Grampus Diary from TOKYO
by tknr0326g8
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
J1 2011 第8節 名古屋×川崎 @瑞穂陸上競技場
 名古屋は立ち上がりから良い感じで守備から攻撃に移行してアタッキングエリアまでボールを運べているような場面でも、フィニッシュのイメージが共有出来ずにモタモタしている間に戻りの早い川崎に攻撃を遅らされ、結局は最終ラインの闘莉王のところにボールが戻って来て、そこからの一発のパスに懸けるしかないような状態。そんな最中頼みの闘莉王が負傷交代し一体どうなってしまうのかという不安が最高潮に達した中で、ケネディの高さを生かしたシンプルな攻撃の形と往年の鹿島だったらもうあと2点ぐらいはゴールに結びつけていたに違いないカウンターアタックによって都合2ゴールを挙げ「苦手」川崎から勝ち点3を手に入れたことは、GWの連戦が続く今後を考えるとポジティブに捉えてもいいだろう。

 ただチームの代名詞でもある「サイドアタック」の面影はどこへやら、成熟度の低いなんちゃってパスサッカーで苦手・川崎に挑むという無謀なチャレンジは、昨年のW杯以降好調を持続して次元の違うプレーを見せ続けている玉田がまたしても決定的な仕事を果たしたことでなんとか実を結んだものの、攻撃面では自らのストロングポイントに足枷をはめたかのようでもあり、守備面でも前節の浦和と比べればプレッシングの迫力が3割減といった印象の川崎に助けられた部分も小さくはなかったというのが正直な感想だ。
b0036243_2324460.jpg

[PR]
by tknr0326g8 | 2011-04-30 03:06 | Game Review