Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ダノンネーションズカップ 2010 in Japan @よみうりランド
 J下部16チームと東京都のブロック選抜16チームの計32チームが三日間に渡りよみうりランドでグループリーグとトーナメントを戦い、優勝チームには世界大会へのチャレンジも用意されているダノンネーションズカップ。夏の全少を前に全国のチームと対戦できるという意味で名古屋にとっては良い経験になるだろう。なお昨年の名古屋もこの大会では仙台や柏相手に苦杯を舐めてその悔しさもバネにして全少での優勝につなげている。

 グループDに配置された名古屋は湘南ベルマーレジュニア、東京第4ブロック選抜(杉並区)、東京第14ブロック選抜(西東京市、小金井市、武蔵野市、三鷹市)と決勝トーナメント進出を争う。目下のライバルは当然のことながら湘南になる。
 名古屋の初戦はその湘南と。東京のブロック選抜と比べればチームとして形になっていることが多いJ下部のチームとの対戦は個人能力の高さだけではなかなか勝ち切ることが難しい。裏を返せば名古屋がどれだけチームとして機能しているのかを見るにはこのJ下部同士での対戦を見るのが手っ取り早い話だ。

 名古屋のスタメンは下のような感じ。おとなしいチームは互いに名前を呼び合うことも少なく、プログラムと名前が一部一致していないと思われるので番号のみの表記で。ルールはFIFA公認のGKを含めた9人制だ。

      9
  14      13
      7
      8
  12   4   15
      1

 トップに張る9番を筆頭に大柄な選手が多く、身体の強さをベースとした球際の競り合いで優位に立つ名古屋は湘南に攻め切られるようなシーンこそほとんどないものの、緊張からか思い通りのプレーが出来ていない様子で、試合としては両チームともにシュートの少ない展開になった。名古屋はトップの9番にボールを当てて二列目の選手が飛び出すことで相手の裏を狙うスタイルのようだったが、なかなかスコアが動かない中で焦りが出てきたのか次第に個人技が前面に立つようになり、一人一人がボールを持つ時間が長くなると湘南のディフェンスの網に引っ掛かるシーンも多くなっていたが、個人能力で勝る名古屋にとっては危な気ないと言えば危な気ない展開のまま両チームスコアレスで試合を終えた。

 第二試合の相手は東京第4ブロック選抜。

      9
  14       6
      7
      8
  12   4   15
      1 

 昨年の大会の傾向を見てもわかるように、選抜チームが相手となると個人能力の差が如実にピッチに現れるので、選手達の良いところが見られるかと期待していたが、意外にも序盤は勢いに勝る相手に攻め切られるシーンが多数あり、展開としてはむしろ押され気味とすら言える内容だった。つなごうとしてインターセプトを喰らいゴールに迫られるという展開は、第一試合で今一つ機能しなかった自分達本来のサッカーに立ち返ろうとしたがゆえに招いた劣勢だったのかもしれないが、名古屋がチャンスを迎えるのはいずれもロングキック一発で相手の裏を取るような場面なのだからなんとも皮肉な話だ。 

 そんな名古屋がようやくリズムにに乗り始めたのは、中央をワンツーで抜け出した7番が名古屋の今大会初ゴールを決めた後。日本人が大好きな「司令塔」という言葉がしっくりくるこの左利きのテクニシャンはその後右サイドから前線に飛び出した6番に絶妙なスルーパスを送って二点目をアシストすると、同じく自らのパスからGKと1対1になった16番が放ったシュートがGKに当たったところに詰めてこの試合二得点目。2得点1アシストという活躍でチームの勝利に貢献した。

 グループリーグ最終戦は東京第14ブロック選抜。

      9
  14       6
      7
      8
  12   4   15
      1

 グループ1位で決勝トーナメントに進むためにはなるべく得点を奪って勝ちたい試合だったが、名古屋はここでもやはりペースを掴み切れない。しかし近年の名古屋U-12を見た中でも群を抜いてレベルが高いGK(1番)や、運動能力が高い15番や12番といったDFの粘り強いディフェンスによってなんとか相手の攻撃に耐えると、カウンターから、前線で右に流れながらポイントになった9番から7番→6番と流れるようにパスが渡り6番がシュート。名古屋が見事先制に成功する。その後も7番→8番→6番と渡って6番が追加点を挙げたことで試合の趨勢は決した。

 圧倒的な強さで全少を制した昨年のチームも、この大会では初戦で仙台に足元をすくわれたり、決勝トーナメント一回戦で柏に敗れていた。このチームもまだチームとして形になっていない部分が正直多いと感じるが、夏までに個人としてもチームとしても一回りも二回りも成長して再び全国の舞台で輝いて欲しい。
b0036243_15384741.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-26 15:38 | Youth
トレーニングマッチ 駒澤大学×名古屋U-18 @駒澤大学グラウンド
 ユースの関東遠征二日目の相手は、こちらも関東大学リーグの強豪・駒澤大学。名古屋ユース的には4年前の関東遠征で対戦して以来四度目の対戦。酒井、三宅、奥村情といった卒業生をコンスタントに送り出しており、酒井は三年生になった昨シーズンから右SBとして不動のレギュラーの座を確保、奥村も昨年は一年生ながら関東大学リーグでさっそく出場機会を得て得点も記録している。

 名古屋の先発は昨日の引き続き三年生が中心。昨日の試合で負傷退場した古川も無事先発している。

      奥村   大西

小幡   三鬼   近藤   藤田

佐藤   奥山    岸    金編

         古川

 4年前と同じくピッチ上に吹き荒れる強風と、フィジカルで押してくる相手に対してキックオフ当初はなかなか落ち着かなかった名古屋だったが、前線での小幡のドリブル突破を起爆剤として徐々にリズムを掴み始めた。昨日の中央大戦と同じようにしっかりとパスをつなぎながらゲームを作り、やや遠めからながらも「シュートで終わる」という意識が徹底されているようだ。

 その後小幡のドリブルが止められ始めるとそこからカウンターを喰らうような場面も増え、強風で持ち味のフィードを発揮出来ない岸のなんでもないパスミスからそのまま持ち込まれて先制された直後は、全体的にやや集中が切れたような様子も伺えた名古屋だったが、それでも無暗にボールを蹴るようなプレーを極力避けてしっかりと前を見てつなぐプレーを続けていくうちに再びリズムを取り戻し、この試合でボランチに入っていた三鬼の角度を付けたスルーパスから抜け出した藤田が決定的なシュート(バーの上)を放つなど惜しいシーンも作って前半を終了。

 また髪が伸びていたせいもあってコマスポの中の人に言われるまで全く気付かなかったが、前半の駒澤では三宅徹もCBとして先発しており、久しぶりにその豪快なヘディングでの跳ね返しを見ることが出来た。中山や伊藤といったレギュラーCBが卒業し三宅自身3年生になる今季は公式戦に絡んで欲しい。

 後半になると駒澤はメンバーを前半の間ピッチ脇でアップしていたグループに丸ごと入れ替え、それに合わせるかのように名古屋も5人の新しい2年生を投入してリフレッシュ。フォーメーションは4-2-3-1のようでもあり、高原と川村がタテ関係の2トップのようにも見えた。

         高原

小幡      川村      加藤

     水野    三鬼
 
都竹   奥山     岸    金編

         石井

 大学生と比べてもサイズ的に全く遜色なかった奥村や大西といった三年生と比べれば、小柄な選手が多い二年生が試合に馴染むまでにはまた少し時間が必要かななどと思っていると、後半開始早々に三鬼からの目の醒めるようなサイドチェンジを受けた小幡がドリブルで持ち込んで放ったシュートがポストに当たった跳ね返りを、高原が拾って冷静にゴールへと蹴り込みさっそく同点に追い付くことに成功する。その後すぐに岸の中途半端なクリアが風の影響もあってか上に浮きあがったところを豪快に叩き込まれて再度リードを許す展開となったものの、大学生相手にも全く怯むことなくプレーしている名古屋は高原が自らの獲得したPKを決め再び同点に追い付いて見せた。

 チーム全体がとても集中している様子が伺える名古屋は、相手のクサビやセカンドボールへのアプローチが恐ろしく速く、それと比べるとリアクションがやや怠慢な印象を受ける駒澤に対してサッと複数で囲み込み、刈り取ったボールを次々と縦に預けて前線のアタッカーの個人技を存分に発揮している。こうなるともはや伝統のキックアンドラッシュの残骸しか残っていないような3軍だか4軍だか分からない駒澤はタジタジどころか、ゲームを支配しているのは明らかに名古屋で、どちらが格上か分からないような状況だ。
 試合自体は好事魔多しとはまさにこのことで、チーム全体がイケイケで前掛かりになったことで1本の縦パスで裏に抜け出されて、GKと1対1を冷静に沈められた失点が決勝ゴールとなったものの、名古屋はGO FOR 2014 CUPの時に見せたような、相手がウンザリするほど前線のアタッカーが代わる代わるドリブルで仕掛けていくスクランブルアタックが再び輝きを放っていた。やはりこのチームの強みは小柄ながらもスピードとテクニックに溢れるアタッカー達によるドリブルでの仕掛けであり、彼等が前を向いて仕掛けられる状況をどれだけ作り出せるかがチームとして結果を残せるかどうかの鍵になるに違いない。

 個々のプレーヤーに目を移すと、格相手にさすがの2ゴールとしっかりと結果を残した高原もさることながら、ボランチとしてフル出場した三鬼が出色のパフォーマンス。潰しからビルドアップまでハイレベルにこなし、ボールを持っても大技あり小技ありとその能力をいかんなく発揮していた。あとは前半のみの出場となったが、とてもコンディションが良さそうだった大西が大学生相手にフィジカルで圧倒する(特にスピードで走り勝つ)ような場面が多くあり、彼のそうした特徴を生かせればチームとしてももっと幅が広がるかもしれない。
b0036243_6232457.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-22 04:18 | Youth
トレーニングマッチ 中央大学×名古屋U-18 @中央大学グラウンド
 二年ぐらい前までは春の恒例行事だったユース(U-18)による関東遠征での関東強豪大学との対戦。駒澤や早稲田といった関東大学リーグの強豪チームとの対戦は公式戦(プリンスリーグ)の開幕を前にした選手達にとっては格好の腕試しの場であるとともに課題を見つける貴重な場だっただろうし、個人的にも毎年その年の新チームをここで初めて観て、夏のクラ選や秋の高円宮杯でその成長を実感するのが恒例になっていた。

 今年は三連休を利用して中央大学、駒澤大学、浦和ユースとの対戦が予定されているとのこと。今日対戦する中央大学は言わずと知れた2008年度のインカレ王者で、昨シーズンの関東大学リーグでも2位の成績を残している強豪校。名古屋との関係で言えば、今シーズンからトップチームに加入した新井は昨年まで中央大学の最終ラインで中心選手としてプレーしていたが、そんな新井の獲得や今回の対戦に当たっても大きな影響を及ぼしていると思われるのは久米GMがかつて中央大学サッカー部でキャプテンを務めていたことだろうか。

 名古屋のスタメンは3年生が中心。1年生と2年生の一部は遠征自体に帯同しておらず地元に残して来たようだ。

     奥村  大西

藤田  水野  近藤  小幡

佐藤  奥山   岸   金編

       古川

 試合は序盤こそ大学生の強い圧力に対して中盤でボールを失うことが多くなかなかリズムを掴めなかった名古屋だったが、次第にそのプレッシャーに慣れてくるとDFラインから丁寧にボールをつないでトップにクサビのボールを当てそこに二列目が絡んで行くいつものスタイルでゲームを作れるようになってきた。そしてタテヨコにとボールを動かしながら相手の最終ラインに出来たギャップに対して2トップや2列目の選手が走り込みそこにボールを送り込む形で幾度となくGKとの1対1の局面を迎えることにも成功していた名古屋は、中央大学相手に十分に戦えていたと言っても過言ではない。
 しかし前半を終了した段階でのスコアは0-2。この結果は中央大学と名古屋との間にはラストサードにおけるクオリティに明確な差が存在していたことを示している。失点はいずれもカウンター気味に中央大学自慢のサイドアタックを浴びてのものだったが、相手陣内に入ったところで大きく左右に揺さぶるという最終局面におけるチームとしての崩しの形を見せつけられた1点目、(名古屋の選手達がGKとの1対1でシュートが枠を外れたりGKにぶつけてしまったりといったことを続けていたのとは対照的に)サイドからのクロスを胸トラップから冷静に目の前のマーカーをフェイントで外して叩き込まれるという個の力を見せ付けられた2点目を見てもそれは明らかだ。

 後半になると名古屋は選手を半分ローテーション。遠征メンバーが限られている以上、三日間で三試合をこなすためのローテーションは必須だ。

     高原  大西

小幡  川村  近藤  加藤

都竹  金編   岸   三鬼

       石井

 選手が入れ替わったこともあってか、再び試合に馴染むまでに時間を要した名古屋だったが、次第に小幡や高原といった前線の選手達が前を向いてボールを持てる時間が生まれるとチームとしてリズムを掴みだす。小幡が少し中寄りでプレーする時間が増えたことで、前半と比べればバイタルエリアを上手く使いながらそこを経由した攻撃も出来るようになった。そして前にボールが収まると最終ラインからは都竹や三鬼が積極的なオーバーラップで絡む姿も目立ち始める。相手もメンバーが変わっていたとは言え、こちらも互角以上の展開だった。

 その後試合は、相手が裏を狙って出したボールをゴールラインギリギリで拾った金編から都竹→小幡と、相手と相手の間に入り込んだ選手を経由して上手く縦にパスがつながって、前を向いた小幡からDFラインの裏にパスが出たところで相手DFに走り勝った大西が右足で沈めた名古屋が1点を返したものの、カウンターからサイドに出たボールに金編が引っ張り出されて、真ん中のマークが混乱したところでクロスに豪快なヘッドを合わされて1-3で終了。公式戦ではないが、名古屋としては前半のうちに試合を決めてしまえた「勝ち試合」を落とした印象だったが、それを出来るかどうかの決定力も含めたこのスコアがすなわち力の差だと言われれば反論のしようもない。

 大学生に前からプレッシャーを掛けられても慌てることなくしっかりとパスをつないでゲームを作り、むしろその浅くなった相手DFラインの裏を突いて決定的なチャンスを作れていたことは大きな収穫。しかしゴール前での決定力を含めてアタッキングサードでのプレーのクオリティという面ではチーム・個人の両面で課題が残ったと言えるだろう。後半にはまた違う形も見せていたが、この遠征の残り二試合でチームがどこまで改善のキッカケを掴めるのかに注目したい。
 個々のプレーヤーでは、最終ラインからビシビシと鋭いパスを通していた岸や大学生相手でもフィジカルで負けていなかった金編といった選手もさることながら、中盤で誰よりも闘っていた近藤のプレーが目を惹いた。新キャプテンとなった彼のプレーにも今シーズンは期待したい。
b0036243_1561471.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-20 23:59 | Youth
アジアカップ予選 日本×バーレーン @トヨタスタジアム
 名古屋の宝・本田圭佑の豊スタ凱旋試合というわけで、Jリーグ開幕に先駆けて強行日程で豊田スタジアムへ。ただパッと思い付く限り、本田の名古屋時代の良いパフォーマンスはほとんどが瑞穂でのもので、2006年シーズンの浦和戦で軸足を滑らせながら放ったクロスボールが決勝ゴールとなるヨンセンのダイビングヘッドを呼び込んだことぐらいだろうか。今や名古屋では不動の左SBである阿部のデビュー戦となった鹿島との試合で、阿部が1対1でやられまくっていたのを見かねたフェルフォーセンが左SHだった本田とのポジションの入れ替えを試合中に断行したのもこの豊田スタジアムだった。

 中スポの予想によれば、本田は中村俊輔と右SHのポジションを争うのではなく、中央で岡崎とタテの関係をなすような2トップを組むとのこと。4-2-3-1の3の真ん中と言うことも出来るかもしれない。そしていざ試合が始まると、普段のJリーグの名古屋の試合ではわざとそうしてるとしか思えないぐらいスタメン予想を外しまくる中スポの予想がなぜだかこの試合に関しては100%的中し、長谷部や松井といった海外組とともにスタメン出場を果たした本田は、中央で2トップのようにもトップ下のようにも見えるポジションでプレーしていた。

 試合は立ち上がりから日本が長いボールでバーレーンDFの裏を狙うような攻撃がやたらと目立つ。遠藤や中村憲(この試合は欠場)といったボールを動かせるタレントが中心となって真ん中でパスをつないでサイドに展開するようなパターンが多いこのチームにあってこうした戦い方は意外だったが、自陣にしっかりとした守備ブロックを作っている“中東の魔術師”マチャラ率いるバーレーンのカウンターを警戒していたのかもしれない。
 そしてそんな日本にあっては本田のプレー自体も前半は決して良いとは言えない出来だった。オンザボールではサイドからのクロスボールに対して惜しいシュートを放ったり、前線に決定的なスルーパスを送り込んだりとさすがに今最も旬なプレーヤーであることを実感させるプレーを見せていたが、問題はオフザボールで、どことなくどう動いていいか分からないといったような感じで動きに迷いが感じられたのは、それが慣れないポジションのせいなのか、それとも日本の戦術のせいなのかは分からないが、こんな調子じゃあまた湯浅健二にあたりにこっぴどく叩かれるに違いないと思っていたら案の定だった。
 ただ俺が前半の本田をイマイチだと感じたのは、オフザボールで犬のように走り回らなかったからではなく(むしろ機動力があるタイプではない本田がFWというだけで前線からのチェックに借り出されていたのは不憫だと思ったぐらい)、前に行っても岡崎のように裏でボールをもらうようなことが出来ず、かといって下がって来ればボランチの遠藤や長谷部との間でスペースを潰し合っていたりといった、あくまでもチームの機能としての問題だ。

 後半になると2トップの動きも含めてチームとして幾分か改善されてはいたものの、2005年の高校選手権の時から良い時も悪い時も本田を観て来た一ウォッチャーの感想で言うなら、このチームで本田の力を最大限に引き出そうと思ったら、やはり中村俊輔の存在がネックになってくるのは間違いない。中村俊輔を中心として中村俊輔のリズム(ペース)によってゲームが作られるこのチームでは、本田の特徴はかなりの部分で損なわれるし、実際、昨年の5月に長居で開催されたキリンカップ(チリ戦)で、中村憲や山田直といったアジリティに溢れる選手達と組ませた時の本田のパフォーマンスはピッチ上でもひと際輝きを放っていた。個人的にも本田には是非W杯のピッチに立ってもらいたいし、それが今年の6月の一番の楽しみでもあるのだが、本田がそこでベストのパフォーマンスを発揮するには決して小さくはないハードルを越えていく必要があるかもしれない。
b0036243_26187.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-03-03 23:59 | Other Games