Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
プリンスリーグ東海2010 名古屋U-18×中京大中京 @トヨスポ
 体制を一新して臨んだ昨シーズンは最終順位が4位となり、5年連続で出場を果たしていた(うち準優勝が二回でベスト4が一回)高円宮杯出場を逃す結果となったプリンスリーグ。今シーズンは東海の枠が広がって上位4チームが高円宮杯出場権を得られるようになったが、来シーズンから始まるという全国リーグ出場のためには3位以内に入ることが必須条件となる。育成年代で「結果」だけに拘るのはナンセンスだが、一昨年と昨年に経験を積んだ選手も多くいる今年のチームには是非高いレベルでプレーをして欲しいし、その意味でもこのプリンスリーグは最低でも3位以内に入らなければいけない大会だ。

 名古屋のスタメンは3年生が5人で2年生が6人という構成。気になるのは岸の不在だ。ベンチには入っているようだし、先週はトップチームの練習試合にも出ていたようなので怪我ではないと思われる。トップフォームでないのであれば夏から始まる全国大会までにはなんとかそれを取り戻して欲しいところ。

      高原   奥村

加藤   水野   近藤   小幡

金編   川本   奥山   三鬼

         古川

 試合はキックオフと同時に中京が宮市ひとりを前線に残して自陣のスペースを埋めカウンターを狙うスタイルを打ち出してきた。前線に強力なドリブラーを揃える名古屋に対して中京・道家監督の頭の中には昨冬の選手権の神村学園戦の悪夢が蘇ったのだろうか。それとも自分達の戦力と名古屋の戦力を比較し、また宮市というこの年代屈指のタレントを活かす上で、最も理に適った戦い方がこれだったのだろうか。そして必然的にボールを保有する形となった名古屋は、序盤はそんな中京の出方を伺っていたのと、中京の前線にいるのが宮市である以上強引に攻めて変な形でボールを失いたくないという思いからかかなり慎重に試合を進めていた印象だった。

 そんな静かな展開の中で攻撃の口火を切ったのはやはり名古屋の10番小幡。ひと際小柄な左利きのアタッカーが得意のドリブルでサイドをエグッてからの折り返しや切れ込んでからのミドルシュートなどを見せると、それを号砲代わりに名古屋の攻撃もテンポアップ。それまで中京のブロックの外でボールを回していたようなポゼッションから一転、トップの高原にボールが入り始め、これを受けた高原が前を向いてドリブルで仕掛けることで名古屋の攻撃から俄然ゴールの匂いが漂い始めた。
 いくら名古屋のサイド攻撃が強力でも、大柄な選手が多い中京からしてみれば名古屋がサイドでボールを持っている分には怖くない。サイドを破られてクロスを上げられたとしても中央では問題なく弾き返せるからだ。しかしトップにクサビの縦パスを入れられ始めると話は変わってくる。そこではむしろ寄せの甘さが目立ち、高原に楽に前を向かれているようなシーンも多くあった。

 そんな高原のドリブル突破をによって得たボックスの外やや左寄りの位置からのFKで、相手の準備が整う前に水野がゴール前へとボールを入れるとこれに小幡が反応。慌てて止めに入った中京DFが後ろから小幡にのしかかるように倒してしまい名古屋はPKを獲得、これを小幡がゴール右スミにしっかり決めて名古屋が先制に成功する。そしてその後も名古屋のペースは続き、小幡と近藤によるショートコーナーからのパス交換から近藤がゴールに向かってボールを蹴り込むと、相手GKの前で高原が触るか触らないかの感じでボールを流し、これがそのままゴールネットへと突き刺さり、名古屋が2-0とリードして前半を終了した。

 後半になると、道家監督からハーフタイムの指示でもあったのか、中京が少しアグレッシブな姿勢を打ち出してサイドを使った攻撃に打って出る。個別のプレーで気になったのは、ボランチの位置に入っていたひと際大柄な6番の選手を、自分達のゴールキックの時には前線に上げてターゲットにしていたこと。大会プログラムによると190cmというプロでもなかなかいないサイズを持つ彼をターゲットにすること自体にはもちろん何の違和感もないが、もし中京がこの試合をこの6番の選手(でなくても他に大勢いる大柄な選手)と宮市の2トップで戦っていたらどうなっていただろうか。
 流れの中では前線に一人取り残されていた形の宮市に対して、名古屋は2人のCBが受け渡しながら(左サイドに流れることが多いので主に奥山が)見ていた感じだった。いかに宮市といえどもチャレンジ&カバーを明確に分担した二人のCBを突破するのは容易ではない。ここでもし宮市のほかにもう一人ターゲットとなる選手がいて、そのセカンドボールを宮市が狙っていたとしたら、名古屋のCBコンビも当然マークを分散せざるを得ず、その脅威は増していたのではないだろうか。CBのカバーにSBがしぼってくれば今度はサイドが空いてくる。
 後半に中京が挙げた追撃の一点(PK)は少なからずそんなことをイメージさせる展開からだった。現象だけ追えば、名古屋の攻から守への切り替えが遅くなったところで右サイドへと大きく展開されて、中京の右サイドアタッカー(7番)の突破に金編が思わず手を掛けて止めてしまったちょっともったいない形だったが、そもそも金編のカバーにCBがすぐに行けなかったのは、この試合でのCB二人が宮市に引っ張られていたからだろう。もし中京が宮市とは別に前線にターゲットを置いていたら、中京がこうしてサイドを突破するようなシーンはもっと増えていたかもしれない。
 中京は誰の目から見ても分かる宮市の個人能力に依存した戦い方(それはそれでいいと思う)で、愚直なまでにそのスタイルを実践していたわけだが、周りのサポートなどでその宮市をもっと活かす方法を考えたり、宮市自身をオトリにしてサイドを崩したりといった部分で策がなさ過ぎた。

 宮市の豪快なPKもあってにわかに活気付く中京だったが、同時にミスも多く流れを完全に引き寄せることが出来ない。そして前掛かりになったところでカウンターから奥村に独走を許し追加点を与えてしまう。追走する相手DFに当たられても倒れずゴールを目指して突き進んだ奥村の頼もしさが感じられたゴールだったが、奥村は前半試合に上手く入り込めていなかった印象だったので彼にとっもうれしいゴールだろう。足元の技術が高く密集の中でもクサビを受けて基点となれる奥村の存在はこの試合でも十分にその貴重さが伝わってきたが、ゴール前でFWとして最も必要な決定力を欠くような場面もあり、ゴールという結果を積み重ねることによって真のストライカーへと成長していって欲しいところだ。

 試合はその後コーナーキックからのこぼれ球(セカンドボール)を左足のボレーで豪快にゴール右上に決められた事故のようなゴールで再び中京が1点差へと追い上げたものの、高原、水野、小幡が絡んだ細かいパス交換からボックスのやや外でボールを受けた加藤翼が逆サイドネットに豪快なシュートを決めて名古屋が三たび突き放す。そして再びショートコーナーから小幡→近藤→小幡と渡り、小幡が鮮やかな弧を描くシュートを中京ゴールに突き刺しさらに追加点。締め括りはどうしてもこの試合で点が取りたそうだった高原が左サイドからボックス内へと持ち込み鋭い切り返しで相手DFを外すと、高原らしい左足のよく抑えが利いたシュートを決めてゴールラッシュを締め括った。終わってみればスコアは6-2だった。

 この試のMOMを挙げるとすれば個人的には近藤と水野のWボランチを挙げたい。宮市を抑え切ったCBコンビも立派だが、中盤でこの二人がことごとく攻撃の芽を摘んでいたことは、名古屋のディフェンスが宮市に仕事をさせなかったことと無関係ではない。また二人とも攻撃においても、真ん中でボールを散らすだけでなく、時には自分で前にボールを運んで行く様には力強さも備わってきた。唯一あるとすれば水野にはもっとゴールを意識して欲しい。類稀な才能を持つこのコンダクターは、この試合に限らずだがシュートコースが空いていてミドルシュートを打てるような場面でスルーパスに拘ってみたり、この試合でも一旦小幡に預けたボールを小幡がワンツーでボックス内に落としたのに水野が走り込んでいなかったというような場面があった。水野が「良い」選手というだけなくもっと「怖い」選手になった時が、水野自身もこのチームもワンランクステージが上がる時だと俺は勝手に思っている。もちろんポジション柄(近藤との役割分担柄)遮二無二ゴールを目指すわけにはいかないが、チャンスがある時にはゴールに対する貪欲さを失わないで欲しい。

 あとは高原や加藤といった俺のイメージの中では守備が苦手な選手達が危ない場面に戻って来て守備に貢献しているのを観ると、チーム全体として守備の意識がかなり高くなってきたことを伺わせる。会場は無反応だったが、この二人の他にも小幡などが周りの味方選手からディフェンスで「ナイス○○」と言われる場面は何度かあったし、全体としてチームは良い方向に進んでいるのではないだろうか。夏の全国大会で彼等に再開できるのが今から楽しみになってきた。
b0036243_0175652.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-04-29 23:46 | Youth
J2 第8節 千葉×岐阜 @フクダ電子アリーナ
 昨年の8月に味スタで東京V戦を観て以来のFC岐阜の試合。監督も代わって新たなスタートを切った岐阜だが、選手は昨シーズン経験を積んだ20代前半の若手が中心。今シーズンはこれまで築いてきたベースにどれだけ上積みが出来るかがポイントになるだろう。
 対する千葉はJ1でも中位からさらに上を狙えそうなくらいの戦力を揃えている。ベンチには経験豊富なベテランが並び、大掛かりな戦力補強もその多くがかつての黄金時代を知るカムバック組で連携面などの問題もない。J2ではほとんど反則級とも言える戦力の中で唯一頼りない感じがするのは監督だが、その脇には三菱養和から引き抜いた斉藤和夫、そしてバックステージには神戸さんがドッシリと構えて青年監督を支えている。

 試合は序盤から個人能力に勝る千葉がボールを支配しピッチを広く使いながら岐阜の守備ブロックを揺さぶりに掛かる。特に効いていたのが工藤と佐藤のインサイドハーフ、そして左サイドでキレのある動きを見せている倉田だ。ともにジェフの下部組織育ちで日本代表経験がある工藤と佐藤は言うに及ばず、特筆すべきは倉田で、G大阪ユース時代からファンタジー溢れるアタッカーだったが、ここに来て完全に才能が開花しているかのような印象だ。

 一方の岐阜はと言えば、しっかりとブロックを作って守り、低い位置からパスをつなぎながら千葉を喰い付かせてDF(特にミリガン)の裏に縦パスを入れるタイミングを見計らう意図が感じられたが、肝心のビルドアップの過程におけるミス(パスミスやボールコントロールのミス)が多く、なかなか思い通りのパスを前線に出すことが出来ていない様子。前半の決定機も嶋田が狙い通りミリガンの裏に抜け出してその折り返しに佐藤が詰めたシーンぐらいだった。

 そんな中先制点を奪ったのは千葉で、倉田のラストパスに右サイドから入り込んで来たアレックスが合わせたものだったが、左サイドでボールを持った倉田が巧みなフェイントで対面するDF(田中)を振り切ったところで勝負は9割方ついていたと言っても決して過言ではない。0-0の時間帯を少しでも引っ張りたいと思っていたはずの岐阜にとってこれは痛い失点だった。
 そして後半回早々に岐阜は致命的ともいえる二点目を喫してしまう。それまでボックス内での怖さはほとんどと言っていいほど感じさせていなかったネットが、ゴールからかなり離れた位置から直接ゴールに突き刺したワールドクラスのブレ球FKは、岐阜にとっては“事故”以外の何物でもないが、この失点によって岐阜がこの試合で勝ち点を獲得する可能性は限りなく低くなってしまった。
 岐阜に勝機があるとすれば、2-0というスコアに勝利を確信したのか千葉ベンチがネットに代えて巻を投入した後で、確かにネットはボックスの中で有効な仕事が出来ていなかったが、ゴールで気を良くしたのかその後積極的にミドルシュートを狙い始めてからは間違いなく岐阜DFに脅威を与え始めていた。そんな中で巻が出てきたところで何かが出来るとは到底思えない。確かにこの試合で再三に渡りオーバーラップを敢行してクロスボールを供給していた渡辺圭二を生かすにはボックスの中に巻のような選手が必要だが、高さを生かして前線で基点になろうにも、岐阜の最終ラインには吉本がいてそうやすやすとは競り勝たせてもらえない。もし後半に迎えた唯一の決定機とも言える佐藤のシュートが決まっていれば試合はどうなっていたか分からないし、そうなったら千葉ベンチはこの控え選手とファンのガス抜きのために行われたような交代を悔いていたに違いない。

 結果を見れば(おそらくスタッツ的にも)岐阜の完敗。しかし個々のプレーヤーのレベルの差がそのままスコアに反映されていたかと言えば決してそうではなく、個々の能力の高さがゴールひいては勝利に収斂され切っていない印象の千葉に対して岐阜が付け入る隙は皆無ではなかった。ただそんな状況の中で岐阜がアップセットを起こすためには、もっともっとディテールでのクオリティを上げていかないといけない。せっかくのチャンスを自らの雑なプレー(数十センチのパスのズレなど)によって潰えさせてしまっているうちはまだまだそれは難しいだろう。
b0036243_1245686.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-04-26 01:26 | FC GIFU
ナビスコカップ 予選リーグ第1節 FC東京×名古屋 @国立競技場
 昔誰かが言っていた「名古屋の半分は優しさで出来ている」というのはもはや不変の真理らしい。チーム表記から「エイト」を削っても、「Never give up!!」を信条とするピクシーが監督になって名古屋では異例の長期政権を委ねられても、アジアの舞台(ACL)でベスト4まで進出しても、ファイティング・スピリットの塊のような闘莉王を獲得しても、それはチームの根底に脈々と受け継がれていて時々こうして顔を覗かせる。
 「今シーズンこそ悲願のリーグ優勝を!」と意気込み、アジアと掛け持ちするわけでもないのに大型補強を断行してローテーションが可能な巨大戦力で2010シーズンへと突入したチームが、メンバー的にも1軍半でチームとしてのパフォーマンスも決して良くないFC東京に対して、引き分けるのがやっとという惨状は、フィールドプレーヤーの4割が新加入でまだチームにフィットし切れていないという事実を差し引いたとしてもブーイングに値するものだったと俺は思っている。
 それでもせめて二度もリードを奪った試合で勝ち切ってさえいえば、「勝つために組織されたチーム」の最低にして最大のミッションコンプリートに対して試合後に拍手を贈る気持にもなれたのだろうが、ユース上がりの若手の大粛清を行い、親会社の援助によって「完成品」をかき集めたチームが、ついこの間まで高校生だったFC東京ユース出身の重松に同じくユース出身の大竹とのコンビネーションから劇的なロスタイム同点ゴールを奪われるあたりはもはや皮肉を通り越して屈辱に近い感情を覚える。

 個人技主体ながらもその集積によって攻撃をオーガナイズして決定機を演出し、また個の能力を最大限に生かせる場の一つであるセットプレーから得点を奪えるようになったことはチームとしての収穫。昨シーズンまでは阿部に頼りっ切りだった最終ラインからのビルドアップも、阿部と闘莉王の二枚で行うことで、FC東京の前からのプレッシャーを苦もなくいなしていた(FC東京は名古屋最終ラインへのプレッシャーが無意味だと分かるとそこからボールを受けるアンカーのダニルソンに狙いを切り替えていた)。ただ今後ピクシーには「勝つために組織されたチーム」から矛盾点をひとつづつ取り除いていくいく作業が求められるだろう。

 例えばピクシーたっての希望でポジションバランスを無視してツルヴェナ・ズヴェズダから連れて来られたブルザノビッチの扱い。後半開始早々に得たPKのチャンスで、東京GK・権田のPKストップにスタンドのFC東京サポーターは試合に勝ったかのような盛り上がりを見せていたが、目の前でその一部始終を見せられた名古屋サポーターの半分くらいはブルザノビッチがボールをセットした時点(キッカーがブルザノビッチと判明した時点)で追加点を喜ぶ可能性をなかば放棄していたに違いない。とてもヨーロッパから来たプレーヤーとは思えない、二流の日本人プレーヤーのような「間合い」を持つブルザノビッチは、当然のことながらドリブルで突っかければ相手DFに引っ掛かって相手チームのカウンターを誘発するシーンをどの試合でも連発しているし、アタッキングエリアにおいてもプレーの選択に意外性がない(これまたの日本人と大差ない)ので、チームにおいて決定的な仕事が出来ていない。そんなブルザノビッチがPKキッカーとなったところで、日本人(権田)の間合いにシュートするであろうことは、蹴る前から予想出来ていたことだった。もちろん日本人ではなかなか探すのが難しいサイズと技術のバランスやそれに起因する懐の深さや身体の強さを生かしたボールキープ、強烈なミドルシュートなどの見どころは持つプレーヤーだが、日本人でもないブルザノビッチの育成のために勝利を犠牲にするいわれはどこにもない。

 また試合の中で見ても東京の左SBは明らかに「穴」だった。かつて古賀正紘がカシマスタジアムで大量8点を喰らって試合後号泣していたのを彷彿とさせるぐらい混乱していた東京の左SBを、名古屋は勝つためには徹底的に狙うべきだった。どうしてそこを狙わなかったのかは分からないが、そこにもまた名古屋が常勝チームに成り切れない要因の一つがあるのかもしれないし、グループとしてのボールキープが必要な場面で、ブルザノビッチや小川のいい加減なパスによってボールを失っていたシーンなどを見ると、ボール回しでミスした後に周りのチームメートの爆笑が聞こえてきそうな普段のヌルいトレーニングが垣間見られた気がしたのは気のせいだろうか。それらのシーンだけ見てもこのチームには勝利に対するストイックさが決定的に欠けているし、それを身に付けない限りはいくら戦力補強をしても優勝などはままならないだろう。
b0036243_13565963.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2010-04-03 13:57 | Game Review