けていないし、何よりキックオフから完全に気持ちが「受け」に回ってしまっている。この決勝戦でよりアグレッシブにそして主体性を持って試合を進めていたのはVAMOSだった。

 VAMOSはハイプレッシャーからボールを奪い執拗に名古屋DFの裏を狙ってくる作戦。スピード勝負に持ち込めば名古屋の強力なCBコンビに対しても十分勝算アリと踏んでいるのだろう。そして前回対戦では迫力に欠けていたカウンターも、攻撃に対する人数の掛け方がまるで別のチームのように分厚くなっていた。ボールホルダーに対して周りの選手が顔を出してパスコースを作る忠実な動きが目立ちテンポ良くパスをつないで来るVAMOSは、名古屋の最終ラインが高い位置にあれば1本の長いタテパスでその裏を狙い、逆に深ければバイタルエリアへとボールを運んで名古屋DFを誘い出しワンツーなどを使って裏へと抜け出してGKとの1対1の状況を作り出す。VAMOSが奪った1点目もまさしくそんな形で、前におびき出された名古屋DFラインの裏に上手く飛び出した10番の選手が名古屋GK渕上と1対1の状況から冷静にシュートを沈めていた。

 対する名古屋はVAMOSとは対照的にボールを持っても個々の判断が遅れがちでボールを引き出すような動きも少ない。こうなると守る側も狙いどころを絞りやすくなるので、名古屋はせっかくボールを保持していても簡単にVAMOSの守備網に引っ掛かってボールを失いカウンターを喰らうというサイクルにハマるのは自然な流れだった。そしてマイボールになると2トップと両SHの4人が前線に張り出す名古屋の攻撃は、ビルドアップの過程でボールを失うと前線に4人の選手が取り残される形になり、切り替えの早いVAMOSに対してあっという間に数的不利の状況を作られてしまう。いくらこのチームのWボランチがハードワークを生業としているとは言え、中盤の広いスペースを二人でカバーするのは到底無理な話で、Wボランチが慌ててボールホルダーに対して寄せたところで、余裕のあるVAMOSの選手達の巧みなボールコントロールによcつてアッサリとそのプレッシャーをかわされパスをつながれてしまっていた。

 「思っていたのと違う」が「何かおかしい」になりやがて焦りから自分達のリズムを見失っていく。そんな名古屋にとっての嫌な流れを押し戻したのは昨日の試合でもキレのある動きを見せていた左SHの岩田だった。この試合の後に行われた表彰式で今大会のMVPにも選出された岩田は、調子自体の良さもあるのだろうが、このレベルでは突出した個の能力の高さを発揮しており、チャンスメーカーとしてのみならず積極的にゴールに絡む動きが目を惹いていた。
 タテ1本から北川(のバックヘッド)→野崎と渡ったボールを受けた岩田はドリブルでPA内に侵入して鋭い切り返しでGKまで翻弄。それを抜き去ると右足で冷静にゴールを叩き込み同点に成功。そしてその後再び突き放されたりとなかなかペースの上がらないチームの中でも岩田個人のオンステージは続いた。この試合チームとして珍しくワンタッチでテンポ良くパスがつながって再び同点に追い付いた2点目では、クサビに入った中根の落とし→真柄とボールが渡り真柄がそれをワンタッチで前線に送るとそこに入り込んでいた岩田が落ち着いて目の前のDFを外してゴール右隅へと鋭いシュートを蹴り込む。さらに3点目のシーンでは野崎が横にドリブルしながら入れたクサビのボールを相手DFを背負いながら中根がキープ→そのヒールパスからDFラインの裏に抜け出した岩田が切り返しで右足に持ち替えてそのまま豪快にネットを揺らしたのだった。
 チームとしてはむしろやられている印象の方が強い前半だったが、岩田のハットトリックの大活躍によって名古屋は3-2とリードし前半を折り返した。

 ペースを握られ二度のリードを許す厳しい展開ながらも前半のうちに逆転に成功したことで、ハーフタイムを挟む後半は少しは落ち着いて試合が進められるかと思われた名古屋だったが、後半も依然としてVAMOSのペースは続いた。前線からのプレッシャーによって相手のパスミスを誘ったり相手が苦し紛れのタテパスを蹴って来たらそれを「前で」インターセプトする守備といい、ピッチを広く使ってボールを動かしてゲームを組み立てる攻撃といいそれは名古屋はすっかりお株を奪われてしまっている。逆に名古屋は悪い形でボールを失っているという面はあるにせよ、前線からのプレスがハマらないので中盤から後ろの対応が後手後手になってしまっていて、その結果1対1での主導権もVAMOSに譲るという悪循環のようにも見えた。

 しかし試合を決める力という点では個の能力に勝る名古屋の方が上。前半にも何度か見られたように判断を早くし良い流れさえ作れば(簡単にとは言わないまでも)名古屋は高い確率で得点に結び付けることが出来る。より高い技術を持ったチームが早くボールを動かしたら個の力で劣るチームはそれに付いていくことは出来ないからだ。そして名古屋はVAMOSからボールを奪うとカウンターから中央で途中出場の曽雌→北川→中根とつないで最後はファーサイドからPAに飛び込んで来た真柄へと展開。これに慌てたVAMOSのDFが真柄を倒してしまい名古屋はPKから追加点をあげる。その後タテ1本で裏を取られてゴールを割られ1点差に追い上げられたものの、左サイドからドリブルでカットインした北川が思い切って放ったミドルがGKのファンブルを誘ってそのままゴールに吸い込まれて、撃ち合いとなった試合にようやく終止符を打たれた。

 最終的なスコアは5-3。サッカーに判定はないが内容だけならVAMOSの方が上回っていた。それも東海無双の名古屋に真っ向から挑んだ上でだ。それでも名古屋はVAMOSを力でねじ伏せ当面の目標だった東海チャンピオンを達成したところには王者としての風格すら漂う。さらなる大きな目標に向けてこの苦戦が全国大会で生きることを願いたい。
b0036243_5194251.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2009-11-15 23:59 | Youth
高円宮杯(U-15) 東海大会 準決勝 名古屋U-15×JUVEN.F.C @港サッカー場
 世界的な不況の余波はユースサッカーにも及んでいる。高円宮杯U-18では昨年まで優勝チームと準優勝チームに与えられていた海外遠征が優勝チームだけに限定されてしまったし、この高円宮杯U-15東海大会にしても昨年までは各県の代表2チーム(計8チーム)が二つのグループに分かれてグループリーグを戦った後各グループ上位二チームが順位決定トーナメントを行っていたのが、今大会では8チームがいきなり一発勝負の決勝トーナメントに臨む形に変更になった。名古屋は先週の一回戦で無事磐田ジュニアユースを破り本大会出場を決めたものの、もしその試合で敗れるようなことがあればその時点で本大会出場への道が途絶えていたことになる。そして実際に、名古屋と同じく夏のクラ選ベスト4にして静岡チャンピオンのACNジュビロ沼津は愛知FCに1-2と敗れ全国への望みを断たれてしまった。勝負の世界の厳しさと言えばそれまでだが、このような環境下で果たして選手達は溌剌とプレー出来るのだろうか。
 これと同様のことは全国大会にも起こっている。昨年までは各グループの2位までが決勝トーナメントに進出していたのに対して今年は各グループの1位のみが決勝トーナメントに進出し8チームで覇を争うことになった。これはグループリーグでの一敗が限りなく絶望を意味するということだ。各チームはグループリーグの一試合目からトーナメントのつもりで戦わなくてはならないだろう。もちろん昨年の名古屋U-15のような例(グループリーグ初戦で京都に敗れながら最終的にはグループ首位になった)もあるが、あれは“死のグループ”が結果的にプラスに作用した特異な例。強豪チームが星の奪い合いを行うことで一敗の持つ意味が弱まっていた。これが二強二弱だったらどうか?二強の直接対決で敗れたチームはその時点で敗退となる可能性がかなり高まる。
 そんな過酷な全国大会を見据えればなおさら、名古屋U-15がこの東海大会で優勝出来るか出来ないかには大きな意味がある。東海一位になれば、グループリーグで関東や関西の一位のチームと当たらなくて済むし(とは言ってもクラ選ファイナリストの神戸や京都と同居する可能性はあるが・・・)、8つあるグループのうち二つのグループでベニューとなっている愛知会場(港→港→瑞穂北 か 瑞穂北→瑞穂陸→瑞穂陸)を使える可能性も高まるからだ。本大会の決勝トーナメントまでを視野に入れるならこの東海大会は是が非でも優勝し東海1位として本大会に臨みたい。

 と前置きが長くなったが本題である今日の準決勝。対戦相手は一回戦で三重のFC四日市を延長の末に下したJUVEN.F.C。名古屋のスタメンはこんな↓感じ。

      北川   中根

岩田   真柄   富田   野崎

樫尾   ニッキ    大谷   鈴木

        渕上

 一時期の港サッカー場と比べればピッチは信じ難いほど青々としているが、昨日から降り続いた雨の影響でピッチには所々水が浮いている状況。特にコーナーフラッグ付近ではアップの時からボールが止まってしまうシーンが目立った。決してプレーしやすいコンディションではないだろうが、選手達はこのような条件下でどれだけいつも通りのプレーが出来るのかその真価が試されることになる。

 試合はキックオフから名古屋がピッチを広く使ってボールを動かしJUVENディフェンスを崩しに掛かる。それはまるでボールをピッチの隅々へと動かしてそれぞれのエリアのピッチコンディションを測りながらゲームを進めているかのようでもあった。そして左右に大きく揺さぶっておいて相手のディフェンスが横に広がったところで真柄が二度三度とDFラインの裏にスルーパスを狙っていたが、ペナルティエリア内はコーナーフラッグ近辺とは対照的に全くボールが止まる気配がなく、鮮やかにDFの間を切り裂いたスルーパスがそのままゴールラインを割ってしまうようなシーンが連発していた。
 そしてそうこうしている間に先制点はなんとJUVENに転がり込む。後方からのタテパスに対してニッキと大谷のギャップに上手く抜け出したJUVENの9番が並走する大谷から半歩抜け出して右足を一閃、やや右寄りでペナルティエリアに入ったあたりの位置から放たれた豪快なシュートは逆サイドネットに突き刺さった。サイズもあって身体能力に優れるJUVENの9番はその後も何度かタテ1本から名古屋陣内へと一人切り込んで行くシーンが見られたが、ピッチコンディションを考慮すればアバウトなタテ1本からでも思わぬピンチを招いてしまう危険性は十分に想定されたはずで、それに対して前半は名古屋の中盤が安易にタテに蹴らせてしまっているシーンが目に付いた。もちろん通常(いつも)であればタテに入って来るボールに対してそれを弾き返す力に優れるCBコンビの特性を考慮してもこれで問題ないのかもしれないが、この試合に限って言えばタテに蹴らせない守り方も必要だったかもしれない。

 しかし不測の失点を喫しても名古屋の選手達は全く動じる様子はなかった。すぐさま右サイドを深くエグった野崎の折り返しからゴール中央で中根が合わせて同点にすると、その後はセットプレーを中心に前半だけでなんと5得点。後半に入っても開始早々に左サイドを抜け出した岩田のクロスに中根がダイビングヘッドを決めてゴールラッシュの口火を切ると、2年生中心のメンバーに切り替えながらさらに2得点を追加。合計8-1の快勝で名古屋は決勝へと駒を進めたのだった。
 中でも特筆すべきは一人で4ゴールを叩き出した中根。この試合について言えばまさに「研ぎ澄まされている」と表現するのがピッタリだった中根は、ゴール前で類稀な得点感覚と泥臭さそして勇敢さを発揮し、エース(青山)不在のチームを救った。そしてクラ選の時にも書いた気がするが、中根のプレーにどこか駒澤スピリットを感じてしまうのはなぜだろうか。
 また右からのCKを直接蹴り込んだ岩田を見るまでもなく、正確なキッカー(左からは富田や真柄)と長身選手が揃うこのチームにとってセットプレーは大きな武器。もちろん180~190センチ級の選手を揃えながら一向にセットプレーの精度が向上しない某チームのような例もあるので長身選手がいれば必ずしも優位というわけではないが、これはチームとしてもストロングポイントとしていかなければならないところだろう。今後全国大会に出場し接戦となった時にはこれは大きな武器になるからだ。
b0036243_164976.jpg
 
[PR]
by tknr0326g8 | 2009-11-14 23:59 | Youth